2014年01月25日

充電インパクトドライバ購入



年2回おこなうスタッドレスタイヤと夏タイヤの交換は、ホイールバランスの調整が必要と思うときを除き、ほとんど自分でやっています。そこで面倒なのがジャッキアップとホイールナットの取り外しと締め付けです。

近所の人にタイヤ交換はどうしているかって聞いたら「インパクトドライバがあると楽だよ」と。

普通の充電ドライバは持っているものの、インパクトドライバは少し値段が高いこともあり、今まで持っていなかったのですが、今まで使っていた充電ドライバのニッカド電池が役立たずになってきたので、それを買い換える代わりに充電式インパクトドライバを買ってやれと衝動的に買うことにしました。

一応検討したのは、リョービ(RYOBI)、マキタ(makita)、日立、BOSCH、ブラック&デッカーの定番のもの。その他にアジアン製の安い製品も出ているのですが、Amazonやカカクコムのレビューを読むと評判はあまり芳しくありません。

充電ドライバとインパクトドライバはその使い方は似ていますが、当然その使い方や使う場面は違っています。それに合わせて使い分けるのがプロやセミプロですが、私のようにごくたまに使うぐらいなら、どちらか片方を使うというのもありです。ただし、使い方を誤ると取り返しのつかないことになることもあるので自己責任です。

決定的に違うのは充電ドライバの場合は、締め付けすぎにならないよう締め付けトルクが調整でき、それ以上は無理して締めないようにできています。インパクトドライバは名の通り衝撃を加えて可能な限り締め付けようとしますので、下手をすると締め付けすぎたりネジ山を潰してしまうことになります。

もし両方とも持っていなかったり買い換えが必要な場合は、ホームセンターなどの特売で充電ドライバとインパクトドライバをセットにして売っているものがありますので、それがお得でしょう。なぜなら非常に高いバッテリーを共用で使えますので、もしバッテリーだけダメになっても買い換えの時ひとつ買えば両方で使えます。

あとバッテリーですが、最近は割と長持ちするリチウムイオンのものが増えてきましたが、以前はニッカドが多く、数年で使い物にならなくなりました。これから買う場合は、投げ売りしているニッカドの旧型ではなくリチウムイオンのバッテリーがついているものを買うのがベターかと。

次に充電インパクトドライバにはその締め付けトルクによりいくつかの種類があります。締め付けトルクはバッテリーの電圧により変わってきます。10Vよりも12V、12Vより14Vのほうがより強くなります。

ホイールナットの締め付けトルクは普通車で100〜120N・m程度(10〜12kgf・m)ですので、緩めるときにはそれ以上のトルクでないと外れない可能性があります。

それを考えると10Vや12Vの充電インパクトドライバではやや締め付け(緩めるときも)トルクにやや不安ありです。日曜大工のネジや木工のドリルに使うには不便はないでしょうけど。

本当はマキタの10.8Vのインパクトドライバと、マキタ充電式クリーナー(掃除機)が共通のバッテリーで使えるというのがわかり、車内の掃除に便利なのでそれが欲しかったのですが、上記の理由により断念しました。

年に2回ホイールナットを緩めて締め付けることが目的として検討した結果、14.4Vの製品を比べ、比較的評価の高いマキタの「M695DWX」を購入しました。

やたらとでかいケース
20131229_002.jpg

本体は軽くて使えば使うほど馴染んでくる感じ
20131229_033.jpg

マキタ充電インパクトドライバ M695DWX(14.4V)※製造中止
マキタ DIYモデル 充電インパクト 14.4V M697DSX
マキタ充電インパクトドライバ TD090DWXW(10.8V)
リョービ充電インパクトドライバ BID1415(14.4V)
日立工機充電インパクトドライバ FWH14DSAL(14.4V)

あとホイールナットに使う場合は、インパクトドライバ用のソケット(車種により17または21)が必要です。それはホームセンターへ行ってホイールに傷がつかないよう薄型で深いものを購入しました。

ジマSDソケット 21mm 6角 TSK-SD21-6K
タジマ 耐久ソケット ダブル17×21ミリ 6角 TSK-T1721-6K
GREATTOOL 鉄工用ドリル刃セット チタンコーティング 19本組

実際に使った感じでは、慣れるまでトリガーを引く強さで締め付けるトルクの強弱を調整するのが難しく、いきなり難しいところでは使わないで、十分慣れてから使うことをお勧めします。

現在ではすっかり慣れて、どれだけトリガーを引けばこれぐらいの強さというのがわかり、自在に操ることができるようになりましたが、最初の頃は無駄に力が入ってしまい、木工製品でネジ山を1個つぶしてしまうというミスも犯してしまいました。

【試乗】
ロードスターRFに試乗してきた
今さらですがS660に試乗
トヨタ86試乗
ランエボX から N-WGN へ その1(プロローグ)



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185753964

この記事へのトラックバック