2022年03月19日

リード125のスマホホルダー交換



2016年に購入したリード125には、購入後すぐ充電機能付きのスマホホルダーを装着しています。

理由は、スマホをナビとして使うためと、ナビで長時間使うとバッテリー残量がかなり減ってしまうことを補うために充電しながら使えるようにするためです。

また3.11以来、大規模な停電など非常時にもスマホのバッテリーが充電できるようにしておくことは必要だと思います。

2016年から6年経って、それまでのホルダーのUSBポートに雨水が入るのを防ぐプラスチックのふたが劣化のために、ふたをしてもピッタリとはしまってくれず、これだとそのうちショートしてしまうなということで、買い換えました。

2016年に装着した時の前の製品
holder01.jpg

以前のモノはX型のアームが4方向から押さえつけるタイプで、使っていて外れたり落ちたりしたことはありませんが、スマホのサイドに電源ボタンや音量ボタンなどがあり、それと干渉してしまうことが不便でした。

そこで今回は、スマホの四隅を押さえるタイプの中からAmazonで安いのを探して、、、

holder02.jpg
Alioayバイク用スマホホルダー 5V/2.1A USB電源2.4A(5V/2.4A)

例によって、安いこうしたモノは中国からの直送です。到着までに2週間ほどかかりましたが、これでも早い方です。

中国からの直送だと、直接aliexpressの通販で購入しても良いのですが、トラブったときのやりとりがちょい面倒なのと、到着までにもっと時間がかかるケースが多く、下手をすると発注後忘れた頃、1ヶ月後に到着することもあります。

購入した製品には、ハンドルの円錐に巻き付けるタイプと、ミラーに共締めするタイプの2種類のアダプターが同梱されています。

リード125はハンドルの金属部分がすべてカバーで覆われているので、ミラーと共締めタイプの装着アダプターを使います。さらに言えば私のリード125には風防を付けていて、それも共締めになります。

holder03.jpg

holder04.jpg

前のホルダーに使っていたアクセサリー電源のプラスとアースのマイナスをつないで、充電ができるかのチェック。問題なしです。スマホは、縦にしても横にしても使えます。

holder05.jpg
holder06.jpg

ホルダーへのスマホ取り付けや取り外しは、簡単ワンタッチというわけにはいかず、片手でスマホを押さえつつ、もう片手でボタンを引っ張ってテンションを緩めるというちょっと手間がかかります。

ワンタッチ装着を謳い文句にしていた製品も魅力的でしたが、簡単に外れるということは、大きな衝撃で簡単に外れてしまうということの裏返しかもなぁ〜と思いこれを選びました。

それにバイクの直付けは振動が激しいのと、雨や埃もかかってきますので、いつもスマホをここに付けていると、壊れやすくなるので、どうしてもナビが必要!って時だけ装着して使うようにしています。

  

【関連リンク】
リード125の6年目リフレッシュ
リード125のLEDヘッドライトバルブ交換最終版
ホンダLEAD125続モディファイ(ブレーキストッパー&USB充電スマホホルダ)



◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク

2022年02月01日

リード125の6年目リフレッシュ



2016年に購入したリード125(EBJ-JF45)も、はや6年が経ちました。過去に2回ほどエンジンオイルの交換などの軽メンテでバイクを購入したお店へ持ち込みましたが、今回はちょっと本格的なメンテを依頼しました。

lead202201_01.jpg

本当ならこの6年間、通勤に、買い物に、小旅行にと大活躍する予定でしたが、購入後まもなく(コロナ禍よりも前に)仕事がリモートワークとなって通勤はほとんどなくなり、その後に新型コロナが流行りだしてからは週1〜2回の通勤すらもなくなり、さらに緊急事態宣言やまん延防止等重点措置で外出もできるだけ控え、乗る機会が減りました。

なので、この6年間に走行した距離は9,000kmほど。1年間平均1,500kmという少なさです。せっかく2ストのグラアクから燃費の良いリードに乗り換えたのに、ちょっともったいない感じです。

しかし、6年間、屋根のない駐車場で野ざらし、時々思い出したように動かす程度の使い方でもオイルやフルードは劣化し、消耗品も傷んできます。

そこで、今回は、いつも依頼するエンジンオイル交換だけでなく、まとめて消耗品等の交換をしてリフレッシュすることにしました。

ちなみに、リード125の場合、メーカー推奨の消耗品の交換タイミングは、

エンジンオイル 初回1000km 以後6000kmまたは1年毎
エアクリーナエレメント 2万キロ毎
冷却水 初回5年。以後4年毎
トランスミッションオイル 初回5年目、以後4年毎
ドライブベルト 2万キロ毎
ブレーキ液 2年毎
ブレーキマスタシリンダ・カップ、キャリパゴム部品 4年毎
ブレーキケーブル 初回3年、以後2年毎
ブレーキホース 4年毎

などとなっています。その他にも、タイヤ、ブレーキパッド(前)、シュー(後)、点火プラグ、バッテリーなども消耗度合いで適宜交換が必要です。バッテリーだけは昨年DIYで交換しています。

そこで、今回はタイヤ交換(前後)とブレーキ関係を中心にして、バイク屋さんと相談しながら依頼するメンテを組み立てました。

【メンテ依頼箇所】
・エンジンオイル交換
・ミッションオイル交換
・ブレーキオイル交換
・ブレーキケーブル交換
・ブレーキホース交換
・ブレーキマスターシリンダ、カップ交換
・リアブレーキシュー交換
・冷却水交換
・タイヤ前・後交換

純正タイヤはCHENGSHINという中国のメーカー製ですが、店のお薦めというか取り扱い品の関係でダンロップ製にしました。多少は純正よりもグリップは良いはずとのことです。

個人的な運転法で、コンビブレーキを解除し、ブレーキはいつも後輪にかけていることもあり、後輪だけが相当すり減っています。

元々後輪は駆動輪の10インチタイヤなので、12インチの前輪よりもずっと減りが早いと言うことです(バイク屋さんの話)。

前輪タイヤはどうしようかと思いましたが、6年経ってゴムも固くなっているのでここは安全のために揃って交換です。「タイヤは命を乗せている」ですから。

純正のタイヤサイズは、前90/90-12 44J(12インチ)、後100/90-10 56J(10インチ)で、同じサイズのDUNLOP(ダンロップ) RUNSCOOT D307(インドネシア製)に交換しました。

lead202201_02.jpg

交換後、タイヤの製造年を調べると前輪が21年36週製造、後輪は21年17週でした。1年以上は経っていないので売れ残り品ではなさそうです(嫌な客)。

あとはブレーキライン(後輪用ケーブルと、前輪用のホース、マスタシリンダ&カップ)を一新し、ブレーキフルード(オイル)と、リアのブレーキシューを交換しました。ブレーキは大事です。その他では冷却水も6年経っているので交換を予定していましたが、、、

リアブレーキケーブル(交換した部品)
lead202201_03.jpg

リアドラムブレーキシュー(同)
lead202201_04.jpg

フロント油圧ブレーキ マスターシリンダ、カップ(同)
lead202201_05.jpg

バイク屋さんからは、その他に点火プラグとエアクリ交換は?と聞かれましたが、点火プラグはまだ早すぎるのと交換は簡単なので、エアクリ交換も自分でDIYします。

冷却水(クーラント)の交換ですが、事情(前期型と後期型の違いでパーツが揃わず)があって、今回は交換はおこなわれませんでした。

その冷却水交換以外の費用(部品代と工賃)は、税込み計57,200円でした。

その明細までいちいち教えてくれるような個人商店のバイク屋さんではないので、推定で部品代と工賃の明細を作ってみました。

ネットで調べられる工賃や部品代などあくまで想像の価格です。合計だけを合わせていますが、特に大きく違っているとは思えません。それを思えば特に高いとか安いということはなく、標準的な価格だろうと思います。

作業内容 部品代   工賃  
エンジンオイル交換1,0001,200
ミッションオイル交換1,4002,500
ブレーキオイル交換1,2002,000
ブレーキケーブル交換1,2008,000
ブレーキホース交換1,5004,000
ブレーキマスターシリンダ、カップ交換2,0004,000
リアブレーキシュー交換2,0005,000
タイヤ前・後交換8,0007,000
18,30033,700
合計52,000
税込み57,200

メンテ箇所や価格がLEAD125オーナーの方の参考になればと思います。

   

【関連リンク】
リード125のLEDヘッドライトバルブ交換最終版
リード125のフラッシャーLED化
リード125 コンビブレーキを解除?する
ホンダLEAD125続モディファイ(ブレーキストッパー&USB充電スマホホルダ)
ホンダLEAD125ファーストモディファイ


◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク

2021年09月18日

リード125のバッテリー交換 失望の巻



2016年にグランドアクシスから買い換えたリード125(JF-45)ですが、通勤で毎日使っていたグラアクとは違ってあまり乗ってなく、この4年半で走行距離もまだ8千キロほどの少なさです。

しかし4年半で、そろそろ消耗品のバッテリーが弱ってきた?という感じで、セルモーターの勢いが悪くなってきたこともあり、バッテリーを交換することにしました。

さて、リード125の適合バッテリーはと調べると、

バッテリーコム
battery2021_1.jpg

とあったので、なんの疑いもなく標準バッテリーがYTZ7Sと互換であれば良いと思い込んでいて、その互換製品をAmazonで購入しました。

結果から言うと、上の表示は間違い(あるいは2015年以降更新・追加されていない?)で、下記の表のように、同じ形式(JF-45)のリード125でも2015年7月から大きいバッテリーに変更(YTZ7S→GTZ8V)されています。

GS YUASA
battery2021_2.jpg

おそらくですが、当初のバッテリーYTZ7Sでは、酷使すると消耗が激しく、始動ができないとかライトが暗いとか、電圧が低くアイドリングストップが使えないとかクレームが多くあがり、マイナーチェンジの時に容量が大きくワンランク上のGTZ8Vに変更したのでしょう。知らなかったです。

実は以前にも同様なことを経験しています。

2007年にランエボ10の初期型を購入(納車は2008年3月)したとき、しばらく経ってから常時通電する社外のセキュリティ装置を付けたまま2週間ほど放置しているとバッテリーが上がってしまうトラブルが起きました。

そうしたクレームが多かったのでしょう、マイナーチェンジの時にはしれっと寒冷地仕様の大容量バッテリーが標準になっていました。

そういうことで、買ってしまったのはバッテリーは、マイチェン前の標準YTZ7S互換のバッテリーです。

バイク バッテリー MTZ7S 一年保証 メンテナンスフリー (YTZ7S / GTZ5L-BS / FTZ7S) 互換品3,200円(購入時)
battery2021_3.jpg

  ◇   ◇   ◇

リード125のバッテリーはフロントカバーの中(奥)に収まっています。そのフロントカバーは2本のネジと2箇所のクリップを外せばパカッととれます。

battery2021_4.jpg

で、取り出した新車の時から使い続けているバッテリーと、Amazonで購入したバッテリーを比べると明らに大きさがかなーり違います。この時に、ようやく、これはおかしいぞ?とミスに気がつきました。

battery2021_5.jpg
battery2021_6.jpg
右が購入したYTZ7S互換のバッテリー、左は標準のGTZ8V

標準バッテリーGS YUASA GTZ8Vの性能は、
10時間率容量:7.0(Ah)
120 CCA(コールドクランキング電流)
サイズ:高さ131mm×幅71mm×長さ114mm
液入り重量:約2.7kg

amazonで買うと15,800円(2021年9月時点)します。
GS YUASA ( ジーエスユアサ ) シールド型 バイク用バッテリー [ 液入充電済 ]GTZ8V

今回購入したYTZ7S互換バッテリー(MEGA POWER MTZ7S)の性能は本体や説明書のどこにも表示がなく不明です。ネットで調べると10時間率容量は6.0(Ah)のようですから、当たり前ですがやはり弱そうです。

しかしせっかく購入したバッテリーですから、しばらく使ってみようと装着しました。

サイズ(特に高さ)が違うので、上から押さえる金属製のストッパーがバッテリーに届かず、ちょっと工夫が必要です。とりあえず、隙間は発泡スチロールを間にかませて押さえるようにしました。

元々マイナーチェンジの前までは標準だったバッテリー互換品ですから、通常の使い方では問題ないでしょうけど、アイドリングストップなど多用したりするとどうなるかです。

常時点灯するヘッドライトやウインカー、ブレーキランプなどライト類はほとんどLED化しているので、大きな電流を使うのは始動時ぐらいかなと楽観的に考え、しばらくはこれで様子見することにします。

次にリード125用のバッテリーを買うときには、GTZ8V互換の

GSユアサ GTZ8V YTZ8V 互換品 ベトナム GSバッテリー GT7A-H 初期充電済み 1年補償(YTX7L-BS/GTX7L-BS/FTX7L-BS 互換)

台湾ユアサ YUASA TTZ8V バイクバッテリー充電済 【互換 GTZ8V YTZ8V YTX7L-BS】 PCX リード125 YZF-R25 YZF-R3A MT250

のどちらかになりそうです。標準のGS YUASA製バッテリーが良いのはわかりますが、価格が1/3ですからからねぇー

しかし、このところ、通販では失敗が続いています。

通販会社が悪い場合(説明と違うものを送ってくる)もありますが、通販会社の責任ではなく、発注するべきものを間違って(勘違いして)発注してしまって、来てからありゃま〜となる場合が続き、ちょっと意気消沈気味です。

ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめINDEX(バイク)



◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 10:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク

2021年07月27日

リード125のLEDヘッドライトバルブ交換最終版







長いこと引っ張ることになってしまったバイクのヘッドライトバルブLEDへの再交換ですが、ようやく決着しました。

2016年に装着したLEDヘッドライト切れて、中国の通販で格安LED(H4タイプ)を購入して装着したものの、ロービームのカット機能がなくこれじゃーダメよね〜ってことで、買い直して付け替えました。

リード125のLEDヘッドライトが突然死
リード125のLEDヘッドライトバルブを交換したものの(失敗談)

今回購入したのは、自動車用?なのか2個セットで1,027円とこれまた格安LED(H4)です。もちろん今回は前回と違いロービーム用の遮光板がついています。

格安とは言え、アルミ製の冷却フィンとクーリングファン付きで、高級感があります。問題は耐久性ですが、2個あれば当面は大丈夫でしょう。

Super Bright Car Motorcycle Headlights H7 LED H4 led H8/H9/H11 HB3/9005 HB4/9006 Auto Bulb 72W 8000LM Automobiles

led0726_1.jpg

led0726_2.jpg

ライトの色(温度)は6種類から選べるので普通に白っぽい6000Kを選択しました。

遮光板を下の位置に向くよう調整し、裏側の防水キャップは付かないので代わりにビニールテープで簡単な防水処理をしてサクサクと交換終了です。

切れたLEDバルブ→失敗したLEDバルブへ交換
失敗したLEDバルブから純正ハロゲンへ交換
純正ハロゲンから今回のLEDバルブへ交換

と、ここ1ヶ月間に3回フロント回りを分解してもうすっかりベテランの域です。

点灯前(ロービームの遮蔽板が下半分をカバーしている)
led0726_3.jpg

ロービーム点灯
led0726_4.jpg

ロービーム点灯時の写真で黄色く見えるのは、点灯していないハイビーム用のLEDチップの黄色が反射鏡に映り込んでいるせいで、光の色はロー、ハイとも真っ白です。

夜になってから、点灯試験をしてみたところ、、、、

ロービームのカットラインは不鮮明で、全体的にボヤーとした感じで照らします、、、

ありゃま、光源(LEDチップ)の位置の問題なのかなぁ、、、
元々LEDはカットラインが出にくいとは言いますけど。

しかし水平線以上の明るさはハイビームの2〜3割減で、これなら対向車は眩しくないかなと勝手に納得しておきます。

ヤレヤレです。



◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク

2021年07月17日

リード125のLEDヘッドライトバルブを交換したものの(失敗談)



前回、「リード125のLEDヘッドライトが突然死」で、中国の通販で買った安いLEDバルブに交換したと書きましたが、夜になって、いろいろと配光(光軸)調整をしてみましたが光軸のカットラインがうまく出ません。

バルブの角度が間違っていた?と思って、変えてみましたが、逆に悪くなる一方で、ヘッドライトの下1/3(ライトの下側の反射鏡が上方を照らす)を養生テープでふさいでみたり、様々やってみました。

しかし、どうやっても全体に光が拡がってしまい、こりゃおかしいと調べると、バイク用のLEDヘッドライトバルブの場合、Lo(下向き)の時に光る発光体(LEDの場合はチップ)の下側に金属製のカバー(遮光板)が付いているのが普通で、純正のハロゲンバルブ(下写真)を見てもそうなっています。

led202107_51.jpg

しかし今回購入したLEDバルブにはそういう遮光板は付いてなく、これがLoポジションで光軸のカットラインが出ない原因だったことがようやく判明(気づくの遅すぎ!)

led202107_52.jpg

「こりゃ、このまま使っていると、特に夜間だと対向車は怒るわなぁ〜」ってことで、あらためてLoポジション遮光板付きのLEDバルブを購入することに。

良心的?なLEDバルブの場合、左右両側にそれぞれ2個ずつのLEDチップがついていて、その片方がLoポジ用で点灯します。そのLoポジで点灯するチップの下側には金属の遮光板が付いていて、上方を照らさないようカットラインが出るようになっています。

そしてHiポジにすると、遮光板がない別のLEDチップ左右2個が点灯し、上方まで明るく照らすようになっています。

led202107_53.jpg

これだよなぁー

英語でこの遮蔽板のことは「Anti-glare cover」(直訳すると防眩カバー)で、まぶしくないカバーということでしょう。これが付いてないLEDバルブは、公道上では迷惑千万、車検があるバイクやクルマだとカットラインが出ないのでまず通りません。

購入したのは、懲りずにまた中国の通販ですので、到着まで2〜3週間かかります。それまでは対向車に迷惑をかけてもいけないので、純正ハロゲンに戻しました。ヤレヤレです。

リード125のLEDヘッドライトバルブ交換最終版 へ続く

リード125のLEDヘッドライトが突然死
リード125のフラッシャーLED化
リード125 コンビブレーキを解除?する
ホンダLEAD125続モディファイ(ブレーキストッパー&USB充電スマホホルダ)


◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | バイク