2009年05月10日

「神」降臨?いや命拾い、、、



ランエボX乗りです。

今日は横浜みなとみらいへ出掛けました。大阪に勤務していたときには毎週一回は必ずランチに行っていた「せんば自由軒」のインディアンカレーを食し、本命のコンサートを聴いてきました。

インディアンカレーは懐かしさの余り舞い上がってしまい写真に撮ることをすっかり忘れてしまいました。まだまだ修行不足です。

そして出来事は帰ってきてから起きました。

自宅に着いて天気もよくまだ明るかったので車でも洗うかと自宅前の慣れた私道にバックでツーーーと下がっていきました。

ほとんど後方も確認せずに。駐車場はまた別のところにあるので、家の前のそんなところに電柱なんかがあるとはすっかり忘れていました。

で、停めた後降りてトランクから洗車道具を出そうと思って後ろへ回ると、、、

おぉ!これは狙ってもできるワザじゃねぇ!あと2〜3センチ横だとガリリリ〜と逝ってた。

kami2.jpg

そしてあと5センチ後ろに下がると確実にベコッと逝ってました。

kami3.jpg

いや〜背筋が寒くなりました。

高速代下げるより、1人1万2千円配るより、新しい高速道路作るより、日本中の電柱を地中に埋めてもらいたいものです。

皇居周辺とか高級住宅地だけ電線が地中化されていますが、本当に必要なのは生活道路の狭い道こそ電柱の地中化が必要なのです。

地中化することでどれほどクルマのすれ違いや車椅子での通行が楽になるか、また歩行者や自転車との接触事故が減るかと言うことではないでしょうか?

今日はまるで神が降臨したごとく奇跡的に電柱の餌食にならずに済みましたが、バックするときは慣れた場所でもしっかりと後方確認を怠らないように注意をしましょう。
注意一秒、傷跡ずっと、、、

東北被災地応援ツアー1日目(岩手、宮城、福島 2013年1月)
続、東北被災地ツアー その1(宮城、福島 2013年8月)
東北縦走 その1(福島・山形 2014年8月)
東北ツアー2015(青森、岩手 2015年8月)その1
東北激走ツアー2018 その1(山形、秋田、青森、岩手 2018年7月)



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185812472

この記事へのトラックバック