2017年04月13日

さくら咲く2+名車



今年の桜は咲き始めの頃から再び寒波がやってきたせいか、一気に咲いて一気に散るのではなく、早く咲いた桜が散った後も別の桜が咲き始めるという長期にわたって楽しめました。

会社の近くの桜もほとんど葉桜の木もあれば、まだ満開近い状態の桜もあります。品種が違うのか、環境の差か不明です。

DSC_1.jpg

池には桜の花びらが大量に浮かんでいます。これもまた綺麗ですね。

DSC_2.jpg

自宅近辺でも先日あげた桜並木はほとんど散ってしまいましたが、別の場所ではまだ満開を謳歌している木もあります。

わずかですが、地形的に高くなっているところのほうが咲くのは少し遅いようです。

DSC_3.jpg

DSC_4.jpg

花の話題ばかりだと退屈する読者?もいるでしょうからw新たに近所で見つけた珍しいクルマを。

ダットサン・フェアレディ(2代目)SR311/SRL311型 1967年(2リッター型追加)〜1970年

DSC_5.jpg

DSC_6.jpg

ソレックスキャブレター2基を備えた新設計の直列4気筒SOHC1,982cc、U20型エンジン(145馬力/6,000rpm)と、ポルシェタイプシンクロを持った5速トランスミッションを搭載。発表された最高速度は205km/hであり、国産初の200km/hオーバーカー(wikipedia)

実はこのSR311、40年ほど前、学生時代にアルバイトをしていた自動車教習所で親しかった若い教官が乗っていましたが、40年も前でもすでにクラシックカーの貫禄がありましたw

当時欲しかったか?って問われると、その時はすでにフェアレディ後継でロングノーズの6気筒のZが普通に出ていましたので、そちらばかりへ目がいってました。

このフェアレディシリーズは実は日本よりも北米で大人気で、その古いSR311の補修部品も日本にはなくてもアメリカで販売されていたりするので、オーナーは海外誌など読みながら、部品を輸入したりしていましたね。


次はランサーエボリューション9 2005年〜2006年

DSC_7.jpg

型式名“GH-CT9A”。通称“エボIX”
名機4G63型エンジン搭載最後のエボです。別途派生型の「ランサーエボリューションIX MR」と「ランサーエボリューションワゴン MR」はありますが。
今でも中古車相場が高く10年落ちでも200万円を軽く超える勢いの人気車です。


旧車シリーズ(スバル富士重工編)
旧車シリーズ(三菱自動車編)

【ブラオヤジ・シリーズ】
ブラオヤジ
ブラオヤジ2(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ3(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ4(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ5(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ6
ブラオヤジ7(含む旧車シリーズ)



posted by makan at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年04月07日

さくら咲く



東京では3月21日に開花宣言が出ましたが、その後気温が低くい日が続き、なかなか本格的な開花は進みませんでした。

ようやく昼間の最高気温が20度近くまで上がってきたのが4月5日。そこから一気に満開となりました。

そこでローカルですが、近所の桜の名所、二ヶ領用水沿いの桜並木と緑ヶ丘霊園、妙楽寺を一気に回ってきました。

二ヶ領用水の桜

sakura01.jpg

sakura02.jpg

珍しくコサギが花に誘われ?来ていました。でも寒そうに首を引っ込めてましたw

sakura03.jpg

二ヶ領用水の桜並木はJR南武線宿河原駅のすぐそばにあります。

とにかく人が多く、整備された用水沿いの石畳ではブルーシートを敷いて宴会真っ盛りという人も多く、なかなか落ち着いてゆっくり桜を眺めていられません。上野公園はじめ、こうした桜の名所ではどこも同じような感じでしょう。

二ヶ領用水を久地方面に歩いていくと、途中に川崎市緑化センターという植物園に似た施設があります。その庭の中に、昔はこの周辺には桃園があったということで、それを記念してか桃の木が数本植えられていました。その桃の木も満開です。

momo11.jpg

桃は桜より赤味が強く華やかで私は好きです。一面桃の花が咲きまくっている広大な山梨の桃源郷にまた行きたくなります。

連想ゲームじゃないですが、「桃源郷」というと、私は香港尖沙咀のカオルーン・シャングリ・ラ ホテルを思い出します。もう30年ほど前ですが、少しの期間住んでいた尖沙咀のアパートから近く、その時は不便な場所で、観光客も少なくちょくちょくコーヒーを飲みに行きましたw。

次はJR南武線津田山駅近くにある緑ヶ丘霊園の桜も有名なので寄ってみました。

やはり人出は多く、売店も家族連れで賑わっていました。霊園が賑わうってのもどうなのよーって気もしますが、陰湿な霊園のイメージを覆せていいかもね。お彼岸も過ぎているので線香の香りもなく、広い公園のような雰囲気です。

sakura05.jpg

sakura06.jpg

緑ヶ丘霊園を突っ切って反対側へ出ると、夏の紫陽花で有名な妙楽寺の近くへ出ることができます。少しですが桜もあるのでちょっと撮影に立ち寄りです。

sakura07.jpg

こちらは桜は名所ではなく観光客らしい人は誰もいず、ゆっくり観賞・撮影することができました。





posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2017年02月18日

ロードスターRFに試乗してきた



2016年末にマツダロードスター(ND型)に自動開閉式のハードルーフ(リトラクタブルハードトップ)がついたRFタイプが追加されました。

屋根付き駐車場がある人はソフトトップ(幌式)でも問題ないのでしょうけど、青天井の駐車場に置く場合や、高速道を長距離走ることが多い場合は、こうしたハードトップのほうが耐久性や遮音性が優れています。

ただそれには当然ソフトトップモデルと比べデメリットも発生して、
・ハードトップや収納機構などのため重量が重くなる(軽快性が損なわれる)
・重量増に対応しエンジンを1.5リッターから2リッターへさらに重量増
・幌のようにフルオープンにできず、リアルーフが残ったタルガトップに
・大きなCピラーが残るので、斜め後方の視界が悪化
・価格が60〜70万円高くなる

ま、いろいろとデメリットもありますが、ソフトトップを買う人とハードトップを買う人では、使い方や志向が違うと思えばロードスター選択の幅が拡がったと言えてよいのではないでしょうか。

個人的には、軽快さは欲しい、でもハードトップも欲しい、しかも安くして、、、と無い物ねだりになってしまいますw それならコペンか!w

そのロードスターRFに事前の試乗予約をして行ってきました。

昨年はディーラーで1日試乗(1日貸してくれる)をおこなっていたので、それに申し込みたかったのですが、その時は平日も全部予約で埋まっていて、もう少し熱が冷めてからと思っていたら、いつの間にか終わっていました。デミオとかの1日試乗はまだやっているようですけど。

ネットに出ている噂では、1日試乗で貸し出したロードスターを峠道に持ち込んで、そこで大事故を起こした人がいたそうで(事実かどうかは不明)それ以降ロードスターの1日試乗がなくなったとか。あ、関東一円をテリトリーとする関東マツダの話しで、他はどうか知りません。

今回の試乗は20〜30分ほどで、「営業が横に乗ってもいいし、ひとりで走ってもいい」と言うことだったので、冷やかしのクセに忙しい営業の手を患わせるのもなんだから、ひとりで試乗することにしました。

20170212_1.jpg

「高速を走ってもいいですか?」と聞いたら、「30分で戻ってくれるならいいですよ」とのことでした。ただし試乗車にはETC機器が付いていないので、久しく経験していない通行券&現金払いをすることになります。

ルーフの開け閉めだけ簡単に説明を受け、いざ出発!お天気は快晴なので、ルーフは開けたままです。最小回転半径が4.7mと小回りが利くので(以前乗っていたランエボXは5.9m)狭い駐車場での方向転換も楽々です。

ただ後方視界があまりよくないので、バックカメラとモニターは付けた方がよさそうです。この試乗車にはついていませんでした。

ディーラーから出てすぐに東名高速の入り口です。料金所は機械式で自動で発券される通行券を受け取ります。しかしここで問題が、、、

他人様の車だからと慎重に発券機に近づいたためと、車高が低いのに高い位置で通行券が発券されるものだから、シートベルトを装着したままでは手が届きませんw

一旦シートベルトを外し、身体を少し持ち上げて手をいっぱいに伸ばしてどうにか通行券を取りましたが、後続のクルマが来ていたので、とりあえず一度前に出て、ハザード焚いて停車してからシートベルトを装着しました。慣れているクルマなら運転しながらでも片手でシートベルトが装着できるのでしょうけど、初めてのクルマでは無理です。

そんなドタバタしてから一気に加速して本線へ合流しますが、さすがに1100kgと軽量なボディ(ランエボXは1530kg)に2リッターエンジンは加速力に不満はありません。

ランエボのような暴力的な加速とは違い、NAエンジンらしくリニアにジワッと吹き上がっていく加速ではありますが、単にエンジン性能ではなく、軽量化こそがクルマの加速力や運動性能向上方法だというのがわかります。あちこちにアルミを使い軽量化したランエボXよりも430kgも軽いのがこのクルマの最大の特徴でしょう。

20170212_2.jpg

ディーラーを出てからずっとルーフは開けたままですが、リアガラスの位置にある固定式のアクリル製のエアロボードのおかげで、高速走行中も風の巻き込みはなく、さすがに1989年の初代NA系から長くロードスターを作り続けてきたノウハウが生きています。

30分で戻らないといけないので、最初の出口で高速を降り、係員のいる料金所で再びドタバタしながら通行料金を支払い、下道に入ってディーラーへ向かいます。料金所で財布を出したりお釣りをしまったりとドタバタすると、あらためてETCの便利さと有難味が胸にしみます。

ルーフはずっと開けっ放しだったので、信号で停まった際にルーフを閉めてみました。開け閉めするスイッチはその間ずっと押しっぱなしにする必要があり、途中で離すと開閉が途中で停まってしまいます。

ディーラーで試乗前にルーフ開閉をしたときの写真

20170212_3.jpg

20170212_4.jpg

10km/h以下なら走行中でも開閉できると記事で読んでいたので、信号で停まる前、まだ動いているときにスイッチを入れてみましたが、警告音が鳴り動かずw 10km/hを越えていたのかな?

停まってから再びスイッチ入れると今度は動き出してちゃんと閉まりました。おそらくそのうちルーフの開閉制御を調べ上げて、普通に走行中でも開閉ができるように改造する人が出てくるでしょうね。走行中の開閉時に空気抵抗で壊れるということは構造上なさそうで、10km/h以下の規制があるのは運転中の安全の問題でしょう。

ルーフを閉めると閉鎖感があるかな?と思っていましたが、上を見て走るわけではないので、屋根が開いていようが閉まっていようが運転には関係がありません。当たり前だけど。

ルーフを閉めると昼間だと室内がやや暗くなるのと、エンジンや外部の騒音がシャットアウトされ、グッと静かになり、普通のセダンに乗っているのと変わりない感じに。

今回は晴天でしたが、雨が激しく降ってきたときもソフトトップだと雨の音や衝撃が伝わるのに対して、金属製のルーフだと通常のセダンとそれほど変わりはなさそうです。ちなみにこの動くルーフはアルミ製のフロントルーフ、ロールゲージのように残るのはスチールのミドルルーフ、その後ろでフロントルーフを収納するカバーになるのが合成樹脂製のリアルーフです。

安全装備としてBSM(ブラインドスポットモニタリング)というのがこのVSには装備されています。斜め後方から近づいてくる車両があればリアバンパー内に仕込まれたレーダーで検知し(バンパーぶつけると修理代が高く付きそうね)、サイドミラーのLEDが点灯して知らせたり、それでもウインカーを出すと警告音がけたたましく鳴り危険を知らせてくれます。ちょっと大きなお世話かも。

国道を走行中、斜め後方からやって来る車をやりすごし、その車の後ろにスッと入ろうと思って、早めに車線変更のウインカーを出すといきなり警報が鳴り響き、何事!って思いましたw。早めのウインカーは安全運転の鉄則と思っていましたが、この車においては出すのは遅めが良さそうです。

帰りの下道は空いていて、予定より早めにディーラーに着きそうだったので、ちょっと寄り道して撮影会。

20170212_5.jpg

ディーラーに戻ると、「どうでした?」「見積もりしましょうか?」のお誘いを柔らかく遠慮してきましたが、乗り出しで400万円近くするこのクルマは今の経済状態では無理。DINKSか、中年以上の富裕層向けなのでしょうねぇ、、、

8年前にランエボXを買った時も後付けのナビなど含めると乗り出し400万円を超えましたが、同じ2リッターモデルで、性格や方向性の違いこそあれ、レカロやブレンボが標準で付いてターボ300馬力4WDセダンのランエボXとNA158馬力2シーターのロードスターRFがほぼ同価格というのは、どうしても違和感があります。やっぱ趣味の車なのでしょうねぇ。

5年ぐらい経って、中古のいい出物があれば買ってもいいかなぁって感じです。

どういう人が買っている?ってディーラーの人に聞いてみたところ、40代50代が中心だけど、上は70代の人もいましたと。

またセカンドカーとして買う人と、ファーストカーとして買う人は半々とのことでした。二人乗りですから家族(妻と子供あるいは祖父母など)と同居していると、なかなかこういうのは買えませんよねぇ、、、

◆試乗車
ロードスターRF VS(6速AT)
車両価格 3,596,400円
全長 (mm)  3,915
全幅 (mm)  1,735
全高 (mm)  1,245
ホイールベース (mm) 2,310
乗車定員 (名) 2
車両重量 (kg) 1,100
タイヤサイズ 205/45R17
最小回転半径 (m) 4.7
サスペンション (フロント) ダブルウィッシュボーン式
サスペンション (リア) マルチリンク式
ブレーキ (フロント) ベンチレーテッドディスク
ブレーキ (リア) ディスク
エンジンタイプ SKYACTIV-G 2.0
エンジン種類 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
エンジン総排気量 (L) 1.997
エンジン最高出力 (kW<PS>/rpm) 116〈158〉/6000
エンジン最大トルク (N・m<kgf・m>/rpm) 200〈20.4〉/4600
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
タンク容量 (L) 45
JC08モード燃費 (km/L) 15.6

【試乗】
ロードスターRFに試乗してきた
今さらですがS660に試乗
トヨタ86試乗
ランエボX から N-WGN へ その1(プロローグ)



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月12日

今さらですがS660に試乗



今さらではありますが、N-WGNのオイル交換でディーラーに寄ったら、S660が店頭にデンと置かれていたので、試乗させてもらいました。

DSC_0479.jpg

なんでもようやく納車待ちが落ち着いてきたということで、販売にも力を入れはじめたようです。

雨がポツポツきそうな空模様でしたが、ルーフはす巻きのようにして外してと、、、

DSC_0483.jpg

試乗車はCVTでした。面白いのはMTですが、もう若くないのでCVTで十分です。

DSC_0488.jpg

DSC_0487.jpg

ディーラーの新米店長と以前話しをしたときに、「ホンダは長らくミニバンばかりを揃えてファミリー層の獲得に力を入れてきた。そのせいで若者からはホンダは敬遠されている。せっかくS660という若者向けのクルマを作ったのだから、店の一番目立つところに置いて、バイクに乗っている若者を引き寄せて、バイクと同じくオープンエアを味わえて4輪の楽しみを知ってもらうことが必要」とアドバイスしましたが、ちゃんとそれを実践しているようです(笑)。

近所の道を20分ほど走らせましたが、エンジンパワーはN-WGNと同じで特に感慨はないものの、FFのN-WGNだとフロントタイヤが浮き上がってグリップしてくれない急発進、急加速時でも流石リア駆動(ミッドエンジン)は小気味よく、さらにN-WGNと比べて重心が低いので右へ左へと回るコーナーリングはお見事!というほど安定した旋回性能を示してくれます。タイヤも太くてハイグリップタイプですから限界速度も高くなおさらです。

リアウインドーを開けると心地よいエンジン音が入ってきて、急減速したときなどに発生するターボのブローオフバルブの音が控えめながら聞こえてきます。静かな山の中をハイスピードで走ると、そのミニチュアとはいえホンダサウンドがより楽しめるのでしょう。

着座位置も普段慣れているN-WGNとは対極で低く、狭い視界も下から見上げるような感じで、スポーツカー感覚ですが、シートは薄っぺらで少し残念な感じです。

ホンダはレカロを採用しないので有名ですが、こうした特別なクルマにはもうちょっとレーシーでありつつ頑丈で疲れにくいレカロのような高級なシートを驕ってもらいたいものです。実際購入後にレカロに交換している人が多いのではないかな。

あと座高の高い私にはシートというかヘッドレストが小さくて低く、そのすぐ上にあるBピラーのロールゲージ?に頭が当たってしまいます。以前乗っていたやはり天井が低いプレリュードではシートを後に寝かせることでクリアできましたが、2シーターのこのクルマでは自由度が少なく目一杯下げても倒してもダメです。

調べてみると頭上高を稼ぐため身長180cm以上のオーナーさんはシート高さを下げるべくシートレールを低くしてレカロに交換されている方が多そうです。

RECARO装着例1 オーナー身長181センチ
RECARO装着例2 頭が天井にあたるので
RECARO装着例3 オーナー身長182センチ
RECARO装着例4 純正シートの不満

現在活躍している自動車評論家は小柄な人が多く、身長が180cmを超える人はほとんどいなくて、そうした指摘はあまり表には出てきませんが、もし辛口で有名な三本和彦氏(身長180cm)が自動車ジャーナリスト現役時代に試乗していたら、シートと頭上高については嫌みのひと言を言ってそうです。

それをディーラーの人に言うと、私だけでなさそうで、背の高い客はみなそれを指摘するということでしたので、乗員の身長に制限をつけられそうです。もし海外でもこれを売る場合には、その点を解決しなければ無理じゃないかなぁ。


【試乗】
ロードスターRFに試乗してきた
トヨタ86試乗
ランエボX から N-WGN へ その1(プロローグ)

【ラーメン】
Enjoy Honda ツインリンクもてぎ2018へ Plus天下一品ネタ
■ラーメン履歴(2016〜2017年版)
ラーメン履歴 神奈川以外地域編
ラーメン履歴(神奈川編)
横濱家でランチ
【来来亭】ふたたび
連休後半はまずラーメン来来亭から
寒いから今日はラーメンだ
麺屋はやと
ラーメン食べある記
近所の「ラーメン和屋」
ZUND-BAR(ズンドバー)と宮ヶ瀬ドライブ



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年04月16日

コンパクトデジカメの液晶パネル交換をやってみた



2009年に購入したコンパクトデジカメPanasonic LUMIX DMC-TZ7の液晶に数ヶ月前から筋が入るようになり見えづらくなっていましたが、先日床に落としたとき、とうとう液晶が割れて、まったく見えなくなってしまいました。

20160404_1.jpg

(購入時のブログ)コンパクトデジタルカメラ購入LUMIX DMC-TZ7 2009/7/21

一応簡単に調べたところ、カメラの機能はまだ維持していそうですが、液晶画面が見えないので、シャッターを押したりズームなどの外部スイッチの操作はともかく、撮影時の確認や、各種の設定とかができず、このままでは使い物になりません。

ま、ガラはこのTZ7よりも大き目ですが、コンデジならもう一台 LUMIX DMC-FZ70-K をもっているのと、最近はちょっとした撮影ではスマホのカメラが使えるので、そんなには困らないかなって思っていました。

ただ、クルマで走行中に、ちょっと写したいなと思う時、スマホはパスワードロックがかかっていてすぐに使えないし、FZ70は大きく重く片手では扱えず、結局シャッターチャンスを逃すことが多くなりました。TZ7は電源さえONにすれば、あとはすべて片手でしかもオートで撮影ができとても便利です。

貧乏性の私からすれば、このまま捨てておくのはもったいないなぁって思っていろいろと調べてみると、Panasonicのデジカメやビデオは修理定額制を取り入れていることを知りました。

通常の液晶の交換など、内部部品交換が伴う修理の場合、定額8,000円+税+往復送料で、実質1万円程度で修理が可能です。

1万円が高いか安いかは別として、修理費用が事前にわかるのはありがたいです。

以前カーナビが故障したときは、わざわざクルマからカーナビを取り外して、サービス店に持ち込むか、メーカーに送り、そこで故障の検査をしてもらい、修理見積もりを依頼しないと費用がわかりませんでした。

ところで、7年前に3万円で購入したこのTZ7のコンデジですが、今ではヤフオクで中古の平均落札金額は4〜5千円となっています。

1万円かけて修理に出すより、ヤフオクで中古の完動品買った方がずっと安い?

確かにその通りですが、オークションで買った中古品には基本保障がないので、買ってすぐに壊れても文句は言えません。

その点メーカー修理ならしばらくは保障もあるので安心ですが、金額的に半額以下で中古が買えるというのはちょっと微妙というかハッキリ言って割に合いません。

また、もしTZ7と同等の新機種を買うとすれば、少し機能は落ちる LUMIX DMC-SZ10 だと1.2万円、さらに高機能な LUMIX DMC-TZ57 だと2万円で買えます(いずれも2016年4月15日現在価格)。

修理に1万円近くかけるより、やはり新しいのを買った方がずっとお得感がありそうです。相変わらずモノを大事に使うというよき伝統から、バブル時以降は使い捨てにする文化が蔓延してしまっています。

あれこれ考えていたら、この名機の誉れ高い(自称です)TZ-7は液晶に難があり、よく壊れるとネット上のあちこちで書かれていて、その液晶だけを交換できるキットがAmazonで売られているのを発見しました。しかもその部品は配送料込みで約2千円ですから割とお気楽な感じです。

Panasonic Lumix DMC-TZ7 DMC-ZS3 Lcdスクリーン

ネットでは液晶が壊れてジャンク品として数百円で売られていたTZ7を買って、この補修用液晶に交換すれば、普通に使えたなんてことも書かれています。

細かな修理が苦手ではない少し器用な人なら、このジャンク品+補修品は、ヤフオクで中古品を買うよりもお買い得なのかも知れません。但し、ジャンク品が液晶以外のところも壊れていたら、液晶の補修品を交換しても使えないというリスクはあります。

今回は買い換えをしようかなと思っていたので、「失敗してもいいや」と、割れた液晶だけの交換にチャレンジしてみることにしました。

もし液晶以外のところの異常であれば、この補修品を買って無事に交換できたとしても、結局使えなく無駄になってしまうかもしれませんが、その時はこの2千円は勉強代と思うことにします。

液晶の交換自体はそう難しくはありません。細かな作業なので、多少器用さが必要かも。ネットで検索すれば、TZ7の分解法がいくつも出てきます(自己責任で)。

液晶側の小さなプラスネジを7本引き抜いてこじるとカバーがパカッと外れ、ケーブルコネクターの抑えをごく小さなマイナスドライバーで持ち上げて、2つのコネクターを本体から外せばカバーを完全に切り離せます。

20160404_2.jpg

20160404_3.jpg

注意すべきはネジは小さいので、頭をなめないようにサイズが合うドライバーを用い、ギュッと強く押しながら一気に回すことと、ケーブルコネクターは無理に引っ張って外すのではなく、外れ防止用の抑えをキチンと起こしてから外すことぐらいかな。

本当はもう少し分解して、基盤のほこりやレンズの汚れも取っておきたいところですが、下手に分解して壊してしまうとアレなので、今回は液晶の交換だけにしておきます。

で、組み上げて、電池を入れスイッチをONにすると、、、

20160404_4.jpg

ちゃんと元通りに表示されました\(^o^)/
よかったよかった。

これで、しばらくまた使い慣れた名機TZ7が使えそうです。

コンデジPanasonic LUMIX DMC-FZ70を購入してみた(2015-07-19)
コンパクトデジタルカメラ購入 LUMIX DMC-TZ7



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記