2015年02月27日

S660を見てきた



ホンダの本社がある青山ウェルカムプラザにS660が置いてあると聞いてさっそく行ってきました。

しかし残念ながらS660の市販モデルではなく、過去に展示されているコンセプトモデルでした。

むむぅ、いったいいつから販売開始なのでしょうねぇ。

とりあえずそのコンセプトモデルでも。

s660c_991.jpg

s660c_992.jpg

なかなか軽とは思えない上質な仕上がりで、ドアの厚さなんかも普通車クーペ並みって感じ。
タイヤは前後に17インチをはいていましたが、市販車は後16インチ前15インチっぽいですね。

s660c_993.jpg

マフラーの位置はコンセプトモデルではバンパーの左右に埋め込まれているタイプですが、市販車では中央の一本だしという噂です。

s660c_994.jpg

シートはコンセプトモデルだからでしょうけどレカロに似た調節機能のないフルバケットタイプ。
作りは近くでよく見るとちゃちなところも見られ、どうも実動車ではなくモックアップに近い感じ。

ウェルカムプラザにはその他にもいくつか気になるコンセプトカーが置いてありました。

ど派手なVEZELは「Samantha Thavasa meets Honda “VEZEL”」(上)と
N-BOX SLASHのコンセプトモデル「YBER CONCEPT N-BOX SLASH Code:89」(下)

whonda_201502.jpg

S660はすでにネットでは公道テストがよく目撃されており、それも口コミで噂を拡げるためのバズマーケティングの一環なのでしょうけど、これほど発売日が決まらない注目カーも珍しいですね。

現在の予想では、4月に販売開始、5月ぐらいからデリバリー開始。
設定は上級モデルのαと標準モデルのβの2ランクだけ。エンジンや変速機は同じ。違うのは快適装備やサービス機能。
変速機は新開発の6速MTと従来からある7速変速可能なCVT
価格は200万円前後

その他、660台限定で記念モデルが出るという噂。おそらくホンダ(販売ディーラー含め)関係者に抑えられて一般まで回ってきそうもなく。

できれば軽の馬力規制を超えて100馬力、DCT、取り外し可能なハードトップとこれだけ揃えば即買い間違いないんですけどねぇ、、、

【試乗】
ロードスターRFに試乗してきた
今さらですがS660に試乗
トヨタ86試乗
ランエボX から N-WGN へ その1(プロローグ)



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185745638

この記事へのトラックバック