2011年02月05日

横濱家でランチ



近所にありながら今まで行ったことがなかった横濱家へ子供と行ってきました。横濱家はラーメンのチェーン店で神奈川県に20店舗近く出店しています。

横濱家はラーメン発祥の地横浜にあった吉村家で修行したことがある、いわゆる家系ラーメンの店ですが、マニアックな店というわけでなく、駐車場も店内も広く、家族で食べに行けるファミリーレストラン風のラーメン屋です。

と、書くとラーメンマニアにとってはなにか大衆迎合しすぎていて胡散臭そうに思えてしまいますが、そこはやはり家系ラーメンの神髄は残しており、トンコツスープベースのボリュームたっぷりなラーメンで、いつも賑わっています。

20110205_005.jpg

私が頼んだのは「にらもやしラーメン」(840円)と「特製餃子」(6個 220円)。子供は「味玉ラーメン」(780円)+「Bセット」(半チャーハンと餃子3個 250円)です。

「にらもやしラーメン」と「特製餃子」。上に乗っかってる丸いのはニンニク1個まるごと!
20110205_003.jpg

まず、「にらもやしラーメン」ですが、とにかく麺がどこにあるのかわからないぐらいにニラともやしが山盛りです。一般的にはニラともやしを比較するとニラのほうが高額ですので、ニラ炒めを頼んでもニラは少しでほとんどもやし炒めだったという詐欺みたいな中華料理店は少なくないですが、ここの「にらもやしラーメン」はさっと炒めたニラがもやしに負けないぐらいたっぷり入っていて、めちゃ食べ応えがあります。

スープはトンコツスープですが塩か醤油、麺の堅さも選べます。また、お好みに応じてザーサイや紅生姜、その他カラシ味噌などが入れ放題で置いてあります。餃子は”特製”とうたっているもののイマイチで餃子の王将には全然かないません。ま、6個220円ですのでよく頑張っているなと思いますが。

子供の「味玉ラーメン」は味付け玉子が2個とチャーシューなど入りで、これもボリュームたっぷり。家系の伝統でしょうね。

あー旨かった!

【ラーメン】
Enjoy Honda ツインリンクもてぎ2018へ Plus天下一品ネタ
■ラーメン履歴(2016〜2017年版)
ラーメン履歴 神奈川以外地域編
ラーメン履歴(神奈川編)
横濱家でランチ
【来来亭】ふたたび
連休後半はまずラーメン来来亭から
寒いから今日はラーメンだ
麺屋はやと
ラーメン食べある記
近所の「ラーメン和屋」
ZUND-BAR(ズンドバー)と宮ヶ瀬ドライブ



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン/グルメ

2010年04月09日

ラーメン食べある記



つけ麺 志こつ(しこつ)(2018年2月閉店)
神奈川県川崎市多摩区宿河原6-22-1

20100322_1.jpg

府中街道沿いに少し前にオープンしたつけ麺がウリの店です。もちろん温かいラーメンもあります。店はまだ新しく綺麗で清潔です。

私が行ったのは3連休の最後の日で夜でしたが、客はゼロ、その後食べ終わるまで結局ひとりも来ませんでした。普段は、昼間と夜は結構お客さんが入っていると聞いていたのですが、私が行ったときはたまたまなのでしょう。

頼んだのはつけめん特盛りです。味は、、、あまりつけ麺は食べたことがないので、なんとも言えませんが、私的にはもう一つ二つって感じです。温かいラーメンにすべきだったかも知れません。

 ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

虎ノ門よかろう
東京都港区虎ノ門3-8-2 虎ノ門吾妻ビル1階

20100327_1.jpg

よかろうは東京虎ノ門にある担々麺(この店ではだんだん麺と呼ぶ)の店です。10年ぐらい前に2年間ほど虎ノ門で働いていたことがあり、週に1度は通っていました。

麺は細めで、しっかりとコシがあり、ラー油の多いスープとよく絡み、揚げて焦がしたネギが香ばしく病みつきになる味です。以前は内幸町の飯野ビルの中にも支店が入っていましたが、現在ビルの建てかえ中だったので虎ノ門5丁目の本店?へ行きました。

メニューは普通のだんだん麺とそれに分厚い叉焼が入っている太肉だんだん麺、豚肉のスパイシーな唐揚げが入った排骨(パーコー)だんだん麺、鶏肉の鶏絲(ちいすい)だんだん麺、搾菜(ザーサイ)だんだん麺が基本です。

あと辛くないラーメンもあります。その他にタレをつけずに食べる餃子もありますが、私はやっぱりタレをつけて食べる餃子が好きです。

だんだん麺には希望すればライス(小)がサービスで付いてきますが、これと食べ放題の細切りたくあんが、辛みでしびれた口にまたよくマッチします。ちょっとお値段が高い気もしますが、この味はなかなか食べることができないので納得です。

頼んだのはもちろん私の一番のお気に入り排骨だんだんです。少々辛いのですが、これぐらいなら辛さに弱い人でも全然OKな辛さで、私はスープまでしっかりといただきました。

【ラーメン】
Enjoy Honda ツインリンクもてぎ2018へ Plus天下一品ネタ
■ラーメン履歴(2016〜2017年版)
ラーメン履歴 神奈川以外地域編
ラーメン履歴(神奈川編)
横濱家でランチ
【来来亭】ふたたび
連休後半はまずラーメン来来亭から
寒いから今日はラーメンだ
麺屋はやと
ラーメン食べある記
近所の「ラーメン和屋」
ZUND-BAR(ズンドバー)と宮ヶ瀬ドライブ


posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン/グルメ

2010年02月26日

ありゃ!せんば自由軒がつぶれてもた!



まだ厚顔、いや、紅顔な20歳代の頃、大阪は本町というビジネス街を根城に仕事をしていました。当時は大阪のビジネス街でもっとも賑やかだったのがこの本町界隈で、繊維問屋、総合商社、紡績、などいわゆるいとへんの企業がいっぱい集まっていました。

さすがに食い道楽大阪ですから、昼にしても夜にしても安くて旨い食事には事欠きません。その中でも会社から徒歩3分のところにせんば自由軒がありましたのでよく通いました。

せんば自由軒(本家の自由軒は営業中です)の本店は、阪神高速高架の真下に作られた細長いせんばセンタービルという細長いビルの地下から、地下鉄本町駅へと抜けるところにありましたが、庶民的な大阪の店らしく、厨房を3面ぐるりと囲んだ大きなカウンターとその周囲に少数のテーブル席で、昼時はいつも混んでいました。

店の一番の人気メニューはインデアンカレーと言ってライスとカレールーをフライパンで混ぜ合わせたどろりとしたカレーライスを皿に盛り、てっぺんを少しへこませてその上に生卵落としたものです。食べるときは関西流にウスターソースをかけて、卵をカレーライスに混ぜ合わせて食べます。

Curry.jpg

私はしばらくはそのインデアンカレー大盛りばかりを食べていましたが、ある日、メニューにドライカレーがあるのを見つけ、インディアンカレー自体がカレールゥとライスを混ぜるので、ドライカレーとどう違うのか確かめるためオーダーしてみました。

結果はインディアンカレーよりはちょっとだけドライ(笑)で、生卵は付きませんが、確かサラダが横にちょっとだけ乗っていたように記憶しています。これが私には意外とマッチしていてそれ以降はいつもドライカレーばかりでした。現在のメニューにはドライカレーだけの単品としては載っていません。

そんなわけで周囲はみんなインディアンカレーを注文する中、ひとりドライカレーを頼んでいましたので、ランチ時の混雑しているときは、他にドライカレーを頼む人が出てくるまで、作ろうとせず(まとめていっぺんに作れるほうを優先)、長く待たされることがよくありました。

本家の自由軒(実際には単に「自由軒」で本家とかは付きません)との関係ですが、二代目自由軒オーナーの子(五男)が本家とは別に独立をして同じコンセプトで立ち上げたのがせんば自由軒で、当然本家は長男が継ぎますので、兄弟で別々の道を歩むことになりました。

京都の一澤帆布の兄弟の骨肉の争いほどではないにしても、様々な問題を秘めたまま後生に遺恨や争いを残すことになります。せんば自由軒が「過去には人の交流もあったり互いに協力して」と円満な分家をWebサイトに書いているのに対し、本家の自由軒のWebサイトでは「当店の名前を模しただけの店」とつれない書き方をしているのが笑えます。

もう何年も前に東京の赤坂や新橋でせんば自由軒を見つけたり、昨年は横浜(みなとみらい)へ出掛けたとき、レストラン街の中で周辺の店が混雑している中で、ひとりガランとしていたせんば自由軒を偶然見つけて、懐かしいインディアンカレーを注文してみましたが、本場大阪で食べたものとは味も量も違っていて、懐かしくはあったけれど美味しくは感じませんでした。これではそもそも味の好みが違う関東では客が入らないのもうなずけます。

同様に天下一品のラーメンも本店(京都・北白川)と、その他のチェーン店で食べるのでは味が微妙に違います。「天一のラーメンなんて…」とネガティブに言う人が関西人以外には多いのですが、本店で食べるとまた違った感想になると思います。

元々自由軒のカレーにしても天下一品のラーメンにしても当初から全国展開を考えていたものではなく(たぶん)、その後、無理をして保存が効き、素人でも簡単に調理ができるよう、似てはいるものの、オリジナルな本店のものとは違うものを出していると思うのです。

その点餃子の王将はメインの餃子の具こそ工場で一括して製造して、味はほとんど違いませんが、その他の料理の調理法、味付け、メニューは基本的に店長に任せるという自由さをもたせています。それによってその地方に合った独特のものができ、全国的に人気を得ているのでしょう。

今回せんば自由軒の倒産の原因は「無理な全国展開やレトルト食品等の販売拡大を急いだため」と書かれています。健全経営?の本家は、伝統の味を大切に守るためという主義で、本店から調理したカレーを毎日運べる範囲でしか出店をしていません。

カレーにウスターソースという食べ方はおそらく関西(西日本?)以外では受け入れられないと思うのですが、それを理解できずに功を焦ってしまったばかりに失敗に終わったということでしょう。懐かしい味がひとつ消えてしまうことになり残念です。

【ラーメン】
Enjoy Honda ツインリンクもてぎ2018へ Plus天下一品ネタ
■ラーメン履歴(2016〜2017年版)
ラーメン履歴 神奈川以外地域編
ラーメン履歴(神奈川編)
横濱家でランチ
【来来亭】ふたたび
連休後半はまずラーメン来来亭から
寒いから今日はラーメンだ
麺屋はやと
ラーメン食べある記
近所の「ラーメン和屋」
ZUND-BAR(ズンドバー)と宮ヶ瀬ドライブ


posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン/グルメ

2010年01月24日

ZUND-BAR(ズンドバー)と宮ヶ瀬ドライブ



厚木から丹沢方面へ行く途中の七沢温泉にあるZUND-BARへ行ってきました。BARと言ってもラーメン屋です。知る人ぞ知る有名店ということで、土・日曜日はいつも行列だという噂だったので、11時の開店30分前に現地に到着し、店の一番近くに駐車し、ウェイティング表があったので記入し、雲ひとつない心地よい冬の陽を浴びながら待ちました。店の周辺には川が流れていて桜並木になっていたので、春に行くと花見もできそうです。

(上)ZUND-BAR外観
(下)私よりも先に待ち猫達が並んでいました
画像クリックで拡大
20100124_001.jpg

店内はBARと名付けたように外観は古民家風ですが、室内は改装されていてやや暗めでステンレスが多用された落ち着いたお洒落な雰囲気です。カウンター10席とテーブル席20席があり、開店時にはほぼ全席が埋まるぐらいお客さんが集まっていました。バスに乗るか車がないと来れない山の中で、しかもオープンしてもう何年も経つのにすごいですね。

で、冬限定の味噌ラーメンをオーダーしました。店の定番メニューの塩ラーメンや醤油ラーメンと同様にステンレスの器で出てくると予想していたのですが、味噌ラーメンは陶器の器でした。

(上)店内の様子(一番に案内されましたので、他のお客さんに遠慮することなく撮影です)
(中)冬季限定冬のみそラーメンとチャーシューご飯。チャーシューは炙ってあります
(下)麺は細麺、みそラーメンにはなんと金箔が乗っていました(意味あるのか?)
画像クリックで拡大
20100124_002.jpg

スープもチャーシューもとても美味しいです。ただ関西人の私にはちょっと味が濃いかな。歳のせいもあると思うのだが。40歳ぐらいからどうも身体が薄味を要求していますので、きっと30歳代までならちょうどの濃さかもしれません。天下一品のこってりスープも最近は全部飲み干せなくなりましたからねぇ、、、

ZUND-BARは七沢温泉の中にあります。温泉旅館は7〜8軒ありその中には日帰り温泉もやっている旅館もあったので、ちょっと立ち寄り湯です。古い旅館が多く、露天風呂も少ないようで、スーパー銭湯のようなお洒落な都会風のお風呂(ジャグジー)や清潔感のある露天風呂を期待するとガッカリしそうです。

その後、七沢温泉から15分程先にある宮ヶ瀬ダムへ向かいます。宮ヶ瀬ダムは10年近く前に何度か言ったことがありますが、その時は道も空いていて走り屋さんの練習場所でした。最近はクリスマスイルミネーションなどのイベントなどもありかなり家族連れやカップルで賑わっていると聞いていました。

ダム近くの宮ヶ瀬湖畔園地は10年前とは大違いに綺麗に整備されていました。

(上)宮ヶ瀬湖畔園地マップ
(下)水の郷大つり橋方向の眺め(左にちょっと見えているのがイルミネーション用のアーチ?です)
画像クリックで拡大
20100124_004.jpg

駐車場周辺にはおみやげ屋さんとジャンクフードのお店がズラリと並んでいます。今はオフシーズンなんですけどね。で、焼きだんご(みたらし味300円)

20100124_005.jpg

宮ヶ瀬ダム近辺の道路は気持ちいいワインディングロードですが、やはり日曜日の昼過ぎだとゆっくり走るファミリーカーが多いのと、取り締まりもよくあるということで、走りはあまり楽しめません。カップルや子供連れで1日遊ぶのには最適な場所ですね。


posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン/グルメ

2010年01月17日

近所の「ラーメン和屋」



相変わらずラ〜メンブームが続いています。でも一時期と比べて豪華で高いラーメンよりもシンプルでそこそこリーズナブルなラーメンに人気が集まっているのは不況のせいなのでしょう。

私の場合、列に並んで食べるほどのラーメン好きではなく、ラーメンごときで30分も1時間も並ぶなんて以ての外という考え方なので、行こうと思っていたラーメン屋が混んでいたら、さっさと別の店へ向かう軟弱ものです。

まぁこれはラーメンに限らず、50年前の社会主義国家でもあるまいし、行列なんて時間の無駄という考えからです。

近所にも雑誌なんかに取り上げられるラーメン屋さんがあったりすますが、雑誌で取り上げられるというのは単純に旨いと言うよりお金を出したかどうかで決まることもあるので、あまり信用がおけません。

また人気店の場合、天狗になって客扱いが悪く、気分を害することもあります。それだったら、雑誌には取り上げられないけれど、古くからあって気軽に行ける勝手知ったるお店のほうがずっといいです。

しかしせっかく近所にお店ができれば、有名かそうでないかは別として一度は行っておきたいと思うのは人情です。もうできて何年も経っても、たまたまいつもタイミングが悪く、ある時は混んでいたり、駐車場が満車だったり、休業だったりしてその機会を逃してきたお店があります。

それが、ラーメン和屋(なごや)

店名の付いた「和屋らーめん」と「豚めし(チャーシュー丼)」です。

20091229_1.jpg

実はだいぶ前になりますが、このラーメン屋さんでお客さん同士が喧嘩になり、殺人事件になったこと(店にはなんの責任はありません)があります。もう店も早く忘れたいでしょうが、店の前を通ると、喧嘩のあった道ばたにいつも花が飾ってありますので、思い出してしまいます。

ところで味ですが、値段相応というか、美味しかったです。私には味付けがちょっと濃い目かな。

でもラーメンって昔と比べてずいぶんと高くなりましたね。ラーメンとうどん、蕎麦は同じぐらいの値段で一般大衆の食べ物だと思うのですが、昔は中学生が部活の帰り道草してお小遣いでちょっと食べるようなものでしたが、800円近い食べ物になると、もうそういうことはなくなってしまいますね。

【ラーメン】
Enjoy Honda ツインリンクもてぎ2018へ Plus天下一品ネタ
■ラーメン履歴(2016〜2017年版)
ラーメン履歴 神奈川以外地域編
ラーメン履歴(神奈川編)
横濱家でランチ
【来来亭】ふたたび
連休後半はまずラーメン来来亭から
寒いから今日はラーメンだ
麺屋はやと
ラーメン食べある記
近所の「ラーメン和屋」
ZUND-BAR(ズンドバー)と宮ヶ瀬ドライブ


posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン/グルメ