2019年07月27日

カーナビの地図更新のチャンスではあるが、、、



カーナビの地図更新は毎度悩ましいところです。毎年のように新しい道路が開通したり、高速の出入り口が増えたりしますので、知らない道をよく走る人は、常に最新版の地図を入れておかないと、遠回りしたり、無駄なルートを選択するハメにもなります。

なぜって?スマホの地図みたいに自動的に無料でアップデートされて更新されるわけではなく、専用のカーナビの地図更新にはご無体な!と思うほど高額な費用がかかり、そして更新には時間がかかりと、あまりしょっちゅうはやりたくない作業です。

これでも昔みたいに、カーナビ本体やハードディスクを取り外し、メーカーに送って地図など更新してもらうことを考えると、最近はパソコンへダウンロードしてそれをメモリーカードでインストールすればよく、かなり便利にはなってきています。

すでに、スマホや携帯電話とカーナビをつないで、直接ダウンロードできるものもあるとか。今後はそうなりますよね、たぶん。

ディーラーのビジネスとしても、顧客のクルマが点検や車検で預かった時に、「ついでに(メーカー純正)カーナビの地図ですが、最新版に更新しておきましょうか?費用は●万円です!」と明るく言えば、かなりの確率で儲けを上乗せできそうです。

それはさておき、ポロGTIに付いているカーナビは、車両の年式が2012年3月のモデルで、後付のカーナビ本体は2011年製のパイオニア カロッツェリア サイバーナビAVIC-ZH07です。地図は2年間の無料更新?がついていたようで、2013年版の地図まで更新されていました。

chizuwari2.jpg

でもやはり2013年の4年以上前の地図では役不足で、2017年11月に地図の更新料金17,000円を支払って更新をおこないました。いや〜めちゃ高かった、、、

カーナビ地図更新 2017年11月25日

この高値では5年ぐらいは次の更新はないかな〜と思っていましたが、「カーナビ地図更新3,600円」という広告をみつけ、「どうせインクリメントP(パイオニアの子会社で地図データ会社)の有料会員となり、別途毎月別途支払いがあるんだろ?」と思って眺めていたら、「MapFanプレミアム」の会員になる必要はあるものの、その年額3,600円(税別)だけで更新が可能と。

つまりマップファン会員の年額3,600円を支払えば、その1年間は更新し放題(年2回の全地図更新以外にも毎月地図差分更新がある)ということです。2年目以降は、会員を更新(おそらく自動更新)すれば引き続き使えそうです。

カロッツェリア 地図割Plus
chizuwari1.jpg

その他にも、同じインクリメントP社の地図を利用している、KENWOODや、デンソーテン社製ECLIPSEのカーナビ地図更新もカロッツェリアほどではないですけど、割引が適用されるようです。

MapFanプレミアム おトク地図更新(KENWOOD、ECLIPSE等)

うぅ〜確かに地図更新が3,600円(カロッツェリアの場合)というのはめちゃ破格だ!

し、しかし、冷静になって考えると、どうして16,000円→3,600円という、そんな大幅な値引きをやっているのか?というのがどうも不明で不気味なところ。

勝手な想像ですが、おそらく、狙いとしては、

1)最近はメーカー純正カーナビや、簡易的なスマホのカーナビアプリに押されて、劣勢の後付カーナビ専用品を巻き返したい

2)一度MapFanプレミアムの会員に取り込めば、長期間会費を支払い続けてくれる(かも)

1)については、最近の新車には、かなりの高率でオプションのメーカー専用のカーナビを装着するケースがあり、社外の後付カーナビは販売不振に陥っていることは承知しています。

そのせいもあり、カーナビの老舗メーカーのパイオニアは、業績不振に陥り、香港の会社に救済してもらっています。

そこで、巻き返しのため、後付カーナビの便利さやお得感を演出し、長く使ってくれているファンをつなぎ止めようとする効果を期待してるのかなと思うわけです。

2)は、わかりやすく言えば、一度会員になれば、しめたもので、退会したくてもなかなかできないようにしておけば、将来の長きにわたり、電気や水道料金のごとく毎年会費がホイホイと入ってくる美味しい商売(サブスクリプションモデル)になる可能性があります。それ狙い?っていうか、今回のキャンペーンはそれ期待が大部分でしょう。

サブスクモデルのキモは、退会を面倒にして、また難しくすることにあります。過去にあった一例を書いておくと、
・退会は専用窓口へ電話で通知が必須
・電話連絡受付は平日の10時〜16時(12時〜13時は休憩)
と、表面的にはそう問題はなさそうでしょ?

ところが、平日の仕事の合間になんとか時間をつくって退会の電話を何度かけても、「ただいま電話がたいへん混み合っています。しばらくしてからおかけ直しください」というアナウンスばかりが流れてきます。

そう、いつかけてもつながらないので、退会は未来永劫できないのです。そうこうしていると会員料はクレジットで自動的に落とされていきます。

「ま、大きな金額でもないし、そんな面倒な手続きをするぐらいなら、そのまま放置しておくか」と思ってもらうのが運営業者側の狙いです。

上記の例は、インクリメントP社のことではありません。私が経験した某ウイルスチェックソフトの会社と、某ケーブルテレビ会社の退会手続き例で、しかも電話は0120の無料電話ではなく、退会連絡用の電話は通話料がかかる(つまりつながるまでの待ち時間にも電話料がかかる)普通電話だったりしたケース(某ウイルスチェック会社)もあります。

というように、サブスクリプションモデルをとる会社の場合は、ほとんど新規加入するにはネット上でクリック数回で簡単にできるのに、退会は極めて不親切でわかりにくく、手間がかかるようになっています。

さてMapFanプレミアムの退会はどうか知りませんが、、、

でもそれを気にしないのなら、これはお得感いっぱいです。

前回更新したのが2017年11月で、それから半年ほど最新地図の差分更新ができたので、ブランクの差分は1年分ぐらいです。とすると、今すぐ更新するのはちょっともったいないなかな、、、

1〜2年後、まだこのクルマに乗っていて、その先も長く乗る予定なら、その時には更新をかけたいと思います。

注意しないといけないのは、2年後(2021年)に更新しようとすると、このモデル(2011年製AVIC-ZH07)が10年を経過して地図更新対象から除かれてしまう可能性があります。そうなると絶望的ですね。

そんな古いカーナビ使ってないで、新しいカロナビに買い換えろよ!って声も聞こえてきそうです。

確かにカーナビも安くなってきてますからね〜

11年前にランエボX用として買ったカーナビセット(スピーカーやバックカメラなど全部入れて40万円超え)と比べると隔世の感があります。

う〜む、悩ましい、、、

■新・ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ
■INDEXページ

【カーナビ関連リンク】
カーナビについての(自己流)考察(考察シリーズその4)
カロッツェリアサイバーナビAVIC-ZH099Gのヴァージョンアップ
カーナビ迷走とGPSアンテナ交換
続カーナビ迷走 修理編
カロナビの異変ふたたび
カーナビゲージョンの優劣とは
カーナビ地図更新
カロナビの排熱(冷却)ファンを交換してみたら
再びカロナビの排熱ファンを交換する



posted by makan at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポロGTI

2019年07月20日

ポロGTI 7年目の車検



登録から5年目の車検受け後に購入した中古車なので、クルマとしては3回目、私がこのポロGTIを車検に出すのは最初と言うことになります。

1980年に社会人になってからは、新車ばかりを乗り継いできたので、中古車を買ってそれを車検に出すというのが40年ぶりということになります。

以前、車検の見積もりをディーラーに依頼をしましたが、かなり整備箇所(=費用)を抑えてくれたので、そのままそのディーラーへ出すことにしました。

「車検の見積もり依頼」
「車検前に消耗品の交換とタイヤローテ」

え!?ディーラー以外へ車検を出すことあるの?って言われそうですが、過去に様々なクルマで計10数回は車検に出してきた中で、ディーラーへ出したのはそのうちの半分もないかも。

あとは民間の工場で車検を受けています。軽整備は自分でできますし、なんと言ってもお安いのが良いですから。安いのが良いのなら、究極的には自分で陸運局へ持ち込むユーザー車検ですが、さすがにブレーキ系統など最低限の整備はしてもらいたいかなと、プロに依頼しています。

最近はオートバックスなどカー用品店や、ガソリンスタンド、車検専門店など様々なところでも割安な車検が受けられますが、点検と整備をきっちりしてもらいたいのなら、ディーラーか、経験豊富な修理工場へ依頼をするのが安心でしょう。かかる費用と整備内容、チェック内容は、ほぼ比例します。

今回は個人的に輸入車で車検を受けるのが初めてと言うこともあり、いろいろと聞いておきたいことがあるのと、様々な専用の検査機器がそろっているディーラーに出そうと決めていました。

最近のクルマは電子の塊ですので、音や振動、見た目だけで判断するよりも、検査機器で様々なデータをとって、不良箇所を調べてもらうというケースが多くなっていて、そういうことはディーラーのサービスでないとできないことも多くあります。

そんなわけで、無料で自宅までクルマを引き取りと引き渡しのサービスがつくディーラーへ車検を依頼をしました。

車検が終わって、戻ってきてからふと気がついたのが、もしかするとドライブレコーダーにその車検の全容が映っているかも?と思って、さっそくデータを取り出して見てみました。

私の車のドラレコはエンジンをかけているときだけ映りますが、引き取りや引き渡しのために自宅とディーラー間を陸送する時や、車検の検査中、エンジン系統の整備中、そして走行(試走)テストなどがバッチリ映ってました。

shaken2019_01.jpg

shaken2019_02.jpg

さらに室内での会話は不明瞭ながら入っていて、これは一種ディーラーのサービスをのぞき見るようなわくわく感があります。趣味の悪いお下劣な話しですが。

クルマを引き取りに来た方がたまたま新人(といっても高齢者)の方で、指導役のベテランの方と二人で来られました。



したがって、クルマを引き渡した後、ディーラーまでの二人の会話がそのまま残されていて、「誰々さんが客から預かったクルマをぶつけてさ〜」とか「ぶつけておきながらしらばっくれた人がいてね〜」とか、先輩から新人へのアドバイス?やらが残されていました(笑)

整備や車検中は、速度計の検査やライトの光軸検査以外は、エンジンをかけない(ドラレコは起動しない)ので、なにをされているのかはよくわかりません。

ところで、車検(含む整備)はどこで受けるのかな?と思っていたら、ディーラーからその日のうちにカーキャリアに積み込み、横浜市都筑区にあるフォルクスワーゲンジャパンのカスタマーサービスセンターというところへ運ばれていきました。

なぜ行き先がわかるかと言うと、車検と整備を終えて公道に出てテスト走行をしていた映像によく知っている道や交差点がでてきて、すぐにわかりました。昨年欧州純正のクルコンを装着してもらったマニアックスさんのすぐ近くですね。

工場の中が時々映っていましたが、みなさんテキパキと効率よく流れ作業をこなしているって感じでした。さすがって感じです。

で、車検自体は2日間で終わり、追加で頼んでおいたサイドブレーキの効きも調整してもらい、当初の見積もり通りの金額ですべて終了しました。

20190706_515.jpg

消耗品の交換は、エンジンオイル(ドレーンプラグ含む)、オイルフィルター、ブレーキオイル、クーラントのみ。国産車のディーラーでの車検時には必ず含まれるブレーキのマスタシリンダ交換とかは必須じゃないのですね。

たぶん、これがこのディーラーでは最少の車検・点検・整備費用だろうと思います。オイル交換、オイルフィルター交換までこちらでやっちゃうと、あまりにもお仕事がなくなり、申し訳ないので、それらは残しておきました。

金額は、見積もりの金額と同じ146,147円でした。輸入車のディーラー車検としては、おそらく安い方じゃないかと思います。

あと、依頼しなかったこちらのミスですが、DSG(ツインクラッチ)のECUアップデートとキャリブレーションはおこなわれませんでした。

費用にもよるけれど、せっかくディーラーへ長く入れたタイミング※だったので、その期間中にやっておくべきだったかも。※DSGアップデートは時間がかかるらしい

今後、数年間乗るには、
1)バッテリー交換
2)点火プラグとケーブル、コイル交換
3)サスペンションのブッシュ類、ブーツ
4)ブレーキ関係(マスタシリンダやディスクパッド交換など)
は最低必要かな。

さらにポロの弱点と言われている、ウォーターポンプや、最近動きが少しぎこちないパワーウインドウのレギュレーターやモーターもやや心配なところです。

もしDSGなど大物が故障したら、その時はもう廃車同然でしょうね。

メンテナンスは、その都度、考えていきたいと思ってます。

梅雨が明けたら、さっそく再びホイールスペーサーを装着しなくては、、、

【過去の車検】
ランサーエボリューション] 初回車検
ランエボ2回目の車検
N-WGNカスタムの車検 その1

■新・ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ
INDEXページ



posted by makan at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポロGTI

2019年07月13日

■ラーメン履歴(2018年下半期〜2019年上半期)

■ラーメン履歴(2017年下半期〜2018年上半期)」に続いて、2018年下半期〜2019年上半期版です。

【2018年下半期】

味の札幌大西 2018/7/12
青森でしか食べられない?ご当地名物の「みそカレー牛乳ラーメンバター乗せ」を狙って食べに行きました。なにか適当に家庭の台所にあるモノをぶっ込んだ?って感じですが、そこはちゃんとプロがうまく味を決めていて、悪くない味でした。ただ病みつきになるか?っていうと、話しのタネに1回ぐらい食っとけ!という感じでしょうか。下記のブログの中にも登場します。
東北激走ツアー2018 その1
14_20180712_251.jpg


釜石ラーメン大連 2018/7/13
上の青森ご当地ラーメンに続き、岩手の「釜石ラーメン」というのも食べてきました。どのへんが釜石?って気もしますが、ごく普通の醤油ラーメンでした。下記のブログに出てきます。
東北激走ツアー2018 その2
15_20180713_175.jpg


東北道 長者原SA上り 2018/7/14
東北道の宮城県内のサービスエリアで、盛岡冷麺か?と思って食べた「冷たい醤油ラーメン」です。盛岡冷麺は以前ぴょんぴょん舎という焼き肉チェーン店で食べたことがありますが、麺のコシがめちゃ強く、のどごしがよく、美味しくいただけました。が、今回のSAのセルフサービスのレストランで食べたのは似て非なる冷麺で、ちょっと残念な感じです。現在はちゃんと「盛岡ラーメン」としてメニューに入っているようです。
東北激走ツアー2018 番外編
16_20180714_139.jpg


麺屋 IKUMALU 2018/9/1
開店してはつぶれ、別の店ができるということを繰り返している魔の場所ですが、最寄り駅の久地駅、宿河原駅からは少し離れていて、通行量が多い街道に面しているものの駐車場がないお店だけに、ラーメンによほどのインパクトがないと、近所の常連さんや、噂を聞いて遠くからやってくる人もいないでしょう。食べた感じでは、どこにでもありそうな普通な感じで、麺もインスタントの麺?って感じで、これでは長くは持たないかとちょっと心配です。頼んだのは「醤油ラーメンに多めのチャーシューとゆで卵」。
17_20180901_501.jpg


桂花ラーメン 新宿西口店 2018/10/21
熊本ラーメンで一世を風靡した1955年創業の老舗チェーン店です。数十年前、新宿のオフィスで働いていたときに初めて食べ、それまでのラーメンのイメージが変わった個人的には衝撃的なラーメンです。今回は飲み会のシメでゾロゾロと行きましたがお店は空いていて、中にすぐに入れました。オーダーは標準的な「桂花ラーメン」です。
18_20181021_512.jpg


【2019年上半期】

らーめん和屋(なごや) 2019/1/4
時々、思い出したように食べに行くバランスがとれた安定のラーメンです。今回は、「野菜ラーメンとネギチャ小丼セット」。最寄りの向ヶ丘遊園駅からは、徒歩15分ぐらいと、不便な場所ですが、店前には2〜3台のクルマや自転車、バイクが停められ、いつも近所の常連さんで賑わっている感じです。
1919_20190104_518.jpg


八福食堂 富里店 2019/1/13
千葉県を中心に何店舗か展開している中華チェーン店で、成田へ旅客機を見に行ったついでに立ち寄りました。たくさんのメニューの中から「台湾ラーメン+半チャーセット」。お店の人は全員が中国の方?という感じでしたが、地元の常連さんと思える方も多く来ていて、なかなか繁盛してました。味付けはきっと日本人に合わせているのでしょう。下記のブログに出てきます。
成田へドライブ(2)
20_20190113_526.jpg


野方ホープ目黒店 2019/3/15
1988年創業で根強いファンが多い、中野に本店がある野方ホープ軒が、激戦区の目黒駅近くにあったので、ついフラフラと寄ってみました。オーダーは温野菜ラーメン(880円)で、量のリクエストができる背脂は普通で。病みつきにはなりそうもないけど、時々は食べてもいいかな。
21_20190315_504.jpg


京都銀閣寺ますたに 日本橋本店 2019/3/29
お昼時は長い行列ができていた京都が本店の人気店です。京都のラーメンというと天下一品のこってり系かというと、そればかりではなく、この店の標準的な「ラーメン」スープは表面には背脂こそ浮かんでいますが、基本は醤油系のあっさりしたもので、上品なお味でした。舌の肥えた人にはうけるのかもしれませんが、個人的にはちょっと物足りない。
22_20190329_504.jpg


ラーメン泪橋 2019/5/10
溝の口駅から徒歩7〜8分ぐらいですが、少々わかりづらい場所にある二郎インスパイアのお店です。しかし量はいたって普通な感じ。平日のランチタイムを少し過ぎた時間でしたが、近所のサラリーマン風と、近所の仲良し奥様グループがワサワサとつめかけていて少し並びました。時間をかけて1杯1杯丁寧に作っているせいか、出てくるまでに時間がかかり、客の回転率も悪いです。オーダーしたのは標準的な「マンモスラーメン、ニンニク入り」です。
23_20190510_507.jpg


ラーメン魁力屋 宮前店 2019/5/24
京都北白川に本店があるラーメンチェーン店です。場所は一番近そうな鷺沼駅から徒歩だと30分はかかりそうで、クルマがないと不便な場所ですが、広い駐車場が完備されています。このお店はすでに関西よりも関東の出店数が多くなっていて、関東での人気の高さがわかります。お店の一番人気は「特製醤油ラーメン」ですが、今回は奇をてらって「塩ラーメン味玉乗せ」をオーダー。暑いときには、サッパリした塩ラーメンが向いています。お味は可もなく不可もなく、平均的でしょうか。ネギの入れ放題ができるのがネギ好きには高得点です(常識をわきまえてほどほどに)。
24_20190524_509.jpg


郎郎郎(さぶろう)向ヶ丘遊園店 2019/5/31
向ヶ丘遊園北口(多摩区役所側)すぐのところにある、二郎インスパイアのラーメン店(チェーン店)です。今回初めての訪問なので、「ラーメン普通盛りに野菜マシ」をオーダーです。ニンニクとショウガはテーブルに置いてあって入れ放題です。さすがにもう若くないので、二郎では小ラーメンの量ですがもう腹パンで、その日は終日胃の調子が悪かったです。味はそれなりに美味しかったです。
25_20190531_502.jpg


鯛だしらーめん 聖龍 2019/6/14
上の郎郎郎と同じく向ヶ丘遊園駅北口から徒歩5分ほどの場所にあるお店で、大きな看板に鯛だしラーメンと書いてある通り、鯛の出汁スープが特徴です。ランチタイムだったので、その鯛だしのラーメンに餃子(3個)と明太子ライスがついたAセット890円をオーダー。麺とライスと餃子の炭水化物の嵐を、鯛だしのスープでまったり胃に流し込むという贅沢?を味わえます。豚骨系スープが全盛の中、こうした魚介系出汁のスープを食べると、なにか懐かしい思いが蘇ってきます。年齢を考えると、こうしたしつこくなくサッパリしていて、胃がもたれないラーメンが良いのかも。 
26_DSC_7743.jpg


麺匠 濱星 2019/6/28
麺の匠(たくみ)とは大きく出たものですが、豚骨系に対抗して繊細な煮干しスープが特徴のお店です。上の 聖龍と言い、この川崎周辺は都心と比べて高齢化が進んでいることから、こうしたアッサリした健康志向な魚介系スープが好まれるのかもしれません。ラーメン激戦区の溝の口の中で、すでにオープン後2年以上が経っていて、そこそこ客は入っているようですから定着したと思って良いのでしょうね。オーダーは「濃厚煮干しそば」です。お値段はラーメンごときでほぼ1000円と、ちょっとお高めです。
27_DSC_7839.jpg

■ラーメン履歴(神奈川編)2015年10月
■ラーメン履歴 (神奈川以外地域編)2015年10月
■ラーメン履歴(2016〜2017年版)
■ラーメン履歴(2017年下半期〜2018年上半期版)

■新・ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ
■INDEXページ

posted by makan at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン/グルメ

2019年07月06日

■ラーメン履歴(2017年下半期〜2018年上半期)



細々ではありますが、2010年頃からラーメン履歴を残してきましたので、その2017年下半期から2019年上半期までを2回にわけて掲載しておきます。今回は2017年下半期〜2018年上半期まで。

過去のラーメン履歴
■ラーメン履歴(神奈川編)2015年10月
■ラーメン履歴 (神奈川以外地域編)2015年10月
■ラーメン履歴(2016〜2017年版)

【2017年下半期】

旭川ラーメン 大雪軒(2017/9/18)
小田急新百合ヶ丘駅近くのビブレ5階に入ってます。6階に映画館があり、映画を見終わった後に食べて帰るというパターンです。お味は、、、まぁ普通で、特におすすめポイントはありません。
01_20170918_501.jpg


天下一品 多摩ニュータウン店 (2017/10/17、2018/1/16、2018/6/11)
大盛、チャーシュー、味玉で、いつも変わらぬ安定の美味しさ、うっとりです。さすがに若い時のように毎日でも食べたいとは思いませんけど、、、
02_20171017_501.jpg


ソラノイロ(2017/10/24)
麹町と半蔵門の中間にある女性に人気のお洒落なラーメン店。お昼に「特製ベジそば」というのを頼んでみたけど、ダイエット中の女性御用達?って感じで、量が全然物足りませんでした。お味も奇をてらった感があり、イマイチだった。今度は普通のラーメンを食べてみたい。
03_20171024_501.jpg


俺の創作ら〜めん 極や 麹町店 特製塩ラーメン(2017/10/26、2018/7/17)、醤油ラーメン(2018/8/3)
最近お気に入りの麹町の極やさん。ちょっとお値段高めだけど、スープも麺も好みにバッチリ合ってます。ランチタイムはゆで卵食べ放題、ライスか麺の大盛りか選択出来ます。ここ以外にもいくつか店舗があり、本店?は神保町のようです。
04_20171026_502.jpg


麺屋こころ 溝の口店(2017/11/9)
名古屋発祥の台湾まぜそば、九条ネギ大盛をオーダー。それなりに美味しいのだけど、やっぱり熱々スープ(出汁)好きな私としては、つけ麺同様、物足りなく感じます。 
05_20171109_501.jpg


赤坂飯店(2017/12/13、2018/4/13、2019/1/29)
赤坂見附と竹橋にお店があります。いつもコース料理で、最後の〆にはこのお店の大人気担々麺をいただきます。もうこれを食べるだけでもこの店に来た甲斐があるというものです。ランチの時間は10人中8〜9人がこれを頼んでます。総理の安倍さんも毎月のように通っているお店です。
06_20171213_507.jpg


まぼろし軒 2017/12/17
タレントの島田洋七氏が創業、ビートたけし氏が命名したお店で、とんこつ醤油(ランチの替え玉プラス)と餃子をいただきました。場所は所沢駅から徒歩15分ぐらいで駐車場も数台分あります。お味のほうは、特に特徴らしいものはなく、普通に美味しい感じです。
07_20171217_511.jpg


【2018年上半期】

阿夫利 三軒茶屋 2018/1/11
小腹が空いて夕方に、この店で一番おすすめっぽい柚子塩ラーメンを食べました。お上品な盛りで、もしランチだとしたらちょっと物足りない感じかな。ゆずの香りがとても効いていて、新鮮な感じがするラーメンでした。知らなかったのですが、関東を中心にかなりのお店があり、また厚木にあるお洒落なラーメン店ZUND-BARも同じ経営者なのですね。
08_20180111_503.jpg


長浜ラーメン ながや 2018/2/17
府中街道沿い、向ヶ丘遊園駅から徒歩15分ほどのところに最近賑々しくオープンしていたので、さっそくのぞいてきました(2018年9月時点で別のラーメン店に変わってます)。長浜玉子ラーメンというのをいただきましたが、ま、普通な感じ。普通ではこうした不便な場所(駐車場なし)で営業するのはちょっと厳しそう。この場所は、割と頻繁にお店が代わっていて魔のエリアかも。
09_20180217_502.jpg


神保町 可以 2018/2/19
神保町の有名店「黒州」へ行ったら休憩中だったので、Bプランでこのお店へ。燕三条系ラーメンと言われているらしいこのお店の定番、背脂煮干し玉子ラーメンをオーダー。コクがあって、油が浮いているのにしつこくなくなかなか良い感じでした。
10_20180219_501.jpg


天下一品 府中中河原店2018/3/14、目黒店2018/11/21、宇都宮店2018/8/25、赤坂店2019/1/11、多摩ニュータウン店2019/4/28
テンイチラーからは邪道と言われるかも知れないが、味がさねは、ややなめらかなこってりスープに白菜、豚バラ、辛子味噌、胡麻などがついて高級感を演出した、天下一品の客単価引き上げ対策の一品。普通のこってり+チャーシューといつも迷ってしまいますが、最近は歳のせいかこちらが多いかな。
11_20180314_526.jpg


大岡家 向ケ丘遊園店 スペシャルラーメン+もやきゃべ 2018/3/29、濃厚豚骨魚介つけ麺+もやきゃべ2019/1/28
横浜家系のチェーン店で、安定の普通な感じ。もやきゃべ(もやしとキャベツ)は100円なのに別皿にてドカンと出てくるので、野菜不足な方には嬉しいトッピングです。
12_20180329_20190128.jpg


麺屋土竜 2018/4/25
芝大門にあるつけ麺がメインのお店だけど、熱々スープが好きなので、あえて店名がついた全部入り?の土竜ラーメンをオーダー。野菜がゴロゴロしていて、健康的。お味もなかなかいけます。
13_20180425_99.jpg

■ラーメン履歴(2018年下半期〜2019年上半期)へ続く

過去のラーメン履歴
■ラーメン履歴(神奈川編)2015年10月
■ラーメン履歴 (神奈川以外地域編)2015年10月
■ラーメン履歴(2016〜2017年版)

■新・ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ
■INDEXページ



posted by makan at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン/グルメ