2009年09月06日

ジェームスの来店粗品と全商品15%オフに釣られて…



カー用品販売のジェームス(246玉川店)から時々案内状が送られてくるのですが、9月は全商品15%オフと大判振る舞いです。

ETC装着狂想曲も一段落し、タイヤの入れ替えもこの時期は少なそうですので、売れない時にはこういった思い切ったことをやらねば客寄せできないのでしょう。

しかも今回は来店者にColeman(コールマン)のLEDランタンライトのプレゼントがあり(会員のみ)、それらに釣られて空いてる朝のうちに行ってきました。

朝10時過ぎに行ったのに駐車場はもう八分の入りで混雑していました。30分後帰るときには駐車場所の空き待ちで数台が出入り口付近に溜まってました。

でゲットしたコールマンLEDランタンライト(なかなかいいです)
20090906_07.jpg

その他に購入したものは、ワイパー替えゴム(フロント左右。左右で長さはもちろんゴムの幅も違いますので要注意です)、super rain・X GT 超耐久 FUSSO(スーパーレインエックス GT超耐久フッソ)、ルームランプ用LEDです。LEDは同種のものでもメーカーやカラーの違いで数種類ありますが、一番安そうなものを選択。しかも色は白と青をひとつずつ(あとで後悔します)。

20090906_00.jpg

LEDランプの交換は当初トランクルームのランプを白に、ルームランプ(センター後席用)に青と考えていました。なぜLEDへの交換かと言うと、なにか作業を行うときには大概トランクとドアを空けたままにしますが、その時は、トランクもルームランプも点灯しっぱなしになります(ルームランプはOFFにすれば消せますがトランクルームランプは消せない)。

先日バッテリーをあげてしまったこともあり、できるだけ電気を食わないようにとのことで消費電力の少ないLEDへの交換をと思ったわけです。

ところがトランクルームの電球を外してみるとサイズがルームランプ用より一回り小さく合いません。したがって白と青両方ともルームランプとマップランプ(フロント)で使うしかありません(-_-;

ルームランプ用のノーマル電球(右)とGLANZ LEDスーパービームバルブ(左)
20090906_16.jpg

まずルームランプをLEDの青に替えてみました。ところが、すご〜く違和感(笑)があって、すぐ白に再度交換しました。

写真はルームランプのLED(白)点灯とマップランプカバーを外したところ(未交換)
20090906_99.jpg

フロントのマップランプですが、左右それぞれ別に点灯します。あまり同時に点灯することはないので、左右で色が違ってもまぁいいかと。

右に付けるか左に付けるか迷いましたが、とりあえず右側のランプに青のLEDを入れました。いつもOFFにしているので、まぁ点けることはあまりないんですけどね。

次はワイパー替えゴムを交換し(両方で5分)、ウインドウを洗ってsuper rain・X GT超耐久をゴリゴリ塗ります。

ウィンドウのコーティング(走行風で雨滴をはじいてくれる)は20数年前に日本で初めて登場して以来ずっとレインXを愛用しているファンです。途中1回だけガラコを買いましたが、1回使っただけでどうも使いにくくまたすぐに戻りました。

今回は初めてシリコンではなくフッソタイプのsuper rain・X GT超耐久 FUSSOを買ってみました。一応長持ちするという噂です。

実際使ってみた感想ですが、塗りはシリコンタイプと同じですが、拭き取りがとてもつらいです。塗った後が残って綺麗に拭き取れません。乾いた布で拭き取るとありますが、どれだけ力を入れてこすっても拭き取れません。

結局少し濡れた布で拭き取りましたが、説明では「濡れた布で拭き取るのは厳禁」みたいなことが書いてありましたので、効果が落ちてしまうのかもしれません。でも塗りあとの筋をいっぱい残したままでは危なくて運転できません。

この手のコーティング剤は塗りやすさをウリにすることが多いですが、塗りやすさより拭き取りやすさのほうが大事な気がします。最近はスプレーで塗るだけというウィンドウ用コーティング剤もあるようですが、一長一短なのでしょう。



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ランエボ]
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185810462

この記事へのトラックバック