2009年06月29日

蚊遣豚とランエボXの関係



ランエボ]がプロトタイプで登場した頃からフロントグリルの部分が大きく空いたデザイン(よくアウディのデザインをパクったと言われますが実はこのデザインの発表はランエボプロトタイプの方が先でした。

またリヤビューがアルファロメオと酷似しているという話しもありますがこちらは噂では同じイタリアの某デザイナーが造形したので仕方がないかと)を蚊取り線香を入れる豚(蚊遣豚(かやりぶた)のようだという感想や意見が各所で出ていましたが、せっかくそのような羨望とお褒めの言葉を無為にしてはいけないと考え、ランエボ10に搭乗させられる手頃な蚊遣り豚を探していたのですが、知人が見つけてきてくれてプレゼントしてくれました\(~o~)/

なんでもこの蚊遣豚はキンチョーブランドで有名な大日本除虫菊(株)から正規ライセンスをとって作られているという携帯ストラップ「KINCHOの夏☆日本の夏 金鳥の渦巻き根付ストラップ(蚊取り豚)KNCHNK0402」です。

豚の全長は3〜4センチでミニ渦巻き蚊取り線香(本物ではない)を背負ってます。蚊遣り豚の中にもちゃんと火?の付いた蚊取り線香が入っています。

で、さっそく比べてみました。似てる?似てない?

buta2.jpg

buta1.jpg

う〜む、蚊遣豚をクールシルバーに塗って、目をつり上げて暗いところで見ると似てるかも(笑)
厄除けを兼ねてパドルシフトレバーに飾っておくことにします。



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185812017

この記事へのトラックバック