2011年11月06日

ダイヤモンド富士とオフ会参加 その2


ダイヤモンド富士とオフ会参加 その1の続き

朝霧高原でダイヤモンド富士を撮影し、モーニング焼きそばを食ったあと、クルマのオフ会が行われる富士ミルクランドへ向かいました。

この全国オフ会、ずっと昔に頼まれて仕切ったことが何度かありますが、現在は隠居をしていて単に一参加者ですから楽ちんです。今回がすでに第25回(1年に1〜2回開催)ということで、クルマのオフ会としてはなかなか歴史があります。

過去のオフ会には参加車両100台以上、200人近い会員さんと家族が参加したときもありましたが、最近は車の買い換えや趣味の多様性も進み、参加者は年々減ってきています。しかし今でも欠かさず遠くから家族と一緒に参加する人もいたりして楽しみです。

そして今回の会場は初めての利用ですが、富士山近辺には今年の初日の出を撮影するために行ったまかい牧場など多くの牧場テーマパークがあり、どこも広々としていてスキー場に次いでクルマのオフ会には便利です。

コテージ風の宿泊施設やレストラン、バーベキュー場などの設備も完備されていて、全国から宿泊込みで参加するメンバーさんにも好評だったようです。

20111029_05.jpg

クルマを停める場所は、ミルクランドの専用駐車場ではなく、草原というか草が生えた多目的の広場で、前の週にはこの場所で流鏑馬が開かれていたそうで、馬が駆けたあとと思える直線がくっきりついていました。もし大規模なオフ会なら楽に200台ぐらいは停められそうです。

今回はおよそ30台ぐらいのクルマと家族連れで約50人の参加者が集まり、開会式、自己紹介、カー用品などを扱っているゲストのプレゼンテーションなどが次々行われていきます。

お昼は天気もいいので屋外でバーベキューです。料理の中身は、一応申し訳程度に肉・野菜がありましたが、メーンは鉄板で焼く富士宮焼きそばで、これだけはたっぷりと量があります。

焼きそばは朝食に食ったばかりですが、自分で作り屋外で食べる富士宮焼きそばはこれまた美味いのひと言です。

20111029_06.jpg

ミルクランドでは朝収穫の野菜の即売や、濃厚なソフトクリーム、ジェラートなどが売られています。

私もジェラートをいただきましたが、とっても美味しかったです。ただ外に出ると暖かく、溶ける前にと慌てて食べたので、写真を撮るのを失念しました。

食後に一般車の駐車場を通ると、なんと50年近く前の名車ジャガーEタイプが置いてありました。思わずパチパチと撮影しました。

いや〜すごいですね。当時はまだシートベルトなんてものはついていませんので、当然このクルマにもついていません。検問で引っかかっても「ないものはつけられぬ」で通用するのでしょうね。

20111029_07.jpg

午後からは、元ゼロスポーツ広報担当で、現在はPLOTに移られた青木氏と東大阪に本社のある国産ホイールメーカーのワークさんの座談会が行われました。日なたではポカポカと暖かな午後、お腹もくちくなって気持ちよく午睡する人も、、、

20111029_08.jpg

この富士ミルクランドからは富士山の西側が間近に見えます。したがって真西側にある大沢崩れの様子がとてもよく見えます。

この大沢崩れの崩壊は現在も進んでいて山頂付近から下へ1000mぐらい大きくパックリと割れています。なかなか防ぐ手だてはないようですが、美しい円錐形でなくなってしまうのもそう遠くないのかもしれません。

20111029_09.jpg

オフ会の最後は恒例となっている不要品交換じゃんけん大会です。これは各自が不要になったまだ十分に使えるものを持ち寄り、それを進行役と全員がじゃんけんをして、勝ち残った人から順番に欲しいものを選んでいただいて帰るというものです。

不要品と言っても過去には新品の折りたたみ自転車やカーナビ、マフラー、スキーキャリアなど、買うと中古品でも数万円はしようかというものが出品されることがあります。

以前、20回記念大会の時だったか、私はじゃんけんで1抜けをして、その時はファンスキーをゲットしましたが、あいにくその頃から股関節を悪くしていて、使う機会が今のところなしです。

そして、今回もなぜか一抜け(私含め3名が残った)することができ、狙っていた人が多そうなフォトフレームをいただきました。

また、ガスファンヒーター(中古)が出品されていて、誰も欲しい人がいないようだったので、私がいただくことにしました。LPガス用だったので人気がなかったのだと思いますが、数千円で都市ガス用に変換ができますので、持ち帰って家で使わせていただくことにします。

20111029_10.jpg

夕方になると、富士山が赤く染まっていきます。その赤富士をバックにして即席のクルマ撮影会があちこちで開かれていました。私もクルマを会場の真ん中に移動して、パチパチと。
アルファロメオの隣に置いてよく似たリアビューの比較なども。

20111029_11.jpg

無事オフ会の昼の部は終了し、日帰り参加の人は三々五々帰宅し、宿泊者は後夜祭(飲み食い)の準備です。ここのロッジでは調理のための設備(オール電化)が完備されており、材料さえあればどんな料理でも作れそうです。

後夜祭ではしゃぶしゃぶと餃子(富士市にある餃子の王将まで生餃子を調達しに行った人が!)、あとはスーパーで売っている出来合の料理やオードブルです。もちろん宿泊する人はアルコールがメインです。

私は宿泊はしないので、アルコールは飲まず、そして夜8時半頃に会場を後にして、富士ICから東名に乗りましたが、予想通り東京方面の渋滞は解消して道は空いていました。

途中厚木付近で2台の接触事故が起きていましたが、それでも見物渋滞は発生せず、川崎まで気持ちよく1.5時間ほどで帰り着けました。

ダイヤモンド富士とオフ会参加 その1


【オフ会】
関西遠征2009秋版 その1 丹波篠山へ〜全国オフ会
オフラインミーティング in 浜名湖&MMF2010京都 その1
富士宮でオフ会+富士山2013



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行/ドライブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185773175

この記事へのトラックバック