2020年08月01日

ソニーαアカデミーの初心者向け講習会へ行ってみた



会社をリタイアしたときに、記念品としてもらったミラーレスカメラの使い方を真面目に勉強しようと、講習会へ参加してきました。

大昔にCanon製の一眼レフカメラ(フィルムカメラ)を持っていたので、自己流で基本的なことは知っていたものの、デジタルカメラについては、コンパクトカメラしか使ってなく、ちゃんと効率よく学んでおこうという目論見です。

カメラがソニー製なので、ご本家のソニーαアカデミー(銀座教室)ってところで開催しているコースを申し込みました。

会場は銀座のど真ん中、銀座4丁目交差点にあり、地下鉄銀座駅からそのままビルのB1に入れる便利な場所です。銀座三越と道を挟んで向かい、戦後は進駐軍のPXにもなった和光の斜め向かいです。

sony202007_1.jpg

sony202007_2.jpg

教室のあるフロアはソニー製品のショールームになっていて、銀座らしく高級感あるインテリアです。

ひとつめは90分の参加費無料の「使い方基本講座 一眼カメラ経験者向け講座

そしてもうひとつ4時間の有料コース「撮影基本講座1 写真の基本を学ぶ 短期集中コース

アハハ、初心者丸出しです。

仕事関係でちょくちょくセミナーへ参加することはあっても、こうした趣味や遊びでキチンと学ぶってことは、一番最近でも2008年にとった1級小型船舶操縦免許ぐらいで、それから12年が経っています。

まずは、「使い方基本講座 一眼カメラ経験者向け講座

コロナ感染者が再び増加している中で、セミナーってどうなのよ?って気もしますが、申込みをしたのが1ヶ月ぐらい前のことで、有料コースはお金も支払っているので仕方ありません。結構人気らしく、1ヶ月ぐらい前でないと、都合の良いコースがとれないのです。

早めに着いたので、しばし銀ブラしましたが、平日の午後で、人出は少なめ、その代わり感染者増加のインタビューをするためにか街頭でテレビ撮影クルーがあちこちに張っていました。

時間になって、ショールームと同じフロアの教室へ。体温を測られ、手を消毒して自由に席に着きます。

机の上には、「有料コース15%OFF!」というチラシが、、、遅いわ〜!もうとっくに有料コース申し込んで支払いも終わっている。悲しい、、、

くれぐれも入門編(無料)と初級編(有料)は一緒に申し込まず、入門編に出て割引券をゲットしてから初級編を申し込むと、ランチ代ぐらいは浮きますよ〜

他の生徒は、密を避けるために席の間隔をあけて私以外に7人。男女半々ぐらい。コロナ以前だと、詰めると20人ぐらいは入れそうな教室です。

カメラの趣味と言えば昔は男性9割以上だったのが、最近は女性の一眼カメラファンが増えてきたというか、受講者に限れば男女半々です。インスタとかVLOGとかの流行も関係しているのかな。

使い方基本コースなので、私と同様、概ね素人さん。でも「普段はautoモードで使っている」というのは私一人でした。みなさんちゃんと絞り優先やシャッタースピード優先モードを使っているのですねぇ、、、私はまだコンデジの手軽さから脱却出来てません。

講習内容は、取扱説明書の中の基本的な設定や操作などで、滅多に使いそうもないけれど、こういう便利な機能もあるなど、知識として知っておくことがメインです。無料ですのでαシリーズを持っている初心者は受けておくのをお勧めします。

なにかレジメでもあるのかと思っていたら、投影だけでした。その代わり、メモを取る代わりに、投影されたものを撮影しても構わないということです。

次に、別の日ですが「撮影基本講座1 写真の基本を学ぶ 短期集中コース」です。この日は2時15分から6時45分までと長丁場です。

途中に30分の休憩時間がありますが、場所が銀座のど真ん中ということもあり、ビル内にコンビニも自販機もないので、あらかじめ地下鉄構内の自販機でペットボトルのお茶を買って持ち込みました。

すぐ近くにあるあんぱんの元祖、銀座木村家のあんパンもお土産にと買ってましたが、さすがに講習会場では食べません(笑)

今回の参加者はやはり密を避けて7名。受講者の機種は、α6000シリーズの方が5名に私と同じα7Vがもうひとりで、男性4名、女性が3名です。年齢層は30代〜40代って感じの方が多い感じです。平日の午後ですから、みなさん仕事を休んで来られているのでしょうかね?

内容は、「撮影基本講座2(全5回)」の撮影実習2回分を省略し、内容をまとめて全2回に短縮した講座で、座学が基本です。

今回は有料コースと言うこともあり、オールカラーのテキストも付きます。

sony202007_3.jpg

目次は、

1)カメラの構造 2)撮影モード(露出モード) 3)ピント(フォーカス) 4)露出(明るさ) 5)絞りとシャッタースピードによる描写の違い 6)ISO感度 7)ドライブモード

ってところで、先に受けた「使い方基本講座 一眼カメラ経験者向け講座」から、露出とピントに関して濃くした内容で、手元にある小物を使っての練習も兼ねながら確認していきます。

sony202007_4.jpg実機を元にして、操作とその効果を見ながら、自分のカメラで確かめられるので、身につきそうです。

ただ、ソニーのαシリーズと言っても、機能は少しずつ違っていて、自分のカメラにない機能の説明を長々とされても、悔しい思いをするだけですので、できれば、αシリーズに共通する機能の説明だけにして欲しかったです。今回はα6000シリーズの方が多かったせいかも知れませんが。

それは直接講師に言え!」って?

そんなの小心者の私にはできません(笑)

一通り、絞り、シャッタースピード、ISOの露出については理解出来たし、古いフィルムカメラの頃とは違う点もわかりました。

フォーカスについても、今までは中央で合わせてから半押しして動かしていましたが、そんなことする必要もなく、焦点を合わせたいところに合わせるテクも身につけたし、電車やレーシングカーのように動く被写体の合わせ方も理解したし、滝の流れを綺麗に撮ることもできそう。

これでようやくド素人からの脱却ができるかな。

【関連リンク】
リタイアとミラーレス一眼SONYα7V入門

ソニー ミラーレス一眼 α7 III ズームレンズキット FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS ILCE-7M3K




ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記