2012年01月15日

お正月はガレット・デ・ロワ



彼の国、おフランスでは毎年1月6日にはガレット・デ・ロワというパイ菓子を家族で食べるという風習があることを3年ぐらい前に知りました。

どこの洋菓子店にも置いてあるものではなく、しかも売っているのは年末年始に限られます。探したところマルイ溝の口の中にあるFLO(フロ・プレステージュ)という店に置いてあるのを発見し初めて買ってみました。

ガレット・デ・ロワについてのうんちくは、私の知人の魯さんのブログ「色々だらだら」に詳しいです。

で、今年は昨年クリスマスにケーキを買ったベルグの4月で買ってきました。直径は20センチと少しぐらいです。

価格は2,300円で、お約束通り陶器のフェーヴとボール紙でできた王冠が付いています。フェーヴは今年は数種類あって「いちごシリーズ」とのことです。

20120115_1.jpg

ベルグの4月では、年末の数日と、1月末頃まで売られていますが、数は少数のようです。私が買いに行った時には、ショーケースの上に目立つのは普通のパイが山盛りに置いてあり、ガレット・デ・ロワは3つだけ置いてありました(中にもっとあるのだと思いますが)。

また1/8にカットした一人分も買えますがそちらは300円。うちは5人家族なのでいいのですが、二人や三人だと1個は大きすぎるので、カットしたものを買う方がいいでしょう。ただその場合はフェーヴが付かないのが残念ですが。

で、カットしたところは

20120115_3.jpg

フェーヴは店で、別にしておいて自分であとで入れるか、店側で埋め込むかを聞かれますので、入れてもらいました。

入っていたフェーヴはこんな感じです。

20120115_4.jpg

【ラーメン】
Enjoy Honda ツインリンクもてぎ2018へ Plus天下一品ネタ
■ラーメン履歴(2016〜2017年版)
ラーメン履歴 神奈川以外地域編
ラーメン履歴(神奈川編)
横濱家でランチ
【来来亭】ふたたび
連休後半はまずラーメン来来亭から
寒いから今日はラーメンだ
麺屋はやと
ラーメン食べある記
近所の「ラーメン和屋」
ZUND-BAR(ズンドバー)と宮ヶ瀬ドライブ



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185770184

この記事へのトラックバック