2022年08月03日

旧車パンフレットシリーズ32(フォルクスワーゲン/ヤナセ '77)




現在は独自で輸入・流通・販売ルートが出来上がっているフォルクスワーゲンですが、1953年(昭和28年)に初めて国内に正規で輸入・販売されたときは、輸入車を専門に扱っていたヤナセと提携し、ヤナセの独占販売がおこなわれていました(並行輸入車は別)。しかし他の販売会社でも売りたいという要求が高まり、1992年にヤナセと提携を破棄することになります。

当時この騒動を外野席で見ていて思ったのは、ヤナセはGMのキャデラックやベンツなど、当時の日本人にとって超高級車を中心に扱い、フォルクスワーゲンのビートルやゴルフなどの大衆車も高級車のイメージで販売し、敷居が高く、なかなか庶民までは普及していませんでした。

そうした高級ブランドイメージで販売するヤナセに対して、不満を持っていたフォルクスワーゲンが日産と提携してサンタナを国内で製造し日産でも販売したり(1984年〜1990年)、独自の販売店を開設したり、世界市場ではガチンコのライバル、トヨタのディーラーでも販売する(1992年〜2009年)という混乱の時期がありました。

1992年に半ばフォルクスワーゲンと喧嘩別れしたヤナセは、小型車の持ち駒がなくなりましたが、すぐに同じドイツのオペルと輸入/販売提携して意地を見せました。しかしフォルクスワーゲンほどの人気と勢いは長く続きませんでした。

現在は輸入業はおこなわず、ベンツやBMW、GM、そしてフォルクスワーゲン、アウディも復活して外国車ディーラー(販売会社)として継続しています。

今回のパンフレットは、当時まだヤナセとフォルクスワーゲンが蜜月時代の1977年のもので、ヤナセが取り扱っているフォルクスワーゲン各車を紹介したパンフレットです。

1977年のフォルクスワーゲンと言えば、リアエンジン、リアドライブのオリジナルのビートルを主としながらも、新たな世界戦略車の初代ゴルフ、アウディ80の姉妹車でジウジアーロデザインの初代パサート、初代ゴルフをベースに3ドアハッチバッククーペで、やはりジウジアーロデザインの初代シロッコと、フルラインナップされつつある頃のものです。

画像は低画質ですので、写真下のリンクから高画質のPDFでご覧ください。

vw_yanase77_01.jpg
vw_yanase77_01


vw_yanase77_02.jpg
vw_yanase77_02


vw_yanase77_03.jpg
vw_yanase77_03


vw_yanase77_04.jpg
vw_yanase77_04


vw_yanase77_05.jpg
vw_yanase77_05


vw_yanase77_06.jpg
vw_yanase77_06


vw_yanase77_07.jpg
vw_yanase77_07


vw_yanase77_08.jpg
vw_yanase77_08


vw_yanase77_09.jpg
vw_yanase77_09


vw_yanase77_10.jpg
vw_yanase77_10

1970年代後半頃から80年代にかけて収集した新車のパンフレット(カタログ)を不定期にアップしていくというシリーズです。JPG画像やPDF画像を転載や他で使う場合は、出典とリンクを記載してください。


●次回予告 トヨタ A60型 2代目 セリカXX
旧車パンフレットシリーズ一覧

【関連リンク】
旧車パンフレットシリーズ31(ホンダ NA1型 初代 NSX)
旧車パンフレットシリーズ30(BG型 レガシィツーリングワゴン )
旧車パンフレットシリーズ29(三菱 E-A15型 初代 ミラージュ)



◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旧車パンフレット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189705546

この記事へのトラックバック