2008年09月21日

ボディカバー



うちのランエボXは屋外駐車です。

酸性雨、近くを走る高速道路や幹線道路、中国から飛んでくる黄砂、遠くに見える葬儀場の煙突(ーー;)、、、
これらからランエボXを守るためにはボディカバーが欠かせません。

いえ、ボディカバーが逆に塗装面を傷つけるというのも理解しています。ちゅーかすでに半年で一部の塗装がすれてはげました(`´)

ただボディカバーをかけておくと特にウィンドウが汚れずに気持ちがいいんですよ。ボディの汚れはあまり気にならないんですがね。

それに盗難防止にも多少は役立ちます。慣れてないとカバーをはがすのに結構手間取ります。

逆に火を付けられるようないたずらには効果なしというか助長しそうな気もしますが、、、(T_T)

img_88 (11).jpg

で、ランエボXが納車される前に買っておいた上記のケンレーンのボディカバーは強風等にやられて半年で満身創痍ボロボロになってしまいました。

周囲をスソロープで縛るタイプでこれなら風にも強いと思っていたのですが、いかんせん安物で生地が薄くまたロープも貧弱。まず生地が破れました。ロープも切れそうで次のボディカバーを探していました。

昔々プレリュードXXに乗っていたときに京都の本店まで行って買ったアラデンの国産高級ボディカバーならば半年でダメになるなんてコトはなく探していたのですが近所のカーショップでは見つけられず。直接通販でならば買えそうだけどやっぱり高級品とあって高い!軽く2万円以上します。

そこでyahooオクを調べていたらいいのをめっけ!ケンレーンとは違いちゃんと2層構造で裏面は傷防止のためコットン製となっている。縫製や生地が国産ではなく台湾製というのがちょっと心配だが、9800円という価格に引かれてポチッと購入しました。それがこれ。

img_88 (2).jpg

bodycaver2.jpg

実はランエボXは全長は短く4495mmで、車幅が1810mmもあって通常のボディカバーのサイズだと両サイドが下までカバーできません。そこでワンサイズ大きめのステーションワゴン用のボディカバーです。

送られてきたのをみると「大きい!」「重い!」確かに風には強そうだけどカバーをかけたりハズしたりするのがすっごく面倒そうです。でも最低2年間は使い続けるゾッと。

工具箱フェチとボディカバー
ボーナスが出たらボディカバーを買おう!
ボディカバー(2個目)の悲惨な状況
3つめのボディカバー(4層タイプ)
ボディカバー4個目と洗車用品購入
5年目に向けて5個目のボディカバー
6個目のボディカバー
ボディカバー7個目
ランエボ6年目でボディカバー8個目
ボディカバー9個目



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ランエボ]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185818611

この記事へのトラックバック