2020年12月20日

ゴルフ再開第2ラウンド



先週、「なにもしない師走2020」を書いておきながら、ゴルフ再開後2回目のコースへのこのこと出掛けてきました。

前回の復帰初回は、山の上のコースで、強風がずっと吹きっぱなしと、時々小雨が混じるあいにくの天候でしたが、今回は天気には恵まれました。苦難の後に晴れ間が差す私の人生に似たところがあります(笑)

それはさておき、前回は神奈川のコースで散々な目に遭ったので、今回はアクアラインで東京湾を渡った先の千葉県でのプレイです。

朝5時前起きで、早朝の大師道をひたすら走り、浮島からアクアラインへ入ります。

7時45分スタートに楽勝、事前に練習もできるなと思っていたところ、アクアラインが、別に事故とか規制とかもないのに、この平日の早朝にノロノロ渋滞です。

「そんな朝早くからみんなどこ行くんだよー!」と自分のことはさておき身勝手な主張をしていたら、着いたのはスタート15分前。

練習どころか、朝食も途中のコンビニで買ったサンドイッチを慌てて飲み込むのがやっとのところで、慌ただしくスタートホールへ。関越の豪雪での2日間缶詰状態は気の毒でしたが、それにしても12月の高速はあてにできませんね〜

12月と言えば、クリスマスプレゼントや、お正月準備の用品や食品などの配送もあり、流通関係のクルマがより一層増えている気がします。

さて、それはさておき、前回のブログでも書いた、ゴルフコースでピンまでの距離を測れる測量器を何度か使ってみましたが、もうちょっと上手くなって正確にショットできるようになってから使わないと、私の今の腕では関係ないと言うことがよくわかりました。

golf1218_0.jpg
ゴルフ用レーザー距離測定器710ヤード レーザー手ブレ補正 光学6倍望遠 高低差機能

ただ、よくある打ち下ろしのショートコースなどでは、実際に(スロープを計算して平坦な場合は)何ヤードを打てば良いのかがわかり、クラブの選択ができて便利です。でも風向きとかで1クラブぐらいはすぐに変わってくるので、やはりそれなりの腕がないと猫に小判になるかもです。

当日のコンディションは、風もない晴天でしたが、朝のスタート時点で気温はマイナス、日の出の時間は過ぎていますが、丘陵地帯のため、まだ太陽は低く届かない場所も多く、ボールを置くティーが芝生に刺さらなかったり、グリーンがカチカチに凍っていて、せっかく乗せても跳ねて外へ飛んでいくことも、、、

でも陽が高くなってからはポカポカと暖かくなり、最高のコンディションになりました。

golf1218_1.jpg

golf1218_2.jpg

お昼の食事は、セット料金となっていて、いくつかの定食から選べますが、ボリュームがありそうなトンカツ御膳をチョイスです。

golf1218_3.jpg

前回よりはスコアも少しよくなり、ミドルホールでなんとバーディーを1回とることができました。

アッという間に18ホール回り、お風呂に入り、帰り道にあった「新風堂珈琲店」へ寄り、コーヒー(私はナポリタンセット)を飲みました。

golf1218_4.jpg

このお店、初めて行きましたが、元々は市原の食品販売の地場企業で、コーヒー豆の販売もしていて、コーヒーがめちゃ美味いです。

写真を撮るのは忘れましたが、マグカップにたっぷり入っていて、しかも少し時間がかかるのは、奥の厨房で一杯一杯をハンドドリップで丁寧に煎れてくれていたからです。

帰りの道は、まだ夕方にもならない時間で、アクアラインを含め高速上は渋滞というほどではないにしろ、通行量は多く、さすがに師走だな〜って感じです。

楽しかったので、またすぐに行きたいですが、早朝で寒いのはつらいので、2〜3ヶ月は練習場で我慢しておき、暖かくなってから再開したいと思ってます。

【お出掛けレポート】
伊豆へ紅葉偵察ドライブ その1
信州・草津ドライブ探訪 その1
成田へドライブ(1)
東北激走ツアー2018 その1(山形、秋田、青森、岩手 2018年7月)
由比のさった峠と富士川ドライブ2018
金運神社〜笛吹桃源郷
関ヶ原と京都旅その1
日光東照宮〜いろは坂〜わたらせ渓谷弾丸ツアーPart1

◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX


posted by makan at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年12月15日

なにもしない日々2020師走




コロナ禍を理由にして?遠出の自粛中ということもあり、ブログの更新が進みません。スミマセン。

日課のウォーキングは人の多い場所を避けて続けていますが、自宅の半径2〜3kmの範囲はもう何度も歩いているので、新しい発見もなく、ネタ不足は極まっています。

せっかく最近ようやくGoogle検索が少しずつ増えてきている(Yahoo!ブログ終了のため、ブログをまるごと移管したことが偽物コピーサイトというペナルティを受けている感じで検索上位には登らない)ので、ここで新たな旅行記などを出して一気に閲覧数を増やしたいのはヤマヤマなのですが、うまくいきません。

なにも珍しいものはないですが、最近撮ったウォーキング中の風景写真などと、購入したブツを備忘録的に書いておきます。

近所の紅葉(生田緑地、妙楽寺)
20201215_01.jpg

20201215_02.jpg

20201215_03.jpg

20201215_04.jpg

   ◇   ◇   ◇

ラリー用タイヤ?を履いたGRヤリスが近所の駐車場に停まっていました。羨ましい〜
【3気筒1600cc 272馬力 4WD 全長3,995mm×全幅1,805mm×全高1,455mm 車両重量1,280kg】

20201215_05.jpg

同じくテクテクウォーキング中に見かけた、1961〜1963年 3代目FORD THUNDERBIRD (フォード・サンダーバード)。60年近く前のクルマですが、見た目カッコいいです。維持することや、実際に狭い日本の道路で走らせるのは極めて大変そうですが。
【V8 6.4リッターエンジン】

20201215_06.jpg

   ◇   ◇   ◇

最近通販で購入したブツは、12年ぶりに再開したゴルフ用品と、毎日のウォーキング用シューズです。

ゴルフ用レーザー距離測定器710ヤード レーザー手ブレ補正 光学6倍望遠 高低差機能

20201215_07.jpg

12年間のブランクのあいだにこうした便利グッズが普及していたことは知りませんでした。目分量だったピンまでの距離を正確に測りますが、便利なのは単にピンまでの直線距離だけでなく、測量器の傾きを判断し、打ち上げでも打ち下ろしでも、「水平だったら何ヤード必要か」というのがわかりますので、正しいクラブ選択が可能です。

っていうか、正確な距離がわかったからと言って、正確な距離と方向が打てないという問題は測量器では解決できません。

ビームスゴルフ コーデュロイ キャップ メンズ NAVY

20201215_08.jpg

ゴルフ場では、私のような下手っぴも多くプレイしていて、どこからボールが飛んでくるかわかりません。なのでプレイ中は帽子をかぶり、気休め程度でも頭を守ることが大事と思っていますが、ゴルフに向いた帽子やキャップを持っていなかったので、ゴルフ専用のキャップを購入しました。

なにがゴルフ専用?かと言うと、単にグリーン上で使うマーク(上写真左下の赤い丸いやつ)を留める磁石がついているってことです。デザインや素材は優れものですが、それにしてもお高い、、、

ダンロップモータースポーツ ウォーキングシューズ アーバントラディションDU666

20201215_09.jpg

ウォーキング用シューズで大事だと思うのは、底が厚めでクッション性がよく、膝や股関節などに受ける衝撃を和らげてくれる効果を期待します。また毎日使っても1年ぐらいは水が浸みて中に入ってきたり、つま先が破れたりしない耐久性も重要です。

このシューズは、ソール部分の見かけはゴツゴツと登山靴のような感じですが、歩いたときのクッション性は期待していたほどのものではなく、前のウォーキングシューズでも入れていた100均で買った中敷きを左右に1枚ずつ入れてちょうど良い感じになりました。

【旧車シリーズ】
旧車シリーズ(日産編)
旧車シリーズ(スバル富士重工編)
旧車シリーズ(三菱自動車編)
ブラオヤジ2(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ3(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ4(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ5(含む旧車シリーズ)
さくら咲く2+名車
ブラオヤジ7(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ8+名車列伝

◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX


posted by makan at 11:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年11月18日

生田緑地の紅葉



小春日和の穏やかな日々が続いているので、毎朝のウォーキングを兼ねて紅葉が進む生田緑地を散策してきました。

メインの入り口は、小田急線、向ヶ丘遊園駅から徒歩12〜3分程度の東口で、クルマの駐車は有料ですが自転車やバイクは無料で駐輪できます。

江戸時代の古民家などがある民家園や岡本太郎美術館は有料ですが、公園の入園料は不要です。

ikuta2020_01.jpg

入り口を入るとすぐ民家園の入り口がありますが、今回はパスし、坂道と石段を登って枡形山広場(鎌倉時代の枡形城跡)へ向かいます。

散歩道のあちこちには紅葉が見られて癒やされます。

ikuta2020_02.jpg

ikuta2020_03.jpg

ikuta2020_04.jpg

枡形山広場

ikuta2020_05.jpg

ikuta2020_06.jpg

コロナ禍で、しばらく観覧停止していた枡形山展望台(無料)は、上まで上がれるようになっていました。

ikuta2020_07.jpg

ikuta2020_08.jpg

この展望台から初日の出が見られます。ちょっと位置的に苦しいのと、早くから来ている人が多いので、展望台に上がれる人数が限られていますが。

枡形山広場付近がこの辺りでは一番高い場所ですので、あとは下りだけで楽です。しかし、サクサクと登ってきたため汗がとまらず、上に着ていたジャージを脱いでTシャツ1枚になりました。11月半ばで半袖Tシャツはちょっと異常かも。

枡形山広場から専修大学がある西口方向へ下っていき、途中で伝統工芸館の横を通り、岡本太郎美術館を横目でみながら下道へ降りていきます。

ikuta2020_09.jpg

ikuta2020_10.jpg

奥の池から反対側の山(梅園やつつじ山がある)に登るかどうか一瞬迷いましたが、梅やツツジの季節でもないのでパスして、日当たりが良い中央広場へ向かいます。

中央広場には、国鉄時代の客車スハ42 2047と蒸気機関車D51 408号機が静態展示されています。私の年代以上だと、実際に稼働していたときに乗っていますので、懐かしさがひとしおです。

その無限列車?の周囲にもカエデが綺麗に紅葉しています。

ikuta2020_11.jpg

ikuta2020_12.jpg

最後に、しょうぶ園へ降りてみてきましたが、この季節は単なる池と枯れた湿地というだけです。

ikuta2020_13.jpg

ikuta2020_14.jpg

グルッと軽めに園内を一周回って、およそ3千歩ってところでした。ウォーキングならこの倍ぐらいは歩かなきゃダメですね〜

【ブラオヤジ・シリーズ】
ブラオヤジ2(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ3(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ4(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ5(含む旧車シリーズ)


◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年10月25日

愛用の工具、車載ツールを綺麗にする 後編



愛用の工具、車載ツールを綺麗にする 前編」に続き後編です。

ブースターケーブル

tools11.jpg

学生時代に最初に買ったブースターケーブルは細くて頼りないものでしたが、その後、三和自動車部品工業(SAPI)のしっかりした上質なケーブルを購入し、いつも車内に装備しています。

過去他人の車や自分の車で何度か使いましたが、緊急時だけではなく、先日バッテリー交換をするときに、メモリーを維持するため、バイクのバッテリーからクルマへ電気を供給し、バッテリーを外してもメモリーが蒸発するのを防ぎました。

◆お待たせ!ポロのバッテリー交換(2020年04月18日)

もし新たに買うとしたら、一生モノですから12Vで100アンペア以上、長さは最低でも3.5m、余裕があれば5mクラスを買っておいても損はしないでしょう。

と言うのは、救援するときは必ずしも小型乗用車ばかりとは限りません。時には大きなアメ車や小型トラックということもありますので、自分のクルマが小型だから小型車用(50Aとか80A)で十分というわけではありません。

またクルマのバッテリー同士(またはターミナル)が近づけられる場所での救援とは限りません。狭い駐車場内だと、クルマ同士が近寄れず離れた場所から救援することもあります。3mと言えば一見長そうに思えますが、経験上かなり近づいた状態でないと届きません。バイク用とかでなければせめて5mは欲しいところです。

【お勧め品】
三和自動車部品工業 SAPI ブースターケーブル NS200A
BAL ( 大橋産業 ) ブースターケーブル 100A5M 1635

   ◇    ◇    ◇

けん引ロープ

tools12.jpg

1970年代、学生時代に購入した大自工業株式会社(メルテック)の最大3トン用牽引ロープ「のびのびけん引ロープ」をクルマが変わってもずっと車載しています。使ったのは今まで40年間で4回ぐらい。

雪で埋まっていてわからなかった側溝に前輪タイヤを落とした時、後続車に頼んでリアから引っ張りあげてもらうために1回、あとは他人の車の救助と故障車を工場まで牽引した時です。

保存用に短く(収納時は1.75m)なっていて、使うときにはビヨ〜〜ンと伸びますが、それでも伸びきった時のロープの長さは4mと割と短い(牽引する場合の規則では5m以内)ので、引っ張られる側の故障車は、追突するのでは?とかなり緊張を強いられるそうです。

【お勧め品】
メルテック のびのびけん引ロープ 重量2t 張力3.3t Meltec RP-20

   ◇    ◇    ◇

三角停止表示板

tools13.jpg

1970年代に購入したRYOBI(リョービ)のシグナルエースRE-500という製品です。電動工具で有名だったリョービ(RYOBIの電動工具事業は2018年に京セラへ売却済み)ですが、昔はこんなものも作っていたのですね。

故障や事故の際に道路上で停めるときに使うものですが、過去にこれが必要となったことは幸いなことになく、したがって、公道上で使ったことはありません。

【お勧め品】
エマーソン 三角停止表示板TS(国家公安委員会認定品) EM-351 昼夜間兼用型

   ◇    ◇    ◇

BAL ( 大橋産業 ) 空気入れ ツインシリンダー 1920

tools14.jpg

タイヤの空気入れです。以前はガソリンスタンドで無料で入れていましたが、いつも行くスタンド(フルサービス)では空気調整が有料となったので、その機会に購入し、2〜3ヶ月ごとにチェック&補充しています。

以前はシングルシリンダーのフットポンプを使っていましたが、このツインシリンダーのほうがずっと効率が良くて楽ちんです。当たり前ですけど。

また簡易の空気圧ゲージもついているので、おおよその目安にはなります。神経質な人だとかなり粗いゲージなので気持ち悪いかもしれません。

【お勧め品】
BAL ( 大橋産業 ) 空気入れ ツインシリンダー 1920

   ◇    ◇    ◇

ガレージジャッキ(低車高用)

tools15.jpg

tools16.jpg

株式会社アムスコーポレーション(現、株式会社アムス)のMS-224油圧ローダウンジャッキで、許容量2トン、最高330mm、最低85mmの範囲で使えます。

同社はすでにジャッキからは撤退しているようで、現在はタイヤチェーンやワイパーなどが主力製品のようです。

ローダウン用ジャッキとは言え、フロント中央(正面)から入れて前輪を同時にあげようと思ったら、ローダウンしてなくてもエアスカート部分がアームに引っかかり、そういう使い方はできません。前輪を上げる場合、結局は横から入れて片輪ずつ上げることになります。リアは中央から入れて両輪を同時に上げることが可能です。

【お勧め品】
メルテック 2t油圧フロアージャッキ ローダウンα 最高値/最低値 335(365)/85(115)mm FA-25

   ◇    ◇    ◇

ジャッキスタンド

tools17.jpg

tools18.jpg

学生時代からずっと通称の「ウマ」と呼んでいますが、正式にはジャッキスタンドというのですね。知りませんでした。

株式会社ベルビック社のVELVIC CT-40ジャッキスタンド2という最大荷重4トンのモデルです。同社は現在は消臭剤などをメインに扱っていて、現在はジャッキの扱いはないようです。

スタッドレスタイヤ(ホイール付き)に交換するときや、前後のタイヤローテーションによく使います。以前、レガシィに車高調や社外マフラーを、N-WGNにグランドエフェクターをDIYで装着する時にも、車体の下に潜り込むことからこれは必須でした。

【お勧め品】
エマーソン ジャッキスタンド3t 2個セット EM-104 高さ6段階調整 最低位260mm/最高位405mm

   ◇    ◇    ◇

バッテリー充電器

tools19.jpg

大自工業株式会社、メルテック(Meltec)のSC650というバッテリーチャージャーです。12V用なので、自動車やバイクのバッテリー充電に使えます。

これを買ったのは、軽量化のためなのかランサーエボリューション]の純正バッテリーの容量が小さく、セキュリティなどの電装品を付けていると、2週間も放置しているとバッテリーが弱りエンジン始動ができなくなったので、購入したという事情があります。

結局はバッテリーを強力なものに買い換えたので不要となりました。今はクルマも乗り換えたし、バッテリーも消耗する前に買い換えているので、万が一の保険として置いてあります。

【お勧め品】
メルテック バッテリー充電器 DC12V用 定格6.5A 急速・維持充電機能付 Meltec SC-650

   ◇    ◇    ◇

小型デジタルマルチメーター DT-830B(ノーブランド)

tools20.jpg

近所のハードオフで購入したもので、ちゃんと日本語の説明書もついていました。お値段は同様の製品だとAmazonのほうが安いかも知れませんが、安いものには日本語説明書がついていないものが多そうで、電気に詳しい人は問題ないでしょうけど、素人だと使用方法がわからず苦労するかも知れません。

できればこうした長く使うものは、製造自体は海外でも、日本のちゃんとした企業があいだに入っている(保証がある)製品を買うほうが良さそうです。

【お勧め品】
オーム電機 マルチデジタルテスター TST-D10B

   ◇    ◇    ◇

圧着ペンチ・検電ドライバー

tools21.jpg

写真上の圧着ペンチ(ノーブランド)は電装品を取り付ける時には大活躍です。オスとメスの端子やヒューズもたっぷり持っていますが、最近は自分でDIYする機会も減ってきたので、出番は減ってきています。

写真下のテイシン電機製のペン型検電ドライバー(テスター)は、記憶が定かではありませんが、40年近く前、1980年代に購入したと思います。安い中国産?に押されたのか今は製造していないようです。

様々な電装品を取り付ける時には、これが地味に活躍します。電装品を取り付ける際に、どこから電源を引っ張ってくるかが重要なことになります。例えば常時電源か、ACCで通電するか、ライトオンで通電するかなど調べるときに、これが役立ちます。

また、どこかで断線したような場合、それを突き止めるために、コードの被膜をはがすまでもなく突き刺して簡単にチェック出来るのが便利です。

使用頻度が高く、根っこのケーブルが外れてしまい、今はビニールテープで押さえつけているひどい状態です。

安いから買い換えろよ!ってことなんですけど、なにかこれに愛着あるのですよね。半田ごて買ってちゃんと接点つなごうと思っていながらそのままです。テイシン電機へ持っていけば修理してくれるかな?さすがに保証期間は何十年も前に過ぎ去っているけれど。

【お勧め品】
エーモン ターミナルセット(中) 電工ペンチ付 (E2)
エーモン 検電テスター(LED光タイプ) DC6V~DC24V (A49)

   ◇    ◇    ◇

これら紹介した工具や車載用品以外にも、ハンマーやワイヤブラシ、モンキーレンチ、プライヤ、ラジオペンチ、ニッパー、ドライバーセット、貫通ドライバ、六角レンチセット、プラグレンチ、ヤスリなどが工具箱やトランク内にひしめいています。

必要に応じて買いそろえてきたので、統一性がなくブランドはバラバラですが、長いものは50年選手(小・中学生の頃に電池で動かすプラモデルを作るときにニッパーが必要とか)で、愛着もあるものが多いです。

愛用の工具、車載ツールを綺麗にする 前編



◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX
posted by makan at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2020年10月21日

生田緑地ばら苑 2020秋



向ヶ丘遊園地跡地の大部分は現在、2023年度のオープンを目指して温浴施設、ショッピングモールなどの建設準備が着々と始まっていますが、川崎市が買い取ったばら苑や、藤子・F・不二雄ミュージアムはそのまま存続する見込みです。

毎年、春と秋に3週間程度オープンする「生田緑地ばら苑」は、今年5月の春は新型コロナ流行のため開催されず、昨年秋から1年ぶりの開催となります。

00zentai.jpg

開苑期間と時間(2020年度)
10月15日(木曜)〜11月8日(日曜)まで
[平日]午前10時〜午後4時
[土日祝]午前9時〜午後4時

混雑する土日や足下の悪い雨の日は避けて、曇り空の平日にウォーキングついでに寄ってきました。

事前に調べると、今回はコロナ対策のため、入場する際に氏名・住所・電話番号を書く「来苑者カード」が必要です。

事前に行く日時が決まっていると、ホームページからPDFをダウンロードし、先に記入しておくとスムーズに入れますのでお勧めします。

平日でもさすがに1年ぶりということもあり、また雨の日が多いこともあって、意外と混んでいます。でもコロナ前は、老人ホームや幼稚園、小・中学校などから団体で来てザワザワしていましたが、今回は「大人数の利用は控えてください」とのことで、しかも全員マスク着用なので、シーーンとした感じです。

クルマで行くと、ばら苑のある上の駐車場まで一気に行けますが(ただクルマの駐車場代として1台500円が必要です)、歩きの人は急な坂と心臓破りの階段を(サクサク登って10〜15分程度)登らないといけません。元気な若い人は問題ないでしょうけど、高齢者や運動不足の人は結構ツライ思いをしますのでご注意ください。

さて、今回は秘密兵器フルサイズミラーレス一眼カメラSONY α7Vで撮影してきました。カメラは良くても腕はまだまだなので、いろいろと忠告やご意見があってもご理解ください。

◆マチルダ Matilda フランス 1988年
01matilda.jpg

◆いわての春 Iwate no Haru 日本 2015年
02iwatenoharu.jpg

◆アイスバーグ Iceberg ドイツ 1958年
03iceberg.jpg

◆エスメラルダ Esmeralda ドイツ 1981年
04esmeralda.jpg

◆イングリッドバーグマン Ingrid Bergman デンマーク 1984年
05ingridbergman.jpg

06ingridbergman.jpg

◆L.D.ブレイスウエイト L.D.Braithwaite 英国 1988年
07braithwaite.jpg

◆ファビュラス Fabulous アメリカ 2000年
08fabulous.jpg

◆ゾリナ Zorina アメリカ 1963年
09zorina.jpg

◆リッチフィールドエンジェル Lichfield Angel 英国 2006年
10Lichfield Angel.jpg

今回来たのが10月中旬頃でしたので、全体的にまだつぼみ状態の花が多く、一番開花している旬は10月下旬頃かも知れません。前を歩いていた口の悪そうなおばちゃん連中が「全然咲いとらん!」とブチブチ文句言ってました。

無料で開放されているばら苑に来て文句言うなら、「年中募集しているばら苑のボランティアに応募し、自分が苦心して育てたバラが一番綺麗に咲いたときに来なはれ!」と言ってあげたかったけど、100倍返しで言い返しされそうだったので、もちろん小心者の私は無言で立ち去ります。

当日も多くのボランティアさんが泥まみれになりながら丁寧に作業をされていましたが、毎回頭が下がる思いです。

11zentai.jpg

ただ春は約800種、約3,300株(大輪、四季咲き中輪、つるバラ、ミニバラ)の展示に対し、秋は625種、約2,900株(大輪、四季咲き中輪、ミニバラ)とのことですから、種類も株数も2〜3割春のほうが多いので、春と比べるとちょっと物足りないかな〜って気もわかります。

それでも、途中で、汗を拭くために周辺に人がいないところでマスクを外したときには、めちゃ良い香りが漂っていました。良い気分転換になります。

【過去のばら苑】
◆生田緑地ばら苑 2019春の公開(2019年6月
◆秋の生田緑地ばら苑公開(2018年10月
◆今年も恒例のバラ苑へ(2018年5月)
◆ばら苑(バラ園)へてくてく(2017年5月)



◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記