2009年10月07日

スバル+トヨタ コラボクーペ(FT-86)はどうだ?



今年の東京モーターショーの事をこの前ボロクソに書きましたが、トヨタから伝説のAE86(カローラレビン、スプリンタートレノ)の後継とも言える注目の2ドアFRクーペのコンセプトモデル FT-86 Concept が東京モーターショーで世界初デビューします。

img_0 (7).jpg

もちろんAE86と言えばあのイニシャルDの主人公(というか漫画の作者が)こよなく愛した軽量コンパクトなFR2ドアクーペですのでFT-86はその人気やマニアック性を期待していることでしょう。

このFT-86 Conceptですが、2008年4月にトヨタと富士重工業による共同開発が発表され、以来長く待たされましたが来年2010年にようやく投入される予定のコンセプトモデルです。生産は富士重工業でトヨタとスバルの両ブランドでそれぞれ顔つきをちょっと変えて、200万円台で販売されるそうです。

エンジンは、スバルの水平対向4気筒自然吸気ガソリンエンジンで、トランスミッションは6速MTです。
ボディーサイズは全長4160×全幅1760×全高1260mm、ホイールベースは2540mmで乗車定員は4名となっています。
4代目カローラレビンが4180×1625×1335mmのホイールベース2400mmと比べると、車高は75mmも下がり、幅は135mm広がり、全長は20mm短くなっています。全長が短くなったに関わらずホイールベースが140mmも伸びたのが一番の特徴でしょうか。

比較として同じFR車では
マツダロードスター2.0 RS DBA-NCEC  4020×1720×1245mm ホイールベース2330mm
マツダ RX-8 CBA-SE3P        4470×1770×1340mm ホイールベース2700mm
マツダ RX-7 Type RS GF-FD3S  4285×1760×1230mm ホイールベース2425mm
ホンダ S2000 ABA-AP1        4135×1750×1285mm ホイールベース2400mm   
   
FF車では
ホンダ シビックタイプR ABA-FD2    4540×1770×1430mm ホイールベース2700mm

ライバルと比べると、全般的では全長は短く、ホイールベースは長く、幅は広く、究極のスポーツ性能を志向したホンダS2000にボディサイズが一番似通っているものの、ホイールベースはそれより140mmも長く、走り屋さんには願ったりのサイズではないでしょうか。

しかもロードスターもS2000も2シーターであることを考えると、このサイズで4名乗車(実際の居住性は想像できるが)とはたいしたものです。あと絶版車ですが、やはり人気のあったRX-7(FD)ともサイズ的に似ています。

ちなみにFT-86のFTは「富士重工業+トヨタ」でもなく「藤原豆腐店」でもなく「TOYOTA Future」のことだとか。
結局は昔AE86に乗っていたりあこがれていたお金に余裕のある中高年に一番売れるのかも知れませんね。だって若いヤツはクルマ、しかもスポーツカーになんか興味ないでしょう?(ちなみに私はお金に余裕はまったくないので買えません)



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185808543

この記事へのトラックバック