2020年05月30日

ガスコンロの交換とガス漏れ警報器

2005年と言うから15年前に自宅のガスインフラがプロパンから都市ガスへ変わりました。

今でもご近所にはプロパンガスの家やアパートが多くありますが、この地域は都市ガスの普及が遅れていたんですねぇ、、、って言うか、業者の人と話しをすると、大手の東京ガスが中小零細のプロパンガス業者に気をつかって、プロパン業者が根強い地域にはあまり積極的に変更(営業)しなかったという事情もあるそうです。

プロパンガスの燃焼力の強さなど、利点もありますから、料理店など商店では今でも多くの店がプロパンにしています。でもやっぱ一般家庭では交換作業の必要がなく価格も安い都市ガスでしょう。

それはそうと、その15年前に都市ガスに変わった時、キッチンのガスコンロも新調していました。プロパン用のコンロから都市ガス用に変更する際、この際新しいコンロを買おうと、東京ガスの言いなりになって購入したものです。

その時に取り替えたのは、東京ガスブランド(OEM)のハーマン社の3口ガスコンロ(C3GA5RNLG)でしたが、その「ごとく(五徳)」が何カ所か折れてしまっていて、ごとくの上に置く鍋やフライパンの安定が悪くなっていました。そりゃー危ないでしょう。

conro_01.jpg

最初はごとくだけ交換すりゃいいじゃんと思って、探しましたが、さすがに15年も前の製品の補修部品はなく、似たような別の製品を買って試しましたが、微妙に合わずに断念しました。

仕方がないので、ガスコンロを通販で買ってサクっとDIYしようと思って調べると、家で使っているビルトインコンロの場合、コンロの下に付いているガス管の根元での接続には資格が必要とのことで、賃貸によくあるようなテーブルガスコンロを買ってきて、ホースを自分でつないですぐ利用とはいかないことを知りました。

もちろん、自分で購入、設置して、ガス接続の作業だけを業者に依頼するということもでき、それが一番お安く済みそうですが、設置するのと、業者に来てもらうタイミングの調整など、いろいろと面倒なこともあるので、ここはプロの専門業者さんにすべて頼むことにしました。

いろいろネットで調べて、某業者さんにリンナイの製品を指定し、どうせ家に巣ごもっているので、工事はいつでも構わないからと、平日のおまかせ時間の工事割引をしてもらい、見積書をもらって契約しました。

リンナイメタルトップ・60cm・ダークグレー・水無し片面グリル RS31M5H2SBW 54,000円(取り付け工事込み)

conro_02.jpg

ネット通販で本体だけを買うと33,000円程度の製品です。それに、取り付け工事、古いコンロの撤去と廃棄、ガス管工事(要資格)で54,000円ならまずまずリーズナブルと思います。

さて、コンロも気持ちよくピカピカになった〜と思っていたら、東京ガスから、5年前に取り付けたガス漏れ警報器&火災警報器の期限(5年)がきたから交換をお勧めするというダイレクトメールが送られてきました。

conro_03.jpg

っもう次から次へと、、、

個人住宅の場合、ガス漏れ警報器の設置は義務づけされていませんが、火災警報器の設置は2006年以降に建てられた住宅には義務化されています。うちはそれ以前の建物なので、義務化の範囲外です。

それでもやはりないよりあった方が良いに決まっているので、5年という使用期限を律儀に守って交換することにしました。

前回は知らないうちに家人が東京ガス?に言われるまま、ガス漏れと火災警報器がセットになった製品を買って取り付けてもらっていましたが、今回は、これこそ取り付けに資格が必要なわけでもないので、自分で購入して取り付けることにします。

Amazonで調べて購入したのは、

新コスモス電機 住宅用火災(煙式)・一酸化炭素警報機 快適ウォッチ SC-715T

conro_04.jpg

この製品は、東京ガスから交換のお勧め品としてダイレクトメールに記載されていた同じ製品です。これなら文句はないでしょう。当然東京ガスから購入するよりはお得です。

ガス漏れ(一酸化炭素検知)、煙検知の火災警報の主装備の他、乾燥注意と熱中症注意の警報も付いています。必要とは思わないけど、、、

取り付けは、今まで設置していた場所にそのまま入れ替えです。今までの警報器が100V電源を必要としていてコードが延びていましたが、今回の製品はなんと内蔵電池だけで5年間は持たせるようです。えらい!

邪魔なコードもなく(正常に作動しているかを時々チェックするため引っ張るヒモはついている)、停電中でもちゃんと警報が生きているわけで、安心です。本当にちゃんと電池が5年も持つのか?という不安はありますが、交換手順なども書かれていないので、きっと持つのでしょう。

で、取り外した古い警報器は、レンタルではなく買い取りした製品なので、信頼性は使用期限が過ぎて落ちるでしょうけど、5年でピッタリ機能が停止するわけでもないでしょうから、そのままガス器具(冬にストーブ)を使う別の部屋に設置しました。火災警報器機能もあり、故障しない限り使い回しができていいですね。

conro_05.jpg

もうこれ以上、壊れてくれるなよ〜
冷蔵庫とかエアコンとか大物が壊れたら、手足をバタバタして暴れてやる〜

     

■ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ INDEXページ

posted by makan at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記