2019年06月22日

ドライバー批判よりも、クルマの安全対策批判へ



高齢者ドライバーの事故が騒がれています。

koureijiko.jpg

池袋で起きた自転車で横断中の母子が亡くなった事故や、滋賀で起きた歩道にいた保育園児が巻き込まれて亡くなった事故など、毎日のように報道されます。

報道だけ見ていると、まるで悲惨な交通事故は高齢者ばかりが引き起こしているような錯覚を受けますが、もちろんそんなことはありません。

原付以上運転者の年齢層別免許法勇者10万人当たり交通事故件数(データ:2017年警察庁)
koureijiko3.jpg

人口構成関係なく、10万人当たりの交通事故件数は24歳以下が圧倒的に多いですね。

但し、死亡事故という点で見ると少し様子が変わってきます。つまり重大事故ですが。

年齢層別死亡事故件数グラフ(引用:2017年警察庁)
koureijiko1.jpg

死亡事故の件数で高齢者の件数がグッと多いことが、ここ最近の大きな重大事故で報道されることが多くなる元凶でしょう。

しかし、もし乱暴に75歳以上は事故が多いから免許証を返納せよと言うなら、同様に事故が多い25歳未満の若者も返納させないと公平ではありません。

実際に交通事故発生件数(負傷含む)では高齢者より、10代、20代ドライバー(ライダー含む)のほうがずっと多く発生していることからもそれは言えるはずです。

時々ほのぼのニュースでも登場しますが100歳の現役のタクシードライバーもいれば、現在運転手不足が深刻な貨物車(トラック)ドライバーのうち16%以上が60歳以上と急速に高齢化しつつあり、今後さらにこの割合は増えていきそうです。

需要がますます高まるネット通販やオークションも、その陰では高齢ドライバー達が支えていると言っても過言ではありません。

それらからもわかるとおり、運転の技能や適性には個人差が相当あります。年齢だけで運転の可否を決めつけはいけないでしょう。

ただマスコミは、若い人が事故を起こしてもニュースにはならないので記事にはせず、高齢者が起こした事故であれば、その被害が例え小さなものでもより大きく報道します。

なぜかって?

それはそのほうが社会の注目度が高く、よく読まれるからでしょう。

もしかすると、国や政府や警察のどこかから、そうするようにと圧力がかかっているのでは?と考えてしまいました。

国民に対して、「高齢者ドライバー」≒「危険」という刷り込みをおこなっているのでは?と疑いたくもなります。政治的に、あるいは利権の獲得には得てしてそういうことが過去にも起きています。

そうすることで、なんの得があるのか?

例えばですが、現在限定免許証で検討されているという、「自動ブレーキなど安全対策を施した車への買い換え」で、裕福な高齢者のタンス預金が市場に出てくることが期待できます。それはもちろん某総理大臣とお友達の自動車会社を大きく潤わせる効果があります。自民党への政治献金は、団体のトップは日本自動車工業会、企業トップはトヨタ(2017年)です。

またクルマがあれば気軽に病院へ通院できるものの、高齢者の免許証返納により、国(厚労省)が進める「在宅医療の推進」にも合致します。年寄りは迷惑かけるので、外へ出掛けず、自宅にこもって寝ていろということでしょう。高齢者が外へ出掛け、元気になって、寿命を延ばせば伸ばすほど年金財政や社会福祉費は逼迫します。

免許更新時の高齢者講習(2017年改正)は、多くの定年を迎えた警察官や、警察組織と一体の公安委員会関係者の再就職先や天下り先の確保につながりました。下手をすれば、この講習会を受講するのに3ヶ月待ちとかの大盛況でウハウハ状態です。今後さらに受講者を増やしていけば、より多くの収入が見込まれ、天下りも容易となります。

安全面でまだまだ未知数ではあるものの、人手不足のおり、産業界としては早く普及させたい自動運転技術の普及に弾みを付けさせる効果があります。高齢者ドライバーの事故が増えたことで、装置が割高になっても仕方ない、多少のリスクがあっても見切り発車でやむを得ないという、国民的なコンセンサスが取りやすくなってきています。工場や倉庫がロボットに置き換えられ、次にドライバーを不要にすることを産業界は願っているはずです。

パッと思いつくだけでも「高齢者ドライバー≒危険」を広めるメリットはこれだけあります。

個人的には、「とりあえず感」が強い、簡易な踏み間違い装置よりも、「ぶつからない装置」を安く後付けできるようにするのが先決かなぁと思ってます。

各メーカーで、その仕組みがバラバラで、汎用品の難しさは理解できますが、自動車メーカーの責任として、過去に販売したクルマにも後付が可能な「ぶつからない装置」をメーカー、ユーザー、国の3者で応分に負担するという仕組みがつくれないでしょうかね?

単独のメーカー独自に作るには荷が重いというのなら、共同開発でもOEMで買ってもいいのですが、それはイコール安全性能や技術に消極的な会社という烙印を押されることになるでしょう。

自動車メーカーは濃淡ありますが、おしなべて海外事業を中心に好調に推移しています。

今後はEVシフトなど先行き不透明なところもありますが、ここで官民挙げて、国民のため、ひいては世界のために、早く次の一手を打つべき時です。

もちろんそれで走行するすべてのクルマがカバーできるわけではありませんが、その中には対応しない外国車や、クラシックカーにも応用が利くというものも出てくるでしょうから、ここは日本のきめ細かなモノ作りとIT先進技術等を駆使し、世界に先駆けて取り組めば、大いに国際市場で日本車の価値が高まることでしょう。

久しぶりに社会派ブロガー風でした(笑)

【関連リンク】
衝突防止装置の普及を加速するための考察(考察シリーズ25)
安全!快適!ドライブのための考察(考察シリーズ8)
私のマイカー遍歴 その1

■新・ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ
■INDEXページ



posted by makan at 12:11| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感

2019年06月15日

恒例のお勧めツツジ寺とあじさい寺2019



春から初夏にかけては、新緑と花のシーズンです。すでに5月にはバラ苑やあしかがフラワーパークの記事をあげてます。

生田緑地ばら苑 2019春の公開 Plusラーメン
あしかがフラワーパークへ行ってきた

恒例となりますが、5月には近所にあるツツジ寺、そしてこの6月にはあじさい寺へ行ってきましたので、少し写真をあげておきます。

通称ツツジ寺は正式には天台宗 神木山 等覚院(しぼくざん とうがくいん)で、先般たまたまテレビを見ていたら、徳光和夫さんが出演しているバス旅番組でこのツツジ寺へ来られていました。

開花時期は、4月後半から5月初旬ぐらいまでで、何種類かのツツジが少しずつ時期を変えて咲き始めます。

20190615_991.jpg

20190615_992.jpg

ツツジ(躑躅)の花言葉は「節度」「慎み」だそうです。なにかとプライドが高く、すぐにキレやすい今時の高齢者にとって、模範としなければならない花です。それにしてもこのツツジ(躑躅)という漢字、スラスラ書ける人は尊敬に値します。

住所は、神奈川県川崎市宮前区神木本町 1-8-1、最寄り駅は、東急田園都市線梶が谷駅または小田急向ヶ丘遊園駅といったところですが、そこからバスに乗るということになります。

直線距離では一番近いJR南武線宿河原駅から歩くと、健脚の人なら30分ぐらいですから、ハイキングがてらというのなら歩けなくもありません。ただ途中長い坂道がありますので覚悟はいります。

マイカーで行く場合は、お寺の参拝者用無料駐車場が数台分ありますが、平日や早朝とかでなければ、ツツジの時期はいつも混みますので(しかも周辺の道が狭いので、混雑すると身動きできなくなる)、近くのコインパーキング等を利用するのがお勧めです。

 ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

梅雨の季節にあじさいが綺麗に咲くお寺があります。通称あじさい寺は正式には天台宗 長尾山 妙楽寺(ながおさん みょうらくじ)という名称です。

20190615_993.jpg

20190615_994.jpg

20190615_995.jpg

あじさい(紫陽花)の花言葉はよく知られているとおり「移り気」「浮気」です。異性間でのプレゼントにはふさわしくなさそうです。

見頃は6月の中旬頃で、毎年6月の第三日曜日(2019年は6月16日)に「あじさいまつり」が行われています。その日に行ったことはないので不明ですが、野点などが行われているそうです。

過去に同じくあじさい寺と言われている鎌倉の長谷寺にも行ったことがありますが、あじさいが植えられている面積は長谷寺の方が倍ぐらい広く迫力もあります。

梅雨の時期はやっぱり紫陽花(2010年)

ただそれだけに長谷寺には多くの観光客が詰めかけ、休日だと歩くのもままならないほど混雑しますので、それが嫌ならこちらのお寺がお勧めです。

こちら妙楽寺のあじさいは、狭い場所にこじんまりとしていますが、駐車代金や参拝料など不要で、のんびりとゆっくり鑑賞ができます。

住所は、神奈川県川崎市多摩区長尾3-9-3

行き方は、上記のツツジ寺と同様、電車の駅からは遠く、JR南武線久地駅から徒歩で20分(ずっときつい上り坂)か、久地駅または小田急登戸駅からミニバス(あじさい号)で行くことになります。

あじさい号は本数が少ないので注意です。
20190615_996.jpg

行きはバスで、帰りはほとんど下りなので歩きというのもありでしょう。お寺の近くにはお店はもちろん自動販売機すらありませんので、暑い日には駅で飲み物を買っておくと良いでしょう。

クルマだと12〜13台ぐらいの無料駐車場がありますが、やはり休日の昼間は混雑します。周辺は閑静な住宅地で、付近にコインパーキングがないので、クルマで行く場合は、平日か、休日なら早朝・夕方とか時間をずらす方が良いでしょう。

 ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

恒例となりつつあるラーメン記は、今回は多摩区役所近くにある「聖龍」。鯛出汁スープが特徴で、醤油と塩が選べます。

20190615_997.jpg

今回は醤油ラーメンと餃子、明太子ライスのAセット(890円)をいただきました。

20190615_998.jpg

最近は豚骨など肉肉しいスープが多いのですが、魚介系スープの香りとあっさりした味が心地よい感じです。

【ラーメン】
Enjoy Honda ツインリンクもてぎ2018へ Plus天下一品ネタ
ラーメン履歴(2016〜2017年版)
ラーメン履歴(神奈川以外地域編)
ラーメン履歴(神奈川編)
横濱家でランチ
【来来亭】ふたたび
連休後半はまずラーメン来来亭から
寒いから今日はラーメンだ
麺屋はやと
ラーメン食べある記
近所の「ラーメン和屋」
ZUND-BAR(ズンドバー)と宮ヶ瀬ドライブ

■新・ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ
■INDEXページ


posted by makan at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年06月08日

車検の見積もり依頼と等々力渓谷ウォーキング



このポロGTI(5年落ち中古)を2017年に買ったのは横浜のVW認定ディーラーでしたが、昨年GW前のエアコン故障時にそこのサービスの対応がイマイチだったことから、新たに東京にある別のVWディーラー(サービス部)と縁ができました。その時の経緯は下記のブログに書いています。

◆輸入車はやっぱり壊れやすいのか

と言うことで、その東京のディーラーさんには無理を聞いてもらって恩を感じているので、この7月にやってくる3回目(7年経過)の車検は、費用的には高そうだけどここでお願いしようと、事前の点検と見積もりをしてもらいに予約をして行ってきました。

ただ残念なことに、昨年の修理で神対応してくださったサービス担当の方は、埼玉の店へ異動されていました。こういうサービスの良否は担当者個人の資質によるところが大きいですからね。

見積もりの前に、先日自分で交換した消耗品と、タイヤローテーションで点灯した警告ランプ、そして日常のメンテは自分でおこなうからと、車検時の費用はできるだけ抑えたい旨の話しをしておきました。

車検前に消耗品の交換とタイヤローテ+天下一品

車検の見積もりを作成するための点検には約2時間!かかると聞いていたので、サービスに預けた後、ディーラーから徒歩15分ほどのところにある等々力渓谷を歩いてきました。

世田谷区の環八と目黒通りが交差し、さらに第3京浜入り口がすぐ近い交通量のメチャ多いそんな場所に渓谷って?って感じですけど、もっこりした森とやや人工的な感じがする小川が残されています。また周辺には小規模ですが古墳なども多く残っています。

神奈川県民、しかも川崎市民にとっては等々力と言えば川崎フロンターレのホームスタジアムだったり、各種陸上競技の大会がおこなわれる場所というイメージですが、ここ世田谷の等々力渓谷は高級住宅地の近くでもあり、緑多き癒しを与えてくれる広い公園となっています。

syamitsu01.jpg

syamitsu02.jpg

渓谷の途中に、等々力不動尊があります。お参りしておみくじを引くと、末吉でした、微妙。

syamitsu03.jpg

syamitsu04.jpg

途中には日本庭園や竹林などもあり、外国人観光客が珍しそうに写真を撮りまくっていました。

ちなみにですが、東京と神奈川で多摩川を挟んで等々力とか野毛とか二子とか宇奈根など同じ地名が向かい合って存在する理由ですが、今年(2019年)2月放映のブラタモリで初めて知りました。

多摩川は昔はクネクネと大きくうねっていて、それをおよそ100年前の大正時代に、度重なる水害を防ごうとまっすぐに河川改修をした際、ひとつの村が多摩川を挟んで二つに分かれてしまったということです。

暑い日だったので、途中でドトールに寄り、1時間半後にディーラに戻ると、車検の見積もり点検は終わっていました。

今回はお腹が空いていなかったので食べませんでしたけど、ディーラのすぐ近くには「らーめん陸 尾山台店」という人気ラーメン店があります。

お店には駐車場がないので、今度お昼前にでも、なにか用事を見つけてディーラーに入庫し、その待ち時間で食べに来たいかも〜。

さて、本題の車検見積料金ですが、
自賠責 25,830円
重量税 24,600円
印紙代  1,200円 ここまでは定額
工賃  75,010円※
部品代 19,507円※
合計  146,147円

※交換部品は、ブレーキフルード、クーラント、エンジンオイル、オイルエレメントです。

syamitsu05.jpg

当初は7年目でサスペンションのダストブーツやバッテリーなどもそろそろ交換した方が良いかもとの話しでしたが、点検してもらった結果まだ大丈夫とのことでした。

その他、心配していた点火プラグやイグニッションコイル、ラジエーターホース、ブレーキディスクパッドなども問題なし。

タイヤの溝はフロント6.7mm、リア5.6mm(左右同値)で、先日タイヤのフロントとリアをローテしたので、実質的にはフロントがリアよりも1.1mm多くすり減っていたということになります。2年前の購入時に交換してもらってから、およそ7千キロの走行なので、まだ交換の必要はなし。

ブレーキパッドは、フロント12.5mm、リアが10.0mmとのことですが、元がわからないのでどれだけ減っているものやら。

但しバッテリーに関しては、走行後の充電量が、新品状態から75%程度に下がっていて、そろそろ交換(お勧めは2年毎の交換)したほうが良いと言われました。

経験的には少なくても3〜4年は持つと思っていましたが、案外早くダメになるものですねぇ、、、一応今度ディーラーで純正バッテリーの販売価格は聞いておこうと思いますが、たぶん通販で容量の大きいバッテリーを購入して自分で取り替えます。

買うとするとこれかな。
BOSCH (ボッシュ) 輸入車バッテリー シルバーX SLX-6C 14,380円

DSG(ツインクラッチ)のECUヴァージョンアップについても調べてもらったところ、新たなヴァージョンが出ているものの、アップデートするには1時間以上かかり、その間は動かせないので、今回の点検ではパスし、車検時にでもという話になりました。

ま、金額は想定内の範囲だったので、このまま来月には依頼をすることになりそうです。

輸入車の部品代は、最近は国産車並みに近くなってきていますが、輸入車ディーラーのサービス(整備)は、作業工賃が一般の国産車ディーラと比べて割高に感じます。

その理由のひとつには、特殊で高額な検査機器類(主としてコンピュータ)を輸入して購入する必要から、やむを得ない面もあるのでしょう。

最近はあまり(国産車の)ディーラーに修理や点検を出していないので、どれぐらいの違いがあるのかはよくわかりませんが、体感的には2〜3割ぐらい高いかな。

ディーラーではなく、町の自動車修理工場へ出せば、おそらく詳細な診断や検査はできませんが、同じ作業をおこなっても作業代半額近くまで下がるのではないかな。そんな感じです。

最後にホイールスペーサーについて参考までにと聞いてみたところ、「ホイールがフェンダーから出ているとかでなければ、スペーサーを付けているからといって車検は大丈夫ですよ」と問題なさそうでした。

以前民間修理工場の人が「ホイールスペーサーは最近厳しくなっているので、付けていると車検は通らない」と言っていたので意外でした。先日苦労してタイヤローテ&スペーサー外しをおこなったのは意味がなかったか、、、

今月末か来月には車検の予約をして、3日間ほど預けることになります。終わったらまた続編を書きます。

【関連リンク】
車検前に消耗品の交換とタイヤローテ+天下一品
車検へ向けての備忘録 その1
ランエボ2回目の車検
ランサーエボリューション] 初回車検
ランエボと軽自動車の年間維持費の差
N-WGNカスタムの車検 その1

■新・ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ
■INDEXページ



posted by makan at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ポロGTI

2019年06月01日

生田緑地ばら苑 2019春の公開 Plusラーメン



今年も川崎市生田緑地ばら苑の公開があったので、公開終盤のタイミングですが、ウォーキングのついでに寄ってきました。

bara001.jpg

この春の公開は2019年5月7日〜5月26日なのでこのブログをアップする頃にはもう終わってしまっています。次は10月頃の秋の公開です。

ちなみに春の薔薇は約800種、約3,300株、秋の薔薇は625種、約2,900株とのことですので、この春の回のほうが豪華さでは勝ってます。

メジャー処の薔薇は過去のブログにもアップしているので、今回はマイナーな薔薇や綺麗に撮影ができたものを抜粋して載せておきます。

(上)ベビーカクテル(Baby Cocktail 日本)/(下)スカーレッタ(Scarletta オランダ)
bara002.jpg

のぞみ(Nozomi 日本)
bara003.jpg

(上)ノスタルジー(Nostalgie ドイツ)/(下)ヘルムッドコールローズ(Helmut kohl Rose ドイツ)
bara004.jpg

インカ(Inka ドイツ)
bara005.jpg

(上)グラッドタイディングス(Glad Tidings ドイツ)/(下)アンジェラ(angela ドイツ)
bara006.jpg

パフューム デライト(Perfume Delight アメリカ)
bara007.jpg

ファビュラス(Fabulous! アメリカ)
bara008.jpg

グランデアモーレ(Grande Amore ドイツ)
bara009.jpg

公開終盤時期でしたが、どうしてまだまだ満開状態のバラも多く咲いていました。
bara010.jpg

プリンセスアイコ(Princess Aiko 日本)など含め、国内外の皇室の方の名前のついたバラが揃っています
bara011.jpg

5月なのに猛暑日となった平日のお昼頃に行ったので、さすがに人出というか高齢者は少なめでした。

土日曜日の昼頃は、コンサートなどのイベントもおこなわれていて、人が多くてゆっくり撮影ができません。朝か夕方に行くのがお勧めです。

高齢者や足が悪い人は、クルマで行って上まで上がらないと、入り口の下から長い坂道と階段を登っていくのは一苦労です。

クルマの場合、駐車料金として500円が必要ですが、猛暑の中、長い坂道を登って下りてするのは健常者でも結構疲れます。ご参考までに。

川崎市も、暇を持て余していた多くの係員(たぶんどこかの民間警備会社に委託)を配置する余裕があるのなら、それらを削ってでも、せめて高齢者や幼児、障害者だけでも、マイクロバスで入り口とバラ苑をシャトル輸送するとか考えればいいのに、誰もそうした意味のある住民サービスを考える人はいないのでしょうかね?アホです。

見ていると、高齢者が杖をついてよぼよぼと大汗かきながら休み休み長い坂道を登っていくすぐ横を、若いカップルが乗ったクルマが冷房で涼しげに窓を閉め切って、排気ガスを歩行者にまき散らして追い抜いていきます。

川崎市はなんでも人口が神戸市を抜いて政令市で6番目になったと報道されていましたが、その政策はいたって昭和的というか、古くさく、お金を落としてくれる企業誘致が最優先で、利権まみれ、前例主義、住民サービスなんてコレぽっちも考えていません。

もっともそういう市長や市会議員を選んでいる川崎市民の質が最大の問題と言うことなんですが、その多くは普段は東京や横浜へ通勤通学し、ただ寝るためだけに川崎に帰っている人達が多く、地元愛などこれっぽっちもなく、選ぶべき市長や市会議員の名前など、多くは知られていません。

この生田緑地のばら苑の維持管理は、主として住民のボランティアで運営されていますが、本来なら川崎市が率先して管理をおこなってもしかるべき貴重な資産です。

しかしこうした利権やお金になりそうもないことには、市や市会議員は興味がなく、いずれ周辺の再開発が進むと邪魔になって、そのうち閉鎖されてしまう気がします。薔薇よりもお金になりそうな温泉やショッピングセンターだ!という議員が多そうです。

ってボヤキはこれぐらいにして、ここのところ、終わりにラーメン喰らい記を書くことが多いので、今回も。

溝の口近くにある二郎インスパイア系の「ラーメン泪橋」でマンモスラーメン(ニンニク入り)
bara012.jpg

量的には全然マンモスではないですが、ひとつひとつ丁寧に作られていて、お味は繊細で素晴らしい。出てくるまでにやたらと時間がかかり、回転率が悪そうということもありますが、いつも行列ができているのがわかります。また二郎並みに量を求めるのなら、大盛り+野菜マシを選んでください。

もうひとつ、京都北白川が本店の「魁力屋」は関東のあちこちに出店しています。関西は24店舗に対し、関東には42店舗もあります。道理でよく見かけます。

お店一押しの背脂醤油ではなく、当日は猛暑日だったので、さっぱりと塩ラーメン(味玉トッピング)
bara013.jpg

お味のほうは、特になにか特徴があるわけではなく、それなりにサラサラとしていて美味しい感じ。ガッツリ系こってり系には向きません。

ここのお店の特徴として、シャキシャキの九条ネギとおろしニンニクが入れ放題っていうのがネギ好きには好評です。別途白ネギラーメンというのもありますが、普通のラーメンでも青々した九条ネギを山盛りにして食べられます。

【過去のばら苑】
◆秋の生田緑地ばら苑公開(2018年10月
◆今年も恒例のバラ苑へ(2018年5月)
◆ばら苑(バラ園)へてくてく(2017年5月)

【花・植物過去記事】
あしかがフラワーパークへ行ってきた
食虫植物
笛吹桃源郷、ほったらかし温泉から清里へ
くりはま(久里浜)花の国へ
あじさい寺 妙楽寺
梅雨の時期はやっぱり紫陽花
小田原曽我の梅林
松田山で河津桜

■新・ランエボからN-WGN経由ポロGTI日記 つるかめつるかめ
■INDEXページ



posted by makan at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他雑感