2021年07月03日

2021年6月麺食記



6月14日に関東も梅雨入りし、まだしばらくのあいだ雨の多い日が続きます。

普段、ラーメン店に行く時は、近ければ徒歩で、遠ければバイクを使うことが多いのですが、雨が降ると駐車場のあるラーメン店を探してクルマで行くこともあります。

バイクで行くときも店に駐車場があるとその隅っこに停めておけますが、都会のしかも駅近くのお店(ラーメン店は駅近店か郊外ロード店の二極化)の場合は、駐車場はもちろん、バイクを置く場所もないところがほとんどです。

そういう店に行くときは、離れた場所の有料駐輪場や、大手スーパー、ホームセンターなどを探してそこの駐輪場を使います。

バイクのいいところは、機動性や燃費の良さはもちろん、都市部の有料駐輪場でも探せば「1時間以内無料」とかの場所があり、気軽に停められることです。

ラーメンを食べるだけですので、店まで少し歩いても1時間あれば行列の店以外なら十分戻ってこられます。

さて、6月の麺食記です。

2021年6月4日
ラーメン ガキ大将 川崎鷺沼店(川崎市宮前区東有馬)
ランチサービス「コテコテラーメンとギョーザ(5個)」 990円
ra202106_01.jpg

ra202106_02.jpg

ra202106_03.jpg

味は、ま、こうしたチェーン店的な大衆店として普通と言うか、特徴はないですけど、ほどほどに美味しく、空きっ腹にはお腹を満たせます。

この店のコテコテとは、自分が思っていたドロッとしたイメージと違い、単にスープに背油が浮いているってことなのですね。スープ自体はアッサリしてました。

個人的には、天下一品のこってりラーメンのようなスープが好みです。

雨の日は、この店の駐車場が広くクルマで行けて助かります。

  ◇   ◇   ◇

2021年6月7日
居酒屋りゅう(川崎市多摩区長尾、南武線宿河原駅徒歩10分)
ピリ辛トン骨つけ麺 並 680円
ra202106_04.jpg

ra202106_05.jpg

ra202106_06.jpg

「にんにく料理と焼き鳥とチーズ料理」と居酒屋風のお店ですが、ランチにはラーメンが数種類加わります。

そのランチですが、なんと、柚子のきいたなめこ汁とミニサラダがすべてに付きますので、ラーメンやつけ麺を頼んでも付いてきます。ちょっと違和感がありますが、でもすべてが美味しいので許せます。

普段は熱々ラーメンが好きなので、つけ麺は5年に1回ぐらいしか食べないけど、ここのつけ麺なら何度でもいけそうです。

その他のランチメニューにチーズラーメンなどもあるので、また次回行ってみたいです。場所は、府中街道沿いにある幸楽苑 川崎宿河原店の斜め向かいで、あまり目立ちません。

ただ、この店の場所、数年で次々と入れ替わる魔のエリアで、少し前までは「長浜ラーメンながや」というお店がありましたが、今は分倍河原へ移転されたようです。

この日もお昼時でしたが、先客も後客もなし。コロナ対策もちゃんとできていて、店内はカウンターのみの狭い店ですが、ジャズが流れる清潔なお店で、料理も美味しい、店員さんもフレンドリーと問題ないお店ですが、ぐるなびにも載ってなく、大丈夫だろうかな、、、

  ◇   ◇   ◇

2021年6月11日
博多禿鷹 武蔵小杉店(JR南武線、東急東横線武蔵小杉駅近く)
ラーメン650円+モヤシ100円 計750円
ra202106_13.jpg

ra202106_14.jpg

ra202106_15.jpg

ライスが無料でつくので博多ラーメンには常道?の替え玉は我慢です。結果的にラーメンは、モヤシを追加したこともあり、並盛りで結構なボリュームがあり、量が足りないってことはありませんでした。

本当はこの店で人気らしい「赤味噌とんこつ」を食べたかったのですが、今日は猛暑で、店へいくまでに汗だくだったので、さらに汗かくのも嫌なので、また涼しい時に。

カウンターには高菜(ライスにごっそり乗せて一気に食べたら辛くてむせました)、紅生姜、ニンニク、ゴマなどがあり入れ放題です。これは嬉しいです。

  ◇   ◇   ◇

2021年6月18日
手打札幌ラーメン 熊大路(小田急線栗平駅から徒歩20分)
味噌ラーメン 700円
ra202106_07.jpg

ra202106_08.jpg

最寄りの電車の駅(小田急線栗平)からは少し遠い(1.5km)住宅街の中にあるラーメン店で、店の裏に駐車場がありますのでクルマやバイクが便利です。

なにか特徴とかはなく、昭和時代の香りがする素朴な味の普通の美味しいラーメンでした。

意外だったのはカレーラーメンという大きな張り紙があり、後からやって来た常連っぽい人が当然のように注文していました。きっと美味しいのでしょうね。次行く機会があればカレーラーメンにします。

古くて地味な店ながら、常連さん風な人と、近所で工事をやっている関係者と思われる人でにぎわっていました。

  ◇   ◇   ◇

2021年6月25日
紀州和歌山らーめん まっち棒(JR南武線、東急田園都市線 武蔵溝ノ口駅 南口からすぐ)
もやしそば830円、ランチサービスで半ライス
ra202106_09.jpg

ra202106_10.jpg

ra202106_11.jpg

この店には15年ぐらい前まで何度か来ていましたか、今回久しぶりの訪問です。

というのも、この店、普段は夜しか営業してなく、家で夕食を食べるようになってからはすっかり縁がなくなりました。しかしご多分にもれずコロナの時短営業で、ランチタイムも営業されています。

基本スープは豚骨と鶏ガラなどの動物系ミックス+醤油味で、獣臭い?とか言われますが、私はあまり気になりません。

和歌山で本場の和歌山ラーメンは食べたことはありませんが、これはこれで美味しいと思います。

  ◇   ◇   ◇

番外
自作、餃子の王将風しゃきしゃきキャベツの醤油焼きそば
ra202106_12.jpg

味付けは水溶きした香味ペーストと最後の仕上げに醤油をなべ肌にまわしかけます。麺は太麺を固めにゆでて使うのがミソです。

王将ではもちろん餃子を注文しますが、実は焼きそば(醤油)の大ファンで、店でランチや夕食を食べるときは「焼きそばと餃子」というのが私の50年来のデフォルト定食です。時々は酢豚定食やなすび定食に浮気しますけど。

2021年5月麺食記(濃厚豚骨ラーメン こく丸、天下一品、萬福楼、まるきんラーメン、さつまっ子)

2021年4月麺食記(麺飯坊 無双、まこと食堂、清正、壱龍、たまがわや、赤坂麺処 友)

2021年3月麺食記(中華そば 榮じ、ふる川、支那そば 糀家、麺処 かず屋、つけ麺哲 溝の口店)

2021年2月麺食記(壱角家、蔵の正宗、蓮爾(はすみ)、牛王、せい家)




◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン/グルメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188808978

この記事へのトラックバック