2015年08月13日

東北ツアー2015(青森、岩手)その2



「東北ツアー2015(青森、岩手)その1」は川崎から十和田湖へ向かい、十和田湖(乙女の像)、奥入瀬渓流、大石神ピラミッド、キリストの墓を見学しました。

キリストの墓からおよそ50km走ると太平洋沿いの八戸です。八戸は漁港が有名でそれは知っていましたが、それだけではなく、意外とというと失礼ですが工業なども栄えて大きな町です。

八戸ではウミネコの繁殖地として有名な蕪島へ。蕪島にある蕪島神社は「速見光彦シリーズ」の「十三の冥府」にも重要なポイントとして出てきます。

蕪島神社ではちょうど70年前の終戦間際に蕪島沖で米軍のグラマンと交戦し、沈没した旧帝国海軍海防艦稲木の慰霊祭が行われていました。この戦闘で29人の乗員が亡くなっています。

20150809_71.jpg

蕪島にはウミネコの繁殖地があり、春頃には数多くのウミネコが群れをなしています。8月になると子育てを終えて多くは飛び立っていくため、この時期にはもうだいぶんと少なくなっています。それでも人に慣れているのか人の近くに平気でやってきます。

20150809_72.jpg

春頃に行くと頭上を群れで飛ぶのでフン攻撃に遭いますので、神社の下には傘が置かれています。あとで気がつきましたが、クルマにもフンがこびりついてました。

八戸と言えばB-1グランプリで金賞に輝いたことがある「八戸せんべい汁」が有名です。それを食べようといろいろ調べたのですが、日曜日の昼に営業していて、駐車場のある店というのが意外とありません。調べずに行くとありつけなかったかも。

で、事前に調べて行ったのは「八戸シーガルビューホテル花と月の渚」の中にある「しおさい」です。

20150809_73.jpg

せんべい汁の煎餅、南部煎餅は八戸が発祥で、元々は非常食の目的があったそうです。それを汁ものに入れて他の野菜などと一緒に食べるというのは、手っ取り早くお腹を満たすのに合理的な料理です。で美味しいか?って聞かれると、う〜ん、、、こんなものでしょうか。

お腹もふくれてきたところで、前夜からの徹夜で睡魔も襲ってきますが、あとは今日の宿泊先のむつ市まで110kmほど走らなければなりません。

むつ市へ向かう途中にある横浜町の道の駅で菜の花(菜花)のソフトクリームがあるとのことで、それを食べに寄りました。この横浜町は菜の花の生産で有名なところです。

菜花ソフト
20150809_74.jpg

お味は、、、さっぱりしていてなかなか爽やかでした。

さて、先に宿泊するホテルにチェックインして、夕食を食べに出ます。

夕食は青森県特に下北地区でメジャーな味噌貝焼き(みそかやき)の元祖と言われている「なか川」へ。

20150809_75.jpg

貝を鍋代わりにしていろんな貝や野菜を味噌で一緒に煮てあります。うん、なかなかいい出汁で美味しいです。ただこれだけだとおかずとしてはちょっと物足りず、、、

例えばあとホタテのフライとかイカの刺身とか付け合わせがあるといいのだけど、ご飯が半分は余ってしまいそうです。

ホタテのフライが時価としてメニューにあったのでいくらか聞くと、900円というので、ちょっとそれでは付け合わせにしては高過ぎで断りました。メニューにはホタテのフライ丼が900円と書かれていたので、フライだけだと4〜500円ぐらいかな?と思って聞いたのですが、、、

食後はむつ市大湊の街中を少しドライブです。と言うのもちょうど「大湊ねぶた祭り」が開催中ということで、青森市のねぷたと比べると小振りではあるものの山車が出るとか。まだ夕方だったので集合場所へ向かいます。

が、、、当日は花火も行われるそうで、人出が多く駐車場も遠い場所しか空いてなく、さすがに前日徹夜で走ってきただけに、見るのを断念し、ホテルへ帰りました。

途中、海上自衛隊大湊の基地を定係港としている、あぶくま型護衛艦の3番艦「おおよど(DE-231)」と、ひうち型多用途支援艦の2番艦「ひうち」(AMS-4302)を見かけたので撮影し、東北ではあちこちで見かける立派な克雪ドーム。国立競技場もこの作り慣れた克雪ドームを2倍ぐらいの大きさにして作れば安上がりになりそうなんですけどね。

20150809_76.jpg

で、ようやく長かった1日は終わりを告げ、ホテルの温泉で癒やされグッスリと眠ることが出来ました。翌日は朝5時起きで恐山へ向かいます。

ここまでのルート キリストの墓まで720km、キリストの墓〜むつ市160km 合計880km/21時間(観光含む)
20150809_77map.jpg

「東北ツアー2015(青森、岩手)その3」へつづく



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行/ドライブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185744927

この記事へのトラックバック