2019年10月19日

二館物語(岡本太郎美術館&登戸研究所資料館)その2



川崎市多摩区にある二つの施設(館)、前回紹介した「川崎市岡本太郎美術館」と、今回紹介する「明治大学平和教育登戸研究所資料館」へ行ってきたのでその紹介です。タイトルはディケンズの二都物語をもじりました。

明治大学平和教育登戸研究所資料館
20191005_01.jpg

前回のブログで少し触れましたが、この川崎市多摩区に拡がる丘陵地帯(旧向ヶ丘遊園地、生田緑地、専修大学生田キャンパス、明治大学生田キャンパス一帯)は、旧陸軍の秘密兵器開発の拠点「陸軍技術本部第9研究所」や、軍の依頼を受け密かにレーダーなどの研究・開発をおこなっていた「日本電気生田研究所」の跡地です。

それらの土地と建物は、戦後、重要軍事施設として米軍に接収されましたが、その後日本に返還され、川崎市や各大学などに売却されてきました。

特に「陸軍技術本部第9研究所」通称「登戸研究所」の施設があった場所には、現在でも当時を彷彿させるような建物や設備跡、当時に植樹されたヒマラヤスギなどが残されています。

本来なら譲り受けた先が再開発をする時に、すべて取り壊し更地にしてから新しくするところ、最終的に購入したのが利益や効率優先主義ではない明治大学農学部だったことが偶然にも幸いし、多くの建物や史跡が残ることになります。

大学の敷地の端っこに、高さ約 2.7m,幅約 1m,奥行約 15cmの巨大な1枚岩でできた「動物慰霊碑」があります。

裏には「昭和18年3月陸軍登戸研究所建之」とあります。「陸軍技術本部第9研究所」という正式名称ではなく、通称で書かれているところになにかちょっと曰くありげです。

20191005_02.jpg

単に実験で殺した小動物のために、このような巨大な一枚岩で、今の価格にすると何千万円もする慰霊碑を建てるというのは普通は考えられません。

関係者の話では、これはここ登戸研究所で研究・開発・製造された毒ガスや生物兵器などが、中国の南京へ持ち込まれ、そこで人体実験に使われ殺された多くの人々に対する慰霊碑だったというのが通説です。

戦後、敷地を買ったのが、明治大学農学部だったので、この慰霊碑を見つけた大学関係者は、過去のそうした曰くは知らず、碑銘の文字通り「農学部の実験において殺傷することもある小動物の鎮魂と慰霊をするのにちょうどよい」「動物慰霊祭を毎年この前でおこなおう」と、この碑が取り壊されずそのまま残ったということです。

同様に、大学の敷地内に古い生田神社が建てられています。元々は弥心神社(やごころ)という名称です。これは研究や知識の神様「八意思兼神」(やごころおもいかねのかみ)を分祀されたものと言われています。

20191005_03.jpg

この神社も動物慰霊碑と同様に、登戸研究所が陸軍から研究の功績を称えられ、副賞として得た巨額の賞金で建立したものです。

この神社が大学が買い取った後も、残ったのは、やはりこの場所に移転してきたのが大学の農学部だったことで、豊作祈願や収穫祭をおこなうのにこの神社がちょうど良いと判断されたそうです。まったく偶然とは恐ろしいものです。

そしてこの神社の脇に新しい石碑がひっそりと建てられています。

20191005_04.jpg

表面には「登戸研究所跡碑」、裏面は「すぎし日は この丘にたち めぐり逢う」という句が書かれています。建立されたのは終戦から43年後の1988年(現在から31年前)です。

句の意味は、「登戸研究所で働いていた人は、その秘密を固く誓い合ったが、長年が過ぎ、再びこの地でようやくその時の話しができるようになった」という思いを込めた句らしいです。

この研究所で働いていたのは軍人だけでなく、学生や取引業者など含め、民間人も多く雇われていたので、敗戦後に「なかったことにする」ため「秘密はすべて墓へ持って行く」と相当きつく箝口令がひかれたようです。

それだけに、その贖罪の気持ちや家族や親しい人にも打ち明けられない気持ちなど、苦しんだ人も多いだろうと想像できます。

さて、最後は資料館です。

資料館の中には、この登戸研究所の歴史から、研究されていた内容、その成果まで多岐にわたり展示がされています。

資料館自体も、当時の研究所の建物をそのまま利用されていますが、戦前の建物とは思えない、頑丈に作られていて、平屋で天井が高く、当時の最新の研究設備や空調機器などが施されていたようです。

登戸研究所で開発された兵器でもっとも有名なのは「風船爆弾」で、これは当時の気象庁の担当者から「ジェット気流に乗せて日本からアメリカ本土へ爆弾を飛ばすことができる」というアイデアが出てきて、ここ登戸研究所で研究・開発されました。

水道設備も近くにわざわざ浄水場を作り、配水管を通し、水栓も当時進んでいたアメリカ製のものを使っていたそうです。

左:風船爆弾模型 右:キャンパス内にある当時の消火栓(五芒星=陸軍マーク)
20191005_05.jpg

直径20mの和紙で出来た巨大な風船に水素を詰め、時限発火式の爆弾や焼夷弾を積み、実際に太平洋岸から9300発が放たれ、そのうち1000発以上がカナダやアメリカの北米大陸に到達したということです。

しかし残念ながら、風船なので、せいぜい30kgぐらいの爆弾や焼夷弾しか搭載できないので、心理的効果はともかく、実質的な成果はなかったそうです。ただアメリカ史上、本土が空爆されたのはこれが最初で画期的なことだったようです。

その他にも、この登戸研究所では、中国経済を破綻させるため中国の紙幣を大量に印刷していたり、ジュネーブ協定に違反する毒ガスや生物兵器を開発、製造していましたが、そうした戦時下における非道残忍なこともひっくるめて、登戸研究所です。

今は若い人を中心に、戦争が忘れられてきていますが、この長く隠蔽されてきた登戸研究所を研究テーマとして調べ始めたのが30年ほど前の川崎市の高校生(法政二高平和研究会)だったということや、こうした不都合な真実である史跡などが大学とは言え一民間企業の敷地内で奇跡的に残されていたことに感銘を受けました。

もし明治大学農学部でなく、オリエンタルランドや森ビルがこの土地を購入していたら、今頃は史跡は跡形もなく、ディズニーランドは千葉ではなくこの広い丘陵地帯に、虎ノ門ヒルズや六本木ヒルズではなく、近代的な高級オフィス兼マンション、生田ヒルズが生まれていたかもです。

見学は無料で、大学キャンパス内は広く、カフェやレストラン、それに1984年冬のマッキリーに消えた明治大学農学部OBの植村直己氏のモニュメント(写真下)もあり、家族連れでブラッと訪れるのも良いかも知れません。

20191005_06.jpg

二館物語(岡本太郎美術館&登戸研究所資料館)その1

【考察シリーズ】
バカバカしい軽自動車の馬力規制の考察(考察シリーズ30)
自動車の車幅に関する考察2(考察シリーズ29)
自動車の車幅に関する考察1(考察シリーズ28)
自動車盗難(2013)の考察(考察シリーズ27)
ラリーアートとSTIの明暗について(考察シリーズ26)
衝突防止装置の普及を加速するための考察(考察シリーズ25)
ランエボの維持費についての考察(考察シリーズ24)
もっと光をあてていい軽自動車の考察(考察シリーズ23)
高速走行中に集中豪雨に遭った時に関する考察(考察シリーズ22)
自動車部品の革新についての考察(考察シリーズ21)
ドアロックする?しない?についての考察(考察シリーズ20)


posted by makan at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月12日

二館物語(岡本太郎美術館&登戸研究所資料館)その1



川崎市多摩区は主に田畑や果樹園、大学キャンパス、それに東京へ通う人達の住宅地が拡がっているだけで大人が行ける名所、観光地と言える場所はほとんどないのですが、「川崎市岡本太郎美術館」と「明治大学平和教育登戸研究所資料館」は数少ない見所の多い施設です。あと向ヶ丘遊園跡地にできた「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」というのもありますが、基本子供向けです。

その二つの館を最近見学してきたので、2回に分けて紹介しておきます。

川崎市岡本太郎美術館」は、あの大阪万博でシンボルとなった太陽の塔の作者でもある、日本を代表する芸術家(彫刻、絵画、陶芸、書道など)岡本太郎氏の作品を集めた美術館です。

岡本太郎氏は明治時代の漫画家岡本一平氏と、歌人で作家の岡本かの子氏夫婦の長男として1911年(明治44年)に生まれ、1996年に84歳で亡くなるまで多くの作品を世に出してきました。

川崎市との関係は、生まれというか実家が川崎市高津区だったことで、1999年になぜか高津区ではなく隣の多摩区に美術館が完成しました。今年で開館20周年だったのですね。

岡本太郎美術館がある生田緑地周辺には、広大な丘陵地帯と二つの大学(明治大学と専修大学)キャンパスなどがありますが、このあたり一帯は、戦前までは旧日本陸軍が様々な秘密兵器を研究・開発するための「陸軍技術本部第9研究所」の跡地です。

今はこの生田緑地や岡本太郎美術館の最寄り駅は小田急線「向ヶ丘遊園」駅ですが、1955年までは「稲田登戸駅」という名称でした。したがってこの第9研究所は通称「登戸研究所」と呼ばれていました。

メイン入り口の生田緑地東口(向ヶ丘遊園駅から徒歩10分、有料駐車場や無料駐輪場もあり)から中に入ると、すぐに民家園(有料)の入り口があります。

okamoto1.jpg

今回は有料の民家園やプラネタリウム(かわさき宙と緑の科学館)はパスし、緑の中の公園をズンズンと進んでいきます。

近所の幼稚園や小学校の遠足や写生会場のメッカとなっている中央広場には、蒸気機関車D51(408号、昭和15年製)と、客車スハ42-2047(昭和23年製)が置いてあります。

okamoto2.jpg

私が小学生の低学年の頃までは、まだ山陰本線には蒸気機関車が走っていたので、夏休みに母親の実家へ行くときに何度か乗ったことがあります。懐かしいです。

さらに森の中を進んでいくと、岡本太郎美術館があります。生田緑地東口から徒歩で15分ぐらい歩きます。

美術館と言っても、デーンと建物がそびえているのではなく、地上には噴水やモニュメントと、地味なカフェがある程度で、美術館は地下に作られています。自然と景観をできるだけ残そうという趣旨なのかもです。

okamoto3.jpg

展示室への入り口
okamoto4.jpg

中の常設展示はフラッシュを使わなければ写真撮影もOKとのことで、割と自由に作品に触れたり座ったりできます。ただ部屋ごとに監視員が目を光らせているので、作品を汚したり傷を付けるようなことはダメですよ。

okamoto5.jpg

okamoto6.jpg

一巡して出口付近にあるミュージアムショップで、岡本太郎のデザインが入った文庫カバーでもあれば買おうと思っていたけどそれはなく、「TAROの夢 唐辛子入り最中(もなか)」をお土産に買いました。

okamoto7.jpg

お味は、、、唐辛子は余計ですね、ピリピリします、、、

外へ出でてから奥にあるシンボルタワー「母の塔」を見て、ウォーキングがてらに少し外回りをして東口へと戻ってきました。

okamoto8.jpg

あと、注意点がひとつ。

岡本太郎氏の作品を集めた場所はここだけでなく、東京都港区南青山に「岡本太郎記念館」というのがあります。この記念館は同氏のアトリエ兼住居を改装して作られました。名称も似ているので、よく間違えられるようですから気をつけてください。

二館物語(岡本太郎美術館&登戸研究所資料館)その2」へ続く

【ブラオヤジ・シリーズ】
ブラオヤジ
ブラオヤジ2(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ3(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ4(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ5(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ6
ブラオヤジ7(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ8+名車列伝

posted by makan at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月05日

走行動画撮影に関すること


少し前の「信州・草津ドライブ探訪 その1」(野麦峠、相澤病院、旧開智学校)の中に、動画の走行シーンがありますが、その動画を撮影するために、Amazonで購入したのが「ベストアングル 11インチ フレキシブル マジックアーム+スーパークランプ(¥1,180)」という代物です。

20191005_1.jpg

こうやって使います
20191005_2_2.jpg

20191005_2.jpg

走行中の動画


昨年の東北ツアーでは、小さめの三脚を助手席のヘッドレストに挟み込み、見かけは悪いけど、実用性はなかなか上出来かなと思いましたが、実際に撮影してみるとカメラの位置が低すぎて、前方の道路がほとんど映らない欠点があることがわかりました。

昨年の装着位置(路面がほとんど見えない)
20191005_3.jpg

このアングルを付けて少し上から撮影
20191005_4.jpg

つまり、シートとヘッドレストの間にある金属製の棒と同じ高さでは、走行中の路面はほとんど映らず、迫力に欠けるということです。

走行ラインがわかる前方の路面まで映すには、ヘッドレストの真ん中以上、できれば一番高い位置にカメラを設置することが必要です。

やっぱり専用品でないと、車中からの撮影ベストポジションは難しいのか?と思いつつ、背に腹は代えられず(そこまでして動画を撮影する意義は?ってことはさて置き)今回ツアー前に同製品を急遽買った次第です。

が、しかし、しかし、このアングル、見かけは頑丈そうですが、意外とヤワで、手で思い切り締める程度の強さでは、走行中に簡単に緩んでしまい、かと言ってレンチ等で締め上げると、プラスチック部分が簡単に破壊されそうです。

しかし仕方ないので、適度な締め付けで、峠道を走行してみたところ、やはり振動と慣性力にアングルの関節部分が負けてしまい、カメラがすぐにあらぬ方向へ向いてしまいました。

先のブログにあげた動画は短い動画をいくつかつないだものでしたが、その理由は、走行中にカメラのポジションが変わってしまい、その都度、クルマを停めてアングルの調整をおこなっていたからなのです(ノд<。)゜。

したがって、初日の朝に野麦峠に向かう道は撮影しましたが、その翌日、本当は一番撮影したかった万座スキー場へ向かう山岳路の走行シーンは、もう完全にあきらめムードて撮影はしていません。迫力あったんですけどね〜

別途ドライブレコーダーで映した走行シーンはあるのですが、それだとカメラの位置が前過ぎて、アクシデント時の記録用としては良いのですけど、走行シーンの動画としては面白味のないものです。

あと、注意点として走行中の動画を撮影するときには、例えうっすらとでも著作権がある音楽を流していてはダメで、昨年はそれを知らず動画をアップしたら直ちにレコード会社からクレームが入りました(T_T)。

そりゃそうですね。

なので、今回、野麦峠アタック動画では、その時だけカーナビのミュージックをOFFにし、撮影に臨みました。アングルなどがガチャガチャと音を立てるのは仕方ないとして、迫力あるエンジン音やタイヤ音など走行音が聞けます。

ドライブレコーダーの映像でも音声を拾っていますので、音楽を流していると、その動画をYoutubeなどにアップすれば、二日経たずしてきっとクレームが入りますので、ご注意を。

おそらく人の手ではなく機械的に著作権侵害がないか、新しくアップされる動画に対し終始チェックしているようです。

機械的と言うことは人間の耳ではほとんど判別できないような小さな音でも聞き分けて、流れている曲は誰のなんという曲かという指定までされます。

アングルは現在、取り外すのはもったいないので、そのまま付けてありますが、今のままでは役に立たないので、なにか他に良い方法がないものか悩んでいるところです。

ベストアングル 11インチ フレキシブル マジックアーム+スーパークランプ 値段下がってます(;´Д`)

【お出掛けレポート】
成田へドライブ(1)
東北激走ツアー2018 その1(山形、秋田、青森、岩手 2018年7月)
由比のさった峠と富士川ドライブ2018
金運神社〜笛吹桃源郷
浜石岳から由比へ2016
東北ツアー2015(青森、岩手)その1
関ヶ原と京都旅その1
日光東照宮〜いろは坂〜わたらせ渓谷弾丸ツアーPart1
お伊勢参りとルーブル彫刻美術館ツアー(その1)

■INDEXページ


posted by makan at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感