2012年08月25日

お盆関西ツアー その4(京都送り火と会席料理)




京都の夜はやっぱり美味しいものを食べたいなと友人に頼んでおいたら、「創作料理とおすし希味(のぞみ)」という店を予約してくれました。

なんと店の看板はどこにもありません。紫色の暖簾はありますが、どうみても普通の古い京屋の民家です。

20120816_11.jpg

中にはいると、ちゃんとテーブル席や掘りごたつタイプのテーブルがいくつもあり、京都の家独特の間口は狭くて奥行きがあるので結構広く多人数の客が入れます。

家自体は古くて扉などを見ると傾いていたりしていますが、内装は清潔で綺麗に改装されています。

料理はコースで、

1.オードブル3種盛(煎りずいき小松菜胡麻和え、焼きオクラ長芋生姜醤油、里芋カレードレッシング)
2.帆立貝と鮪のタルタル
3.豆乳鍋
4.水茄子とセロリのサラダ
5.蒸し鶏のピーナツバターソース
6.玉子豆腐 魚素麺 すり柚子、海老射込み 万願寺唐辛子 もろこし掻き揚げ
7.冷製鱧揚げ煮 糸瓜 小芋 三度豆、蛸 冬瓜 もずく タピオカ 茗荷 針生姜
8.お寿司(鮪・烏賊・サーモンの手まり・海老・玉子)
9.赤だし
10.ほうじ茶シャーベット
11.希味特製デザート

です。

下記写真は料理の一部です。

20120816_12.jpg

20120816_13.jpg

これで飲み物は別ですがなんと2,625円のコースです。まったく驚きです。

東京ならまぁ最低でも5千円のコースですね。もちろんお味のほうもよくて、常連さんで店はいっぱいでした。

夜の8時になると京都五山の送り火がおこなわれ、まず最初に大文字に火が灯されます。

人出が多いのと、疲れてあまり歩けなかったので、結局「妙法」の「妙」の字だけを間近で見ました。

20120816_14.jpg

送り火の後、道路が落ち着いた頃を見計らって21時過ぎに京都を出て川崎の自宅へ帰ります。

途中ガソリンを満タンにして、名神高速に上がり、案内板を見ると名神−東名ルートと新名神−東名ルートではどちらも渋滞10kmと出ていたので新名神ルートをチョイス。これが誤りでした。

新名神を走行していたその時、渋滞のメッカ名阪道四日市付近で交通事故が発生したらしく、亀山JCTに近づくと渋滞距離がいきなり大きくなってしまっています。事故直後のためまったく動かなくなる時も。

しかも四日市IC付近の2カ所で追突?事故が起きていて、亀山JCTから事故現場前を通過するのに通常なら15分程度の距離を1時間半もかかる大渋滞でした。ホント場所と時間を考えろって言うの。本来ならこの時間なら渋滞がほぼ解消する時間でしたが、予定が狂ってしまいます。

その渋滞のため、新東名の静岡ぐらいまで一気に走って休憩と考えていましたが、たいへんしょぼい東名の美合パーキングでトイレ休憩。その際にお約束のアドマイヤのコーヒーでラテンムードに浸ります。

20120816_15.jpg

美合パーキングで1回休憩しただけで、あとは川崎まで休憩なしで走り、真夜中の3時半頃に川崎に無事到着しました。

お盆関西ツアー 番外編へ続く


お盆関西ツアー その1(1日目上野城、伊賀忍者博物館、信楽)
お盆関西ツアー その2(2日目天橋立、伊根)
お盆関西ツアー その3(3日目舞鶴)
お盆関西ツアー その4(京都送り火と会席料理)
お盆関西ツアー 番外編

関西遠征2009秋版 その1 丹波篠山へ〜全国オフ会
関西遠征2009秋版 その2 滋賀安土町、坂本市など
関西遠征2009秋版 番外編(信長の館、観音寺山、穴太積み)

関西遠征2009夏その1(信楽、京都編)
関西遠征2009夏その2(京都、安土編)
関西遠征2009夏その3(信楽リベンジ編)



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行/ドライブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185760319

この記事へのトラックバック