2020年08月29日

クルマの古書 その2



クルマの古書 その1」では、技術的な解説書として「無敵の最新FF車運転テクニック」黒沢元治著と「高性能シャシーの研究」舘内端著を紹介しました。

今回紹介するのは、いずれもクルマを主人公やテーマととした小説で、昭和54年(1979年)〜60年(1985年)頃に発刊された単行本です。

1)「メルセデスの伝説」五木寛之著 昭和60年 講談社 定価1,200円

2)「パンサー特急」田中光二著 昭和54年 徳間書店 定価980円

3)「殺しのラフロード」新宮正春著 昭和58年 講談社 定価800円

  ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

1)の「メルセデスの伝説」は、戦前に同盟国ヒトラーから天皇陛下に寄贈されたという白銀の高級車メルセデスベンツ グロッサーの行方を探すTVディレクターの話しです。

hon2020_11.jpg hon2020_12.jpg

著者の五木寛之氏は、クルマに詳しく、「雨の日には車をみがいて」などの著書もありますが、この「メルセデスの伝説」は最高のデキと言える歴史ミステリー&サスペンス小説に仕上がっています。

Amazonで調べると単行本はなく(2020年8月28日時点)、文庫本で1200円以上と結構な人気です。

  ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

2)の「パンサー特急」の著者田中光二氏は、仲間を死に追いやった金色のスカイラインGTRを宝くじで得た大金をつぎ込んだセリカLBボルトオンターボで追いかける「白熱(デッドヒート)」など、カーアクション満載の小説が多く、これもそのうちのひとつです。

hon2020_13.jpg hon2020_14.jpg

主人公は、クルマでの運び屋を生業にしていていますが、その仕事というのが、違法すれすれだったり、追われている人物を送り届ける仕事だったり、お金に糸目を付けないという依頼主からの仕事だけを請け負っています。

そのため、使うクルマは三種類、ロータリーワゴン、ラリーに向いたセダン、そして4WD。それらのクルマをそれぞれの仕事に応じて使い分け、困難な仕事をクリアしていくという内容です。

そう言えば映画で「トランスポーター」(2002年)というのがありましたね。それより20年以上も前に、同じテーマ、シチュエーションの小説が日本で出ていたわけで、別にパクりとかではないにしても、そのオリジナルとも言える作品です。

  ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

3)の「殺しのラフロード」は、月刊ベストカーガイド(現在のベストカー)に連載されていた小説で、主人公は、元プロラリーストですが、現在のアメリカの病院で麻酔医として勤務しています。

hon2020_15.jpg hon2020_16.jpg

主人公の愛車はヨーロッパ向けのランサーEX2000ターボで、そのランタボのバンパーの中にいつの間にか大量の麻薬が仕込まれていて、知らないうちに運び屋となっています。そのためその麻薬を奪おうと銃撃を受けたり、追跡されたりしますが、そこはランタボの性能とラリーストのドライブで難を切り抜けていくというストーリー。ちょっとハチャメチャなところがあるのはご愛敬。

著者の新宮正春氏はすでに故人ですが、報知新聞記者などのあと作家へ転身し、歴史時代やジャイアンツなどをテーマにしたプロ野球関連の小説が残っています。クルマ関連の小説は珍しいようです。

上記1)2)の二冊は外観も中身も割と綺麗ですが、この3)だけは少し紙のヤケが入っています。紙質の差がでている感じです。いずれも破れ等はありません。

  ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

今回もこの三冊をセットにし、もし欲しい方がいらっしゃればお譲りします。

送料込み(離島、海外除く)で、1,500円です。申し訳ありませんが、バラ売りはしません。
先着1名様、問い合わせからその旨、ご連絡ください。近場(川崎市とその周辺地域)なら手渡しも可です。販売有効期間は2020年10月末まで。

Amazonで調べると、
メルセデスの伝説」 単行本はなく文庫本で送料込み 1,250円〜
パンサー特急」 送料込み 2,761円〜
殺しのラフロード」 送料込み  530円〜
(2020年8月28日時点)

クルマの古書 その1」もよろしく!

◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

【お出掛けレポート】
伊豆へ紅葉偵察ドライブ その1
信州・草津ドライブ探訪 その1
成田へドライブ(1)
東北激走ツアー2018 その1(山形、秋田、青森、岩手 2018年7月)
由比のさった峠と富士川ドライブ2018
金運神社〜笛吹桃源郷
浜石岳から由比へ2016
東北ツアー2015(青森、岩手)その1
関ヶ原と京都旅その1
日光東照宮〜いろは坂〜わたらせ渓谷弾丸ツアーPart1
お伊勢参りとルーブル彫刻美術館ツアー(その1)




posted by makan at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感

2020年08月22日

クルマの古書 その1




コロナ自粛で、自宅の書棚をゴソゴソと整理していたら、学生の時から独身時代に買ったかなーり古いクルマ関係の本や雑誌がいっぱい出てきました。

今回はその中から、解説書の書籍二冊を紹介です。

1)差をつける走り方、選び方「無敵の最新FF車運転テクニック」ずばり!きみをFFスペシャリストにする本 黒沢元治著

hon2020_01.jpg

2)高性能シャシーの研究 自動車ハイメカニズムスタディ 舘内端著

hon2020_02.jpg

まず1冊目、長い副題が前後に付いていますが、「無敵の最新FF車運転テクニック」の発刊は昭和58年というから1983年のことです。購入したのもこの年です。

このとき、当時としては高額なこの本(定価850円)を私に買わせた理由は、それまではずっとオーソドックスなFR車ばかりに乗っていたところ、この年に初めてホンダプレリュード(1983年式 1.8 XX AB型)のFF車に乗ることとなったことによります。

この本にもFF車の代表として、プレリュードが紹介されています。

当時のFF車では、カムリ/ビスタ、カペラ/テルスター、フローリアンアスカ、コルディア/トレディア、アコード/ビガー、オースターJX/バイオレットリベルタ/スタンザFX、レオーネ、ファミリア/レーザー、サニー/ローレルスピリット、パルサー/ラングレー/リベルタビラ、ターセル/コルサ/カローラII/スプリンターカリブ、バラードスポーツCR-X、ミラージュII/ランサーフィオーレ、シティ、シャレード、マーチなどがあり、それぞれに評価されています。

hon2020_03.jpg

hon2020_04.jpg

肝心のFF車ドライビングですが、当時のクルマ全般に言えますがまだブレーキ性能がイマイチで、特に下り坂では、FF車は危険なことが多く、「(FF車は)下り坂では積極的に道を譲れ」とか書かれています。

当時のFF車にはコーナーでアクセルを強く踏めば、どアンダーステアが出て、飛び出しそうになったり、逆にアクセルを急に緩めるとオーバーステアが強めに出るタックインする傾向があり、それらアクセルの開閉をうまく生かしたスポーツ走行について詳しく書かれています。

またFF車選びにおいては、エンジンパワーよりも、サスペンションとブレーキ性能で選べと書かれていますが、現在のクルマはほとんどがFF車ですので、選び方も変わってきているでしょうね。

そういう点では、当時のプレリュードは、凝った4輪Wウイッシュボーンサスペンション、ブレーキは国産車初の4ALB(4輪アンチロックブレーキ)と、居住性以外は高得点を獲得出来たわけです。

  ◇     ◇     ◇     ◇     ◇     ◇

2冊目の「高性能シャシーの研究」は、そのタイトルからもわかるとおり、ちょっと専門的な内容で、上記と同じ1983年に発刊された本です。定価は1800円で、専門書と言うこともあり当時としてはかなり高額です。

目次を見ても、第1章 操縦性と安定性 第2章 サスペンション 第3章 ステアリング 第4章 ブレーキ 第5章 動力伝達装置 第6章 エアロダイナミクス 第7章 フレーム剛性、騒音、振動、軽量化となっています。

hon2020_05.jpg

hon2020_06.jpg

著者の舘内端氏は、東京大学宇宙航空研究所に勤務した後に、レーシングエンジニアを務めたり、自動車評論家として活躍されている方です。最近は買っていないのでわかりませんが、ずっとカーグラフィック誌のコラムを書いておられました。最近はEVの専門家として時々見かけます。

クルマを感性で語るのは誰でもできますが、この本に書かれているような、空力やバネ条数、慣性力など各種の数値や理論や、構造による変化、耐性など専門理論で語れる人は極めて稀でしょう。

私?ムリムリ

一応、当時は勉強しようと試みましたが、身についたかというと、半分も内容が理解ができませんでした。身についていれば、今頃はカーグラフィック誌にコラムでも書いているかも〜ってそれはあり得ません。

この2冊、欲しい方がいらっしゃれば、お売りします。多少ヤケはありますが、中身は意外と綺麗です。

2冊セットにして1500円、送料込み(外国、離島除く)で、先着1名様、問い合わせからその旨、ご連絡ください。近場(川崎市とその周辺地域)なら手渡しも可です。販売有効期間は2020年10月末まで。

参考までにAmazonでの販売価格(2020/8/21時点、いずれも中古品)
無敵の最新FF車運転テクニック 送料込み 349円〜
高性能シャシーの研究 送料込み 3,245円〜

クルマの古書 その2へつづく

◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

【旧車シリーズ】
旧車シリーズ(日産編)
旧車シリーズ(スバル富士重工編)
旧車シリーズ(三菱自動車編)
ブラオヤジ2(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ3(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ4(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ5(含む旧車シリーズ)
さくら咲く2+名車
ブラオヤジ7(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ8+名車列伝



posted by makan at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感

2020年08月08日

2020年7月麺食記

2020年7月3日
九州一番 登戸店(小田急向ヶ丘遊園から徒歩10分多摩警察署近く)
長崎皿うどん 大盛、太麺、1342円

202007_01.jpg

202007_02.jpg

向ヶ丘遊園近くの地元で20年以上営業してるお店で、いつも常連さんが多いのが特徴のお店です。前回2014年に来たときは、看板メニュー?の「長崎ちゃんぽん」を食べました。

今回は、野菜がたっぷり入った健康的な長崎皿うどんです。麺は太麺と細麺(揚げ麺)が選べますが、今回は太麺でいきます。

食券ではなく口頭でオーダーしますが、「皿うどん大盛り!」で頼んだところ、「皿麺ダブル!」と調理場へ通していて、大盛りは麺が倍の量なんですね。出てきたお皿も大きく、それに目一杯盛ってあり、いや、めちゃ多かったです。

さらに、お昼時だったので、「(無料の)半ライスは?」と聞かれましたが、当然遠慮しておきました。ちゃんと残さず必死に全部食べましたよ

   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

2020年7月10日
ラーメンショップ川崎水沢店(川崎市中央卸売市場北部市場近く)
ネギラーメン大盛、950円

202007_03.jpg

202007_04.jpg

近くに駅はなく、近所の人以外はクルマでしかいけない場所ですが、ラーメンショップ(通称ラーショ)系列の人気店です。店の隣にコインパーキングがあり、そこに停めて駐車証明書を店で見せると30分間無料になるコインがもらえます。

この系列店はあちこちで見かけますが、国内に300店舗ほどあるとのことです。基本フランチャイズ店ですが、本部の締め付けは厳しくなく、地域によってそれぞれメニューに特徴があり、画一的でないのが面白いです。

このお店は初めてですので、一番人気?のネギラーメン(大盛り)をオーダーしました。大盛りは本当に大盛りで苦しいかもと聞いていましたので、ボリュームのあるチャーシュー麺ではなくネギにしておきました。

麺は細麺で、しかも好きな味で、とても気に入りました。また今度は別のラーショにも伺いたいです。

   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

2020年7月12日
自宅でインスタントラーメン(サッポロ一番醤油)

202007_05.jpg

野菜をたっぷり食べたかったので、自前で調理。キャベツ、モヤシ、にんじん、タマネギ、ネギを軽く炒め、片栗粉を入れて野菜あんかけ風ラーメンに。干しエビと刻み海苔をまぶして完成。丼は餃子の王将でもらったもの。

   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

2020年7月22日
麺一 溝口店(JR南武線・東急田園都市線 溝の口駅から徒歩5分)
チャーシュー麺(醤油味)+中盛り 940円

202007_06.jpg

202007_07.jpg

202007_08.jpg

溝の口の駅からはやや離れた場所にありますが、古くからある人気店です。店の裏の一方通行の道沿いに数台分の駐車場があります。あるいは斜め向かいのOKストアに駐車して買い物ついでに立ち寄る人も多そうです。

家系ラーメンと言われていますが、ほうれん草ではなく、多めのワカメがトッピングされていました。チャーシューは小さめで食べやすく、中盛り(麺1.5)でも問題なく完食できます。

お味は、前週に食べたラーメンショップのラーメンと似た感じで、悪くありません。特に特徴がないこういう真面目なラーメンが長く生き残るのでしょう。


   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

7月31日
麺屋ひょっとこ 銀座店(銀座6丁目、泰明通り)
和風柚子焼豚麺960円+大盛り180円

202007_09.jpg

202007_10.jpg

202007_011.jpg

所用で銀座へ出てきたので、密にならない行列のなさそうなこの店へ。人気がないというのではなく、徒歩10分ぐらいの有楽町交通会館に同店の本店があり、比較的こちらの店は空いているとのことなので。

やっぱり場所柄というか、観光客向けというのもあるのでしょうか、高いですねぇ、、
元々はきしめんのお店が発祥と言うことらしく、和風な味や、柚子の爽やかな感じとか、お値段以外は素晴らしいのひと言です。

過去のラーメン&B級グルメINDEX
◆ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 11:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン/グルメ

2020年08月01日

ソニーαアカデミーの初心者向け講習会へ行ってみた



会社をリタイアしたときに、記念品としてもらったミラーレスカメラの使い方を真面目に勉強しようと、講習会へ参加してきました。

大昔にCanon製の一眼レフカメラ(フィルムカメラ)を持っていたので、自己流で基本的なことは知っていたものの、デジタルカメラについては、コンパクトカメラしか使ってなく、ちゃんと効率よく学んでおこうという目論見です。

カメラがソニー製なので、ご本家のソニーαアカデミー(銀座教室)ってところで開催しているコースを申し込みました。

会場は銀座のど真ん中、銀座4丁目交差点にあり、地下鉄銀座駅からそのままビルのB1に入れる便利な場所です。銀座三越と道を挟んで向かい、戦後は進駐軍のPXにもなった和光の斜め向かいです。

sony202007_1.jpg

sony202007_2.jpg

教室のあるフロアはソニー製品のショールームになっていて、銀座らしく高級感あるインテリアです。

ひとつめは90分の参加費無料の「使い方基本講座 一眼カメラ経験者向け講座

そしてもうひとつ4時間の有料コース「撮影基本講座1 写真の基本を学ぶ 短期集中コース

アハハ、初心者丸出しです。

仕事関係でちょくちょくセミナーへ参加することはあっても、こうした趣味や遊びでキチンと学ぶってことは、一番最近でも2008年にとった1級小型船舶操縦免許ぐらいで、それから12年が経っています。

まずは、「使い方基本講座 一眼カメラ経験者向け講座

コロナ感染者が再び増加している中で、セミナーってどうなのよ?って気もしますが、申込みをしたのが1ヶ月ぐらい前のことで、有料コースはお金も支払っているので仕方ありません。結構人気らしく、1ヶ月ぐらい前でないと、都合の良いコースがとれないのです。

早めに着いたので、しばし銀ブラしましたが、平日の午後で、人出は少なめ、その代わり感染者増加のインタビューをするためにか街頭でテレビ撮影クルーがあちこちに張っていました。

時間になって、ショールームと同じフロアの教室へ。体温を測られ、手を消毒して自由に席に着きます。

机の上には、「有料コース15%OFF!」というチラシが、、、遅いわ〜!もうとっくに有料コース申し込んで支払いも終わっている。悲しい、、、

くれぐれも入門編(無料)と初級編(有料)は一緒に申し込まず、入門編に出て割引券をゲットしてから初級編を申し込むと、ランチ代ぐらいは浮きますよ〜

他の生徒は、密を避けるために席の間隔をあけて私以外に7人。男女半々ぐらい。コロナ以前だと、詰めると20人ぐらいは入れそうな教室です。

カメラの趣味と言えば昔は男性9割以上だったのが、最近は女性の一眼カメラファンが増えてきたというか、受講者に限れば男女半々です。インスタとかVLOGとかの流行も関係しているのかな。

使い方基本コースなので、私と同様、概ね素人さん。でも「普段はautoモードで使っている」というのは私一人でした。みなさんちゃんと絞り優先やシャッタースピード優先モードを使っているのですねぇ、、、私はまだコンデジの手軽さから脱却出来てません。

講習内容は、取扱説明書の中の基本的な設定や操作などで、滅多に使いそうもないけれど、こういう便利な機能もあるなど、知識として知っておくことがメインです。無料ですのでαシリーズを持っている初心者は受けておくのをお勧めします。

なにかレジメでもあるのかと思っていたら、投影だけでした。その代わり、メモを取る代わりに、投影されたものを撮影しても構わないということです。

次に、別の日ですが「撮影基本講座1 写真の基本を学ぶ 短期集中コース」です。この日は2時15分から6時45分までと長丁場です。

途中に30分の休憩時間がありますが、場所が銀座のど真ん中ということもあり、ビル内にコンビニも自販機もないので、あらかじめ地下鉄構内の自販機でペットボトルのお茶を買って持ち込みました。

すぐ近くにあるあんぱんの元祖、銀座木村家のあんパンもお土産にと買ってましたが、さすがに講習会場では食べません(笑)

今回の参加者はやはり密を避けて7名。受講者の機種は、α6000シリーズの方が5名に私と同じα7Vがもうひとりで、男性4名、女性が3名です。年齢層は30代〜40代って感じの方が多い感じです。平日の午後ですから、みなさん仕事を休んで来られているのでしょうかね?

内容は、「撮影基本講座2(全5回)」の撮影実習2回分を省略し、内容をまとめて全2回に短縮した講座で、座学が基本です。

今回は有料コースと言うこともあり、オールカラーのテキストも付きます。

sony202007_3.jpg

目次は、

1)カメラの構造 2)撮影モード(露出モード) 3)ピント(フォーカス) 4)露出(明るさ) 5)絞りとシャッタースピードによる描写の違い 6)ISO感度 7)ドライブモード

ってところで、先に受けた「使い方基本講座 一眼カメラ経験者向け講座」から、露出とピントに関して濃くした内容で、手元にある小物を使っての練習も兼ねながら確認していきます。

sony202007_4.jpg実機を元にして、操作とその効果を見ながら、自分のカメラで確かめられるので、身につきそうです。

ただ、ソニーのαシリーズと言っても、機能は少しずつ違っていて、自分のカメラにない機能の説明を長々とされても、悔しい思いをするだけですので、できれば、αシリーズに共通する機能の説明だけにして欲しかったです。今回はα6000シリーズの方が多かったせいかも知れませんが。

それは直接講師に言え!」って?

そんなの小心者の私にはできません(笑)

一通り、絞り、シャッタースピード、ISOの露出については理解出来たし、古いフィルムカメラの頃とは違う点もわかりました。

フォーカスについても、今までは中央で合わせてから半押しして動かしていましたが、そんなことする必要もなく、焦点を合わせたいところに合わせるテクも身につけたし、電車やレーシングカーのように動く被写体の合わせ方も理解したし、滝の流れを綺麗に撮ることもできそう。

これでようやくド素人からの脱却ができるかな。

【関連リンク】
リタイアとミラーレス一眼SONYα7V入門

ソニー ミラーレス一眼 α7 III ズームレンズキット FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS ILCE-7M3K




ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEX

posted by makan at 11:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記