2017年08月05日

フォルクスワーゲンポロGTI(6R型中古)を購入した その2



「フォルクスワーゲンポロGTI(6R型中古)を購入した その1」あらすじ
N-WGNカスタムの1回目の車検を受けたばかりですが、実用的でよくできているけど走りに面白みがない軽に飽きてきていました。そういうときに、たまたま見つけたポロGTIの中古車を気に入ってしまいました。ポロGTIは車格はホンダFITやトヨタアクアと変わらないものの、エンジンはターボとスーパーチャージャーのツインチャージャーで馬力・トルクが高く、しかも変速機がDSG(ツインクラッチ)です。ファミリー向けで無難を絵に描いたような国産車にはない魅力がそこにはありました。その中古車をさっそくフォルクスワーゲン認定店まで見に行きました。

フォルクスワーゲン認定中古車店で、ゴルフの中古車を熱心に見ていた先客が帰ったので、営業マンが挨拶に来てくれ、「見積もりを出しましょうか?」と聞いてくるので、とりあえずお願いしました。

poloweb50.jpg

乗っていったN-WGNはどうするのか?って聞かれたので、買い換えとなるので、こちらで下取りする気があるなら査定して欲しいと頼みます。

VW認定店がホンダの軽を下取りしてくれるとは思っていなかったので、もし決まったら近所の大手中古車販売店へ持っていき買い取ってもらおうと考えていました。

先の日記でも書きましたが、車検を受ける前にBMW318iをいくつかの中古車屋さんで見たとき、N-WGNを下取り査定させてくれと言われ、それで相場の下取り価格(あるいは買い取り価格)は知っています。

それらの中古車屋さんの買い取り価格と変わらなければ、そのまま購入する店で下取りをしてもらうほうが納車と下取りが同時にできていろいろ便利です。

出てきた最初の見積もりは、中古車サイトに掲載されていた支払い総額に無理矢理合わせたような感じで、その中から、不要と思えるもの(車庫証明費用やコーティング費用など)をカットしてもらい、さらに店側から「今はキャンペーン期間中なので」と5万円の値引きも出てきて、当初の見積もりから約10万円安い見積もりに修正してくれました。

しかもN-WGNの下取り価格は車検を取る前(約2ヶ月前)と同額でOKとのこと。車検をとるために支払った7万円弱は当時の査定金額から下がりますが、これは前に査定を受けたときから2〜3ヶ月ほど経過しているので仕方がないところです。

とりあえず、前向きに考えると言い残して、ここは一度未練をきっぱり断って、いったん頭を冷却するため帰宅します。もし考えている期間中(1週間)で、誰かが先に購入してしまえば縁がなかったと諦めるだけです。

一目惚れして、あばたもえくぼとばかりに勢いで中古車販売店の言いなりで買ってしまうのも悔しいので、帰ってから同じ年式のポロGTIの価格相場をネットでチェックしてみます。

すると、まあ、なんということでしょう!

同じ年式(2012年式)で、同じく車検を受けての納車で、色も同じ、走行距離は1.5万キロと、こちらも5年経過にしては少な目、そして1年間保証付きとしたやや上物が、お隣千葉県の外車専門ディーラー系列店で出ているではありませんか。しかもそのお値段が上記の認定中古車店で値引きを含め出してもらった価格よりさらに10万円以上安くつけられています。

さっそくこの業者にメールで見積もりを依頼してみると、すぐに横浜営業所から連絡があり、来てくれるなら千葉から横浜へ車両を運んでくるので、ぜひ一度試乗してみてくれと積極的。

この外車専門ディーラーは全国各地に営業所や整備工場があり、ユーザーの住まいで担当営業が決まるらしく、千葉にある中古車でもユーザーが神奈川在住なら横浜の営業所が担当となるようです。

そして、この外車ディーラーは、フォルクスワーゲン認定工場と変わらない充実した高品質なサービスがウリのところなので安心できます。

さらに今キャンペーン期間中なのでと、見積もり価格からさらに値引きするってことで、前日に見たフォルクスワーゲン認定中古車店のGTIの見積価格と比べ、支払い総額では15万円ほど安く、さらに新品のタイヤを4本装着して納車するとかなりの好条件です。

認定店のPOLOには純正ホイールにダンロップSP SPORT MAXX 215/40R17が装着されていますが、いまこれをタイヤ専門店で新たに4本購入すると工賃含め10万円以上はしそうです。

poloweb51.jpg

よし、心は決まった!

これをもって先に見たフォルクスワーゲン認定中古車店で価格やサービスの交渉をするべし。そしてもし相手が強気で譲歩がなければ、外車ディーラーのGTIを買うべく交渉を始めようと決め、もろもろ準備をしてフォルクスワーゲン認定店との交渉に臨むことにしました。

VW認定中古車店と大手外車ディーラーの中古車を比べると、年式、色、保証期間(1年)、オプションのキセノンヘッドライト装備には差はなく、違っているところを表にしておくと、
店舗VW認定中古車大手外車ディーラー
走行距離6千km1.5万km
カーナビサイバーナビ楽ナビ
その他装備フルセグ、ETC・VICS・リアビューカメラフルセグ、ETC
追加用品バッテリー新品タイヤ4本新品
差額総額15万円安い

と、両車の違いは走行距離、カーナビ(いずれも社外ナビ)の種類とリアビューカメラ、それと認定中古車店はバッテリーが、外車ディーラーではタイヤが4本新品になるというのが違いで、それで外車ディーラー車が支払い総額で15万円ほど安いことがポイントです(下取り車価格は考慮せず)。

カーナビはどちらもパイオニア製のカロッツェリアですが、認定中古車のほうが上位機種で、ランエボXに取り付けていたサイバーナビ(2008年当時はスピーカー等の取り付け料を含む総額で約40万円近くした)の後継モデル、外車ディーラーのポロに付いているカーナビは普及版の楽ナビで、今のN-WGNに付けている前のモデルですが、リアビューカメラが付いていないのが残念なところです。ま、リアビューカメラだけなら後付けしても工賃含め3万円もかかりませんけどね。

認定店のPOLO車内(中央左の青いビニールカバーが掛かっている画面がサイバーナビ)
poloweb52.jpg

認定店のPOLOにはサイバーナビ連動のリアビューカメラ、ETC、VICS付きです
poloweb53.jpg

カーナビは多機能なメーカー純正ナビが良いという人も多いですが、私は過去20年近く使い慣れてきたカロッツェリア(パイオニア製カーナビの総称)が好きなので、今回の中古車2台とも渡りに船です。

そして、こういう交渉に時間をかけてもお互い時間の無駄だからと一発交渉と決めて、アポを取り、最初に訪問してから5日目の再訪になります。

またその際は本気であることを理解してもらうため、決まれば支払う予約金として10万円と印鑑をもっていき、もし交渉が決裂すれば断念し、外車ディーラーへ行ってそちらのGTIの契約を進めるという決意です。

「フォルクスワーゲンポロGTI(6R型中古)を購入した その3」へ続く

「フォルクスワーゲンポロGTI(6R型中古)を購入した その1」



posted by makan at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポロGTI
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185731521

この記事へのトラックバック