2020年09月19日

クルマの古書 その3



クルマの古書 その1 「無敵の最新FF車運転テクニック」黒沢元治著、「高性能シャシーの研究」舘内端著
クルマの古書 その2 「メルセデスの伝説」五木寛之著、「パンサー特急」田中光二著、「殺しのラフロード」新宮正春著

に続き、その第3弾です。

懲りないな!って?

えぇ、えぇ、コロナ禍もありネタ不足なためご容赦を。

その3では、古書とは言えませんが、新しくもないという単行本で、エッセイと小説の2冊(plus文庫1冊)です。

  ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

言わずに死ねるか!日本車への遺言」三本和彦著 講談社 定価1,400円
kosyo3_1.jpg

湾岸リベンジャー」戸梶圭太 祥伝社 定価1,700円
kosyo3_4.jpg

  ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

「言わずに死ねるか!日本車への遺言」の出版は2010年で、著者の三本和彦氏は、長らくテレビの「新車情報」という毎週1回、超辛口な発言が人気でした。テレビで放送されていたのは1977年から2005年までで、なんと28年間も続いたのですね。

kosyo3_2.jpg

kosyo3_3.jpg

最初は自動車評論家?って思っていましたが、本来プロとしてやっていたのはカメラマンで、クルマはジャーナリストという立ち位置で、メーカーや(テレビ番組の)スポンサーにおもねることなく、ずいぶん気を悪くしたメーカー(営業、技術者、デザイナー)やスポンサーもいたことでしょう。

三本氏はガタイが外国人並みに大きい人で、頭上に余裕がない天井が低いクルマ、Aピラーが寝ていて目のすぐ前にフロントウィンドー上部がきているクルマ、体重をしっかり支えられないチープなシートには極めて非難が強かったです。

また本職がカメラマンということもあり、仕事では写真機材など多くの荷物を積むことが多いので、実用車なのにトランクや荷室が狭いクルマへの風当たり(不満)も大きかったです。

「パワーは麻薬」とか「ホンダのびっくり箱」、「トヨタの80点主義」、「ゴムひもの緩んだパンツ」(2代目カムリのスタイリング)、「マグロの切り身」(トヨタ車のテールランプ)、枯葉マーク(以前の高齢運転者標識もみじマークのこと)など三本語録は多くありました。

辛口評論家としては徳大寺有恒氏が有名ですが、外国車を異様に誉める徳大寺氏と違い、外国車でも日本の国内インフラ事情を考えていな装備や性能に対しては極めて辛辣でした。つまり公平感を感じたものです。

その三本氏の著書ですが、テレビで言う辛口はその人の本心が出ますが、やはり書籍ともなると、何度も推敲し、さらに編集者など何人もの目が通りますので、辛口にも限界があります。お歳で丸くなられたということもあるでしょう。

そうしたクルマに並々ならぬ思いを持った著者が、現在でも私と同じワーゲンポロにお乗りだとかで、ちょっと嬉しく思います。

  ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

「湾岸リベンジャー」は2001年に発刊された長編小説で、著者の戸梶圭太氏は、クルマにかかわらずバイオレンス社会小説がお得意ですが、一方ではコミカル系作品もあり、ユーモアたっぷりな「溺れる魚」は映画化もされています。

ストーリーは、愛妻を交通事故で失った元ラリードライバーと、同じく事故で孫を失った大金持ちの実業家がタッグを組んで、事故の原因を引き起こした走り屋へ仕返しするという物語で、主要な舞台は首都高湾岸線から大黒ふ頭、高速横羽線です。

kosyo3_5.jpg

kosyo3_6.jpg

内容的にはノリがよく、ちょっとハチャメチャなところもありますが、それはこうしたクルマを使った小説や映画にはつきものなのでしょう。またこの小説を原作としたコミックもあり、そちらで読んだという方もいるかもしれません。

あと、オマケに雨の日には車をみがいて」五木寛之著 (角川文庫1990年発刊)をおつけします。

DSC_0132.jpg

(解説)
1966年。街にビートルズの曲が流れるその年の夏、ぼくは一台のオンボロ外車を手に入れた。シムカ1000。風変りな色に塗られたその車に魅せられたぼくは、女ともだち揺子の意外な成功と突然の転落のドラマを乾いた心で見つめていた。「車は雨の日にこそみがくんだわ」最後に揺子が残した言葉を忘れられずに、その夏からぼくの恋と車の奇妙な遍歴の季節がはじまる。ぼくは作家を夢みる青年だった。ぼくの愛した9台の車と9人の女たち。ぼくの青春はなにを失くし、なにを得たのだろうか?

第1話 たそがれ色のシムカ シムカ1000。
第2話 アルファ・ロメオの月 アルファ・ロメオ・ジュリエッタ・スパイダー。
第3話 アマゾンにもう一度 ボルボ122S・アマゾン。
第4話 バイエルンからきた貴婦人 BMW2000CS。
第5話 翼よ!あれがパリの灯りだ シトローエン2CV。
第6話 ビッグ・キャットはしなやかに ジャグヮーXJ6。
第7話 怪物グロッサーの孫娘 メルツェデス・ベンツ300SEL6.3。
第8話 時をパスするもの ポルシェ911S。
第9話 白樺のエンブレム サーブ96S

今回もこの単行本2冊+文庫1冊をセットにし、もし欲しい方がいらっしゃればお譲りします。
送料込み(離島、海外除く)で、1,500円です。申し訳ありませんが、バラ売りはしません。

先着1名様、問い合わせからその旨、ご連絡ください。近場(川崎市とその周辺地域)なら手渡しも可です。梱包する手間が省けるので、本当は手渡しの方がありがたいです。

販売有効期間は2020年10月末まで。

クルマの古書 その1 「無敵の最新FF車運転テクニック」黒沢元治著、「高性能シャシーの研究」舘内端著

クルマの古書 その2 「メルセデスの伝説」五木寛之著、「パンサー特急」田中光二著、「殺しのラフロード」新宮正春著

も、よろしく〜

【近日公開予告】
編み式のステアリングカバーを一新するため、ブツは購入済みです。基本は以前と同じスエード(バックスキン)で、糸は赤色です。前回編んだときの糸が緩んできたので、今回新しいものに交換です。ただもう少し涼しくなってからでないと、汗だくになりそうなので、近日公開予定!

kosyo3_7.jpg

◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX




posted by makan at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感

2020年08月29日

クルマの古書 その2



クルマの古書 その1」では、技術的な解説書として「無敵の最新FF車運転テクニック」黒沢元治著と「高性能シャシーの研究」舘内端著を紹介しました。

今回紹介するのは、いずれもクルマを主人公やテーマととした小説で、昭和54年(1979年)〜60年(1985年)頃に発刊された単行本です。

1)「メルセデスの伝説」五木寛之著 昭和60年 講談社 定価1,200円

2)「パンサー特急」田中光二著 昭和54年 徳間書店 定価980円

3)「殺しのラフロード」新宮正春著 昭和58年 講談社 定価800円

  ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

1)の「メルセデスの伝説」は、戦前に同盟国ヒトラーから天皇陛下に寄贈されたという白銀の高級車メルセデスベンツ グロッサーの行方を探すTVディレクターの話しです。

hon2020_11.jpg hon2020_12.jpg

著者の五木寛之氏は、クルマに詳しく、「雨の日には車をみがいて」などの著書もありますが、この「メルセデスの伝説」は最高のデキと言える歴史ミステリー&サスペンス小説に仕上がっています。

Amazonで調べると単行本はなく(2020年8月28日時点)、文庫本で1200円以上と結構な人気です。

  ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

2)の「パンサー特急」の著者田中光二氏は、仲間を死に追いやった金色のスカイラインGTRを宝くじで得た大金をつぎ込んだセリカLBボルトオンターボで追いかける「白熱(デッドヒート)」など、カーアクション満載の小説が多く、これもそのうちのひとつです。

hon2020_13.jpg hon2020_14.jpg

主人公は、クルマでの運び屋を生業にしていていますが、その仕事というのが、違法すれすれだったり、追われている人物を送り届ける仕事だったり、お金に糸目を付けないという依頼主からの仕事だけを請け負っています。

そのため、使うクルマは三種類、ロータリーワゴン、ラリーに向いたセダン、そして4WD。それらのクルマをそれぞれの仕事に応じて使い分け、困難な仕事をクリアしていくという内容です。

そう言えば映画で「トランスポーター」(2002年)というのがありましたね。それより20年以上も前に、同じテーマ、シチュエーションの小説が日本で出ていたわけで、別にパクりとかではないにしても、そのオリジナルとも言える作品です。

  ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

3)の「殺しのラフロード」は、月刊ベストカーガイド(現在のベストカー)に連載されていた小説で、主人公は、元プロラリーストですが、現在のアメリカの病院で麻酔医として勤務しています。

hon2020_15.jpg hon2020_16.jpg

主人公の愛車はヨーロッパ向けのランサーEX2000ターボで、そのランタボのバンパーの中にいつの間にか大量の麻薬が仕込まれていて、知らないうちに運び屋となっています。そのためその麻薬を奪おうと銃撃を受けたり、追跡されたりしますが、そこはランタボの性能とラリーストのドライブで難を切り抜けていくというストーリー。ちょっとハチャメチャなところがあるのはご愛敬。

著者の新宮正春氏はすでに故人ですが、報知新聞記者などのあと作家へ転身し、歴史時代やジャイアンツなどをテーマにしたプロ野球関連の小説が残っています。クルマ関連の小説は珍しいようです。

上記1)2)の二冊は外観も中身も割と綺麗ですが、この3)だけは少し紙のヤケが入っています。紙質の差がでている感じです。いずれも破れ等はありません。

  ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

今回もこの三冊をセットにし、もし欲しい方がいらっしゃればお譲りします。

送料込み(離島、海外除く)で、1,500円です。申し訳ありませんが、バラ売りはしません。
先着1名様、問い合わせからその旨、ご連絡ください。近場(川崎市とその周辺地域)なら手渡しも可です。販売有効期間は2020年10月末まで。

Amazonで調べると、
メルセデスの伝説」 単行本はなく文庫本で送料込み 1,250円〜
パンサー特急」 送料込み 2,761円〜
殺しのラフロード」 送料込み  530円〜
(2020年8月28日時点)

クルマの古書 その1」もよろしく!

◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

【お出掛けレポート】
伊豆へ紅葉偵察ドライブ その1
信州・草津ドライブ探訪 その1
成田へドライブ(1)
東北激走ツアー2018 その1(山形、秋田、青森、岩手 2018年7月)
由比のさった峠と富士川ドライブ2018
金運神社〜笛吹桃源郷
浜石岳から由比へ2016
東北ツアー2015(青森、岩手)その1
関ヶ原と京都旅その1
日光東照宮〜いろは坂〜わたらせ渓谷弾丸ツアーPart1
お伊勢参りとルーブル彫刻美術館ツアー(その1)




posted by makan at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感

2020年08月22日

クルマの古書 その1




コロナ自粛で、自宅の書棚をゴソゴソと整理していたら、学生の時から独身時代に買ったかなーり古いクルマ関係の本や雑誌がいっぱい出てきました。

今回はその中から、解説書の書籍二冊を紹介です。

1)差をつける走り方、選び方「無敵の最新FF車運転テクニック」ずばり!きみをFFスペシャリストにする本 黒沢元治著

hon2020_01.jpg

2)高性能シャシーの研究 自動車ハイメカニズムスタディ 舘内端著

hon2020_02.jpg

まず1冊目、長い副題が前後に付いていますが、「無敵の最新FF車運転テクニック」の発刊は昭和58年というから1983年のことです。購入したのもこの年です。

このとき、当時としては高額なこの本(定価850円)を私に買わせた理由は、それまではずっとオーソドックスなFR車ばかりに乗っていたところ、この年に初めてホンダプレリュード(1983年式 1.8 XX AB型)のFF車に乗ることとなったことによります。

この本にもFF車の代表として、プレリュードが紹介されています。

当時のFF車では、カムリ/ビスタ、カペラ/テルスター、フローリアンアスカ、コルディア/トレディア、アコード/ビガー、オースターJX/バイオレットリベルタ/スタンザFX、レオーネ、ファミリア/レーザー、サニー/ローレルスピリット、パルサー/ラングレー/リベルタビラ、ターセル/コルサ/カローラII/スプリンターカリブ、バラードスポーツCR-X、ミラージュII/ランサーフィオーレ、シティ、シャレード、マーチなどがあり、それぞれに評価されています。

hon2020_03.jpg

hon2020_04.jpg

肝心のFF車ドライビングですが、当時のクルマ全般に言えますがまだブレーキ性能がイマイチで、特に下り坂では、FF車は危険なことが多く、「(FF車は)下り坂では積極的に道を譲れ」とか書かれています。

当時のFF車にはコーナーでアクセルを強く踏めば、どアンダーステアが出て、飛び出しそうになったり、逆にアクセルを急に緩めるとオーバーステアが強めに出るタックインする傾向があり、それらアクセルの開閉をうまく生かしたスポーツ走行について詳しく書かれています。

またFF車選びにおいては、エンジンパワーよりも、サスペンションとブレーキ性能で選べと書かれていますが、現在のクルマはほとんどがFF車ですので、選び方も変わってきているでしょうね。

そういう点では、当時のプレリュードは、凝った4輪Wウイッシュボーンサスペンション、ブレーキは国産車初の4ALB(4輪アンチロックブレーキ)と、居住性以外は高得点を獲得出来たわけです。

  ◇     ◇     ◇     ◇     ◇     ◇

2冊目の「高性能シャシーの研究」は、そのタイトルからもわかるとおり、ちょっと専門的な内容で、上記と同じ1983年に発刊された本です。定価は1800円で、専門書と言うこともあり当時としてはかなり高額です。

目次を見ても、第1章 操縦性と安定性 第2章 サスペンション 第3章 ステアリング 第4章 ブレーキ 第5章 動力伝達装置 第6章 エアロダイナミクス 第7章 フレーム剛性、騒音、振動、軽量化となっています。

hon2020_05.jpg

hon2020_06.jpg

著者の舘内端氏は、東京大学宇宙航空研究所に勤務した後に、レーシングエンジニアを務めたり、自動車評論家として活躍されている方です。最近は買っていないのでわかりませんが、ずっとカーグラフィック誌のコラムを書いておられました。最近はEVの専門家として時々見かけます。

クルマを感性で語るのは誰でもできますが、この本に書かれているような、空力やバネ条数、慣性力など各種の数値や理論や、構造による変化、耐性など専門理論で語れる人は極めて稀でしょう。

私?ムリムリ

一応、当時は勉強しようと試みましたが、身についたかというと、半分も内容が理解ができませんでした。身についていれば、今頃はカーグラフィック誌にコラムでも書いているかも〜ってそれはあり得ません。

この2冊、欲しい方がいらっしゃれば、お売りします。多少ヤケはありますが、中身は意外と綺麗です。

2冊セットにして1500円、送料込み(外国、離島除く)で、先着1名様、問い合わせからその旨、ご連絡ください。近場(川崎市とその周辺地域)なら手渡しも可です。販売有効期間は2020年10月末まで。

参考までにAmazonでの販売価格(2020/8/21時点、いずれも中古品)
無敵の最新FF車運転テクニック 送料込み 349円〜
高性能シャシーの研究 送料込み 3,245円〜

クルマの古書 その2へつづく

◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

【旧車シリーズ】
旧車シリーズ(日産編)
旧車シリーズ(スバル富士重工編)
旧車シリーズ(三菱自動車編)
ブラオヤジ2(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ3(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ4(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ5(含む旧車シリーズ)
さくら咲く2+名車
ブラオヤジ7(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ8+名車列伝



posted by makan at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感

2020年07月18日

コロナ自粛時の買い換えと言うか散在中毒




コロナ自粛が本格的になったこの4月のポロGTIのバッテリー交換から始まった買い換えシリーズ(仮称)は、

1)バッテリー電圧低下による交換(約1万円)2020年04月18日

coro2020_01.jpg

2)古くなってきたデスクトップPCのバックアップ用にノートPC購入(約5万6千円)2020年04月25日

coro2020_02.jpg

3)電気シェーバー故障による買い換え(約6千円)2020年05月23日

coro2020_03.jpg

4)ビルトインガスコンロの老朽化で買い換え(約5万5千円)2020年05月30日

coro2020_04.jpg

5)ガス漏れ、火災警報器使用期限切れで買い換え(約1万円)2020年05月30日

coro2020_05.jpg

6)自宅書斎チェア劣化で買い換え(約1万円、但し子供達からの父の日プレゼント)2020年06月13日

coro2020_06.jpg

と、コロナ自粛中のわずか3ヶ月の間に、そこそこの費用がかかる6件の必需品の買い換え、予備の追加購入が発生しました。

総額にすると、父の日プレゼント分を省いても特別給付金の10万円ではとても収まらず、日本経済の活性化に貢献する思わぬ散財が続いています。

こうした買い換えだけでなく、前のブログに書いたように、仕事の自宅作業において古いデスクトップPCにカツを入れるため、SSDを装着するという、仕事など作業の効率化に有益ではあるものの、不要不急の無駄?な投資も別途あります。

7)自宅用デスクトップDELL XPS 8910にSSD装着(2020年06月27日)

coro2020_07.jpg

まだ、冷蔵庫やエアコンのような10万円超えの大型家電が壊れていないので、助かっていますが、昨年は自宅屋根の棟包みが台風ではがれ落ちてしまい、その修理と、足場がそのまま使えるので屋根と外壁の塗装をおこない130万円超えの修繕費を使っているだけに、もう毎日ビクビクです。

と、憂いていたら今度は、自宅書斎用PCモニターが、突然故障して買い換えることになりました。涙涙涙

3年前にデスクトップPCと同時に購入したDELLの23インチモニター(S2316H)ですが、突然画面が不安定に動いて(大きくちらつき)、いろいろ調べて修復を試みましたがダメでした。

最初、つい最近、SSD装着のためにPC本体の裏蓋を開けてホコリをブロワーで吹いたりしたので、パソコン側のグラフィックボードに異常?と思いましたが、モニターをPCと切り離しても、画面の異常なちらつきは変わらず、またモニターを工場出荷状態にリセットしてもその異常は治りません。

動画

https://youtu.be/ZijiXT6TDhs

さて、このモニターには何年か保証がなかったっけ?と一応調べてみましたが、ケチなので保証は標準の1年しかつけてなく、もし延長保証の3年だったとしても、3ヶ月ほど過ぎているのでダメです。ソニータイマーじゃないですけど、保証期間が過ぎると平気で壊れてくれます。

一応、有料修理だといくらぐらいかかるのかな?と思って、DELLのサポートへ電話をしてみました。いつものようになかなかつながりません。

平日だったので15分ほどでつながり、斯斯然然(かくかくしかじか)説明したら、「PC側の故障かも」というので、「だ〜か〜ら〜PCと切り離してもダメだって言ったでしょ!」と、意味がなかなか通じない日本語を母国語としないサポートに繰り返し説明。

その結果わかったのは「DELLではモニターは修理はしません。壊れたら取り替えます。保証期間が過ぎていたら高い価格です。よろしいか?」ということで、モニターの修理はしていないそうです。まだ3年ですのでもったいないですけどね〜残念。

それにこういう精密機器は有料で修理を依頼すると、往復の送料を含めると、元の本体価格よりも高く付くことが多いので仕方がありません。

あきらめて、即納してもらえる同程度の性能の他社モニターを発注しました。

8)自宅書斎用PCモニター故障による買い換え(約1万7千円)

coro2020_08.jpg

もうね、通販でポンポン買い物する感覚が麻痺しかけていて、これじゃー早々の財政破綻が見えてきそうです。国が早いか個人が早いかというだけのわずかな差です。

あぁ、悩ましいです。


ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感

2020年02月29日

近所の花とコインとDSGリコール


相変わらずクルマネタがないので、近所でテクテク散歩ついでに撮影してきた花の画像なんかをあげておきます。

ついでに珍しいコインの話しやら、DSGリコールの続編など、無理くり詰め込んでおきます。

春も近いと言うことで、あと半月もすれば、「桜が開花した!」という話題ばかりになるのでしょうけど、その前にチラッと梅などが咲いたところで、お茶を濁しておきます。

202002_01.png

202002_02.png

202002_03.png

202002_04.png

202002_05.png

ついでに、なんの関係もありませんが、最近珍しいコイン(貨幣)を偶然手に入れたので、それも記録して残しておきます。

令和元年の10円玉
202002_06.png

近所のディスカウント店で買い物した時、お釣りに混じっていました。やけに光っているな?と思って見たら見慣れない令和の文字が。

おそらく発行枚数が少ないであろう平成31年製の100円玉です。これも買い物のお釣りでもらいました。結構で回っているのかも。
202002_07.png

東京2020オリンピック競技大会記念貨幣の100円玉5種
202002_08.png

見たところ通常の100円硬貨と大きさも材質も同じ感じですが、自動販売機ではどうも使えないらしいです。と言うことは、銀行のATMで入金しようとしてもやっぱはねられちゃうのでしょうね。

コインを収集している人でないと、持っていても自由に使えないので意味ないかもです。日銀さんはそうした(市場に出回らずタンス預金になる)目的で作っているのでしょうけど、、、

そう言えば、ずっと前に亡くなった父親が、前の東京五輪の千円硬貨を大事に持っていたことを思い出します。

    ◇    ◇    ◇    ◇

さて、昨年8月にリコールされたフォルクスワーゲンのDSG(ツインクラッチ)ですが、半年が過ぎてそろそろ部品やサービス部にも余裕ができたかな?ということで、来月3月中旬に予約を入れました。

過去記事 VWツインクラッチDSGリコールに関して

DSGの主要部分を全部新しいものとパキッと交換して新品になるのかと思っていたら、そう甘くはなく、検査をしてもし不良箇所があるならばその部分だけ交換となるそうです。

リコール届出内容
【基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因】
7速DSG型自動変速機のメカトロニクスにおいて、アッパーハウジングのねじ切り加工が不適切なため、耐久性が不足しているものがある。そのため、アキュムレーターの継続的な油圧変化による疲労の蓄積により、アッパーハウジングに亀裂が発生し、油圧が低下して、最悪の場合、駆動力が伝達されず走行できなくなるおそれがある。

【改善措置の内容】
全車両、アッパーハウジングの製造ロットを確認し、該当する場合はアッパーハウジングを対策品に交換する。

確かに「・・製造ロットを確認し、該当する場合は・・」と書いてあります。「該当せず!」と切り捨てられるかも知れません。ま、壊れなければそれでいいけど。

せっかくDSGをいじってもらうので、ついでに、DSGのECUアップデートと、キャリブレーション作業(ディーラーではアダプテーションというらしい基本調整作業)をやってくれと頼みました。

費用は6,900円とのことです。キャリブレーションはともかく、ECUアップデートは自分ではできない作業なので、ま、仕方ない。

■ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEXページ

【ポロGTI 改良点】
オートライトスイッチ
ボンネットダンパー
スロットルコントロール/室内灯全LED化


posted by makan at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感