2017年05月07日

ツツジ寺と中華料理へてくてく


GWというのにあまりネタがないのでご近所にあるツツジの名所の写真などでお茶を濁しておきましょう。

ツツジというのは相当昔から栽培されていて、古いものは1000年に達するそうで、その種類は数多くありますが、普段は道路の街路樹としてよく目にするヒラドツツジが有名です。

近所にある関東三十六不動尊のひとつで神木山「等覚院」(天台宗)は通称つつじ寺と呼ばれていて、4月中旬頃から順次ヤマツツジ、霧島、琉球、平戸、キリシマツツジ、オオムラサキツツジという品種のツツジが咲き誇ります。ぱっと見ではどの種類かはわかりません。

■4月24日
かなり咲いてきましたがまだ少し早いかな。このあと1週間ぐらいが見頃でしょうか。

20170507_1.jpg

20170507_2.jpg


■5月7日
もうほとんど散ってしまい、最後のオオムラサキツツジが名残惜しむかのように咲いています。

20170507_3.jpg

等覚院へ向かう途中の住宅地に、小さめですが最近あまり見かけなくなった鯉のぼりが気持ちよさそうに泳いでいました。少子化でこうした風習もやがては消えてしまうのでしょうかね、、、

20170507_4.jpg

その等覚院のすぐ近くにある「龍華飯店本店」は地味な場所にあるものの、この辺りでは本格的でしかも安い中華料理を提供してくれるお店でよく知られています。

料理の味付けは基本広東風ですが、日本人向けにかなりアレンジがされている感じです。

夜はもちろん、お昼に行っても各種定食や一品料理などメニューは豊富です。
今回は龍華特製焼きそば(私)と麻婆ラーメンと半チャーハン(次男)

20170507_5.jpg

20170507_6.jpg

次男とシェアをして食べましたが、特製焼きそばはパリパリに焼き固めた麺がフタのように五目焼きそばの上に乗っているような感じで、焦げた麺の香ばしさと熱々の五目焼きそばのマッチがとても美味、麻婆ラーメンは辛さよりもコクが効いていてこちらもたいへん美味でした。


【ブラオヤジ・シリーズ】
ブラオヤジ5(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ6
ブラオヤジ7(含む旧車シリーズ)



posted by makan at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2017年03月12日

ブラオヤジ2(含む旧車シリーズ)


休日や在宅ワークの日は運動不足になりがちなので始めたブラオヤジの2回目です。読んでくれる人がいるのかどうかは考えず、単なるネタ集ですw

特に今回はクルマに興味のない人にはまったく意味不明の無価値回ですのであしからず。

NHKのブラタモリは45分の番組ですが、我がブラオヤジは1回あたりおよそ1時間を目処に歩きます。

最初のうちは歩くのもゆっくりで、あまり距離が出なかったのですが、慣れとは恐ろしいモノで数をこなすうちにサクサクと速く歩けるようになり、次第に距離が伸びてきます。

あとは寒い日は身体も関節も硬くて動きにくいですが、少しずつ暖かくなってきたため、歩きやすくなってきたというのもあるかも知れません。

前回も書きましたが、ブラブラとゆっくり歩いていると普段気がつかないものが見えてきます。

その中でも、珍しいクルマや懐かしいクルマに出会うことがあります。

bura2_01.jpg

6代目 サニーB12型系 ハッチバック 306 TWINCAM NISMO 1986年追加〜1990年 
CA16DE型(1,600cc直4DOHC120PS)

バブル時期真っ盛りの中にあり、当時派手で大きなシーマやソアラの陰に隠れていましたが、軽快な5ナンバーFF車として同じくFF化されたカローラレビン(AE91/AE92型)とともに、貧乏だけど走りは楽しみたいという若者に強くアピールしていました。
車重1トン前後の軽量ボディとサニー初のツインカムエンジンにNISMOが手を入れた内外装など、同時に発売された中身は一緒でクーペスタイルの「RZ-1」と完全に社内競合をしていたのが残念。

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

bura2_02.jpg

初代 セリカXX(A40型) 1978年〜1980年
直列M型6気筒 2.0L SOHC (M-EU) 、2.6L SOHC (4M-EU)

北米ではスープラとして大人気を博したスペシャリティカーの初代モデルです。個人的には6気筒のこのモデルよりはキビキビと取り回しやすい4気筒のセリカのほうが好きでした。このホワイト系カラーはよいのですが、黒や茶色はその形状から「ゴキブリみたい」と女子の評判はあまりよくなかったことを付け加えておきます。悪気はありませんm(_ _;m

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

bura2_03.jpg

6代目セリカ GT-FOUR(ST205型)1994年〜1999年
3S-GTE型 直4(2.0Lターボ 255ps)

WRC(世界ラリー選手権)での活躍が期待されながら、不正が発覚し追放され、その実力が発揮できなかった不幸な子です。
4WDスポーツ車は、スバルと三菱が1992年に4WDターボのランエボとインプレッサWRXを発売し、同時にWRC(世界ラリー選手権)で華々しい活躍をしていました。トヨタもそれに焦りがあったのでしょうか。でも規程違反のインチキはいけません。1987年に公開された「私をスキーに連れてって」では、この2世代前の第4代セリカ(T160型)GT-FOURがスキー場のゲレンデを激しく走行するシーンが印象的でした。

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

bura2_04.jpg

マツダ・オートザムAZ-1 1992年〜1995年
F6A型 657cc 直3 DOHCターボ 64PS/6,500 rpm

登場したのがやや遅れてしまい、バブル終盤からバブル崩壊後というのがこの子の最大の不幸でした。1990年初頭、軽自動車のスポーツモデルを「平成ABCトリオ」と呼んでいましたが、そのAがこのAZ-1で、Bはホンダ・ビート、Cがスズキ・カプチーノでした。もう1台ダイハツコペンはだいぶんと遅れ2002年の登場となります。
特徴は軽のくせにドアが上に開くガルウィングドアでボディもFRPを多用して車重がわずか720kgという超軽量でした。エンジンはスズキのアルトワークス用のものを利用しています。バブルの終焉にともない、メーカーも左前になってしまい、表舞台から静かに去っていきました。

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

bura2_05.jpg

3代目 スズキ・ジムニー JB23型 XG 5型XC 1-3型 1998年〜2002年
K6A型 658cc 直3 DOHCターボ 64PS/6,500rpm

スズキの大ヒット作ジムニーの3代目にあたる都市型の高級?モデルです。この頃のジムニーは派生型や改良型がたくさんあり、どれがどれだかよくわかりません。
1998年に軽自動車の新安全規格改正後のモデルで、サイズや排気量など、基本的には現在(2017年)の仕様と同じです。海外輸出モデルにはSAMURAIという名前がつけられていて、どんな悪路でも走破でき、しかも壊れないとたいへん人気があります。

【動画】海外「そりゃ皆日本車買うわ…」スズキの桁外れな耐久性に世界が衝撃


もちろんよい子はこのような走りを真似しちゃいけません、、、

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

bura2_06.jpg

上:ダイハツ ミゼットII カーゴ(Dタイプ) 1996年〜2001年
下:ダイハツ ミゼットII セミキャブオーバー型トラック 1996年〜2001年
EF-SE型 直3 SOHC EFI 660cc 24kW(33ps)/4900rpm
車両重量580kg 最小回転半径3.6m

この辺りのクルマはあまり関心がなく詳しくは知らないのですが、先代のミゼット(1957年〜1972年)含め、狭い日本の路地や、農道など、軽トラでも入れないような狭い道へ入り込める唯一の軽自動車でした。
現在の軽の車幅は全幅1480mm未満で、ほとんどの軽はそのサイズいっぱいに作られていますが、このミゼットIIは全幅が1335mmしかありません。わずか15センチというなかれ、最小回転半径の小ささとともにこのわずかな差に助けられた人は多かったと思います。
映画「ALWAYS 三丁目の夕日」のオープニングで、集団就職のため上野駅に降り立った堀北真希演じる星野六子を迎えに来ていた堤真一と一緒に乗ったのが、1957年に発売開始された前1輪後2輪のこのミゼット初代モデルでした。

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

bura2_07.jpg

2代目 トヨタ コロナ RT20型 1961年追加〜1964年
R型 OHV 8バルブ シングルキャブレター 1,453cc 48ps/4,000 rpm

ナンバーなしの旧車。初代のクラウンとフロント周りが似ています。このコロナは小型タクシー用に大量に出回ったようなので高齢者にとっては結構馴染みあるスタイルかもしれません。そして大衆車でありながら、半自動の2速オートマチックトランスミッション「トヨグライド」や、自動クラッチ(電磁クラッチ)の「サキソマット」(通常の3速MTのクラッチのみ自動)など当時の最新技術が投入されていたそうです。
また1963年5月におこなわれた第1回日本グランプリ、ツーリングカー1300-1600クラスでは1位から3位までを独占した名車として名を刻んでいます。もっとも当時一番ライバル関係(BC戦争)だった日産ブルーバードが1200ccクラスで、別クラスだったことが幸いしたようですw
そのBC戦争では、BのブルーバードにCのコロナはこの2代目までは販売台数ではかないませんでした。

  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

bura2_08.jpg

上:初代フォード・サンダーバード 1955年〜1957年 V8エンジン 4,760cc 3AT
下:3代目 シボレー インパラ 1961年〜1964年 V8エンジン 4600cc〜5400cc

アメ車はあまり詳しくないのですが、車名だけはなんとか判明。エンジンの詳細等は暫定で詳細は不明です。ネットで探すの疲れましたw
上のサンダーバードはなんと私よりも年上のクルマで、見る影もなく朽ち果ててましたが、下のインパラはちゃんとナンバー付きです。よくこの狭い両側コンクリの駐車場に入れて、ドアから降りられたと感心します。とにかくオーナーさんの愛着と根性と執念は見上げたものです。
とにかくこの時代のアメ車は絶好調!(中畑風)で、とにかく派手、でかい、豪華で、60年代の若者を描いた映画「アメリカン・グラフィティ」などを思い出し、今でもノスタルジックを感じる人が多いのではないでしょうか。

こうした懐かしいクルマ達に出会えるのもブラオヤジのおかげです。今後は少しずつ距離を伸ばしていってさらなる新しい発見に努めていきたいと思っています。

◆ブラオヤジ シリーズ
ブラオヤジ3(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ4(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ5(含む旧車シリーズ)



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2017年03月04日

ブラオヤジ


年末年始の不摂生が祟り、体重が3〜4kgリバウンドしてしまい、なかなか昨年の夏頃のベターな体重に戻りません。言い訳をすると、数年前からやってきた糖質制限ダイエットの壁にぶつかり減量が進まないのと、昨夏に足の手術をして、それ以降あまり運動したり歩かなくなったせいです。

これではいかんなと家にいる時はできるだけ外に出て歩くことにしました。ブラオヤジです。

※テレビは見ない!って人にフォローしておくと、「ブラジャーして歩く変態オヤジ」のことではなく、「ブラブラとあちこちを歩き回る認知症徘徊一歩手前?の無目的なオヤジ散歩」という意味ですw
参考 ブラタモリ(NHK)

老人が医者や介護士に言われて仕方なくトボトボ散歩していたり、あるいは定年後のオヤジが暇を潰すためにスウェットの上下を着て散歩しているみたいで、最初のうちは散歩に少し抵抗がありましたが、ご近所とは言え、普段は車やバイクで通り過ぎるだけで知らなかった風景や、バイクも入れない細道などを歩くと、今まで気がつかなかったこともありなかなか楽しめます。

例えば、お寺さんやお地蔵さん

bura01.jpg

例えば高速道路や線路

bura02.jpg

例えば、カモやネコ

bura03.jpg

例えば、険しい山道と頂上からの絶景

bura04.jpg

例えば徒然草の記念碑と老大木

bura05.jpg

例えばドラえもんとドラえもんとドラえもん

bura06.jpg

例えば梅や早咲き桜?

bura07.jpg

住宅街をブラブラ歩いていると、ちょっと怪しい人?って感じもします。特にキョロキョロしながら歩いていると自分で言うのもなんですが、空き巣としか見えませんw

その住宅街の真ん中にあるパン屋さんの前を通ったので、朝食用にパンでも買っておこうと寄ってみました。

小麦工房 Coucou(写真を取り忘れたのでGoogleストリートビューから)

bura08.jpg

5年ほど前に店がオープンした直後に来て以来で、その時は間違いなくパン屋さんだったのに、いつの間にか店名は変わらないまま、喫茶&ケーキ屋さんに変わっていました。

パンを買うつもりで入ったのに、中に入ったらケーキしか売ってなく(しかも数点のみ)、仕方なくアップルパイを購入。

bura09.jpg

普通に美味しかったです。が、ここでしか買えない!っていう特徴もなければ、お得感のある値付けでもなく普通に高級洋菓子店と同様な値段。

脱サラっぽい感じの店主さんと少し立ち話をしましたが、オープンしてから半年ぐらいはパン屋だったけど、商売にならず、その後は喫茶&洋菓子店に変更したとのこと。最近、脱サラしてパン屋を始める中高年が増えているって報道を見ましたが、その先駆けのような感じです。

(参考)所さん!大変ですよ「追跡!行列ができるパン屋さん 知られざる秘密」(NHK)

さらに、ここの店はまもなく閉めて、鷺沼のほうへ移転をするのだと。今の場所は駅からも遠く、人通りも少ない住宅街の真ん中で、この場所では苦戦もするでしょう、、、

さて散歩の続きです。

近所では散歩中に畑や果樹園のあとに住宅を建設しているのも見かけますが、一方では雑草や蔦が家全体を覆っている空き家っぽい家があるのにも気がつきます。

例えば空き家やゴミ屋敷?

bura10.jpg

この周辺の人口は、統計上はまだ減ってはいないけど、特に増えているとも聞かないので横ばいかなって感じ。新しい住宅やマンションもできるけれど、大きな社員寮や社宅などが次々と閉鎖されていたりして移動が激しそうです。

狭い範囲での人口動態はその地域で長くやっている散髪屋さんで聞くとよくわかります。新規の顧客が増える数と常連客が減る数の差で人口増減がわかります。

あと16年もすれば3〜4軒に一軒が空き家になるという統計もあるぐらいですから、住宅地での客商売、特に小売店はなにか目立つ特徴がないとこれからますます厳しくなっていきそうです。

(参考)全国の"空き家数"、2033年に2150万戸へ増加--空き家率は30.2%に上昇(マイナビ)

そんな日本経済の行く末をぼんやり考えながら、ブラオヤジは今日も続きます。

てくてくてくてく、、、

◆ブラオヤジ シリーズ
ブラオヤジ2(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ3(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ4(含む旧車シリーズ)



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2016年05月15日

ふくらはぎのしつこいコリをもみほぐす


以前から足のふくらはぎがむくんでだるくてしょうがない時があり、寝る前などはそれがためになかなか寝付けなかったりすることもあります。

おそらくは足の血行がよくなく、古い血液が滞留しているせいかなと思われますが、原因はよくわかりません。

風呂上がりに手でもんでみたり、片方の足の膝上にふくらはぎを乗せてグリグリとマッサージしたりといろんな方法を試しましたが、コレという妙案は見つかりません。

一般的に売られているフットマッサージャーも、その能書きを見ている限り、主として女性用でふくらはぎよりも足裏に重点を置いているような製品が多く、ほとんど期待はしていませんでした。

ある家電量販店へ行ったときにマッサージコーナーがあり、いくつものフットマッサージャーが置いてあり試用できるようになっていたので、ちょっと気になったモデルを試してみました。

私の場合、大きくて場所を取るのはダメ、ふくらはぎを締め付ける力が弱いのはダメ、値段が数万円するような高いのもダメと削っていくとあまり候補に残りません。

その中に片隅に追いやられたように、こぢんまりしたフットマッサージャーを半信半疑で試してみたところ、これがどうしてどうしてこれが力強く、ふくらはぎをグイグイと締め付けてはスッと緩めてくれて、これなら手間もかからず、場所も取らずにいいなぁって思い、同様の製品を調べてみました。

量販店で試したのは次の二つ
◆山善(YAMAZEN) エアー フットマッサージャー エアーフットケア YFAM-18(P)
Amazon価格:¥19,800 通常配送無料
本体サイズ:幅45.5×奥行24.5×高さ25cm 重量:3.5kg 消費電力:23W

YFAM-18.jpg


◆山善(YAMAZEN) フットマッサージャー あったかヒーター付 TIF-43(A)
Amazon価格:¥9,990 関東への配送料無料
本体サイズ:幅44×奥行28×高さ20cm 重量3.3kg 定格入力:30W

TIF-43.jpg

このうち、上のYFAM-18が小型なのにエアー圧でグイグイと力強くふくらはぎを締め付けてくれるのに感動です。これだ!って思いましたね、ちょっと高いけど。

下の安いTIF-43はエアー式ではなく、どちらかと言えば足裏マッサージなんかに向きそうなタイプで、ふくらはぎへの圧力は弱くて私のようにふくらはぎもみ重視の場合はまったく不満です。これはないなぁ、安いけど。

その他にも両足を大きな長靴のようなところに入れて足全体を一気にマッサージするタイプもありましたが、私の場合は足でこるのはふくらはぎだけなので、足全体をカバーするような大きなタイプは置き場所にも困りそうで除外します。

帰ってから、Amazonで調べてみると、YFAM-18に似たタイプの小型のエアー式で、しかも割とお値段も安いのを発見。

Amazonレビューを読むと割とよい評価が多く、逆に「痛すぎる」という悪い評価は、私にとって「これは効きそう!」というよい評価に変化します。あばたもえくぼでしょうか。

それがこれ(メーカーの写真です)。

AIM-007.jpg

AIM-007_2.jpg

◆ツカモトエイム エアーマッサージャー エアリーフット AIM-007
価格:¥13,700 通常配送無料
本体サイズ:幅45×奥行36×高さ31.5cm 本体重量:約4Kg 消費電力:35W

上記二つの製品と比べると、高さが6〜10センチ大きいのが特徴で、これはつまり足(ふくらはぎ)をすっぽりと包むように奥まで入れられるということです。消費電力が他の製品と比べて高いのはそれだけもむ力が強力ということも言えます。

製品の能書きには、
●Airly(エアリー)シリーズからパワフルにもみほぐす、フットマッサージャーが新登場!
●「ふくらはぎ」「足裏」に使える2WAYタイプ
●左右18枚のエアーバッグが足を包も込むようにしっかりとマッサージ
●指圧突起とポイントバイブレターが底部から押し上げながらグイグイと刺激する
●前後左右のスイング構造が、椅子やソファなど座る高さに合わせて角度が変わるので、お好みの場所でマッサージができる
●「足うら」「ふくらはぎ」の使用時に入れる方向を変えることで、さらにフィット感がUPする
●自動コースは3種類。「足うら」「ふくらはぎ」「集中ケア」から選択できる
●強弱2段階調節。切り忘れも安心の10分オートタイマー内蔵

で、さっそくポチって購入してみました。(私の足ですw)

P1010119.jpg

なかなかいい感じです。気持ちイイー!

強弱の調整と、ふくらはぎの場合2種類のもみ方から選べます。私に向いたタイプです。足裏も使ってみましたがそれなりに気持ちいい。ただ私の場合足裏の効果は期待外ですので、ま、オマケのような感じ。

ただちょっと想像していたよりも大きくて、重量もあるので、シングルベッドの上で使った後に、邪魔にならない場所へ寄せておくのが面倒ですが、このふくらはぎマッサージが苦労せずとも得られることを考えると十分に役立ちそうです。今はデスクテーブルの下につっこんでおき、使うときだけ出して使っています。

あとは耐久性とか故障が起きないかな?ということですが、こればかりは長く使ってみないとわかりません。

立ち仕事で足がパンパンに腫れる人や、むくむ人にはぜひお勧めします。

特に最近は高齢者に向けて「ふくらはぎダイエット」や「ふくらはぎ健康法」というのが流行ってきているそうで、それに関連する書籍も出ています。

◆長生きしたけりゃふくらはぎをもみなさい (健康プレミアムシリーズ)

◇「ふくらはぎをもむ」と超健康になる

◆「足もみ」で心も体も超健康になる! (王様文庫)

◇ふくらはぎをもんで全身やせる! (TJMOOK) (TJ MOOK)

◆万病に効くふくらはぎマッサージ―狭心症、不整脈、動悸、息切れ、心筋梗塞を自分で防ぎ治す“痛快”健康法

ま、話半分としても、健康に不安が出てくる中年以降、こうしたふくらはぎ健康法は、お金もかけず、痛みや空腹など我慢の必要もなく、手軽にできるので人気があるのではないでしょうか。

まだあまり有名ではないですが、一般社団法人日本フットケア学会というところが「フットケア指導士」という専門家を養成し認定をしているようです。

こうしたところで、フットマッサージについて、もっと話題を提供して、フットマッサージ器のレビューをして、優秀な製品を認定したり表彰したりとか、ふくらはぎ痛で悩む人に役立つ情報をもっと発信するなど、活発に活動をおこなってくれるといいと思うのですが、学会と名がつくぐらいですから、なにかと学閥や医療業界などお堅くてややこしそうなことが多そうで、そうした軽いノリの話しは無理なのでしょうかね。



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康

2009年01月11日

ピロリ菌との闘い


12月に入院した際に検査で胃の中にピロリ菌がいると言われていましたが、それを退治することにしました。
毎日これだけの薬を朝晩2回飲みます。

pirori.jpg

フェロミア錠50mg(貧血気味を治す増血剤) 2錠
プロマックD錠75mg(胃潰瘍治療薬) 1錠
Maglax Tab. 330mg(胃酸中和、便秘防止)1錠

以上は、大量吐血による貧血対策(まだ治ってなかった)と十二指腸潰瘍の薬と薬のために便秘気味になるのを防ぐためのものです。

ランサップ800という薬のセットがピロリ菌退治の薬です。1週間毎日朝晩に続けて飲む必要があります。
その中身は

タケプロンカプセル30(ヘリコバクター・ピロリの除菌の補助)1錠
クラリス錠200(胃潰瘍のヘリコバクター・ピロリ感染症等の対策)2錠
アモリンカプセル250(ヘリコバクター・ピロリ除菌)3錠

で、都合、合計10錠です。

う〜ん、十二指腸潰瘍の改善とピロリ菌退治とはいえ、これだけの薬を毎日飲んでると薬の副作用ってものが心配です。

しかも一つ一つの薬の副作用だけでなく、複数の薬による複合副作用なんてものも考えられます。

今のところ日常で変わった症状(薬の副作用と思われる)等はありませんが、こういうものって数年後に副作用が出たりということもあり得ると聞きますので安心はできません。

でも日本人の多くが胃炎や胃潰瘍等の経験があり、これらの薬で治療してきた歴史もかなりあるのだろう(今までに深刻な事態は起きていないと思われる)と信じるしかないです。

こんなことを書いておきながらなんですが、もし胃痛で悩んでおられる方がいらっしゃったら、迷うことなく検査(ピロリ菌検出の呼気検査や胃カメラによる組織検査等)をおこなうことをお勧めします。

胃カメラの検査はつらいですが、食道、胃などのポリープ(腫瘍)の発見も一緒にできますので、胃ガンや食道ガンなどの早期発見(=完治が可能)に役立つかもと思えば我慢できるのではないでしょうか?

■■関連リンク■■
入院しました その1 2008/12/7(日)

【変形性股関節症&人工股関節】
変形性股関節症〜人工股関節へ
人工股関節置換手術を受けた(1)


posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康