2011年06月26日

旧車シリーズ(スバル富士重工編)



日産編に続き今回はスバル編です。2007年8月に富士重工業矢島工場内にあるビジターセンターを見学したときに、飾ってあった旧車を撮影したもの+αです。

初代スバルサンバー
サンバーは1961年(50年前)からスバルの軽商用車として長く愛されてきましたが、残念ながら今年生産中止が決まり、2012年には姿を消すことになりました。

subaru001.jpg

基本構造は商用車であったにかかわらずスバル360のシャーシーやレイアウトを使いこの頃では非常に珍しい4輪独立懸架という豪華仕様でした。ちなみに高級乗用車として有名なトヨタクラウンが4輪独立懸架になったのは1983年のことですからサスペンションに関しては20年以上も先へ進んでいたことになります。そのような先進技術をいち早く取り入れることから後のモデルでは「農道のポルシェ」とあだ名されました。

スバル360
1958年から1970年まで12年の長きにわたり生産されてきた日本で初めての国民車です。NHKのプロジェクトXでもその苦難の連続の開発の様子が出ていました。

subaru002.jpg

エンジンはリアに搭載し、ボディは航空工学を生かしたフルモノコック構造ボディ、サスペンションは4輪独立懸架と先進の技術を使いながら、軽量化とサラリーマンにでも買える安さを追求したシンプルな装備で大ヒットしました。特徴的なのは乗降性を良くするためドアが後方ヒンジの前開きだったことでしょう。室内(写真下)は見事なまでに必要最小限の装備でラジオすらオプションだったそうです。

スバル1000
1966年から1969年まで生産されていました。車名は変わりましたが、その後スバルの乗用車やお得意のワゴン車としてff-1、レオーネ、レガシィへその伝統と伝説は引き継がれていきます。
ただ最近のレガシィは日本車というより米国車っぽくなってきて日本のスバリストからはあまり評判が芳しくありません。実際に売れる台数が多いのが北米や豪州で、国内で売れる台数は知れていますから仕方がないでしょうね。

subaru003.jpg

スバル伝統の水平対向エンジンを搭載し、駆動方式は当時まだ成功した例のないFF方式、スバル360と同様4輪独立懸架、広さと静粛性も確保しセダンとライトバンがありました。1967年にはスポーツモデルスバル1000スポーツセダンが加わり、同クラスでは国内ラリーに敵なしでした。1995年にインプレッサでWRC(世界ラリー選手権)を制覇しますが、その歴史は28年前から作られていたのです。

初代レガシィ(BC型)
このレガシィは、発売直前の1989年1月に10万キロ耐久走行で223km/hの世界速度記録を達成したセダンRSそのものです。

subaru004.jpg

レオーネから名前を一新したレガシィ(ツーリングワゴン)が1989年に登場したときは衝撃を受けました。それまでワゴンと言うと商用車のバンを少し豪華仕様に手直ししたものをワゴンと名乗るのが普通でしたが、このレガシィから始めてワゴン専用ボディとなり、ワゴン=商用車というイメージを完全に払拭しました。
レガシィと言えばそのワゴンが代名詞のようになっていますが、実はライバルの多いセダンも他車を完全に凌駕するほど高性能で有名です。
この初代レガシィのセダンにはRSという強力なモデルがあり宣伝を兼ねた挑戦をおこなった車がちゃんと動体モデルで保存されていました。このRSは展示室に置いてあるものではなく、本社工場内(駐車場)で撮影しました。

上:三代目レガシィツーリングワゴン(BH型) 下:SUBARU B9 SCRAMBLER

subaru005.jpg

上:1998年4月に無改造の量産モデルで1kmの区間平均速度270.532km/hを達成し世界最速ワゴン記録を更新した車両です。無改造とはいいながらロールゲージや4点式シートベルトなど安全面での改造は許されているようです。車高は意外と高くサスペンションやホイールも純正のままのようです。
このBH型(セダンはBE型)レガシィは1998年に発売開始され2003年まで生産され「新世紀レガシィ」という触れ込みでした。

下:SUBARU B9 SCRAMBLERは2003年の東京モーターショーで公開された2シーターオープンカーで実際には販売されることのなかったコンセプトカーです。時代を先取りする電気モーターとエンジンのハイブリッドカーですが、もしこのシステムがうまくいっていれば、トヨタやホンダに先駆けてハイブリッドモデルの乗用車を出していたのかも知れません。

旧車シリーズ(日産編)
旧車シリーズ(三菱自動車編)

【ブラオヤジ・シリーズ】
ブラオヤジ
ブラオヤジ2(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ3(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ4(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ5(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ6
ブラオヤジ7(含む旧車シリーズ)



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感

2011年06月17日

旧車シリーズ(日産編)



過去に自分が撮影した懐かしの旧車をシリーズ化して掲載しておきます。第一回目は日産車で、二回目はスバル車三回目は三菱車の予定です。

日産の本社がまだ銀座にあった頃、たまたま前を通りかかった際に旧車が飾ってありましたので撮影させてもらいました。

二代目ブルーバード
生産されたのは1963年(48年前)から1967年です。まもなく登場して50年ですね。名車と言われた510のひとつ前でいまいち存在感が薄い410ブルーバードで、トヨタのスマートなコロナとライバルを競っていました。

nissan01.jpg

スタイリングデザインはピニンファリーナでしたが、イマイチ評判はよくなかったようです。
エンジンは前期は1000ccと1200cc、後期は1300ccと1600ccで、マイナーチェンジ後、ブルーバードに始めてSUツインキャブ装着のSSS(スーパースポーツセダン)が設定されたモデルでもあります。


二代目フェアレディ2000
SR311と呼ばれ、1967年(44年前)からこの2000ccモデルが加わりました。現在でもあるフェアレディZのZはまだ付かない時代です。

nissan02.jpg

145馬力の直列4気筒SOHCエンジンで国産車最速の最高速度205km/hを出し、国内のレースはもとより、モンテカルロラリーにも参戦し活躍しました。北米にこのモデルの愛好者が多く、日本のユーザーはアメリカから再生部品を取り寄せしたりしています。

学生時代バイト先にこのSR311に乗っている社員さんがいて、何度か横に乗せてもらいました。今のロードスターと比べると快適性や操縦性能は劣りますが、無駄を廃しレースで速く走るために作られた雰囲気が薄っぺらなシートを通じてジンジンときたものです。


初代チェリーE10型
1970年(41年前)発売で大衆車サニーより下のクラスで、たぶん日産初のFF車(フロントエンジンフロント駆動)として特徴を際だたせていました。ライバルはトヨタのパブリカで、このチェリーとホンダシビックが日本のFFの歴史を作っていったといってもいいでしょう。

nissan03.jpg

上記の写真は2ドアセダンという珍しい形状ですが、チェリーには3ドアクーペもあり、最上級にはオーバーフェンダーを装備したX-1・Rという過激なモデルもありました。それまでFR車に乗っていた人がこのFF車に乗ると、FF車独特の極端なタックイン現象に最初は戸惑うことになりました。


初代シルビアCSP311型
311が表すとおり上記のフェアレディSR311と共通のボディを持ちます。エンジンはSUツインキャブ1600OHVで日本初のフルシンクロ4速MTを装備していました。

nissan04.jpg

1965年(46年前)に発売されたドイツ人デザイナーが関わったカットが美しいボディが特徴です。しかし時代はまだ高度成長期前で、都会を除き舗装されている道も少なく、ちょっと走ると泥だらけになる時代に、このようなぶっ飛んだラグジュアリー系の車は受け入れられず、わずか554台だけで製造中止となりました。

ちなみに同じようなラグジュアリーカーとして一世を風靡したジョルジェット・ジウジアーロデザインのいすゞ117クーペは1968年からの発売でしたから、直接販売で競合したと言うことはなかったでしょう。


六代目スカイラインR30型
1981年(30年前)から1985年に販売されました。スカイラインでは初代から受け継がれてきたリアフェンダーにサーフィンラインという特徴がなくなったモデルです。

nissan05.jpg

自らもレースに出ていたポール・ニューマンをCMに使い「名ばかりのGT」とライバルのトヨタに揶揄されてきたスカイラインの名誉挽回に力を入れていた頃のモデルです。

写真は1983年に登場したターボとDOHCエンジンを装備した最強の2000DOHCターボRSで、当時は「史上最強のスカイライン」と名乗っていましたが、スカイラインの象徴でもあった6気筒エンジンではなく4気筒だったのを悲しむ人もいました。

旧車シリーズ(スバル富士重工編)
旧車シリーズ(三菱自動車編)

【ブラオヤジ・シリーズ】
ブラオヤジ
ブラオヤジ2(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ3(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ4(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ5(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ6
ブラオヤジ7(含む旧車シリーズ)



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感

2009年10月23日

「世界ふれあい街歩き」NHKにしては珍しい激ヒット(わたし的に)作品




テレビを付けるとどの局も同じで「売れてるらしい芸人が司会をつとめ、売れてない芸人をその他大勢としてひな壇に座らせておき、とにかくなんでもギャハハと笑わせる」ワンパターンな番組が多いので、ますますテレビから遠ざかってしまいました。

そんな子供だましの番組ばかりの状況ですから、趣味の多様化とともに、見たいものがすぐに見られるネットが普及することでテレビの視聴が落ち込んでしまうのは仕方がありません。

テレビ局の生き残り策としては色々と言われていますので、ここでは触れませんが、そんな中で、部屋にはまだアナログ地上波テレビしかない私が、毎週楽しみにしている数少ないテレビ番組がNHKの「世界ふれあい街歩き」(毎週金曜日夜)です。この番組は週末の金曜夜、寝る少し前に見ることに意義があるので録画しての鑑賞はふさわしくありません。

「世界ふれあい街歩き」は元々はハイビジョン番組用として作られているようですが、非常にシンプルでありながら、金曜夜にふさわしく、とっても心穏やかになごめる番組です。

番組の内容は毎週いろいろな世界の街をカメラが旅人の視線となり、ゆっくりと動き回り、毎回違うナレーターが独り言のようにしゃべってる、それだけです。本当はどうかわかりませんが、基本的には「鶴瓶の家族に乾杯」と同様ぶっつけ本番のようで、通りすがりの人に挨拶をしても必ず快く返事が返ってくるわけではありませんし、鬱陶しそうに見返される時もあります。

一般的に旅の番組というと、芸能人や有名人が各地を旅をして、そこでいろんな人と出会い、名所を案内し、場合によってはタイアップしてるホテルや店を紹介するというものです。

その場合はどうしても旅人が中心となり、あらかじめ行く場所やそこでの発言内容までが決まっていて、出会う相手も行動もすべて計画通りに準備されたものです。

「鶴瓶の家族に乾杯」は一般家庭をアポなし訪問して、その相手の応対が面白く比較的好きな番組ですが、これもまた鶴瓶や有名人ゲストがメインであることに変わりはありません。

その点「世界ふれあい街歩き」は主体となるべき有名人や旅人がいるわけではありませんし、特に大きな観光地や名所旧跡へ案内されるわけでもありません。

おそらく自分では生涯行くことのない街のどちらかと言えば裏道みたいなところを親しい友人(ナレーター)と一緒になってブラリ歩いているような感覚になります(疑似体験ってやつですね)。

ちょっと残念なのはナレーターによって上手い、下手があり、その感覚が一層深まるときとそうでないときがあり、そうでないときはこの旅はいまいちだったかなと思えてしまうことです。一緒に旅する友人が違うと楽しかったりそうでなかったりするのと同様、ナレーターの役目は重要なのだと感じました。

この番組を見て不思議に思うことがあります。

【不思議1】撮影側のスタッフが現地語で質問をしたり挨拶しているはずなのだが、それが一切聞こえてこないのはなぜ?

【不思議2】誰が何の目的で撮影しているのかいちいち説明しているようには見えないのだが、いきなり部屋の中まで案内されたり、多くの人が気軽に応対してくれるのはなぜ?

【不思議3】カメラは道に凸凹や階段があってもまるで幽霊の視線のようにまったく上下動せず、スーと滑らかに部屋の中でもどこへでも入っていけるのはなぜ?

どなたか、ご存じなら教えてください。想像でも構いません。

と、書いたところで、NHKのサイトをよく見たら不思議1と不思議3は回答が書いてありました。
一部抜粋すると

不思議1→現地での撮影では、現地語を話すコーディネーターと街の人が会話をしているのです。その映像を日本へ持ち帰り、コーディネーターの声だけを消して現場の音に差し替え、その上からナレーターが声を入れています。音声スタジオでは100を超える会話の全てを、このような作業をして会話をしているように再構成するため、丸2日を費やしています。

不思議3→通称「ステディカム」という特殊な機材を使用しているからです。この機材はもともと、映画やコンサート中継などの機材として開発されました。カメラを担ぐなど、カメラと人体が直接触れたまま歩くと、どうしても揺れが画面に出てしまいます。そこでカメラを、バネが仕込まれたアームを介して、腰で支える構造になっています。

で、その様子
photo.jpg
写真は、NHK http://www.nhk.or.jp/sekaimachi-blog/info/316960.html

そして不思議2については別のサイトに制作者のインタビュー記事が出ていました。

(Q)街で出会う人とか起こる出来事は偶然なんだけど、ものすごく丹念な下見の上に成り立っているということですね?

(A)はい。誤解してほしくないのは、演技指導はないということです。もちろん下見の段階で面白いオジサンがいたり、ある店に入って撮りたいというときには、事前に話はします。といっても「オジサン、いつもここにいるの? 今度カメラ持ってくるから、もしいたら話をしようよ」とか。
お店も「撮影に来るので入ってお店の中の様子撮ってもいいですか」っていう程度。話の内容とか、どこに連れてかれるとかはノープランです。綿密に調べてはいるけれど、作っちゃいけないと思うんです。作ってしまうと、長回しですから、その空気が全部画面に出てしまいます。もちろんご覧になってる方々にも判ってしまう。なるべく新鮮な出会いをカメラに収めたいと思っているんです。

う〜ん、なるほどなるほど。
この番組は2005年からハイビジョンで始まっていますが、アナログでも見られる総合テレビの金曜日の夜に放送されるようになったのは今年(2009年)4月からなんですね。

アナログのブラウン管テレビで見ていても、ひとめで日本とは明らかに違う空の色や街の風景は飽きません。「本当はそういう知らない街へ放浪する旅をしたいのだ」と自分の心の中で叫んでいるように思えてきます。撮影スタッフほど社交的ではないのであんなにうまくはいきませんけどね。



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感

2009年10月01日

ちょっとやばくね?東京モーターショー



『日本自動車工業会は、10月23日から11月4日までの13日間(一般公開は10月24日から)、千葉市・幕張メッセで「第41回東京モーターショー2009」を開催する。出品者は、10か国・1地域から2政府・2団体・108社が参加する予定。会場は、幕張メッセの西・中央・東ホールで、展示面積は2万1259平米となる。海外乗用車出品企業は、ロータス(イギリス)と、アルピナ(ドイツ)の2社、二輪車は、ハーレーダビッドソン(アメリカ)、ボンバルディア(カナダ)、アディバ(イタリア)、キムコ(台湾)の4社となった。』(リリースより抜粋)

会期は前回2年前の2007年より4日間少なく、展示エリアも大幅に縮小されています。出展企業は激減し、国産乗用車メーカーは一前回9社から今回8社、外国乗用車は26社から2社に、商用車、車体の出品企業はゼロとなっています。

二輪車では国内4メーカーのうちカワサキが脱落。4社から3社に減り、外国二輪車の出品は5社から4社となっています。

一時期は「世界最大級のモーターショー」と言われ、現在も世界五大モーターショーとしてドイツ(フランクフルト)、北米(デトロイト)、スイス(ジュネーブ)などのモーターショーと並んでいたはずでしたが、外国から参加の自動車メーカーがたったの2社ですよ、2社。しかもその2社というのはスポーツカー専業零細メーカーとチューニング車専用メーカーとな。

破綻したアメリカのメーカーは、まぁ仕方がないとしても欧州やアジア各国の巨大な自動車メーカーから「日本はダメ」との烙印を押されている感じです。同じアジアでも中国(北京や広州モーターショー)は世界中から熱い注目を浴びているのと対照的です。

過去に何度か東京モーターショーへ足を運んで、いろんな素晴らしい夢を見させてもらった私としては目の前が一瞬真っ暗になりました。

が、まだ夢のようなことを言っている人がいました。

「例年の半分、規模でいうと1980年代まで続いた東京国際見本市会場(96年に閉場)並になった」「こうした状況でも100万人を狙いたいと思っている。」(日本自動車工業会岡雅夫モーターショー室長)。

今年の夏休みを中心に153日間の長きに渡り開催された横浜博はボロクソに言われ散々な結果で、想定の4分の1の124万人の入場者だったそうです。所詮お役人様の猿知恵ですから不景気の現在ではそんなものでしょう。

東京モーターショーの主催も例に漏れず天下り官僚のいる社団法人で、旧態依然とした国内メーカーばかりの寄り合い所帯ですから、この不景気を吹き飛ばすような斬新な発想やユーザーサービスなどもなく、ジャーナリストなどの無料招待客も含めてどうでしょうか?50〜60万人いけばいい方ではないでしょうか?空いていて好きな人はゆっくり見られていいかもしれませんが、、、

規模が半分になっても入場料は変わらずで、私はダッチヴァイパーもベンツもアウディもポルシェもランボルギーニもフィアットもボルボもアストンも出てこないモーターショーなんか横浜博の下手物蜘蛛と同様観たかないです。



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感

2009年06月29日

蚊遣豚とランエボXの関係



ランエボ]がプロトタイプで登場した頃からフロントグリルの部分が大きく空いたデザイン(よくアウディのデザインをパクったと言われますが実はこのデザインの発表はランエボプロトタイプの方が先でした。

またリヤビューがアルファロメオと酷似しているという話しもありますがこちらは噂では同じイタリアの某デザイナーが造形したので仕方がないかと)を蚊取り線香を入れる豚(蚊遣豚(かやりぶた)のようだという感想や意見が各所で出ていましたが、せっかくそのような羨望とお褒めの言葉を無為にしてはいけないと考え、ランエボ10に搭乗させられる手頃な蚊遣り豚を探していたのですが、知人が見つけてきてくれてプレゼントしてくれました\(~o~)/

なんでもこの蚊遣豚はキンチョーブランドで有名な大日本除虫菊(株)から正規ライセンスをとって作られているという携帯ストラップ「KINCHOの夏☆日本の夏 金鳥の渦巻き根付ストラップ(蚊取り豚)KNCHNK0402」です。

豚の全長は3〜4センチでミニ渦巻き蚊取り線香(本物ではない)を背負ってます。蚊遣り豚の中にもちゃんと火?の付いた蚊取り線香が入っています。

で、さっそく比べてみました。似てる?似てない?

buta2.jpg

buta1.jpg

う〜む、蚊遣豚をクールシルバーに塗って、目をつり上げて暗いところで見ると似てるかも(笑)
厄除けを兼ねてパドルシフトレバーに飾っておくことにします。



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感