2019年04月06日

過ぎゆく平成の桜かな


前回の「春爛漫を満喫」に続き、近場での桜撮影です。

ネタ不足ですみません。

言い訳すると、3月は期末ということもあり、仕事で結構追いつめられていて、それがやっと終わって、ホッと一息しているところです。

現在は、まだそのリハビリ中というか、回復途中ということです。

連休までにはなんとか元通りに復活を果たす予定ですw

で、お茶濁しの見飽きたでしょうけど桜写真(+ポロGTI)です。

チラッと画面に入るステアリングの中央の赤ラインが誇らしいw

20190404_1.jpg

大きな霊園内をサクッと回ってきました。

20190404_2.jpg

横から
20190404_3.jpg

斜め前から
20190404_4.jpg

後ろから
20190404_5.jpg

今年12月にYahoo!ブログが閉鎖となるそうで、その対応を進めているところです。あ〜面倒、、、

お花見2018
さくら咲く2017
近所の桜花2014

posted by makan at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月31日

春爛漫を満喫


平成時代(将来そう言われる)もあと1ヶ月です。明日には新元号が発表されるとか、平成の時とは違い、改元されるまでには1ヶ月間の猶予がありますので、5月1日にはミスが許されないという様々な人にプレッシャーがかかります。

特に31年前と比べると、今はコンピュータが隅々まで拡がっていますので、その影響は計り知れないものがあるだけに、エンジニアの皆さんはこれから1ヶ月間、緊張が続きそうです。

そんな世相はともかく、近所の花が綺麗になってきてますので、少々上げておきます。

まずは満開近い桜(この時期もう見飽きたって人も多いでしょう)
DSC_7222.jpg

DSC_7193.jpg

椿にもいろんな種類があります。
岩根紋
tsubaki_iwanemon.jpg

エンペラー・オブ・ルシア
tsubaki_エンペラーオブルシア.jpg

バーバラ
tsubakiバーバラ.jpg

グランドスラム
グランドスラム.jpg

黄色い南武線と黄色い菜の花
DSC_7221.jpg
菜の花を見ると、漬物にして食べたくなってしまう性( ̄〜 ̄ )モグモグ

春爛漫です
DSC_7220.jpg

関係ないですけど、おまけに、東証アローズの鐘。年代物ですが、打鐘すると素晴らしい音色がします。
P1180738.jpg



posted by makan at 11:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月24日

まもなく満開


ご多分に漏れず、3月は会社の決算期ということもあり、なかなか気の休まる時がなく、したがってブログに書くようなネタもなく、、、

東京では21日に開花宣言が出され、ボチボチ近所の桜も咲き始めています。

P1180687.jpg

あと1週間ぐらいで満開ってところでしょうか。

P1180689.jpg

毎年のことですけど、楽しみですね〜

ただこの時期は、杉や檜の花粉も満開で、数日すると青空駐車しているクルマは泥々状態。

近所のコイン洗車では10台ぐらい並んでいましたw

こう言うときは、普段からコーティングをしっかりしてあると、水をかけて、洗剤入れたブラシでサッと拭くだけで、綺麗になります。

せっかく洗っても、乗らなくても数日すればまた汚れてしまうのですけどね、、、

近所の自動車ディーラーや中古車屋さんも毎朝、並べている商品のクルマを手洗いするところから1日が始まるようです。

毎日のことでしょうから、この作業だけでもたいへんでしょうね。

さて洗車したので、近所のお寺さんの駐車場へ行って、パチリと。

P1180695.jpg

P1180706.jpg

ムフフ、シルバーがめちゃ綺麗です。



posted by makan at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年03月02日

電気シェーバーラムダッシュの電池交換


2013年12月に購入した電気シェーバーPanasonic ラムダッシュ ES-LT20-Sはとても快適で、何度か内刃と外刃を交換しただけでなんの問題もなく使ってきましたが、いかんせん5年を過ぎてバッテリーの持ちが悪くなってきました。

そこで、買い換えるか?って考え、ずっと前からAmazonの「ほしいものリスト」に入れていたものの、バッテリーの問題ならば、バッテリーだけ交換してみよう!となり、さっそく調べて買ってみました。

パナソニック Panasonic シェーバー用蓄電池 バッテリー

まず、下のカバーのネジを1本外すだけで、裏のカバー(2カ所)がパカッと外れます。

shaver01.jpg

shaver02.jpg

次に露わになった裏面のネジを8本外すと裏側の防水カバーが外れます。この8本のネジで強く締めることで防水機能を達成しているようです。

リチウムイオン電池が出てきます。

shaver03.jpg

新しい電池と古い電池は色も形もまったく同じなので、混ざってしまうと、どっちがどっちかわからなくなるので、新しい電池にはあらかじめNew!マークとか付けておきましょうw

古いモノだとわかるだろう?って思われがちですが、防水機能に守られて、5年以上使っても、外観にはまったく劣化はなく、見分けがつきません。

下手すればこの古い電池を「新品」と偽って某オクとかに出す人もいそうなぐらいですので、気をつけないと。

上が5年経過、下が新品の電池です。
shaver04.jpg

この電池、プラスマイナスがありますので、古い電池を外す時に、どちらがプラスか確認しておきましょう(本体側に表示はありません)。逆に入れるとショートしてしまいます。

Amazonの評価にも書かれていますが、この電池、不良品をつかまされることもあるそうで、リスクを背負っての作業となります。

また一度本体を分解すると、防水機能が弱まってしまい、ネジの締め付けが緩かったり、パッキンが古くなっていたりすると電池の部分に水が入ってしまい動かなくなるリスクもあります。

なので、完全に新品同様になるわけでもないので、無理して交換に挑戦するほどのこともないかな?と思っています。

私がチャレンジしたのは、以前にこの電池を買っていて、結局交換しなかったのでそれが残っていたためです。

私の場合、交換後は充電も問題なくできましたが、新品同様の持続時間があるかというと、まだ交換直後なのでわかりません。一応数日使ったところでは快適です。

当たり外れから言えば当たりだったのかも知れません。

【関連商品】
パナソニック Panasonic シェーバー用蓄電池 バッテリー
パナソニック ラムダッシュ替刃 ES9013
パナソニック ラムダッシュ メンズシェーバー 3枚刃 黒 ES-AST2A-K



posted by makan at 18:00| Comment(0) | 日記

2018年11月03日

コーヒーメーカーも買い換え


バイク用ヘルメットに相前後して、コーヒーメーカーも壊れたので買い換えました。両者にはなんの因果関係もありません。

自宅でほぼ毎日飲むコーヒーは、最近ではもっぱらカルディの挽いた豆(粉)を、簡易ドリップ式の電気コーヒーメーカーで入れています。

4年前の2014年にコーヒーメーカーのドリッパーを私が落として割ってしまい、Amazonで有名メーカー品の(当時)一番安かったものを購入しました。

今でも売っているんですね。安さで選ぶならこれお勧めです。
象印 コーヒーメーカー 珈琲通EC-TC40-TA

コーヒーメーカーが使えなくなる時というのは、機械の故障と言うより、コーヒーをためておくサーバーのガラス容器(ドリッパー)が割れてしまった時というのが多く、過去から性懲りもなく何度も経験しています。

今回も、ガラス製のドリッパーを自分で洗っていた時、洗剤で滑るので、左手で力を入れてつかみ、右手でスポンジを持ってゴシゴシ洗っていたら、突然パッキーーンと大きな音をたててガラスが飛び散ってしまいました。アブねぇ〜

と、その時、容器をつかんでいた左手首に割れたガラスの破片があたり、スパッと切れました。まるでリストカットしたみたいに、、、

幸い、傷は深くなく、見かけ上は軽いためらい傷?程度で、血もジワーとにじみ出てくるぐらいで済みました。もし大きな血管でも切って血が噴水のように飛び出していたら、まったく笑い話しでは済みません。

痛みも出血も少なめだったので、割と冷静に腕の上をタオルで縛り、傷口に消毒液をたっぷりかけて、2年前にバイクでこけたときに買った大きめの絆創膏が残っていたのでそれを貼って事なきを得ました。

coffee501.jpg

割れたドリッパーだけを買い換えるという方法もありますが、案外ドリッパーだけだと高価だったり、同じ製品でないとサイズが合わなかったりしますので、ここはコーヒーメーカー本体を4年も使ってきたので買い換え1択です。

さて、そんなことで傷口の手当てをした後に、Amazonを開き、次は割れない金属製のコーヒーサーバーがないかなと、選んだのがこれ。

Melitta(メリタ)NOAR ブラック SKT541B 5,981円(価格は2018年10月)

創業110年にもなる老舗のドイツの会社メリタの製品で、レビュー評価は良いも悪いもいろいろありましたが、実際に使ってみて、このお値段にしてはなかなか良い感じです(個人の感想です)。

coffee502.jpg

特徴は、コーヒーが貯まる容器(ドリッパー)が金属製で、しかもそれが保温ポットになっていて、多少時間が経ったあとでも、保温機能の付いたサーバのように味が煮詰まることもなければ、冷めてしまうこともないという優れものです。

coffee503.jpg

前の「象印コーヒーメーカー珈琲通EC-TC40-TA」と比べると、

(1)セットが簡単(以前使っていたのと変わらない)
(2)ドリップ時間も適度に速い(以前使っていたのと同等+開始と終了に音で知らせてくれる)
(3)自動で電源OFF、保温性のあるポットで温度保持(以前のは手動電源OFF&時間が経つと煮詰まっていく)
(4)容器はステンレス製で割れない、洗うのも問題なし(以前のは割れる)
(5)抽出したコーヒーの味は以前のと同等

中でも、(3)は、特徴でも書いた通り、「ZOJIRUSHI 珈琲通」はドリップ後も電源が入ったままで保温状態が続き、時間が経つと煮詰まっていくのと、冷めないようにするにはドリッパーをサーバに置いておく必要がありましたが、「Melitta NOAR」は、ドリップが直接保温性のあるポットに入るので、電気も必要なく、2時間ぐらい経っても十分に熱いまま煮詰まりません。

またポットはサーバ上に置いておく必要がないので、入れた後は別室に持って行くことができます(ただ、水筒のように完全密封ではないので、倒したり逆さにするとこぼれます)。

休日や在宅ワーク時に長時間、部屋にこもって、仕事?や、ブログを書いたり、ビジネスのアイデアを考えたりwすることがあるので、午前中に1回、午後に1回ドリップしておき、部屋にポットを持ち込んでおけば、いつでも熱々のコーヒーが飲めるのでありがたいです。

【お勧めコーヒーメーカー】
Melitta(メリタ) NOAR(ノア)【2〜5杯用】ブラック SKT541B
象印 コーヒーメーカー 珈琲通 4杯用 EC-TC40-TA
サーモス 真空断熱ポットコーヒーメーカー 0.63L ブラック ECJ-700 BK




posted by makan at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記