2022年11月19日

晩秋の信州ビーナスラインと南アルプスドライブ その1



ネットで紅葉情報を見るとすでに枯葉となってしまっている信州へ11月中旬に1泊ドライブをしてきました。もう少し早く(10月中旬頃)に行きたかったのですが、うまくタイミングが合わずこの時期になりました。

宿泊をともなう長距離ドライブは4月に和歌山&熊野三山ツアーへ行って以来となります。今回は先月交換した新しいタイヤ、ミシュランPilot Sport 4をひと皮むいて、走行性能をテストする目的もあります。

今回は高速道路よりも、峠道のワインディングロードが満喫できる場所へ行こうと考え、信州のビーナスラインと南アルプスの麓を走る狭い「酷道」という名称がつく国道152号線などを走るルートを作りました。

ビーナスラインは信州を代表する全長76kmもある風光明媚なドライブウェイで、過去には何度か走っていますが、初めて走ったのは1980年代でまだ通行料が必要な時代でした。今は全線が無料です。

北は美ヶ原高原(長野県松本市、上田市、小県郡長和町)と、南は諏訪湖近くの茅野市を高原のワインディングロードで結ぶビーナスラインの一部区間は、毎年11月下旬頃からゴールデンウィーク前まで積雪のため冬季閉鎖されますので、今回ギリギリのタイミングです。

そのビーナスラインの北側のスタート地点にあたる美ヶ原高原へは、川崎市から関越自動車道と上信越自動車道を使い、上田市を経由して入ることにしました。

川崎の自宅を深夜2時にスタートし、深夜でガラガラの高速道路を淡々と走ります。途中、80km制限の上信越道で後方から追い上げてきてピタッと後ろについた覆面パトに出会いましたが、制限速度+αでクルーズコントロールを設定して走行車線をのんびり走っていたので、10分ほど後ろで様子を見た上、「チッ!」とばかりに諦めて急加速して追い抜いて行ってしまいました。おいおい、それは明らかな速度違反だぞ。

実は25年ほど前に、上信越道で覆面パトに、若気の至りで一発免停となる違反を摘発されたことがあり、今回は慎重に慎重を期してましたw

上田市は2016年の大河ドラマで有名になりましたが戦国武将真田氏の本拠地で、上田城(公園)などが観光の目玉となっています。

当初の予定では上田城内を見学し、真田氏歴史館へ寄ってから美ヶ原高原へ向かおうと思っていましたが、上田城の観覧時間(8:30〜)を待っていると、ビーナスラインを走る時間が昼頃になってしまい、平日とは言え混雑して快適には走れなくなるのであきらめることにしました。

上田城(公園)に着いたのは朝5時頃で、まだ真っ暗な中、1時間無料の駐車場に停めて、お堀周辺(公園になっている)をグルッと徒歩で回ってきました。東虎口櫓門で撮影しましたが真っ暗で綺麗には写りません。

20221107_08_01.jpg

公園には朝のウォーキングや犬の散歩で歩いている人がボチボチいました。周囲は真っ暗なので懐中電灯など持っていないと暗闇からゴソゴソ音がしてちょっと怖いです。

上田城からビーナスラインのスタート地点(美ヶ原高原)までは一般道でおよそ40km、約1時間の道のりですが、まだ時間も早いので、ビーナスラインの奥にあり、通称「裏ビーナス」と呼ばれている峠道、美ヶ原公園沖線で「美ケ原自然保護センター」へ向かいます。

この道は片側1車線のところとセンターラインがない狭い道が混在している険しい山道です。早朝だったこともあり、ところどころ道が凍結しているところもありました。

この道は行き止まりで終点に至る途中には、松本盆地を見下ろせる壮大な景色が見られます。時間は6時半頃でようやく写真が撮影できる明るさになってきました。

20221107_08_02.jpg

20221107_08_03.jpg

来た道を戻るしかない道ですが、さすがにこの時間に走っているクルマは1台もなく、安全な場所では走りを楽しめました。

ビーナスラインの北のスタート地点、美ヶ原には、高原美術館や道の駅がありますが、この時間ではどこもまだ営業はしていません。トイレだけ借りて、ビーナスラインを南に向かって走ります。

20221107_08_04.jpg

20221107_08_05.jpg

20221107_08_06.jpg

途中、富士山もよく見えました。最高の景色が連続して現れます。

20221107_08_07.jpg

20221107_08_08.jpg

インプレッシブアートで、
20221107_08_09.jpg

走行動画(美ヶ原高原から和田峠へ向かう道) https://youtu.be/UV-imJqCT-4


ビーナスラインの途中にあるリゾート地白樺湖周辺の紅葉は、高地で気温が低く、すでに枯葉色に染まっています。

白樺湖を見下ろす展望台
20221107_08_10.jpg

白樺林も綺麗です。50年前、中学校の修学旅行でここに来たことが頭に浮かんできました。その時初めて白樺というものを見て「本当に木の表面が白いんだ!」って感激したことでよく覚えています。

20221107_08_11.jpg

ビーナスラインもそろそろ終盤近く、蓼科湖の周辺の木が真っ赤に染まっていたので、道の駅に寄って撮影しました。

20221107_08_12.jpg

20221107_08_13.jpg

蓼科湖から少し行ったところにある「たてしな自由農園」という市場のようなところを見つけ、お土産を仕込みました。

買ったのはいずれも信州産のリンゴや洋梨、新蕎麦、野沢菜などです。これからまだまだ峠道を走るので、ダンボール箱に入れゴムバンドでしっかりくくりつけておきました。

茅野市のビーナスラインの南の起点を過ぎて、ランチに予定していた諏訪市にあるご当地ラーメン「ハルピンラーメン」へ向かいます。ハルピンラーメンの詳細は次の「11〜12月の麺食記」(2023年1月上旬予定)に書きます。っていうか調べるといくらでも情報は出てきます。

20221107_08_14.jpg

20221107_08_15.jpg

この後は、南アルプスの西麓を縦断する国道(酷道)152号線を南下して、中央構造線上にあり、パワースポットとして有名な分杭峠へ向かいますが、それは次の「その2」で。

1日目の走行ルート


1日目(川崎市〜飯田市)走行距離(メーター) 450km(高速道路 180km、一般道 270km)
435kmでガソリン給油 30L 燃費 14.5km/L

「晩秋の信州ビーナスラインと南アルプスドライブ その2」へ続く



◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行/ドライブ

2022年11月12日

旧車パンフレットシリーズ53(ホンダ BA型 3代目 プレリュード)




2代目プレリュードが大ヒットした後、キープコンセプトのスタイルながら、量販車としては世界初の機械式4WS(4輪ステア)や4輪Wウイッシュボーンサスペンション、高性能DOHCエンジン搭載など大きくグレードアップし攻めた3代目プレリュードが1987年に登場しました。

販売は1987年から1991年までの4年間で、その後も含めて、プレリュード史上最多の17万5千台が新規登録されました。

一般的にはこの手のクルマは発売直後こそよく売れますが、1〜2年も経つと月千台も売れれば成功と思えるほど下がるものです。しかしこの3代目は4年間の月平均で3,600台も売れた計算になります。

しかし、1年遅れて登場した5代目S13型シルビア(1988年〜1993年)が、徹底的にプレリュード対策を施し、それまで盤石だったプレリュードのデートカートップの座を脅かしました。

S13型シルビアのパンフレットはこちらです。

プレリュードの4WSはFFで太いタイヤを履いているにもかかわらず、最少回転半径が軽自動車並みの4.8mで、大きくハンドルを回すと後輪が逆位相に動いて小回りが効くとともに、高速走行中の車線変更時には少しハンドルを回すだけで後輪タイヤが同位相に動くことでスムーズに車線移動ができます。

しかしこの機械式4WSは、高速走行で慣れないとやや違和感があるのと、バックするときに真っ直ぐ下がるのが難しく、同じホンダのアコードやアスコット/イノーバに展開されましたが、その後は引き継がれることはありませんでした。

ボディデザインは、エンジンが後ろにあるフェラーリよりも低いと言われていたフロントボンネットの低さが特徴で、エンジンフードを上げると、その中には手を入れる隙間もなくビッシリと機器が詰まっていました。

また主にレーシングカーに使われている高機能なWウイッシュボーン型サスペンションを前後に使うところなどにレースで鍛えられてきたホンダ魂が感じられました。

パンフレットは、マイナーチェンジ後の1989年11月版と、前後しますが1988年8月版の2種類です。

写真は低画質ですので、写真下のリンクから高画質のPDFでご覧ください。

prelude3_01.jpg
prelude3_01



prelude3_02.jpg
prelude3_02



prelude3_03.jpg
prelude3_03



prelude3_04.jpg
prelude3_04



prelude3_05.jpg
prelude3_05



prelude3_06.jpg
prelude3_06



prelude3_07.jpg prelude3_08.jpg
prelude3_07 prelude3_08



prelude3_09.jpg prelude3_10.jpg
prelude3_09 prelude3_10



prelude3_11.jpg
prelude3_11



prelude3_12.jpg
prelude3_12



prelude3_13.jpg
prelude3_13



prelude3_14.jpg
prelude3_14



prelude3_15.jpg
prelude3_15



prelude3_16.jpg
prelude3_16



prelude3_17.jpg
prelude3_17



prelude3_18.jpg
prelude3_18



prelude3_19.jpg
prelude3_19



prelude3_20.jpg
prelude3_20

1970年代後半頃から80年代にかけて収集した新車のパンフレット(カタログ)を不定期にアップしていくというシリーズです。JPG画像やPDF画像を転載や他で使う場合は、出典とリンクを記載してください。

●次回予告 三菱 B-A72/73型 前期 ランサー セレステ
旧車パンフレットシリーズ一覧

【関連リンク】
旧車パンフレットシリーズ40(ホンダ DA型 2代目 インテグラ)
旧車パンフレットシリーズ26(ホンダ CA型 3代目 アコード/アコードエアロデッキ)
旧車パンフレットシリーズ12(ホンダ SN型 2代目 プレリュード)





◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旧車パンフレット

2022年11月09日

2022年9〜10月麺食記





暑かった夏も終わり、ようやく熱々のラーメンを汗をかくことなく食べられるようになってきました。夏は冷麺やつけ麺と言う人もいますが、熱々が好きなのでこればかりは仕方ありません。

秋が近づくにつれ、真夏には遠慮していた味噌ラーメンや担々麺、麻婆麺など、濃厚や辛いラーメンにも手を出し始めました。

  ◇  ◇  ◇

2022年9月7日
博多ラーメン 一風堂 たまプラーザ店(田園都市線たまプラーザ駅ビル
白丸元味、玉子入り 930円

202209ra_01.jpg

202209ra_02.jpg

202209ra_03.jpg

2年前には二子玉川の一風堂で、赤丸を食べたので、今回は原点の一杯、白丸元味です。

2020年3月麺食記(博多 一風堂 二子玉川店)

カウンターにある、赤い辛モヤシの入れ放題が素敵です。いくらでも食べられそうです。

いっぱい入れたので、スープは担々麺のスープのようになってしまいましたが、それも美味いです。ただ冷たいモヤシなのでいっぱいいれるとスープがすぐに冷めてしまいます。

麺量は博多ラーメンに共通して少ないので、替え玉も考えましたが、モヤシをいっぱい食べたこともありここは自重しました。

  ◇   ◇   ◇

2022年9月12日
スーパーで買った博多ラーメン生麺パック

202209ra_04.jpg

野菜をいっぱい食べたかったので、自作のラーメンで、軽く茹でたモヤシとキャベツを大盛りにし、ネギと、スーパーで買ってきた出来合いのチャーシューとメンマを乗せて出来上がり。

お味は店の味には遠く及びませんが、お手軽に好きな野菜を好きなだけ入れて美味しくいただきました。ラーメン鉢は餃子の王将でもらったやつです。

  ◇   ◇   ◇

2022年9月16日
白河中華そば こすが東急田園都市線、横浜地下鉄あざみの駅徒歩5分)
ワンタン麺 900円

202209ra_05.jpg

202209ra_06.jpg

202209ra_07.jpg

2年前に行った町田の「竹の助」以来の福島は白河のご当地ラーメン白河中華そばです。

手打ち中華そばより150円高いワンタン麺ですが、大き目のワンタンが5個入っていて満足度は高いです。

醤油ベースのスープに絡みやすい縮れ麺はモチモチ感があり、文句のつけようがない美味しさでした。大盛にしませんでしたが、それなりにボリュームはあります。

カウンターに置いてあるザク切りタマネギはいれ放題で、食感もバラエティに富んで飽きずに良いです。

  ◇   ◇   ◇

2022年9月30日
宮前商店(東急田園都市線 宮崎台駅、尻手黒川線沿い)
塩チャーシューメン 970円

202209ra_08.jpg

202209ra_09.jpg

連れの頼んだMAXラーメン(右)
202209ra_10.jpg

東急田園都市線 宮崎台駅からはちょっと遠く、尻手黒川線沿いにある家系ラーメンで、2年半前に一度来ています。前回はMAXラーメンだったので、今回は違う塩チャーシューメンを頼みました。

2020年4月麺食記(横浜家系ラーメン 宮前商店 MAXラーメン)

基本は店の感じやメニューなどは町田商店と同じです。

好みに応じて、刻みタマネギやおろしニンニクなどがカウンターやテーブルに置いてあり、それがいれ放題なのがいいですね。

あと、駐車場が広いのがいいです。駐車場を共有している隣のカラアゲ屋のほうの店舗に間違って入ってしまいましたが、、、

  ◇   ◇   ◇

2022年10月14日
麺屋 あびすけ 東山田店(横浜市営地下鉄東山田駅、第三京浜都筑インターチェンジ近く)
ラーメン 並 850円

202209ra_11.jpg

202209ra_12.jpg

202209ra_13.jpg

この店一番のおすすめのつけ麺ではなく、熱々のラーメンにしました。他の客は「どろどろ濃厚つけ麺」が人気のようです。その他には「台湾まぜそば」も人気のようです。

ラーメンは、ライトな二郎風で、野菜やニンニクの量が無料で追加できます。今回は初めてなので、通常のマシやマシマシではなく普通で頼みました。普通でもそこそこの分量があります。

麺は太麺でそれだけでもボリュームがありますので、私には麺の大盛りは無理っぽいです。

お味は、特筆すべきことはなく普通ですが、私にはスープの醤油味が濃くて塩辛く、スープはほとんど飲めませんでした。もうちょっと豚骨か魚介系風味でまろやかにすれば私の舌には合格点なんですけど。

調べたら武蔵新城にも同じ名前の店(支店)があるのですね。但しメニューがかなり違っています。

第三京浜のインター近くという場所柄、店の前に広い駐車場があり、車で仕事している人には便利です。

  ◇   ◇   ◇

2022年10月21日
たから家 本店(調布店) (京王線調布駅近く)
元気ラーメン 1000円

202209ra_14.jpg

202209ra_15.jpg

202209ra_16.jpg

202209ra_17.jpg

この老舗東京ラーメン店の人気No.3の「元気ラーメン」を注文しました。他にもつけ麺や丼物セットなどがあります。

ちなみにお店の人気No.1は、一番値段が高い(1300円)「チャーシューらーめん」と書いてありましたが、ちょっと?です。お昼で賑わっていましたが、他の客で頼んでいる人はいませんでしたw

店名に「家」がついてますが、家系ラーメンの店ではありません。スープは濃口醤油味の東京ラーメンですが、トッピングが変わっていて、炙り厚切り豚カルビに、たっぷりモヤシ、ネギ、ニラ、卵黄、揚げニンニクなど賑やかです。

豚カルビは、甘辛のタレで味付けされていますので、スープに全部つけてしまうと味が薄まってしまうので注意が必要です。

麺を「大盛」にしたければ+150円ですが、私にはトッピングにそこそこボリュームがあるので、「並」でちょうどです。麺は中太麺です。

店の創業は1984年らしいので独立系ラーメン店としては38年の歴史があり、地元民にも愛されているようです。

意外と言っては失礼ですが、スープ、トッピング、麺がうまくバランスよく大変美味しくいただきました。

  ◇   ◇   ◇

2022年10月28日
からひげ(JR南武線 武蔵新城駅近く)
からひげ麻婆茄子麺 950円

202209ra_18.jpg

202209ra_19.jpg

202209ra_20.jpg

辛さは「普通」か「控えめ」が選べます。今回は初めてなので、「控えめ」にしておきました。逆にもっと辛いのが希望なら100円増しで辛めが選べます。

麺には小ライスが無料でつくのでそれをもらいました。

メニューは、基本的には麻婆豆腐(麺or丼)と、麻婆茄子(麺or丼)の2種類ですが、他にも季節によって限定メニューが何種類かあります。

また、平日のみ麻婆麺ハーフセット(950円)というのがあり、麻婆豆腐麺か麻婆茄子麺のハーフをどちらか選び、あと水餃子、ライス、デザート、お茶がついています。ハーフだと少食の人向けかな。

味は辛さ控えめを選んだので、辛いのが苦手な私でも全然大丈夫でした。次は辛さは「普通」でも大丈夫かな。スープもほとんど飲みました。これはクセになりそうな味です。

山椒がピリピリとよく効いていて、好みは分かれるかも。私は山椒が好きなのと、軽く揚げた茄子もトロトロで美味しく満足しました。


7〜8月麺食記(らーめん 駿士、広豚麺 改 溝の口店、RAMEN ぼんくら、てのごい屋 生田店、武虎家 暁 仙川店、舎鈴 登戸)

5〜6月麺食記(濃厚つけ麺 尚輔、町田商店、ラーメン かとちゃん、麺屋 藤しろ)

4月麺食記(三ツ矢堂製麺、小杉らぁめん 夢番地、ラーメンまるイ 十二番丁店、駿州醤油ラーメン 一滴家、さかなとブタで幸なった)




◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン/グルメ

2022年11月05日

旧車パンフレットシリーズ52(トヨタ T120型 5代目 コロナ)




1957年に初登場した初代のトヨペットコロナは、その2年前に発売されて人気だった110型ダットサン(ブルーバードの前身モデル)に対抗するモデルとしてクラウンの下に位置づけられ誕生しました。

今回の5代目T120型コロナは、1973年に登場し、1978年までの5年間販売されました。

ボディ形状は、4ドアセダン、2ドアハードトップ、5ドアバンの3種類で、新車登録台数の累計は80万5528台です。

BC戦争と言われたブルーバードとコロナの対決は、この前モデルでは端正で石原裕次郎も愛した510型ブルーバードが勝利しましたが、このモデルにおいては同時期のライバル、ブルーバード(4代目 610型系、1971年〜1976年)が国内新車登録台数累計が52万6491台だったので、このコロナは大きく勝ち越すことになります。

ボクシーな保守的なスタイルで、セダンは小型タクシーとしてもよく使われ、どちらかというとオッサンが乗るクルマというイメージですが、2ドアハードトップ(クーペ)もあり、当時の日産ブルーバードにはなかったセリカに搭載されていた高性能なDOHCエンジンをGT系に搭載していました。

CMキャラクターには俳優の田宮二郎が出ていました。後半の11月総合版パンフレットに少し登場しています。

パンフレット(カタログ)は、マイナーチェンジ後の1977年(昭和52年)1月版(フルヴァージョン)と、同年11月版(マークII等を含む総合版)です。

写真は低画質ですので、写真下のリンクから高画質のPDFでご覧ください。

corona5_01.jpg
corona5_01



corona5_02.jpg
corona5_02



corona5_03.jpg
corona5_03



corona5_04.jpg
corona5_04



corona5_05.jpg
corona5_05



corona5_06.jpg
corona5_06



corona5_07.jpg
corona5_07



corona5_08.jpg
corona5_08



corona5_09.jpg
corona5_09



corona5_10.jpg
corona5_10



corona5_11.jpg
corona5_11



corona5_12.jpg
corona5_12



corona5_13.jpg
corona5_13



corona5_14.jpg
corona5_14



corona5_15.jpg
corona5_15



corona5_16.jpg
corona5_16



corona5_17.jpg
corona5_17



corona5_18.jpg
corona5_18



corona5_19.jpg
corona5_19



corona5_20.jpg
corona5_20



corona5_21.jpg
corona5_21



corona5_22.jpg
corona5_22



corona5_23.jpg
corona5_23



corona5_24.jpg
corona5_24



corona5_25.jpg
corona5_25



corona5_26.jpg
corona5_26

1970年代後半頃から80年代にかけて収集した新車のパンフレット(カタログ)を不定期にアップしていくというシリーズです。JPG画像やPDF画像を転載や他で使う場合は、出典とリンクを記載してください。

●次回予告 ホンダ BA型 3代目 プレリュード
旧車パンフレットシリーズ一覧

【関連リンク】
旧車パンフレットシリーズ48(スバル BE型 レガシィB4)
旧車パンフレットシリーズ36(日産 910型 6代目 ブルーバード)
旧車パンフレットシリーズ10(トヨタ AE85/86型 4代目 スプリンタートレノ)


◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旧車パンフレット

2022年11月02日

旧車パンフレットシリーズ51(マツダ FA4型 4代目 ファミリアAP)



マツダが1963年に初めて出した小型乗用車が初代のファミリアですが、4代目は当時流行していた2ボックススタイルのモデルで1977年に登場しました。ファミリアという名称の後ろにAPという記号が付きます。

APとは、「anti-pollution」=「公害対策」の意味で、当時のマツダのクルマの一部につけられていました。このファミリアAPが販売されていたのは、1977年から1985年までです。

こうした2ボックススタイルの乗用車はゴルフやシビックなどを筆頭に室内を広く取れるFF方式が多くなっていましたが、このファミリアAPとトヨタのスターレット(2代目)だけは、ユーザーがより慣れ親しんでいるFR方式をとっていました。

ボディスタイルは、3ドアと5ドア、商用バン、エンジンは1.3リッターと1.4リッターの2種類といたってシンプルな構成です。

1975年に登場したマツダコスモAPのラグジュアリーイメージが人気で、そのシルエットを取り入れた大胆な縦型グリルのフロントデザインとなっています。CMでも「ミディ コスモ〜♪」という歌が流れていました。CMキャラクターはファッションモデル、俳優、司会者として活躍していた当時25歳の秋川リサでした。

ファミリアと言えば、この4代目の次のFF化された5代目BD型ファミリアがお化け的な大ヒットをしたので、この4代目もそこそこヒットはしていましたが、やや影が薄い存在です。

欧州へも数多く輸出され、1980年頃のヨーロッパの映画では、このファミリア(欧州ではMAZDA323)がよく登場してました。国内映画でも「幸福の黄色いハンカチ」(1977年)で使われていたのを記憶しています。

パンフレット(カタログ)は、発売直後の1977年1月版(簡易版)です。価格表?は手書きのメモのような価格表をジアゾ式複写機(青焼き)でコピーされたものですが、当時は貧乏な?ディーラーではこうしたものが結構ありました。

写真は低画質ですので、写真下のリンクから高画質のPDFでご覧ください。

familia4_01.jpg
familia4_01



familia4_02.jpg
familia4_02



familia4_03.jpg
familia4_03



familia4_04.jpg
familia4_04



familia4_05.jpg
familia4_05



familia4_06.jpg
familia4_06

1970年代後半頃から80年代にかけて収集した新車のパンフレット(カタログ)を不定期にアップしていくというシリーズです。JPG画像やPDF画像を転載や他で使う場合は、出典とリンクを記載してください。

●次回予告 トヨタ T120型 5代目 コロナ
旧車パンフレットシリーズ一覧



【関連リンク】
旧車パンフレットシリーズ39(マツダ DW型 初代 デミオ)
旧車パンフレットシリーズ29(三菱 E-A15型 初代 ミラージュ)
旧車パンフレットシリーズ18(日産 F/PF/KPF11型 チェリーF-II)

◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旧車パンフレット