2019年07月13日

■ラーメン履歴(2018年下半期〜2019年上半期)

■ラーメン履歴(2017年下半期〜2018年上半期)」に続いて、2018年下半期〜2019年上半期版です。

【2018年下半期】

味の札幌大西 2018/7/12
青森でしか食べられない?ご当地名物の「みそカレー牛乳ラーメンバター乗せ」を狙って食べに行きました。なにか適当に家庭の台所にあるモノをぶっ込んだ?って感じですが、そこはちゃんとプロがうまく味を決めていて、悪くない味でした。ただ病みつきになるか?っていうと、話しのタネに1回ぐらい食っとけ!という感じでしょうか。下記のブログの中にも登場します。
東北激走ツアー2018 その1
14_20180712_251.jpg


釜石ラーメン大連 2018/7/13
上の青森ご当地ラーメンに続き、岩手の「釜石ラーメン」というのも食べてきました。どのへんが釜石?って気もしますが、ごく普通の醤油ラーメンでした。下記のブログに出てきます。
東北激走ツアー2018 その2
15_20180713_175.jpg


東北道 長者原SA上り 2018/7/14
東北道の宮城県内のサービスエリアで、盛岡冷麺か?と思って食べた「冷たい醤油ラーメン」です。盛岡冷麺は以前ぴょんぴょん舎という焼き肉チェーン店で食べたことがありますが、麺のコシがめちゃ強く、のどごしがよく、美味しくいただけました。が、今回のSAのセルフサービスのレストランで食べたのは似て非なる冷麺で、ちょっと残念な感じです。現在はちゃんと「盛岡ラーメン」としてメニューに入っているようです。
東北激走ツアー2018 番外編
16_20180714_139.jpg


麺屋 IKUMALU 2018/9/1
開店してはつぶれ、別の店ができるということを繰り返している魔の場所ですが、最寄り駅の久地駅、宿河原駅からは少し離れていて、通行量が多い街道に面しているものの駐車場がないお店だけに、ラーメンによほどのインパクトがないと、近所の常連さんや、噂を聞いて遠くからやってくる人もいないでしょう。食べた感じでは、どこにでもありそうな普通な感じで、麺もインスタントの麺?って感じで、これでは長くは持たないかとちょっと心配です。頼んだのは「醤油ラーメンに多めのチャーシューとゆで卵」。
17_20180901_501.jpg


桂花ラーメン 新宿西口店 2018/10/21
熊本ラーメンで一世を風靡した1955年創業の老舗チェーン店です。数十年前、新宿のオフィスで働いていたときに初めて食べ、それまでのラーメンのイメージが変わった個人的には衝撃的なラーメンです。今回は飲み会のシメでゾロゾロと行きましたがお店は空いていて、中にすぐに入れました。オーダーは標準的な「桂花ラーメン」です。
18_20181021_512.jpg


【2019年上半期】

らーめん和屋(なごや) 2019/1/4
時々、思い出したように食べに行くバランスがとれた安定のラーメンです。今回は、「野菜ラーメンとネギチャ小丼セット」。最寄りの向ヶ丘遊園駅からは、徒歩15分ぐらいと、不便な場所ですが、店前には2〜3台のクルマや自転車、バイクが停められ、いつも近所の常連さんで賑わっている感じです。
1919_20190104_518.jpg


八福食堂 富里店 2019/1/13
千葉県を中心に何店舗か展開している中華チェーン店で、成田へ旅客機を見に行ったついでに立ち寄りました。たくさんのメニューの中から「台湾ラーメン+半チャーセット」。お店の人は全員が中国の方?という感じでしたが、地元の常連さんと思える方も多く来ていて、なかなか繁盛してました。味付けはきっと日本人に合わせているのでしょう。下記のブログに出てきます。
成田へドライブ(2)
20_20190113_526.jpg


野方ホープ目黒店 2019/3/15
1988年創業で根強いファンが多い、中野に本店がある野方ホープ軒が、激戦区の目黒駅近くにあったので、ついフラフラと寄ってみました。オーダーは温野菜ラーメン(880円)で、量のリクエストができる背脂は普通で。病みつきにはなりそうもないけど、時々は食べてもいいかな。
21_20190315_504.jpg


京都銀閣寺ますたに 日本橋本店 2019/38/29
お昼時は長い行列ができていた京都が本店の人気店です。京都のラーメンというと天下一品のこってり系かというと、そればかりではなく、この店の標準的な「ラーメン」スープは表面には背脂こそ浮かんでいますが、基本は醤油系のあっさりしたもので、上品なお味でした。舌の肥えた人にはうけるのかもしれませんが、個人的にはちょっと物足りない。
22_20190329_504.jpg


ラーメン泪橋 2019/5/10
溝の口駅から徒歩7〜8分ぐらいですが、少々わかりづらい場所にある二郎インスパイアのお店です。しかし量はいたって普通な感じ。平日のランチタイムを少し過ぎた時間でしたが、近所のサラリーマン風と、近所の仲良し奥様グループがワサワサとつめかけていて少し並びました。時間をかけて1杯1杯丁寧に作っているせいか、出てくるまでに時間がかかり、客の回転率も悪いです。オーダーしたのは標準的な「マンモスラーメン、ニンニク入り」です。
23_20190510_507.jpg


ラーメン魁力屋 宮前店 2019/5/24
京都北白川に本店があるラーメンチェーン店です。場所は一番近そうな鷺沼駅から徒歩だと30分はかかりそうで、クルマがないと不便な場所ですが、広い駐車場が完備されています。このお店はすでに関西よりも関東の出店数が多くなっていて、関東での人気の高さがわかります。お店の一番人気は「特製醤油ラーメン」ですが、今回は奇をてらって「塩ラーメン味玉乗せ」をオーダー。暑いときには、サッパリした塩ラーメンが向いています。お味は可もなく不可もなく、平均的でしょうか。ネギの入れ放題ができるのがネギ好きには高得点です(常識をわきまえてほどほどに)。
24_20190524_509.jpg


郎郎郎(さぶろう)向ヶ丘遊園店 2019/5/31
向ヶ丘遊園北口(多摩区役所側)すぐのところにある、二郎インスパイアのラーメン店(チェーン店)です。今回初めての訪問なので、「ラーメン普通盛りに野菜マシ」をオーダーです。ニンニクとショウガはテーブルに置いてあって入れ放題です。さすがにもう若くないので、二郎では小ラーメンの量ですがもう腹パンで、その日は終日胃の調子が悪かったです。味はそれなりに美味しかったです。
25_20190531_502.jpg


鯛だしらーめん 聖龍 2019/6/14
上の郎郎郎と同じく向ヶ丘遊園駅北口から徒歩5分ほどの場所にあるお店で、大きな看板に鯛だしラーメンと書いてある通り、鯛の出汁スープが特徴です。ランチタイムだったので、その鯛だしのラーメンに餃子(3個)と明太子ライスがついたAセット890円をオーダー。麺とライスと餃子の炭水化物の嵐を、鯛だしのスープでまったり胃に流し込むという贅沢?を味わえます。豚骨系スープが全盛の中、こうした魚介系出汁のスープを食べると、なにか懐かしい思いが蘇ってきます。年齢を考えると、こうしたしつこくなくサッパリしていて、胃がもたれないラーメンが良いのかも。 
26_DSC_7743.jpg


麺匠 濱星 2019/6/28
麺の匠(たくみ)とは大きく出たものですが、豚骨系に対抗して繊細な煮干しスープが特徴のお店です。上の 聖龍と言い、この川崎周辺は都心と比べて高齢化が進んでいることから、こうしたアッサリした健康志向な魚介系スープが好まれるのかもしれません。ラーメン激戦区の溝の口の中で、すでにオープン後2年以上が経っていて、そこそこ客は入っているようですから定着したと思って良いのでしょうね。オーダーは「濃厚煮干しそば」です。お値段はラーメンごときでほぼ1000円と、ちょっとお高めです。
27_DSC_7839.jpg

■ラーメン履歴(神奈川編)2015年10月
■ラーメン履歴 (神奈川以外地域編)2015年10月
■ラーメン履歴(2016〜2017年版)
■ラーメン履歴(2017年下半期〜2018年上半期版)

■新・ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ
■INDEXページ

posted by makan at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン/グルメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186261106

この記事へのトラックバック