2019年09月28日

信州・草津ドライブ探訪 その3



信州・草津ドライブその1」は野麦峠、松本市旧開智学校、相澤病院、「信州・草津ドライブその2」は松本城、善光寺の模様をレポートしました。
今回「その3」では、善光寺詣りを終え、夕食前の日帰り温泉からスタートです。

宿泊したホテルには温泉や大風呂はついてなく、部屋の中の狭いユニットバスでは物足りないので、調べてホテルから歩いて15分ほどのところにある日帰り温泉施設「裾花峡温泉 うるおい館」へブラブラ歩いて行くことにしました。

nagano2019_22.jpg

なかなか施設が整った大きな温浴施設(ホテルや結婚式場なども併設)で、温泉も源泉掛け流し、鉄分とカルシウム成分が豊富で、色は茶色いお湯でした。お肌がスベスベになります〜気持ちよかったです。

温泉の泉質は2種類あり、それぞれ「ナトリウム・塩化物温泉」と「含硫黄・ナトリウム・炭酸水素塩・硫酸塩冷鉱泉」で、前者は飲用もOKということで、湯上がりに1杯いただいてきました。そのお味は、、、ま、薬みたいで美味しいわけはないですね。

お風呂を上がった後は、空いていたのでマッサージをお願いし、1日の疲れを揉みほぐしてもらいました。

ホテルは素泊まりなので、夕食をどこかで食べなければなりません。個人的にはコンビニ弁当でも一向に構わないほど食には興味もこだわりもありません。

温泉施設とホテルのあいだは住宅街で、まったくレストランやラーメン店などはなく、もう歩き疲れていたので、温泉施設の中にあるレストランで酸辣タンメン(スーラータンメン)?だったかな、熱々ピリ辛でお酢のきいた野菜たっぷり麺を食べました。疲れた身体にはジワッと効きそうです。これが今夜の夕食です。安上がりでしょ?

nagano2019_23.jpg

そう言えば2013年にランエボで東北の沿岸を走った時は、1泊目の夕食はコンビニ弁当、2泊目の夕食は「ココイチのカレー」でした。

東北被災地応援ツアー1日目(岩手、宮城、福島 2013年1月)

同様に昨年2018年に東北へ行ったときの夕食は、1泊目は青森で「味噌カレー牛乳ラーメン」、2泊目は釜石で「釜石ラーメン」でした。

東北激走ツアー2018 その1(山形、秋田、青森、岩手 2018年7月)

さて、翌朝は早々に起きて、長野市内からクルマで30分ほど山の中を走り、戸隠神社(中社)へ向かいます。

戸隠のすぐ北側にある妙高山(標高2454m)はもう新潟県になるのですね。

山道は交通量が多い割に結構ハードな山道で、七曲がりという連続ヘアピンなども楽しめます(笑)

nagano2019_24.jpg

恥ずかしながら戸隠の読みはずっと「とがくれ」と思っていましたが、「とがくし」なんですね。人前で言わずに良かったです。神社以外に、スキー場や戸隠蕎麦で有名なところです。

戸隠神社は2千年以上の歴史がある古い神社で、今回寄った中社には樹齢900年と言われる巨大な三本杉がありました。伊勢神宮の杉も立派でしたけど、それぞれの時代の人達から大切にされてきたのでしょう。

nagano2019_25.jpg

nagano2019_26.jpg

上の三本杉は、たまたま1本の根から3本の幹へ分かれていますが、これが三本杉の由来ではなく、このような樹齢900年クラスの巨大な杉が、境内に他二つあり、それらを合わせて三本杉と言われています。

戸隠神社中社本堂
nagano2019_27.jpg

神社のお参りのあと、早朝から営業している岩戸屋さんで、朝ラーならぬ朝ソバを食べてきました。もちろん有名な戸隠蕎麦(今回は豪華?に、にしんそば)です。

nagano2019_28.jpg

モーニング蕎麦で、お腹もふくれたので、このあとは、飯縄山(標高1917m)をグルッと半周まわり、下道を使って群馬県へ抜け、草津温泉へ向かいます。

途中、そば処の信州らしく、そば畑が拡がっていました。

nagano2019_29.jpg

新そばが出てくるのは10月下旬ぐらいですから、信州の美味しい蕎麦を堪能したいなら、雪が積もる前の11月までに来ると良いです。

草津へ行くにはいくつかルートがありますが、今回は峠道を堪能するため、万座温泉(スキー場)を経由し、2018年1月に白根山が噴火しそれ以降火山ガスが発生しているため、二輪やオープンカーが通行禁止、途中で駐車禁止となっている、爽やかではない「浅間・白根・志賀さわやか街道」を通って草津温泉へ向かいます。

途中は、邪魔な遅いクルマさえなければ気持ちの良い峠道を堪能できます。当日は土曜日でしかも好天だったので、クルマやバイクが多く、峠道の堪能はできませんでした。

万座あたりは、眺めも最高です。

nagano2019_30.jpg

nagano2019_31.jpg

草津温泉に駐車場はいくつかありますが、土曜日と言うこともあり、湯畑付近の中心部は混雑してそうなので、少し離れた天狗山第一駐車場の無料駐車場に停め、そこから徒歩で西の河原露天風呂と湯畑へ向かいます。

天狗山第一駐車場〜西の河原露天風呂 下り坂10〜12分 上り坂15〜20分
西の河原露天風呂〜草津温泉湯畑(中心部) 下り坂15〜20分 上り坂20〜30分

という感じです。

若くて元気な方はもう少し歩くのは早いでしょうけど、道の左右にある土産物屋を冷やかしつつ、また温泉が流れているの綺麗な川を眺めつつ、それらを撮影しつつ歩くとそんな感じです。ただ天狗山駐車場が一番高い場所にあり、坂道がダラダラと続くので、行きはともかく帰りの上りは結構足にきます。

西の河原(さいのかわら)露天風呂

nagano2019_32.jpg

この露天風呂には、内湯もシャワーもなく(中に有料のロッカーはあります)、単に広ーい露天風呂につかるだけです。めちゃ良いお湯で気持ちよかったです。なお、スキー場の駐車場から露天風呂へ降りていく小道からは男湯が丸見えでした(笑)

温泉にゆっくりつかったあとは、少し歩いて草津温泉のメイン、湯畑を見学です。周辺はすり鉢状の地形になっていて、その中で一番低い場所にあります。

nagano2019_33.jpg

nagano2019_34.jpg

テレビなどで草津温泉を象徴するために必ず登場する「湯もみショー」ですが、600円も払う価値はないと判断して(笑)パスします。

お土産に人気No.1と言われている「松むら饅頭」を買って、ずっと長い上りの坂道を(心の中で)ヒーヒー言いながら駐車場まで戻ってきました。前日に続きこの日も多くの地域が30度を超えるめちゃ暑い日でした。

どうしても坂道を20分ほど登って帰るのが嫌だ!って人は、草津中心街を巡回しているバスがあり、それにうまく乗れば楽して天狗山駐車場に戻ってこれます。湯畑から少し離れたバスターミナルまでは歩かねばなりませんが。

草津温泉からは、下道で伊香保近くを通り、渋川ICから関越道に乗り、練馬ICを目指しますが、そう言えばまだランチを食べてなかったということで、途中高坂SAに寄り、ラーメン専門店花月嵐の「黄金の味噌ラーメン」をいただきました。お味はお腹が空いていたわりに、可もなく不可もない普通って感じでした。

nagano2019_35.jpg

そう言えば昨日から麺類ばかりです。昨日、昼にわさび蕎麦、夜に酸辣タンメン、今日は朝ににしんそばと、、、

練馬ICで高速を降りてから、ひとつ誤ってしまったのが、多摩川を渡る橋が、ちょうど近くでおこなわれる花火大会の時間と重なってしまい、普通なら20分ぐらいで通過できる道が、1時間半ぐらいかかってしまったこと。

nagano2019_36.jpg

近くまで来て初めて花火大会があると知ったので、別の道(橋)へ避けようがありませんでした。途中からほとんど動かず道路が駐車場状態です。

今回の旅は行きも帰りも渋滞にひっかからないよう周到に計画してきましたが、最後の最後で大渋滞にはまってしまいました。

見ていると、空いている駐車場を探して右往左往しているクルマが多そうで、花火大会見へは、駐車場の確保ができている人以外はクルマでは来ちゃダメ!とマジで怒ってしまいました(笑)

全行程 684km
nagano2019_37.jpg

「信州・草津ドライブ探訪 その1」(野麦峠、相澤病院、旧開智学校)
「信州・草津ドライブ探訪 その2」(松本城、善光寺)
「信州・草津ドライブ探訪 その3」(戸隠神社、白根山、草津温泉)

【東北ツアー・シリーズ ランエボ10/N-WGN/ポロGTI)】
東北被災地応援ツアー1日目(岩手、宮城、福島 2013年1月)
続、東北被災地ツアー その1(宮城、福島 2013年8月)
東北縦走 その1(福島・山形 2014年8月)
東北ツアー2015(青森、岩手 2015年8月)その1
東北激走ツアー2018 その1(山形、秋田、青森、岩手 2018年7月)


posted by makan at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行/ドライブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186595529

この記事へのトラックバック