2021年08月08日

ポロ6R GTI リアコンビネーションランプのLED化





変異型ウイルスがまん延し、非常事態宣言が出たこともあり、夏休み(毎日が夏休みではありますが)遠出もできず、仕方ないので、自宅でできるポロのリアコンビネーションランプ(ブレーキランプ、スモールランプ、ウインカーランプなど)のLED化でもしてみるかと始めてみました。

単に電球をLEDに置き換えるだけなら、ゆっくりやっても交換作業は1時間もかからずできるのでしょうけど、まずどういうタイプのLEDを購入すればいいのか?というところから始まります。

いろいろ調べても、外国車であり、同じタイプでもマイナーチェンジ前後で形状が違っていたりして、ネットで調べてもどのタイプのLEDがマッチするのかイマイチわかりません。

しかも購入するのは安い中国の通販(Aliexpress)ですので、発注してから届くまで2〜3週間はかかり、しかも品質はバラバラで、時には不良品(輸送中の破損含め)も混じってくるのは仕方がないところです。

本来なら先にリアコンビを外して、その電球の形式を確認してから発注するのが正しいやり方ですが、いい加減な性格上、「おそらくこれでいけるだろう」と、脳天気にいくつか発注してさっそく取り付けてみました。

まずは、カーゴルームの左右にあるカバーを開き、コンビネーションランプの裏側にある白いネジになっているクリップを回して外します。ちょっと狭い場所で指の力が必要ですが、なんの工具も不要で簡単です。

pololed_01.jpg

そしてリアコンビ全体を持ってゴソゴソ引っ張ると、コネクターにつながれたまま全体がパコッと外れます。

コネクターを外し、4箇所のツメを外せばコンビネーションランプの電球にアクセスできます。

pololed_02.jpg

pololed_03.jpg

参考にしてもらうため、「ポロ ABA-6RCAV 2009年10月(平成21年10月)〜2018年3月(平成30年3月)※」のリアコンビネーションランプに使われている純正の電球のタイプを書いておくと、

(1)ブレーキランプ(左右) S25 シングル 21W ピン角度180° ホワイト
pololed_04.jpg

(2)スモールランプ(左右) T-10ウェッジ球 5W ホワイト
pololed_05.jpg

(3)ウインカーランプ(左右) S25 シングル 21W ピン角度150° アンバー(オレンジ色)
pololed_06.jpg

(4)バックランプ(向かって左側のみ) S25 シングル ピン角度180° ホワイト 確認したところブレーキランプと同じ仕様

(5)リアフォグランプ(向かって右側のみ) BAY9S H21W ピン角度120° ハロゲン ホワイト
pololed_07.jpg

※注意:グレードやマイナーチェンジ等で仕様に違いや変更となっている場合があります

気をつけるのは、ウインカーはカバー部分が白色なので電球がアンバー色でピン角150°(ピン角違い)と、ちょっと特殊です。ピン角度とは電球の根元についているストッパーのポッチのことです。

pololed_08.jpg

あとはブレーキランプとスモールランプは、カバーが赤色なので、電球の色はなんでも大丈夫ですが、バックランプはホワイト系を選ばないと違反になります。

また、LEDの場合、発熱量が高いものがあり、ワット数が大きく、長時間使用する場合、下手すると周辺のプラスチックが溶けてしまうことがあります。

長時間点灯し続ける可能性があるのは、リアコンビネーションランプの中ではスモールとリアフォグですので、その辺の注意が必要です。

で、とりあえず、手持ちのLEDを取り付けてみました。

pololed_09.jpg

この時点で、LEDに交換できていないのは、バックランプとリアフォグランプです。その他はとりあえずLED化できました。

さて、不安だった球切れ警告灯ですが、、、予想通り点灯しました(爆)

pololed_10.jpg

一応、エラーフリー、キャンセラー付きを選んで買ってきたつもりですが、調べるとブレーキランプに使ったS25のLEDにはその記載がなく、これが原因かも。

安さに釣られるとこういうことになるという教訓です。

キャンセラー付きのLEDは付いていないものより1.5倍ぐらいの価格はしますので、つい安さでポチするとあとで後悔しますが、キャンセラー付きのLEDは耐久性がないという話しも聞いたことがあります。どっちもどっちです。

球切れ警告灯を消すには、抵抗を入れる(キャンセラー)というワザがありますが、2個で1500円程度しますので、それぞれ全部のLED回路に入れるのは実質無理なのでキャンセラー付きLEDを購入するのが正解でしょう。

一度、全部元に戻して、なにがエラーの原因かを調べてみる必要がありそうですが、ま、ま、ま、とりあえずこれで行こう!

あとはバックランプ用のS25(ピン180度)とリアフォグ用のBAY9S H21W(ピン120度)を手に入れて、念のためにブレーキランプ用のS25もキャンセラー付きを買っておくとします。

そのあたり検証してみた結果はまた後日にでも。

ポロGTIにモロモロ用品の取り付け2(ルームランプ等LED交換)





◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX
posted by makan at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ポロGTI

2021年08月04日

2021年7月麺食記




お隣の東京都には7月12日から4度目となる緊急事態宣言が発令され、ますます飲食店は窮地に立たされていて気の毒な限りです。と言いつつ、私の住む神奈川県も8月2日に宣言が出されました。

ラーメン専門店の場合は、以前からアルコールの売上げに頼るところは少なそうで、外出自粛や営業時間の短縮などの影響はありますが、居酒屋などと比べると比較的被害は小さそうです。

そして多くの店では窮屈だった座席は間の1席ずつ空けて間隔をとり、カウンターの上には仕切り板を置き、感染症対策をしてくれているので、安心して利用できますが、店側としては確実に売上減少に悩んでいそうです。

ワクチンが行き渡ったあとでも、今後数年間は、こうしたモデルが定着していくのでしょうかね。

それでは7月の麺食記です。

2021年7月7日
横浜家系ラーメン 武骨家 溝口店(JR南武線、東急田園都市線溝の口駅近く)
醤油豚骨スペシャル 並 900円 ライスは無料

202107ra_01.jpg

202107ra_02.jpg

202107ra_03.jpg

家系ラーメンを主とするチェーン店です。ラーメンのスープがぬるいと言う評判を聞いていましたが、ここの店のスープは、麺を食べ終わる頃でも火傷しそうなぐらい熱々でしたので、店と言うか作り手によるのかも知れません。

あまりこのチェーン店の評価は高くないようですが、私にはとても美味しく思いました。バカ舌かもしれませんが。

無料のライスに漬物のキューちゃんを乗せ、ラーメンの海苔で巻いて食べるのは至高のひとときです。

味変用に、頼めば、追加のニンニクと生姜を出してくれますが、言わないと出してくれないのはちょっと残念。できれば自由にとれるようにカウンターに置いて欲しいところです。

  ◇   ◇   ◇

2021年7月12日
居酒屋 りゅう(宿河原駅から徒歩12分、府中街道沿い、幸楽苑 川崎宿河原店斜め向かい)
濃厚すぎるチーズラーメン 並 1100円 ランチメニューにはすべて味噌汁とミニサラダ付き

202107ra_04.jpg

202107ra_05.jpg

202107ra_06.jpg

駐車場もないし(居酒屋さんですから)、駅(宿河原か向ヶ丘遊園)からは遠いし、地元民御用達っぽい感じ。

先月にも来ていて、そのときは「ピリ辛魚介とん骨つけ麺(680円)」を食べましたがたいへん美味で、その時メニューにあった「チーズラーメン」とやらを興味半分で食べてみたくなって再訪です。

ランチにはもれなくサラダと味噌汁がつきます。他のランチメニューにある丼ものならともかく、チーズラーメンに味噌汁とはなんともアンマッチな気がしますが、とても美味しいので許せます。

今回チーズラーメンは初めて食べましたが、最初のウチは美味しいのですが、しばらく食べていると当たり前ですがチーズの味しかしないので、すぐに飽きちゃいました。

写真をみると、見かけはおもいっきり「おじや」っぽい感じですね。

ちょっとお値段高めだし、よほどのチーズ好き以外にはおすすめはできないかなぁ。

 ◇   ◇   ◇

2021年7月16日
RAMEN ぼんくら(JR南武線中野島駅近く)
スペシャルぼんくら 880円 替え玉100円 計980円

202107ra_07.jpg

202107ra_08.jpg

202107ra_09.jpg

当初は以前、宿河原近くにあった「えんどうもん」が中野島駅そばに移転していたことを知ったのでそこへ行くつもりでしたが、臨時休業だったので、Bプランとしてすぐ近くのこの店に行きました。

基本は九州博多とんこつラーメンの店で、全部のせのスペシャルには「焦げあとが香ばしい柔らかチャーシュー」2枚、「のり」3枚、「味玉」、「青ネギ」がのっています。

さらにライスまたは、ぼん飯という「おかかわさびご飯」が付きますので、なかなか豪華で良かったです。

さらにもっとゴージャスにいきたいセレブな人向けには、スペシャルの上のウルトラと言うのもあります。

おかかわさびご飯が付くので、替え玉は不要と思っていたけど、やっぱり物足りなさを感じて替え玉を頼みました。とっても美味しかったです。

  ◇   ◇   ◇

2021年7月23日
だるまのめ 狛江駅前店(小田急線狛江駅すぐ近く)
こってりとんこつらぁ麺770円+ネギトッピング110円 計880円

202107ra_10.jpg

202107ra_11.jpg

追加トッピングのネギと、カウンターにある薬味を全部乗せしたところ
202107ra_12.jpg

202107ra_13.jpg

中に入ってから気がつきましたが、1年前にも来ていました。「だるまのめ」は東京を中心に「壱角堂」や「油そば」などとともに展開するFCチェーン店で、九州博多ラーメンがメインです。

前に来た時は、替え玉10円の看板に釣られて来ましたが、いまは替玉は110円に戻っています。

カウンターに置いてある、ニンニクやゴマ、紅生姜、辛高菜は入れ放題は嬉しいです。味はまぁ普通です。


2021年6月麺食記(ガキ大将 川崎鷺沼店、居酒屋りゅう、博多禿鷹、熊大路、まっち棒)

2021年5月麺食記(濃厚豚骨ラーメン こく丸、天下一品、萬福楼、まるきんラーメン、さつまっ子)

2021年4月麺食記(麺飯坊 無双、まこと食堂、清正、壱龍、たまがわや、赤坂麺処 友)





◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX
posted by makan at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン/グルメ