2015年08月14日

東北ツアー2015(青森、岩手)その3



東北ツアー2015の2日目は早朝5時半にホテルを出て、むつ市街地から15kmほど離れている日本三大霊場のひとつの恐山 伽羅陀山菩提寺へ向かいます。ここの参拝時間が6時からなので一番を目指します。

ちなみにあと二つの日本三大霊場とは和歌山の高野山と京都の比叡山です。

なぜそんなに早い時間に行くのかと言うと理由は二つあり、ひとつ目の理由はこのあとまわる予定の竜飛崎がある津軽半島へショートカットして渡るむつ湾フェリーの便数が少なく、午前中は9時20分の出港だけなので、遅くとも7時半には恐山を出発しなければなりません。そしてふたつ目の理由は、恐山の中に自由に入れる湯治場の名物温泉があり、それを独り占めするためです。

まず恐山総門すぐ手前にある三途の川にかかる橋を渡ってみました。三途の川のほとりには、「奪衣婆(だつえば)」と「懸衣翁(けんえおう)」の像があります。怖い顔しています。

20150810_01.jpg

「奪衣婆」は三途の川の渡し賃の六文銭を持たずにやってきた死者の衣服を剥ぎ取る老婆です。「懸衣翁」は川辺にいる奪衣婆の隣にいる老人の鬼です。奪衣婆が死者から剥ぎ取った衣類を懸衣翁が衣領樹の枝にかけ、その枝の垂れ具合で生前の罪の重さを計るそうです。地獄の沙汰も金次第って言うか、生前には良い行いを心掛けましょう。

で、恐山の総門前に駐車して、入山料500円を払って中に入ります。まず向かうのは例の温泉です。歳のせいで右足を傷めているので、この霊験あらたかな硫黄の湯につかってみることにします。男性用は「薬師の湯」だけで、他の「古滝の湯」と「冷抜の湯」は女性用となっていました。

20150810_02.jpg

20150810_03.jpg

硫黄分が強いせいかつかるのは3〜10分までと注意書きされています。湯温は少し熱めですが丁度いい感じです。ただシャワー等の設備はないので、全身硫黄の匂いをプンプンさせたままその後を過ごすことになります。

10分ほどつかってすぐに出ましたが、朝早かったせいか他には誰も来なくて正解でした。

さて本尊安置地蔵殿などお詣りした後、写真などでよく見る岩がゴロゴロしている地獄のような地域へ向かいます。

20150810_04.jpg

恐山ではたくさん写真は撮りましたが、どれも似たような光景になってしまいます。硫黄の匂いが立ちこめ、箱根の大涌谷や嬬恋村の鬼押し出しとも似ていますが、観光地ではなく霊場ということで厳かな雰囲気があります。

7時過ぎには恐山を撤収して、55km先にある下北半島の脇ノ沢から津軽半島の蟹田へ渡るフェリー乗り場へ向かいます。

むつ湾フェリーはこの時期は1日2往復で、午前中は9時20分に出港します。一応念のためにネットで予約をしておきましたが、出港の30分前までに到着してくださいと言われています。

楽ナビでルート設定すると、フェリー優先にしてもそれを使わずグルッと回って蟹田へ向かうように指示されます。なんとお馬鹿さんなこと。Googleマップだとちゃんとフェリー経由で計算してくれます。

20150810_05.jpg

さて蟹田に到着して、龍飛崎へ向かいます。そう、あの「ごらんあれが竜飛岬 北のはずれと〜♪」の津軽海峡・冬景色に出てくる場所で、映画「海峡」でも登場した有名な岬です。

でもその前に、青函トンネルの入り口(始点)が竜飛崎のだいぶんと手前の青森県東津軽郡今別町浜名にあるので、まずそこに寄ってきました。撮り鉄ではないので、何時に列車が通過するとか不案内なのでトンネルの写真だけを撮って満足しておきます。

20150810_06.jpg

で、竜飛崎です。道の駅の前には歌碑があり、ボタンを押すと大音量で石川さゆりの歌が流れます。その道の駅の少し上には灯台がありそこへ向かいます。映画「海峡」で吉永小百合が身投げをしようとしていた断崖絶壁の崖も見えます。

20150810_07.jpg

竜飛崎と言えば階段国道も有名です。なに?国道が階段だって?そうクルマは走れない国道があるのです。

20150810_08.jpg

その階段国道のスタート地点と終点。終点近くはなんと普通の住宅のすぐ軒先を通ります。住人は知らない人が自宅の前をカメラを持ってウロウロしていて結構迷惑でしょうね(お前が言うな)。

時間は12時前。このあと十三湖へ向かってランチに名産のシジミを食べて、五所川原の立佞武多(たちねぶた)、弘前の津軽藩ねぶた村へ向かいます。

 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇

2日目ここまでの走行距離120km+フェリー乗船時間1時間
20150810_09.jpg

東北ツアー2015(青森、岩手)その4へ続く


東北ツアー2015(青森、岩手)その1
東北ツアー2015(青森、岩手)その2
東北ツアー2015(青森、岩手)その3
東北ツアー2015(青森、岩手)その4
東北ツアー2015(青森、岩手)その5



posted by makan at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行/ドライブ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185744888

この記事へのトラックバック