2008年12月07日

入院しました 番外編




火曜日に入院してから一番嫌だったのが四日間・24時間ずっと点滴をうけ続けなければならなかったことです。

img_55.jpg

だいたい3〜4時間に一回新しいパックに交換しにやってくるので深夜でもゆっくり寝ていられません。

そして最初に挿した注射針はそのままずっと使い続けますので利き腕じゃない側でよかったとあとになって知りました。

最初にはそんなこと教えてくれませんでしたが、いつも注射は左側にしているので偶然助かりました。

また点滴をしながらシャツを着替えることも何度か経験。最初どうするのか?ハサミでシャツを切っちゃうのか?とバカっぽいことを真剣に考えたけど、正解はオーソドックスな方法でした。

写真は点滴中の痛そうな左腕と昨日ようやく針から解放された左腕です。しばらくは麻薬中毒患者みたく注射跡が消えません。

img_1 (56).jpg

入院しました その3 2008/12/8(月)」へ続く

胃潰瘍・入院シリーズ
入院しました その1 2008/12/7(日)
入院しました その2 2008/12/7(日)
入院しました 番外編
入院しました その3 2008/12/8(月)
ピロリ菌との闘い 2009/1/11(日)




posted by makan at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185817564

この記事へのトラックバック