2009年03月02日

ランエボXのボディに痛恨の傷(号泣)



昨日は早咲き桜で有名な河津桜を見に松田山へ出掛けましたが、その際に会場からは遠い臨時駐車場へ車を置いて行きました。

桜を見た後、駐車場へ戻ってから気がついたのですが、ランエボの左側ボディの前のフェンダーからリアドアまで白っぽいラインが複数走っているではありませんか!!

ぶつけられたような凹みではなく、10円パンチのようなひっかき傷です。でも大人がわざと傷つけるにはかなり低い位置でしかも線は並行して2本走っています。

赤い線の中が疑惑の2本の線
090303_1.jpg

090303_2.jpg

最初は汚れかな?と期待を込めて触ってみたところ色の薄いところはなんとか消えるのですが確実に深い傷になっているところもあり、その時は誰かにいたずらをされらか、隣に駐車する際にこすられたのか(隣は下がひどくぬかるんでいたので約1台分あいだを空けて停めてました)と思いました。

が、しかし、そういえばその日の前日、2月28日土曜日に近所のスーパーへ買い物へ出掛けた際、すれ違うのがギリギリの狭い道で片側(進行方向左側)に垣根があるところで、やっちゃったかな?と思えるシーンを思い出しました。

つまり対向車がいたのでギリギリ左へ避けつつも前の信号が青だったので早く進みたい一心でわずかに垣根から飛び出している枝をこすりながら走り抜けたのです。

それならば並行して2本の線が走っていたり、地面から50センチぐらいの低い位置に傷があることも納得です。

レカロのタバコの穴に続き100%私が悪いのですが、、、ウェ〜〜〜ン!今日は泣かせてもらいます




posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ランエボ]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185813290

この記事へのトラックバック