2008年04月06日

そうだ!京都へ行こう・・・ランエボで


桜真っ盛りの京都へ行ってきました。

川崎から京都東までだと約450km。休憩なしの100km平均で走ると4.5時間と意外と近いものです(笑)。

もちろん休憩は最低1回、今回は子供を乗せているので2回休憩を取るのと、平均速度は遅い車に邪魔されることもあれば、覆面パトカーにマークされてピッタリ後につかれたり、途中で渋滞にはまったりしてまぁ頑張っても80km/hがやっとこさ。そんなこんなで順調にいって5.5〜6時間ぐらいでつきます。

今年のJR東海の春のキャンペーンCMは「南禅寺」が取り上げられていますが、言うまでもなく辺り一帯は桜の名所であります。

京都東ICから市内中心部へ出るには二通りの道があり、ひとつは国道1号線(バイパス)となっていて五条通へ至る道。

もう一つは旧東海道で東海道の終点三条大橋へ出る道。その三条大橋へ出る道は途中に蹴上、南禅寺、平安神宮と桜や観光名所のすぐ近くを通ることもあって、できれば避けたいところ。

しかし前日の夜にETCの割引を調べていて気がついたのは未明4時までに高速に乗ればどこまで行っても4割引。

川崎−京都間だと約1万円ぐらいかかるのでこれは大きい。したがって前日の土曜日は夜3時半までに出て4時には川崎ICをクリアすることに決定。

そうすると京都に着くのが早ければ朝の9時半頃。

さすがに朝10時までならそんなには混雑していないだろうとタカをくくっていたら、途中の東名阪(伊勢湾高速〜新名神の間の高速)がベタ混みで、京都までなんとか持つだろうと思っていたガソリンが早々に警告になってしまい滋賀県は瀬田でいったん降りるハメに。

そして京都までは下道を走り、初志貫徹で旧東海道を上ればやっぱり蹴上あたりで大渋滞でした。

その後ようやく鴨川にたどり着き、鴨川沿いの白川通りを北進し桜を堪能しました。

sakura2.jpg

sakura1.jpg

北へ上ったついでに鞍馬まで足を伸ばし30年ぶりの燿州路へ寄りお茶で休憩、お土産の鞍馬名物木の芽煮を買い占めました。

渡辺木の芽煮本舗
kinome.jpg

お茶を飲みに雍州路
yousyuuji.jpg

京都遠征…いわゆるお花見ってやつですへ続く

【東北ツアー・シリーズ】
東北被災地応援ツアー1日目(岩手、宮城、福島 2013年1月)
東北縦走 その1(福島・山形 2014年8月)
東北ツアー2015(青森、岩手 2015年8月)その1



posted by makan at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行/ドライブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185822509

この記事へのトラックバック