2019年02月16日

車検へ向けての備忘録 その2


車検へ向けての備忘録 その1」では、消耗品類の整理と、自分で交換する部品の購入まで書きました。その2ではその他の消耗品や定期交換部品などについての検討です。

まず、GTIでは後ろのカーゴルームの下にひっそり収まっているバッテリーは、2年前の購入時に新品に交換してもらっているので、まだ大丈夫とみて今回はパスします。数年後に買い換えるときはちょい大きめの容量のバッテリーを通販で購入予定です。

syaken11.jpg

悩ましいのは、DSGオイル、スパークプラグ、ダイレクトイグニッションコイル、及びブレーキ関係です。

走行距離がまだトータルで1.5万キロ!という過少走行車なので、走行距離的にはいずれも全然問題なさそうなのですが、やはり7年間という時間が劣化を進めていることが容易に想定できます。

DSGオイルの交換時期は通常は走行6万キロとなっているので、年数にすればおよそ5〜6年で交換というのが適正なのでしょう。そろそろ要交換時期かなぁ、、、

スパークプラグ(純正はNGKのイリジウム)は外して焼け具合を見ないと判断は付きにくく、エンジンの調子が良いからと言って劣化が進んでいる可能性もあります。イグニッションコイルもプラグを交換するときに一緒に交換しておけば安心でしょう。

ブレーキ関係は、フルード(液)はディフォルトで交換してもらうとして、ブレーキパッドは今のところ見た目では減っていません。ただ今後2年間安心して踏めるかはまた別物ということです。

syaken12.jpg

パッドを交換する時は、純正ではなくダストの少ない社外のパッドに変えたいものです。半日程度乗っただけでアルミホイルがドロドロになってしまうのにはいつも閉口しています。ディーラーでは持ち込みの社外のパッドは付けてくれないかな?

あとリアのブレーキに関係しますが、サイドブレーキを男性の力で目一杯強く引かないと完全停止しない(トルクが強くクリーピングで動き出す)という面倒くさいことになっています。

長めの信号や踏切などで停止中は、サイドブレーキをひきフットブレーキは踏まない(後続車に停止を知らせる意味があるときは踏む)運転をしています。

なのでサイドブレーキは常に使っているのですが、とにかく腕の筋肉がきしむぐらい力を入れて引かないとサイドブレーキだけでは静止してくれません。

停止しないのはアイドリングが高いためなのか、それともリアブレーキに異常があるのか、それともこういうものなのか不明ですが、非力な人や女性なら絶対に無理ってなぐらい強く引かないとD位置では停止させられないというのはどうなんでしょう。それもディーラーで要チェックです。

DSGオイル、点火系、ブレーキはメンテナンス上重要な箇所でもあるので、このあたりはディーラーのプロに相談してみますかね。聞くと「安心のためには交換した方が良い」とか絶対言われそうですが、これだけでも費用は膨らみそうで思案のしどころです。

ケチに徹するなら、オイルやプラグなどの消耗品は純正品以外に社外製品が多く出ているので、それらを安く手に入れて自分で、あるいはディーラー以外の修理工場で交換してもらうっていう手もあります。もちろんそれだと初期不良等で壊れたときの保証(無償修理)は得られなくなりますが。

あと残すは、クーラント(冷却水)、Vベルトあたりですが、クーラントは基本ロングライフですので、前はいつ交換したのか不明ですが、見たところ特に減っていないので今回は交換しなくてもいいかなと。Vベルトは実際に見て触ってチェックしてから判断します。

syaken13.jpg

タイヤは購入時の2年前にPIRELLI P-Zero NEROの新品に交換してもらっていて、その後2年間で1万キロも走っていないので、せいぜい自分で前後ローテーションするぐらいで勘弁してもらいましょう。ホイールバランスはかなり狂ってきていると思われますが。

syaken14.jpg

最後にVWのエンジンの弱点と言われているタイミングベルト(10万キロ推奨)やテンショナー、水回りのウォーターポンプ、ラジエーターホース、サスのダストブーツ等もそろそろ気になるところですが、点検して異常が出ていなければすぐに交換する必要はないでしょう。

syaken15.jpg

それらは3年後の10年目あたりが交換の目安かな、たぶん。もし今回交換しなければ、2年後の次の車検時には確実に言われそうです。もし交換となったらプラス7〜8万円ぐらいは覚悟です。

できればこのクルマ、気に入っているので、最低でもあと4〜5年ぐらいは乗りたいと思っています。そのためには壊れる前の予防交換も必要ですが、かと言ってあまり高額の修理費用が発生するようであれば、乗り続けるのも難しくなってきます。

今思えば、購入後1年間の保証期間中に、エアコンコンプレッサー&マグネットスイッチ交換、エアバッグスイッチの異常で交換してもらいましたが、もし今後こうした故障や異常が頻発し、そのたび数万〜十数万円が飛んでいくことになると、とても維持していけません。

どう考えるかですけど、結論としては、「ほどほどの維持費で使えるなら、長く乗りたい」ということです。

あー、その前に、自分で取り付けた
・ホイールスペーサーの取り外し
・スロットルコントローラーの配線取り外し
は必要ですね。

ディーラー車検の場合、ちょっとした改造も見逃してはくれず、嫌がられることが多いので、それもデメリットです。

オマケですが、DSGの特性上やむを得ないのですが、まだジャダーが出ているほどではないものの、低速域でややブルッと振動を感じるので、基本設定補正のためのDSGキャリブレーション(公差較正)を車検時に依頼しようと思っています。

それにもしDSGのECUに新しいヴァージョンがあれば、それもついでにアップデートしてもらいたいところですが、さすがにそれはもうそれはないかな。

でも割高なディーラーに出す以上、これぐらいのことは求めなくっちゃね。

また車検近くなったらディーラーに一度相談した上でどうなったか続編を書きます。
待て!続報w

車検へ向けての備忘録 その1


【ポロGTI】
ポロGTI(6R)に1年乗っての感想 前編
輸入車はやっぱり壊れやすいのか
ポロGTIにモロモロ用品の取り付け
フォルクスワーゲンポロGTI(6R型中古)を購入した その1



posted by makan at 12:12| Comment(0) | ポロGTI
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: