2022年04月30日

旧車パンフレットシリーズ13(いすゞ 117クーペ)



かつて乗用車を製造していたいすゞが、セダンのフローリアン(1967年〜1983年)のシャーシを使い、ジョルジェット・ジウジアーロにデザインを依頼し、美しいスタイルに化けさせた1968年から1981年の18年間も製造・販売していた2ドアクーペが117クーペです。

エンジンは、当初は1600cc、1900ccディーゼルでしたが、次第に拡大され1800cc、2000cc、2200ccディーゼルが主流となっていきます。クーペにディーゼルエンジン車とは、いすゞらしい構成です。

ただ如何せん、流麗なスタイルに反して、設計が古いせいもあり、三角窓(これはこれで空調には便利ですけど)やサイドブレーキがステッキ型という60年代の古風な型式を引き継いでいました。

世界の流行の最先端を行くジウジアーロデザインは、その後ピアッツァのデザインに引き継がれます。

今回掲載するパンフレットは1975年(昭和50年)12月版、角形ヘッドライトに変わった1977年(昭和52年)12月版、そしていすゞ車全般の1975年(昭和50年)10月版の3種類です。40数年前のパンフレットなのでところどころ変色している箇所があります。ご容赦ください。

画像は低画質ですので、写真下のリンクから高画質のPDFでご覧ください。

117coupe_01.jpg
117coupe01


117coupe_02.jpg
117coupe02


117coupe_03.jpg
117coupe03


117coupe_04.jpg
117coupe04


117coupe_05.jpg
117coupe05


117coupe_06.jpg
117coupe06


117coupe_07.jpg
117coupe07


117coupe_08.jpg 117coupe_09.jpg
117coupe08 117coupe09


117coupe_10.jpg
117coupe10


117coupe_11.jpg
117coupe11


117coupe_12.jpg
117coupe12


117coupe_13.jpg
117coupe13


117coupe_14.jpg 117coupe_15.jpg
117coupe14 117coupe15


117coupe_16.jpg
117coupe16


117coupe_17.jpg
117coupe17


117coupe_18.jpg
117coupe18

最後の価格表が、なんと手書きってところが1975年(昭和50年)っぽくって良いですね。まだパソコンはもとよりワープロすら普及していない時代です。

●次回予告 FC3S・FC3C型 サバンナRX-7
旧車パンフレットシリーズ一覧

1970年代後半頃から80年代にかけて収集した新車のパンフレット(カタログ)を不定期にアップしていくというシリーズです。JPG画像やPDF画像を転載や他で使う場合は、出典とリンクを記載してください。

【関連リンク】
旧車パンフレットシリーズ12(2代目SN型 プレリュード)
旧車パンフレットシリーズ11(5代目S13型日産シルビア)
旧車パンフレットシリーズ10(4代目AE85/86型スプリンタートレノ)



◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 10:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 旧車パンフレット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/189496786

この記事へのトラックバック