2024年01月03日

2023年11〜12月麺食記

[PR]

Amazon売れ筋ランキング

ホーム&キッチンの売れ筋ランキング 

枕・抱き枕の売れ筋ランキング

旅行用品の売れ筋ランキング


ミラーレス一眼の売れ筋ランキング 

空気清浄機 タイムセール

掃除機の売れ筋ランキング

ペット用品の売れ筋ランキング


明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


今年の一発目は、恒例の「麺食記」からです。ラーメンを食べられると言うことは、少なくとも胃腸は健康だと証拠なので、今年も引き続き健康に留意しつつラーメンを食べ歩きたいと思っています。

11月2日(木)
一心亭 狛江店小田急線狛江駅から徒歩4分)
みそラーメン(通常価格900円のところ、日替わりサービスで小ライス付きで850円)

202311ra_01.jpg

202311ra_02.jpg

202311ra_03.jpg

202311ra_04.jpg

平日のお昼前でしたが、狛江地元民と思われる常連のオジサン達のたまり場的な感じになっていて、カウンターだけの席は8割方埋まっていました。地元民に愛されている感じです。

味噌ラーメンは、思っていたよりもスープがあっさり系で、具材の野菜が多く入っているので味噌味タンメンと言っても良さそうです。

このあっさり味は嫌いじゃないけど、もうちょっと味噌に特徴を持たせて主張していても良さそうに思います。薄味好みにはこれぐらいがちょうどいいのかも知れませんが、たっぷり野菜の水分が本来のスープの味を薄めてしまっている感じがしました。

ラーメンとつけ麺がメインのお店ですが、ご飯もののメニューも豊富で、街中華という感じのお店でした。近所にこういう店があると便利です。

  ◇   ◇   ◇

11月15日(水)
栄照(栄は旧漢字) いち号店(東急田園都市線 宮崎台駅から徒歩10分ほど)
伝説の坦坦麺 辛さ並 1000円

202311ra_05.jpg

202311ra_06.jpg

202311ra_07.jpg

202311ra_08.jpg

宮崎台駅と隣の宮前平駅周辺はラーメン専門店が不毛の場所ですが、地元民に愛されている中華料理店の名店はあります。このお店は、同じ宮崎台にある中華料理店 北京から独立したお店です。

この北京系列(独立した店)のお店では、通常使う「担々麺」の「担々」を「坦坦」と土偏で並べて書くそうです。どっちでも良いですけどね。

平日の開店前11時25分頃に店の前を通りかかったら10名ほど並んでいましたが、その後近所にバイクを停めてから開店直後に行くと昼間は店内の奥でつながっている隣のBarのカウンターに案内され待たずに着席できました。

坦坦麺は辛さを選べますが、今回初めてなのとあまり辛いのには強くないので、一番辛くない「並」にしましたが、それでも結構ピリピリと辛いです。

具はニンニクやネギ、挽肉、タマネギなどたっぷり入っていて、ドロッとしたあんかけの坦坦麺は初めてですが、美味しいです。特にニンニクは塊でゴロゴロと入っているので、デートの前とか接客する仕事の人は避けておくのが無難です。

今日は寒いので、よかったですが、辛さとあんかけのなかなか冷めないスープとで、口の中はもちろん身体中が暖まります。それだけに夏場はちょっと厳しそうです。

ただ麺が普通過ぎて、これだけ熱いままのスープですからやや太麺にしたほうが伸びなくていいかもです。

  ◇   ◇   ◇

11月27日(月)
麺処 さとう 桜新町店(東急田園都市線 桜新町駅すぐ近く)
醤油ラーメン950円 +中盛り120円 計1070円

202311ra_09.jpg

202311ra_10.jpg

202311ra_11.jpg

本店は東京板槁にあります。この店のラーメンは、あっさり系は醤油か塩、こってり系は魚介とんこつのスープが選べ、醤油ととんこつこの二つが特にウリのようで、その他にもつけ麺や限定メニューがあり、常連さんにも配慮している感じです。

最近は味噌や担々系でやや重めのスープのラーメンが多かったので、今回はあっさり系醤油にしました。寄る年波には勝てやしません。

綺麗な器に盛られた麺やスープは上品でやや少なく、量を求める人なら中盛りか大盛は必須です。

チャーシューはボリュームがありとても美味しく、青菜はシャキシャキで良いアクセントになります。スープは典型的な醤油味でこれもとても美味しかったです。

ただ麺は急いで食べると口の中が火傷する熱々のスープの中で、徐々にベローンと伸びてきて味気なく残念です。ちょっとなにか伸びにくいような工夫をするか、伸びにくい麺にしたほうが良さそうに思いました。

カウンターに味変用のモミジ生姜(辛子と生姜、ニンニク?)があり、個人的には生姜が好きなので多めに入れてみたところこれが結構からくてむせました。辛さがダメな人や私のように喉の弱い人は要注意です。でも味変後もスープはとっても美味しかったです。

桜新町と言えばサザエさん通りで、近くにある長谷川町子美術館近くをブラリ歩いてきました。

202311ra_12.jpg

  ◇   ◇   ◇

12月1日(金)
カッパ大王(小田急線 百合ヶ丘駅の近く)
スタミナ麺 880円

202312ra_01.jpg

202312ra_02.jpg

202312ra_03.jpg

202312ra_04.jpg

チャーシュー5枚に煮卵、揚げニンニクがつくウルトラ麺1080円にも興味を引かれましたが、初訪問でもあり、ここはおとなしく。

駅前の路地を少し入ったわかりにくい場所にある創業40年を越える老舗ですが、店主は代わっているようです。

カウンター10席と6人がけテーブルがひとつ。券売機はなく、しかもワンオペなので満席になるとオーダー、調理、配膳、レジ、片付けとひとりで大変そうです。

スタミナ麺は、タマネギ、ほうれん草、ニンジン、豚肉、そしてニンニクの固まりがたっぷり入っていてめちゃ美味しいです。

次はやっぱりチャーシューや煮卵の入ったウルトラを食べたいと思わせる入門編か序奏といえるラーメンでした。

  ◇   ◇   ◇

12月8日(金)
自家製麺つけそば 九六(くろ) (小田急線 和泉多摩川駅近く)
鶏魚介中華そば 並盛り200g 950円+トッピング刻みタマネギ100円 計1050円

202312ra_05.jpg

202312ra_06.jpg

202312ra_07.jpg

202312ra_08.jpg

ぐるなびの百名店2017(東京)に選ばれた、メインはつけ麺のお店で、各停しか停まらない駅から少し住宅街を歩くわかりにくい場所にかかわらず、いつも行列が絶えないようです。

今回は、平日の開店直後に着き、先客は3名だけでした。しかしその後はすぐに満席となり、帰る時は外待ちになっていました。

公式の開店時間は11時半ですが、客がいれば少し早く開店しているようです。

スープは鶏と鰹魚介、野菜をじっくり煮詰めたとろみがあり、かなりこってりしています。おそらくつけ麺のスープと共通かと。

そのためカウンターには好みに合わせるため、スープを薄める熱々のスープ割りがポットに入れて置いてありました。

チャーシューは分厚く、香ばしい焼きめがついていてとても美味しいです。トッピング追加した刻みタマネギは良いアクセントになり正解でした。

その他、カウンターに、おろしニンニク、スダチ果汁があり、味変もできるので最後まで飽きずに美味しくいただけます。

駐車場はありませんが、近くにコインパーキングがあり、バイクだと店前は狭くて置けないので、店から徒歩3分ほどの多摩川河川敷手前に狭いけど無料で駐輪できるところがあります。

  ◇   ◇   ◇

12月15日(金)
横濱家 たまプラーザ店(東急田園都市線 たまプラーザ駅近く)
豚骨醤油 ラーメン並盛り 860円+ほうれん草 150円 計 1010円

202312ra_09.jpg

202312ra_10.jpg

202312ra_11.jpg

チェーン店の横濱家には別の地域の店には何度もいってますが、今回のたまプラーザ店は初めてです。調べてみたら、前に横濱家(その時は新羽店)に来たのは8年前でした。

ファミリーで利用することが多そうなチェーン店のラーメンですから、幅広く誰にでも好まれるような味のメニューが多く、逆に言うとあまり冒険した際立った特徴はありませんが、個人的には好きな味です。

麺は並盛りだと少なく、大盛にするか、ランチタイムに安くなるライスを追加しなかったことを後悔しました。

店の1カ所に置いてある、刻みニンニク、紅生姜、ザーサイは入れ放題、食べ放題でしたが、これは嬉しいサービスです。ザーサイが食べ放題と最初にわかっていたら、ライスも確実に頼んだのに残念でした。

  ◇   ◇   ◇

12月22日(金)
喜多見家(小田急線 喜多見駅から徒歩5分)
喜多見家スペシャル 1000円

202312ra_12.jpg

202312ra_13.jpg

202312ra_14.jpg

ランチに予定していた店に行ってみると臨時休業で、近くの別の店(Bプラン)に行ってみたらそこも臨時休業。どうもこの日はついてません。

仕方ないので気を取り直して少し離れたCプランの店に切り替えて、世田谷区の喜多見ローカルな家系ラーメン店へ行きました。

喜多見ローカルと書きましたが、既に栃木県に二号店があります。東京都世田谷区と栃木県大田原市と、どういう趣旨で店舗展開をしているのかは不明です。

店の看板や店内の雰囲気、ラーメンの見た目は町田商店系という感じです。スープの味の濃さや麺の固さは選べるので、味は薄め、脂は少なめ、麺の固さは普通にしました。

スペシャルは大きなチャーシューが3枚、味玉、うずら、海苔6枚、ほうれん草などが乗っていてゴージャスです。

町田系だと並は麺がやや少なめなので、大盛りにしようか迷いましたが、小ライスが無料で付くので大盛はなしで。ライスは家系の濃厚スープに浸した味付け海苔で巻いて食べるのが至福です。

カウンターの上には、おろしニンニク、おろし生姜、豆板醤が置いてあり、好きなだけ入れられます。もちろんニンニクとショウガをいっぱい入れました。

今日は元々お腹の具合があまりよくなかったので、あっさり系の醤油か塩ラーメンを食べたかったのに、上記の通り2店に振られ、結局はこってり豚骨醤油になってしまいました。

しかし、脂少なめ、スープを薄めにしたのが良かったのと、中和してくれるライスのおかげで、胃もたれすることなく最後まで美味しく味わえました。

  ◇   ◇   ◇

天下一品 多摩ニュータウン店(東京都八王子市、京王線堀之内駅近く)
こってりMAX 大盛1400円

202312ra_15.jpg

202312ra_16.jpg

202312ra_17.jpg

202312ra_18.jpg

202312ra_19.jpg

今年おそらく最後になる、年納めラーメンとしてこちらへやってきました。自宅からは渋滞知らずのバイクでも1時間近くかかるところですが、天一で駐車(駐輪)場のあるのは近辺ではここだけです。

前からこの新メニューこってりMAXを食べてみたかったのですが、やっとありつけました。それにしても天一のメニュー、みんな高くなりました。もう気軽には来れません。

スープは、スープと言うより固めのクリームシチューという感じで、味は天一のこってりと同じなので見た目と食感が従来と違い頭の中に多少混乱を生じさせます。

思い余って大盛りにして、あまりしつこかったら胃もたれ起こすかな?とちょっと不安でしたが、まったくそういう心配もなく、スープの最後まできれいに平らげても全然平気でした。

今回は話のネタ的にMAXにしましたが、今後来たときにはもうMAXは不要で、通常のこってりでいいなと言うのが正直なところです。

【過去麺食記】
2023年9〜10月麺食記(ひろかぜ、あじくら、水仙、たかくら、杭州、茂木、越後維新、たつみ)

2023年7〜8月麺食記(元住家、狛江食堂ニュースター、燈、じれっ亭、龍神家)

2023年5〜6月麺食記(武蔵家、直久、八雲、長さん、和海、のすけ、幸楽苑、でびっと)




◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン/グルメ

2023年11月01日

2023年9〜10月麺食記



9月1日
博多ラーメン ひろかぜ(博風)(横浜地下鉄センター北駅から徒歩5分)
博多ラーメンと餃子のAセット 900円

202309ra_01.jpg

202309ra_02.jpg

202309ra_03.jpg

202309ra_04.jpg

202309ra_05.jpg

替え玉頼むとプラス160円ですが今回はなしにしました。

メニューには博多ラーメンと長浜ラーメンがありますが、私にはその違いがよくわかりません。この店では店名「博風」からすると博多ラーメンが基本のようです。

コクのある豚骨醤油ラーメンに細麺、小さなチャーシュー、キクラゲ、ネギ、海苔などのトッピングで、好みに応じてカウンターにあるニンニク、紅ショウガ、辛子高菜などを追加して好みの味にしていきます。

私は紅ショウガが好きなのでたっぷりと入れて、途中から味変兼ねてニンニクも少し入れました。

暑い夏でもスルスルと入っていく細麺のラーメンは、とっても美味しゅうございました。セットについてくる餃子は、いつも食べて馴染んでいる王将の餃子と比べるとちょっと残念な感じでした。

  ◇   ◇   ◇

9月11日
熱々肉汁餃子 あじくら 武蔵新城駅前店(JR南武線 武蔵新城駅近く)
赤煮干鯛らーめん 850円、味玉 50円 ねぎ増し 50円 計950円

202309ra_06.jpg

202309ra_07.jpg

202309ra_08.jpg

基本は餃子がメインの居酒屋っぽいお店です。赤や黒餃子、ガリトマチーズ餃子、チーズ小籠餃子、トムヤムクンしょうろん水餃子など数多くの餃子がメニューにあります。

今回は赤煮干鯛らーめんだけですが、辛さが5段階で選べ、2辛でも十分辛いと書いてあったので、1辛にしておきました。さすがに1辛だと極端に辛いものが苦手な私でも全然大丈夫でした。

少しでも辛いのが苦手なら、「赤」が付かない普通の「煮干鯛らーめん」や「極み煮干鯛らーめん」というのもあります。

トッピングは小さめのチャーシュー2枚、ウズラの卵2個、ネギ、モヤシ、キャベツ少々といった感じで、味玉とネギ増しをしたのは大正解でした。それらがないとちょっと貧弱で少量過ぎたかも。

煮干しラーメンと言うからあっさりした澄んだ透明感のあるスープかと思っていたら、味噌ラーメンぐらいの粘りけと色の濃さがあり、煮干しの香りと味が強めに出ています。

上品と言えば上品なラーメンで、これはこれで美味しかったです。で、鯛の風味はどこへ行った?って感じです。

  ◇   ◇   ◇

9月15日
水仙(京王線 国領駅近く)
日替りC(チャーシューネギそば、半チャーハン、フルーツ)セット 1080円税込

202309ra_09.jpg

202309ra_10.jpg

202309ra_11.jpg

国領駅すぐそばの商業ビルの中に入っている中華料理店で、平日ランチタイム限定メニューの中から選びました。

チャーシューネギそばは、ピリッと辛めですが、苦手な私でも大丈夫なレベルです。

ネギはいっぱい入っていますが、チャーシューは細切れがほんの少々で物足りない感じです。

麺は細麺で辛めの醤油のスープによく合っていました。よくある町中華の味です。

チャーハンは、パラパラ度が不足していますが、個人的にはこれぐらいしっとりしているのも嫌いではないです。

  ◇   ◇   ◇

9月22日
博多豚骨たかくら 武蔵小杉東急スクエア店(JR南武線、東急東横線 武蔵小杉駅近く)
一番釜 850円、全部乗せトッピング 350円 替玉(無料) 計 1200円

202309ra_12.jpg

202309ra_13.jpg

202309ra_14.jpg

JR南武線、東急東横線 武蔵小杉駅近く、東急線南口改札からすぐの駅ビルの通路にあります。

今回オーダーした一番釜(ラーメン)は、博多豚骨ラーメンの中でもあっさり系スープで、2番釜、3番釜と段々スープが濃厚となっていくようです。

その他に汁なしのまぜそばや、チャーハンなどのセットメニューもありました。券売機がちょっと直感的にはわかりにくく、なにを頼もうかと迷いました。

この「たかくら」は、最近勢いがある感じの「つけめんTETSU」と同じ会社の運営で、店の隣には「つけめんTETSU」が入ってました。

350円で全部乗せトッピングにすると、チャーシュー3枚、キクラゲ多め、ネギ多め、味玉が加わります。替玉は1玉まで無料です。同じ系列店で客の取り合いや分散にならないのでしょうかね。

カウンターには、紅ショウガと辛子高菜、すりゴマなどがあり、途中で味変が楽しめます。

辛子高菜はメチャ辛いので勢いよく入れてしまい、それでむせてしまいました。コロナやインフルがまだ流行っている中で、ゴホゴホと周囲に迷惑をかけて申し訳なかったです。

  ◇   ◇   ◇

9月29日
ラーメン杭州(京王稲田堤駅から府中街道を矢野口方向徒歩10分)
パイコー麺 900円

202309ra_15.jpg

202309ra_16.jpg

202309ra_17.jpg

202309ra_18.jpg

今回選んだパイコー麺はカリカリの豚ロースカレー風味揚げがドカンとのっています。店によってはパーコー麺と言いますが、この店のメニューにはパイコー麺と記載されています。

ラーメン店としては最寄り駅からは遠く、駐車場は数台分ありますがやや不便な立地です。バイクや自転車は店前に4〜5台置けます。

しかしお昼時ということもあり、平日でしたがまずまずの客入りで、タイミングが悪かったのかオーダーしてからラーメンが出てくるまでに15分ぐらいかかりました。

パイコーはカレー味で、ラーメンのスープは醤油味という、ちょっと微妙なマッチングですが、意外とスープの味には影響することもなく、あっさりといけました。このパイコーだと白いご飯にも合いそうです。

他人が注文した料理を見ると、五目焼きそば?らしい料理が、ラーメンハウス(登戸)にある五目焼きそばと量や見かけがそっくりで、今度行くことがあればそれを食べたいなと思いました。

  ◇   ◇   ◇

10月6日
らーめん 茂木(東急田園都市線 三軒茶屋駅近く)
雲呑(ワンタン)麺 1000円

202309ra_19.jpg

202309ra_20.jpg

202309ra_21.jpg

202309ra_22.jpg

202310ra_23.jpg

古くからある人気の店で、平日の開店直後でしたが、ほぼ満席。客層は若い人より、年配のサラリーマンっぽい人が多いです。

メニューをみて叉焼(チャーシュー)麺に強くひかれましたが、直前に入った三人の客がみな次々に雲呑麺を頼んでいたので、それに釣られて同じものを頼みました。えぇ軽々と人に流されるタイプなのです。

生姜のピリッとした辛さが効いている雲呑は大きくて5個も入っていました。これならチャーシュー麺と値段が同じながら人気が高いのもわかります。

スープはさっぱりした豚骨系で、これなら全部飲み干すことができました。

最近はチェーン店以外のこうした個人営業の店が厳しい環境で閉店しているところが多いですが、地元に愛されているこのような店は長く生き延びてもらいたいものです。

  ◇   ◇   ◇

10月13日
越後維新 武蔵中原店(JR南武線 武蔵中原駅近く)
越後味噌ラーメン(大盛り)950円

202310ra_24.jpg

202310ra_25.jpg

202310ra_26.jpg

昨年12月にオープンした新潟(湯沢)に本店があるつけ麺がメインのお店です。今回は少し涼しかったので熱々の味噌ラーメンを食べました。他のお客さんが頼んでいたつけ麺も美味しそうでした。

新潟産コシヒカリ米粉が混ぜ込まれたオリジナルの中太麺の量は、並盛り(200g)と大盛り(300g)は同価格(大盛り無料)で、特盛り(400g)はプラス100円です。

その麺を美味しく食べるためにつけ麺がお勧めでメインのようです。

越後の味噌は信州味噌より濃いめで辛めな感じでラーメンの麺とよく合います。味噌ラーメンにはバターが乗っていてこれが良い味を出していました。

南武線の高架の下にあるお店で、店の横に6台分の無料駐車場があり便利です。Googleストリートビューで見るとまだ前の店(炭火焼き北一倶楽部)のままです。

  ◇   ◇   ◇

10月20日
らーめん・つけめん たつみ(京王線 調布駅近く)
魚介醤油らーめん(中盛) 880円

202310ra_27.jpg

202310ra_28.jpg

202310ra_29.jpg

202310ra_30.jpg

創業20年の調布では老舗のラーメン店で、カウンター8席ほどの狭いお店で、つけ麺が評判のお店のようです。
並盛り(200g)と中盛り(300g)は同料金です。

トッピングの追加は後からでもできるようですが、無料のトッピング(ニンニク、タマネギ、魚粉)は注文時に声をかけるのがルールのようです。あとになって知りましたのであきらめましたが、ニンニクとタマネギは追加したかった、、、

前週に行った武蔵新城の「越後維新」もそうでしたが、つけ麺がウリのお店って、麺がしっかりコシがあり美味しいのが特徴です。この店のオリジナルの麺もたいへん美味しく、それをおかずにしてご飯も食べられそうでした。さすがに炭水化物祭りになるのでそれは避けましたが。

スープは、茶色く濁っていますが魚介系スープで、魚の味や香りがやや強めで、魚介系が苦手な人は避けた方が良いかもです。魚介醤油以外には塩らーめん(つけめん)と生姜醤油らーめん(つけめん)があります。

中盛り300gの麺量は、食べきれるかな?と心配でしたが、思ったほどでもなく、スルスルといっちゃいました。

【麺食記】
2023年7〜8月麺食記(元住家、狛江食堂ニュースター、燈、じれっ亭、龍神家)

2023年5〜6月麺食記(武蔵家、直久、八雲、長さん、和海、のすけ、幸楽苑、でびっと)

2023年3〜4月麺食記(よってこやラーメン、来来亭、陸、丸宮、王道タンメン、天下一品)

[PR] Amazn ほしいものランキング

携帯電話・スマートフォン 

スマートウォッチ

空気清浄機

洗濯機・乾燥機

衣類・ふとん乾燥機

テレビ・レコーダー


車&バイク


ヘルメット

洗車用品

自動車整備工具

釣りフィッシング   

ゴルフボール


ランニングシューズ

メンズスニーカー

レディーススニーカー

ベビー&マタニティ

ハンドケア・フットケア

シャンプー・コンディショナー




◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン/グルメ

2023年09月06日

2023年7〜8月麺食記


7月5日
らぁめん元住家(JR南武線鹿島田駅から徒歩10分)
チャーシュー麺 1,050円
202307ra_01.jpg

202307ra_02.jpg

202307ra_03.jpg

202307ra_04.jpg

もともと横浜市の元住吉でラーメン店(店名は別)を開業されていた店主が、7年ほど前にこちらへ移転してきたときに原点の場所の「元住」を名乗っているようです。

若い人にはやや物足りなさそうな薄めの豚骨スープですが、私のような年配者にはちょうど良い感じです。

券売機でチケットを買ったあと、店員に渡す時に、スープの濃さや麺の固さを聞かれるので、濃い目が好きな人はそこで好みに調整できます。

チャーシューは分厚いですが、箸でつかむとホロホロと崩れる柔らかさで、スープにしっかり浸して食べると美味しいです。

ライスは無料でつきますので、海苔をスープに浸してチャーシューとライスを一緒に巻いて食べるとこれは最高のご馳走になります。

  ◇   ◇   ◇

7月12日
狛江食堂 ニュースター(小田急線狛江駅南口すぐ)
狛江タンメン 930円
202307ra_05.jpg

202307ra_06.jpg

202307ra_07.jpg

駅を出たすぐのところにある昭和レトロな雰囲気を出しているお店です。

狛江タンメンは、ゼロから5までの辛さレベルと、ニンニク入りかどうか選べます。ライスは無料でつきます。私は辛いのがあまり得意でないのと初めてなのでどれほどの辛さがわからないのでレベル2(5が一番辛い)を選択しました。少しピリッとしますが大丈夫でした。

タンメンは野菜が350グラムのボリュームで、野菜はモヤシ、キャベツ、タマネギ、ニンジン、ニラなどがたっぷりと味わえます。

味は普通に美味しいと言うしかない感じで、野菜の旨味がスープに溶け込んで、あっさりといただけます。

ライスは無料なのでもらいましたが、このあっさりしたタンメンにはライスは持て余してしまい不要でした。なにか漬物とかが置いてあると嬉しいのですけど。

  ◇   ◇   ◇

7月19日
餃子の王将のラーメンパック
醤油 194円
202307ra_08.jpg

FC中華屋さんながら、ラーメンファンにも定評がある「餃子の王将ラーメン」を自宅で味わえます。今回は醤油(鶏・豚の旨味をベースにしたスープに、葱の風味豊かな香味油)です。他には豚骨醤油の王将ラーメンと味噌ラーメンがあります。

自宅で作るメリットは、自分の好きなトッピング、モヤシ、チャーシュー、メンマ、味玉を好きなだけ別途用意しておいて食べられます。

  ◇   ◇   ◇

8月9日
鴨と蟹 中華そば 燈(ともしび)(JR南武線、小田急線 登戸駅近く)
淡麗ずわい蟹中華そば 850円 替玉100円 計950円
202307ra_09.jpg

202308ra_10.jpg

202308ra_11.jpg

202308ra_12.jpg

再開発が進む登戸周辺はラーメン店の出店が相次いでいて、激戦区となってきましたが、現時点で他の店はすべて行き、この店が最後です。まだこれから駅前にビルなどができるので新たな店が増えるでしょう。

現時点で最寄り駅が登戸駅のラーメン店は、ラーメンハウス、むつみ屋 登戸店、蓮爾 登戸店、つけそば 幸喜、らぁ麺 流、舎鈴 登戸店、元祖ニュータンタンメン本舗 登戸店、麺や のすけ登戸、鯛だしらーめん 聖龍、九州一番 登戸店など。どこも美味しい店です。

今回の燈は新しいお店でジャズが流れるお洒落な店で、高級感がありますが、値段は他のラーメン店と比べて特に高い感じではありません。

ずわい蟹の身とカニミソは、甲羅をお皿代わりにしてラーメンの上に乗っていて、「カニミソはスープに溶かさずに麺と一緒に少しずつ味わってください」と書かれていました。蟹の身はほぐすための小さな棒が置いてありそれを使いながらかぶりつきます。でも小さくて物足りない感じ。

スープは淡麗系塩スープで、カニミソの微妙な味が加わると味わい深い大人の味になります。私にはちょっと塩辛いかな。

また替え玉にもネギや刻みタマネギなどが付いていて100円にしてはお得感がありました。

  ◇   ◇   ◇

8月18日
ラーメン じれっ亭 あざみ野店(東急田園都市線 江田駅近く)
チャーシューメン 1,080円
202308ra_13.jpg

202308ra_14.jpg

202308ra_15.jpg

202308ra_16.jpg

住所(横浜市青葉区あざみ野南)も店名も「あざみ野」ですが、あざみ野駅からはかなり遠く、最寄り駅の江田駅から徒歩5分です。

麺の固さ、味の濃淡、油の多さが選べるので、味を薄めにして、あとは普通。お昼の時間は小ライスが無料でつくのでお願いしました。

チャーシューは肩ロースで、J系のように塊ではないものの、少し厚みがあって肉感たっぷりです。チャーシュー麺にはそれが5枚入っていました。

スープは豚骨醤油ですが、割とあっさりしています。カウンターにはおろしニンニクと辛味噌?がありました。
スープに浸した柔らかいチャーシューとライスを海苔で巻いて美味しくいただきました。

駐車場が店裏の専用駐車場に1台と、近所の提携コインパーキングで駐車券を見せれば1時間無料など、クルマの客にも配慮されていて、バイクや自転車の場合は店の前に数台停められそうです。

  ◇   ◇   ◇

8月25日
横浜家系ラーメン 龍神家(京王線 仙川駅近く)
龍神ラーメン 1,030円
202308ra_17.jpg

202308ra_18.jpg

お店は駅から狭い商店街(ハーモニーロード)を少し歩いたところにあります。券売機のお勧めポジション左上にボタンがある龍神ラーメンは全部のせでゴージャスです。

横浜家系ラーメンは東京都内にも増えてきていますが、この店も昨年12月のオープンでまだ1年経っていません。それほど大きな駅ではない仙川駅ですが、周辺には他に二店の家系ラーメン店があるので、ますます激戦化の様相です。

ライスは終日無料(セルフ)で、カウンターにキューちゃんも食べ放題で置いてあるので、基本はスープに浸した海苔巻きで食べながら余らすことなく美味しくいただけます。

トッピングは多めの白ネギとほうれん草、大きめのチャーシューが2枚、味付け海苔が6枚と豪勢です。その他、カウンターには刻み生姜、おろしニンニク、豆板醤などが置いてあり、途中で味変もできそうです。

スープは家系の基本のなめらかな豚骨醤油味で、今回は味を薄めにしてもらったこともあり、しつこくはなく美味しくいただけました。

【過去麺食記】
2023年5〜6月麺食記(武蔵家、直久、八雲、長さん、和海、のすけ、幸楽苑、でびっと)

2023年3〜4月麺食記(よってこやラーメン、来来亭、陸、丸宮、王道タンメン、天下一品)

2023年1〜2月麺食記(河童子、ウミガメ食堂、らーめんはうす、遊や、清水家、コツコツ)

[PR]

Amazonタイムセール

ホーム&キッチンの売れ筋ランキング 

枕・抱き枕の売れ筋ランキング

旅行用品の売れ筋ランキング


ミラーレス一眼の売れ筋ランキング 

空気清浄機 タイムセール

掃除機の売れ筋ランキング

ペット用品の売れ筋ランキング


◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン/グルメ

2023年07月05日

2023年5〜6月麺食記


5月5日
武蔵家 稲田堤店(JR南武線 稲田堤駅近く)
ホウレン草増し 中盛+小ライス(無料) 850円
202305ra_01.jpg

202305ra_02.jpg

202305ra_03.jpg

先に同じ稲田堤近くにある「ラーメン杭州」へ寄ってみたら臨時?休業中で、もう1ヵ所、有名店の「六等星」にも行ってみたらまだ準備中らしく、聞くと「いつオープンかわからない」とケンホロでした。人気店ともなると客の都合などどうでもいいようです。

稲田堤駅周辺はその他に「舎鈴」や「森井」「小麦と鈴」「コハクノトキ」などラーメン激戦区になりつつあります。

安定の家系ラーメンで、味付け海苔をスープに浸し、それでライスをくるんで食べると、もう他になにもいらないぐらいの美味しさで人気があるのもわかります。いえ、いえ、もちろんチャーシューもホウレン草も麺も美味しくいただきました。

  ◇   ◇   ◇

5月12日
麺処 直久 鷺沼店(東急田園都市線鷺沼駅近く)
とんさいらーめん 醤油 並 950円
202305ra_04.jpg

202305ra_05.jpg

202305ra_06.jpg

以前に同じ系列の「らーめん 直久 青山店」に何度か行ったことがありますが、特徴がなく印象はなにも残っていません。

この店は鶏出汁や鶏チャーシューが売りっぽい感じですが、チャーシューは豚でないと許せないタイプなので、鶏チャーシューが入らない?、とんさい(豚菜?)らーめんを選んでいます。

とんさいらーめんとはおそらく豚菜ラーメンの意味だと推測しますが、キャベツとモヤシ、ニンジンがやや多めにのっていて、あと豚バラチャーシューが少しだけというトッピングでした。

醤油スープはあっさりしていてなにか物足りません。野菜があっさりしているので、スープはもうちょっと濃いめかとろみがあった方が良さそうです。好みによるけど、せめて、おろしニンニクか、辛子味噌でもあれば、飽きずに最後まで美味しくいただけるのですが、、、

と、カウンターの上に、期間限定メニューとして、直久郎という二郎インスパイア?ラーメンの紹介ボードが置いてありました。早く言ってよ〜券売機なので席についてからでは遅いのです。それが良かったなー

  ◇   ◇   ◇

5月17日
八雲 本店(一畑電車大社線 出雲大社前駅から徒歩10分)
五色割子 1950円
202305ra_07.jpg

202305ra_08.jpg

202305ra_09.jpg

出雲大社無料駐車場の横にあり、クルマで行くときは便利です。また支店の東店が無料駐車場と出雲大社のあいだにあります。1959年創業のお店で、出雲大社に近い場所にあるので、個人客や団体客でいつもいっぱいです。

割子(わりご)蕎麦とは、出雲地方の郷土そばで、木皿を重ねて、それを順に食べていくことから、いくつにも割れているという意味があるそうです。今回は5色(5皿)ですが、2色や3色などもありました。岩手県のわんこ蕎麦と名前の響きや蕎麦がいくつにも分かれていることがよく似ていますが、割子蕎麦にも蕎麦食い競争などが昔はあったそうです。

五色割子は1皿ごとに山芋、玉子、揚げ玉、大根、かつおとそれぞれに味や食感が変わるので、飽きずしかもボリュームがあって大満足です。

  ◇   ◇   ◇

5月18日
ラーメン 長さん(松江市上乃木)
チャーシュー麺 1000円
202305ra_10.jpg

202305ra_11.jpg

202305ra_12.jpg

近くに駅などはありませんが、駐車場が店の前と道の反対側に合わせて15台分ぐらいあります。

基本が塩ラーメンのお店で、こだわりがあるようです。昼前に着きましたが、ほとんど満席で、地元で人気のあるのがわかります。

スープ、麺とも標準以上の美味しさで、チャーシューもホロホロでとても美味しかったです。これほどの味なら首都圏で店を出せばお昼前後は行列必至です。

黒ニンニクと赤ニンニク、刻みタマネギはカウンターに置いてあり、入れ放題で味変もできて満足です。

  ◇   ◇   ◇

5月19日
らーめん専門和海(なごみ) 宝塚北サービスエリア店(新名神高速 宝塚北SAのフードコート)
チャーシュー麺 塩 1090円
202305ra_13.jpg

202305ra_14.jpg

202305ra_15.jpg

兵庫県尼崎市武庫川町に本店があり、そこの支店のようです。ぐるなびで百名店になったことがある地元では大人気店のようです。

塩ラーメンと低温調理のチャーシューがウリっぽかったので、チャーシュー麺にしてみました。味はスープ、チャーシュー、麺いずれもまぁまぁってところかな。高速のSAで食べられるのは本店の味と違っていることはよくあることなので仕方ありません。

ちょっとインパクトがなく、それに比べると前日に食べた松江にある「長さん」のこだわりの塩ラーメン(チャーシュー麺)のインパクトが強かったのでどうしても比べてしまいます。

  ◇   ◇   ◇

6月5日
麺屋 のすけ 登戸店(JR南武線、小田急線 登戸駅近く)
らーめん黒 太麺 800円 半モヤシ50円 計850円
202306ra_16.jpg

202306ra_17.jpg

202306ra_18.jpg

大和市に本店がある同名店舗の支店で、先月5月に激戦区となりつつある登戸にオープンした、基本が豚骨ラーメンのお店です。

メニューは、らーめんの白、赤、黒、ピリ辛ゴマ、醤油とんこつの五種類があり、いずれも豚骨ラーメンで、細麺か太麺、味の濃さなどを選べます。

他の客を見ていると、券売機の左上にボタンがある一番基本の白の細麺+替え玉を選んでいる人が多い感じです。15時まで半ライスが無料サービスでつけられますが、聞かれないので口頭で自己申告しなければなりません。

カウンターには、ゴマ、おろしニンニク、辛子高菜、紅生姜があり、味変にも対応していてこれは嬉しいです。

スープの味は私の好みの味で、博多や長浜ラーメンともちょっと違う魚介出汁がよく効いた奥深い味わいでした。

登戸はここ1〜2年ラーメン店の開店ラッシュですが、個人的には味、価格、雰囲気など総合的にそれらの中では一番好きな味です。今度来たときは、オーソドックスに白の細麺を食べてみたいと思います。

  ◇   ◇   ◇

6月12日
幸楽苑 川崎宿河原店(JR南武線宿河原駅からはちょっと遠い府中街道沿い)
野菜ミックスセット 990円
202306ra_19.jpg

202306ra_20.jpg

平日ランチメニューの野菜ミックスセットは、味噌野菜たんめんと半チャーハンのセットです。

この店、しばらく幸楽苑系列の餃子専門店「味よし」に変わっていましたが、いつみても駐車場はガラガラで、コロナ禍の影響もあったのでしょうけど、閑古鳥が鳴いていました。

そして昨年(2022年)にまたラーメンが中心の幸楽苑に戻りました。でっかい看板の入れ替えだけでも数百万円×2回はかかるでしょうから経営の混乱が見て取れます。

今回食べた味噌たんめんの味は、チェーン店の老若男女の誰にも好かれそうないたって普通で無難なものですが、安く気軽にお腹いっぱい食べられるのが庶民的で好きです。

ただ、「安く」と書きましたが、今では平日ランチメニューでもほぼ千円ですから、個人的にはもう「安い!」とは言えなくなってしまいました。

しかし家の近所でもあり、便利なので、今度はあれこれ業態を変えず、しっかりと地域に根ざして頑張ってほしいものです。

  ◇   ◇   ◇

6月26日
でびっと 桜新町サザエさん通り店(東急田園都市線桜新町駅近く)
醤油豚骨チャーシュー麺 1180円
202306ra_22.jpg

202306ra_23.jpg

202306ra_24.jpg

東京都世田谷区の桜新町のサザエさん通りにあり、なにをしている人かよく知らないのですが芸能人のデビット伊東さんが経営しているお店ということです。

他にも品川区の中延本店、大和市のイトーヨーカドー大和鶴間店、店名は違いますが真鶴町に真鶴伊藤商店があります。

スマホのカメラの調子が悪く、店の入り口を撮影してからうまく撮影ができなくなってしまい、ラーメンの画像はありません。

店の入り口は狭くて古めかしい感じですが、中は清潔、綺麗でゆったりとした席の配置で、行ったときは女性客が半分ぐらいを占めていました。

メニューは、メインの醤油豚骨ラーメンのほか、塩豚骨、つけ麺、豚骨ではない醤油や塩ラーメン、桜ブラック、スタミナラーメンなど豊富で迷いましたが、初訪問でもあり基本の醤油豚骨スープにしました。

スープはとろみがありながらもしつこくなく、美味しく最後まで飲み干せました。チャーシューはパサパサしていてちょっと残念。

豚骨ラーメンの常として、女性客含めて替玉をしている人が多かったですが、今日のところは替玉なしで健康的に行きました。もう歳を感じます。

  ◇   ◇   ◇

6月30日
サンヨー食品カップ麺
天下一品 京都濃厚鶏白湯 350円

202306ra_25.JPG

202306ra_26.jpg

202306ra_27.jpg

スーパーで見つけた天下一品のカップ麺。以前から天下一品のカップ麺はありましたが、イマイチ評判は良くなく、昨年2022年9月にリニューアルされています。3種類のスープと、かやく(チャーシューとメンマ)でお手軽にライトな天一が味わえます。

スープはこってり感もよく出ているけど、カップ麺の限界もあり、当然ながらやはりお店の味とは大分違う。麺もカップ麺によくある麺で、比べること自体無意味ながら生麺の天一のツルツル感再現はイマイチ。でもよくできているとは思います。

写真では中にほうれん草とコーンは自前で追加してます。自宅で食べる時には好きなトッピングできるのでそれは良いですね。

お湯をやや少なめにして、こってり感を増すとこのように箸が立ちますwこってりMAXではないのですけどね。

このカップ麺、アリかナシかと聞かれればアリです。

【過去麺食記】
2023年3〜4月麺食記(よってこやラーメン、来来亭、陸、丸宮、王道タンメン、天下一品)

2023年1〜2月麺食記(河童子、ウミガメ食堂、らーめんはうす、遊や、清水家、コツコツ)

2022年11〜12月麺食記(北カ、ハルピンラーメン、むつみ屋、ぱどる、節、丸仙、らーめんはうす、登戸家)


[PR] Amazon売れ筋ランキング   
ドライブレコーダー 
レーダー探知機
ETC
レーダー探知機本体

カーナビゲーション
車体カバー
車用タイヤチェーン
車・バイク用オイル/フルード
電動工具・エア工具
ミラーレス一眼
空気清浄機
スマートフォン
スマートウォッチ
イヤホン・ヘッドホン 
ノートパソコン
プリンタ
microSDカード
Nintendo Switch
ホーム&キッチン
キッズ&ベビーファッション
メンズスニーカー

レディーススニーカー
ペット用品
健康家電
レトルト・料理
ラーメン
家庭用非常用品・備品
メンズシェーバー
シャンプー・コンディショナー
スポーツウェア
ランニングシューズ
ゴルフクラブ
枕・抱き枕


◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン/グルメ

2023年05月03日

2023年3〜4月麺食記



2023年3月3日
京都屋台味 よってこやラーメン センター北あいたい店(横浜地下鉄 センター北駅)
純真スタメン満気(みちるぎ) 上盛り 1100円

202303ra01.jpg

202303ra02.jpg

202303ra03.jpg

駅ビル一階に昨年オープンした店で、元々は大阪王将が運営する「よってこや」のリブランドとのこと。素朴な京都ラーメンの原点に立ち返った味という触れ込みです。京都ラーメンと言っても様々な形態があるのでなにをもってそう言えるのかは不明です。

今回のスタメンはとんこつ醤油スープと中太麺の組み合わせですが、もうひとつメニューにある京都屋台味中華そばは、醤油スープで、シンプルなスープっぽいです。

スタメンは、たっぷりおろしニンニクが乗っていて、その風味も強めです。あとモヤシと炒めたタマネギ、ニラ、豚バラ肉が麺の上にトッピングされています。

さらにいま高騰中の生卵と、ネギは食べ放題、入れ放題です。これはとっても嬉しいです。ただ生卵を入れるとスープが冷めるのが難点です。

お店の中も屋台風で、カウンターとテーブルがありますが、かなり狭くて窮屈です。それも昔ながらの屋台を彷彿させます。

そう言えば、この場所は、一年前に来たときは、青森煮干し中華そばJINという店でした。

  ◇   ◇   ◇

2023年3月10日
来来亭 川崎菅生店(市道野川柿生線 宮前区菅生)
チャーシュー麺 950円(麺中盛り、ネギ多め)

202303ra04.jpg

202303ra05.jpg

202303ra06.jpg

麺類を頼むとライスかまたは麺の大盛(2倍)、中盛(1.5倍)が無料で、ネギの追加も無料です。今回は中盛&ネギ多めで頼みました。

チャーシューは薄いけど、山盛り入っていて、それでも千円でお釣りがくるのは、今の値上げラッシュ時には嬉しいです。ラーメン専門店のチャーシュー麺(しかも麺中盛)で、もう千円を切るところはほとんどなさそうです。

背脂たっぷりなスープは、私みたいな高齢者にはちょっと塩辛い味付けで、全部飲み干すのは無理でした。

さらに細麺なので、ゆっくり食べると最後のほうはやや伸びてしまうので、最初にやや麺カタメで頼むのが、良いかも知れません。

歩いていけそうな最寄り駅はなく、不便な場所ですが、店前には広い駐車場があります。

  ◇   ◇   ◇

2023年3月17日
家系ら〜めん 陸(JR南武線 武蔵中原駅から少し遠い尻手黒川道路沿い子母口)
陸ら〜めんSP 青ねぎ 中盛り 1100円

202303ra07.jpg

202303ra08.jpg

202303ra09.jpg

この場所、以前来たときは、同じく家系ラーメンのお店「幸家」でしたが、昨年、居抜きで店が変わりました。オーナーが代わり店名も代わったけど、ラーメンの種類や味はほぼそのまま継続しているという感じです。

普通のら〜めんが750円で、SPが1000円なので普通とSPの250円の差は、海苔が3枚、チャーシューが1枚増しで、ネギか茎ワカメ、味玉(半分)が加わります。また麺の中盛りは100円、大盛は200円増しです。

スープはまさに家系、文句のつけようがない基本的なこってりした豚骨スープですが、私のような高齢者にとってはちょっと塩辛くて全部は飲めません。最初に味薄めにすれば良かったかな。

カウンターには、おろしニンニク、すり胡麻、豆板醤、お酢、ラー油が置いてあり、好みに合わせて味変ができてうれしいです。

残念なのは、家系ラーメン店ではライスが無料のところが多いのですが、こちらは別途有料(100円〜)のため、せっかく味付け海苔が6枚もついてくるのに、持て余してしまったこと。スープをつけた海苔でライスを巻いて食べるのが好きなんですけどね。

ライスぐらい買えよ!ってことなんですけど、ラーメン店で別途ライスを注文するのに抵抗がある(ロカボ中でもある)ので、仕方なく海苔に麺を巻いて食べました。えぇわがままなんです。

  ◇   ◇   ◇

2023年3月29日
麺酒屋ラーメン 丸宮(溝の口、宮前平よりバス、南平下車)
塩チャーシューメン900円、モヤシトッピング50円 計950円

202303ra10.jpg

202303ra12.jpg

202303ra13.jpg

202303ra14.jpg

溝の口か宮前平からのバス便しかない不便な場所にあり、店の駐車場もありません。2019年にはこの店のすぐ近くに駐車場を完備した味噌ラーメンのチェーン店「田所商店 宮前店」がオープンし、さらに2000年からコロナ禍が襲い、店の経営は大丈夫なのかな?と思っていましたが、地元民に愛されているようで現在でも頑張っています。当日も常連さんと思われる人が数人、昼間からビールを飲みながら一品料理やラーメンなどを食べていました。

入り口の看板からラーメン専門店だと思っていましたが、メニューには数多くの中華料理が記載されていて、ランチメニューもそうした料理セットがメインで街中華といった風情です。

お味のほうは、特筆するべきことはないですが、普通に美味しいです。塩ラーメンですが、スープには背脂がたっぷり浮いていて透き通ってはいません。

二郎系など派手なトッピングの量に慣れていると、こちらではチャーシュー麺のチャーシューの量やモヤシトッピングの量が頼りなく思えます。以前はこれぐらいが普通だったのですけどね。

  ◇   ◇   ◇

2023年4月5日
らぁ麺 はやし田 武蔵小杉店(JR南武線 武蔵小杉駅から徒歩3分)
特製醤油らぁ麺 1100円

202304ra15.jpg

202304ra16.jpg

202304ra17.jpg

202304ra18.jpg

平日のこの日は開店後まもなくの訪問でしたが、12席のカウンター席は11席まで埋まっていて、最後の1席になんとか滑り込みました。

このお店、前から知っていましたが、鶏肉チャーシューが売りの店で、鶏肉は食べないのでずっと控えて(リストから除外)いました。

しかし今日はそれをすっかり忘れていて、武蔵小杉で確かこの辺りにラーメン店があったなと思い出して入り、頼んだ特製らぁ麺にはしっかり2枚の鶏チャーシューが入っているのを見て、あっそうだった!と思い出しました。

最初からわかっていたら、「鶏肉チャーシュー抜き」で頼んだのですが、残してしまい悪いことしました。

スープは醤油でコクがあり、とても美味です。麺もツルツルシコシコ、繊細なスープによく合っています。

小さなネギ以外、野菜が入ってないのが個人的には残念ですが、本来の醤油ラーメンとしての出来は最高級です。

  ◇   ◇   ◇

2023年4月14日
王道タンメン 調布店(京王線調布駅より徒歩5分)
濃厚タンメン750円 野菜増しトッピング150円 計900円

202304ra19.jpg

202304ra20.jpg

202304ra21.jpg

202304ra22.jpg

タンメン専門店で、スープが旨塩か味噌の二つから選べるので旨塩を選択。また、選べる無料トッピングというのもあり、味玉(小玉)を選びました。

タンメンと言えば一般的に細麺で薄味さっぱりしているものが多いですが、今回は奇をてらって濃厚太麺を選択しました。濃厚とは言ってもこってりしているわけではありません、

注文はカウンターにあるタブレットのメニューから好みを選んでいくスタイルで、回転寿司や牛丼屋などでも増えていますが、今後はチェーンのラーメン店でもこういうスタイルが増えていくのでしょう。人気店や混雑する時間帯では不慣れな人がいると券売機の前に行列ができていたりする時がありますからね。

食べ終わってからのお会計もセルフで、席番の札を読み取り現金支払いです。

ここまでするなら、なぜキャッシュレスにしないの?と思ってしまいますが、いろいろ事情があるのでしょう。

お味は可もなく不可もなく普通で、老若男女、幅広いニーズに応えつつ、あまり冒険ができないチェーン店ならまぁこんなものでしょう。しかし満足度はありました。

また、味変用にニンニクや生姜が自由に好きなだけいれられるのは嬉しいです。

  ◇   ◇   ◇

2023年4月21日
天下一品 川崎店(JR、京急川崎駅徒歩5分)
こってりラーメン940円 大盛190円 ネギダブル200円 計1330円

202304ra23.jpg

202304ra24.jpg

202304ra25.jpg

友人にFacebookで天下一品のカップ麺を見せつけられたせいで、無性に食べたくなり、1年ぶりの天一です。前回の天下一品は八王子市の多摩ニュータウン店でした。

天一にくるたびに、高くなったと実感します。以前はネギは入れ放題だったし(総本店だけ?)、スープの量も少なく、スープの量を増すためには別途料金が必要(店舗によります)だったりします。

平日の昼前だったのと、周辺には人気のラーメン店がいくつもある激戦区なので、おそらく空いているだろうと油断していたら、1階のカウンター席はほぼ満席でした。

若い時はスープをいつも飲み干していましたが、いまは全部飲むのはキツいです。そのため鉢の底近くに書かれている「明日もお待ちしています」が見られません。でも久しぶりで、天一こってりラーメン満足しました

2023年1〜2月麺食記(河童子、ウミガメ食堂、らーめんはうす、遊や、清水家、コツコツ)

2022年11〜12月麺食記(北カ、ハルピンラーメン、むつみ屋、ぱどる、節、丸仙、らーめんはうす、登戸家)

2022年9〜10月麺食記(一風堂、白河中華そば こすが、宮前商店、あびすけ、たから家、からひげ)

[PR] Amazon売れ筋ランキング   
ドライブレコーダー 
レーダー探知機
ETC
レーダー探知機本体
カーナビゲーション
車体カバー
車用タイヤチェーン
車・バイク用オイル/フルード
電動工具・エア工具
ミラーレス一眼
空気清浄機
スマートフォン
スマートウォッチ
イヤホン・ヘッドホン 
ノートパソコン
プリンタ
microSDカード
Nintendo Switch
ホーム&キッチン
キッズ&ベビーファッション
メンズスニーカー

レディーススニーカー
ペット用品
健康家電
レトルト・料理
ラーメン
家庭用非常用品・備品
メンズシェーバー
シャンプー・コンディショナー
スポーツウェア
ランニングシューズ
ゴルフクラブ
枕・抱き枕


◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン/グルメ