2018年10月27日

バイク用ヘルメットの買い換え



前回バイク用のヘルメットを購入したのは2011年8月だったので、7年ぶりの買い換えとなります。

免許を取った16歳(当時はヘルメット着用は必須ではなかった)から、6〜7年おきぐらいに買い換えしてきたので、今まで6〜7個ヘルメットを買い換えてきたことになります。年齢も年齢ですから、今回の購入が最後のメットになるかもです。

最初に買ったのはド派手な色のSHOEIのフルフェースでしたが、当時は品質的にも価格的にもアメリカのBELL社のほうが上だったので、わざわざSHOEIのシールをはがしてBELLのシールを貼っていたものですw

いま乗っているバイクはリード125の原付二種で、主として通勤のために駅までの片道4〜5kmを往復するのに利用していますので、本格的なフルフェース型ヘルメットは必要と思ってなく、どちらかと言えば、シート下のメットインスペースに難なく収まり、軽くて脱着しやすく、太陽が真正面に見えても、日よけ代わりのひさしが付いているか、開閉式の色つきバイザーが付いたもの、あたりが選定の条件です。

ただ最近は、外出先での駐車場代の節約や、ガソリン代のこともあるので、従来ならクルマで出掛けていた移動や買い物等も、最近はバイクを使うことがよくあります。なんと言ってもバイクは渋滞知らずで、燃費もクルマの何倍も走れるエコな乗り物です。

さて、バイク用ヘルメットの場合、過去には様々な規格や基準があり、ややこしかったのですが、最近は、JIS規格で125ccまでのバイクで使えるものと、排気量に関係なく使えるものと大きく2つの種類があります。その他には、モータースポーツ等で求められることがある民間のSNELL(スネル規格)などもあります。

JIS規格がとられていない一部の外国製ヘルメット(外国ではそれぞれの国によって規格が違う)も売られていますが、国内の一般走行で使用するのは避けた方が良さそうです。

ヘルメットの安全性の基準で、従来からあるSGマークやPSCマークは、基本的に国内の公道使用が認められるすべてのヘルメットに付いているので、あまり参考にはなりません。

最低限の基準とするべきなのは、JIS T8133が付いているかどうかです。

JIS T8133では、ヘルメットの形状、強度、衝撃吸収性能など多岐にわたり仕様や基準が定められていて、JIS T8133一種は125cc未満のバイク、二種は自動二輪車全般に適応しています。

hel01.jpg

JIS T8133二種のヘルメットをいろいろと検討した結果、本格的なバイク乗りだと折り紙付きの国産の老舗SHOEIやARAIというメーカーの製品を選ぶのがデフォなのですが、とにかくめちゃ高い、、、

安全をお金で買うというのもわかりますが、それにしても高い。クルマの乗員安全性からすれば、国産車ではなくボルボやベンツクラスの上級モデル並みと言えます。昔(45年ほど前)はアルバイト学生に買えたほど安かったですけどねぇ〜

ま、通勤メインだし、そこまで高級品でなくてもいいだろと考え、かと言って安さだけ魅力の名前も聞いたことがない外国メーカーのヘルメットも不安なので、比較的リーズナブルなヤマハ(正確には販売はヤマハ関連のワイズギア)のYJ-14 ZENITHに決定。

hel02t.jpg

ヘルメットの製造はベトナムですが、「ヤマハ純正」なのでポイントは高いです。

そう言えばいま乗っているバイク、ホンダリード125も、製造はベトナムです。日本のモノ作り産業がどんどんと衰退していくはずです。

YJ-14 ZENITHはいわゆるジェット型ヘルメットで、跳ね上げ可能な透明シールドと、ひさしがない代わりにシールドの内側にスモークの開閉式サンバイザーが付いています。

hel03.jpg

バイクはクルマに常備されているサンバイザーの代わりになるものがないので、この開閉式サンバイザーは朝陽や夕陽が正面にきてまぶしいとき、走行中でもすぐに下ろせるので便利です。薄めのスモークなのでまともに正面から入るとちょっと眩しいですが、ないよりはずっとマシです。

あごひもを留める金具は、手袋をしたままでも着脱しやすい金属製のワンタッチタイプです。

hel04.jpg

過去の経験からすると、このあごひもの金具がプラスチック製だと125ccまでの一種、金属製だと二種だと思って間違いなさそうです。

本体自体もフルフェース型とは違って小ぶりなので、バイクのメットインスペースに楽々収納ができます。

hel05.jpg

ヘルメットが役立った!というのは、事故などで転倒した時なので、あまりそうした場面には遭いたくはありません。そのヘルメットが役に立つときがないことを祈りつつ、今日もしっかりかぶります。

【お勧めジェット型ヘルメット】
ヤマハ(YAMAHA) バイクヘルメット ジェット YJ-14 ZENITH サンバイザーモデル

マルシン(MARUSHIN) バイクヘルメット セミジェット M-520 マットブラック

ショウエイ(SHOEI) バイクヘルメット ジェット J-CRUISE PASSE【パッセ】 TC-5

アライ(ARAI) バイクヘルメット ジェット CT-Z

オージーケーカブト(OGK KABUTO) バイクヘルメット ジェット ASAGI


【バイク関連】
バイク用ヘルメットの買い換え
リード125にホイールリムステッカーを貼ってみた
リード125 コンビブレーキを解除?する
ホンダLEAD125続モディファイ(ブレーキストッパー&USB充電スマホホルダー)
ホンダLEAD125ファーストモディファイ
ホンダLEAD125購入
グランドアクシス(SB01J)加速不調につき駆動系一新
グランドアクシスのライト周りのリフレッシュ
原付二種(バイク)の買い換えを検討中



posted by makan at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バイク

2018年10月20日

秋の生田緑地ばら苑公開



ウォーキングを兼ねて近所にあるバラ園へ行ってきました。

ここ生田緑地ばら苑は春と秋の2回無料公開されていて、様々なバラを観賞することができます。

bara01.jpg

過去にもこのブログに書いていますが、その2回とも春の開苑時に行ってます。

ばら苑(バラ園)へてくてく 2017/5/20
今年も恒例のバラ苑(2018年春)へ 2018/5/26

「春はおよそ805種3,300株、秋はおよそ625種2,900株のバラ」(同苑Webサイト)ということで、春のほうが種類も株数も多く、みた感じでは来場者も春のほうが多いです。

今年の秋の公開は、10月11日から11月4日です。春の時と同様に、土・日曜日には講演会やコンサートなども開かれていて賑やかそうですが、私が行ったのは平日の午前中という地味な時間帯で、人はまばらでした。

撮りたてホヤホヤ薔薇写真 ※和名(英語 作出国)

ダブルデライト(Double Delight アメリカ)
bara02.jpg

ティアドロップ(Tear Drop イギリス)
bara03.jpg

ピンクピース(Pink Peace フランス)
bara04.jpg

ファビュラス!(Fabulous ! アメリカ)
bara05.jpg

ブランシェ・マルラン(Blanche Mallerin フランス)
bara06.jpg

ミスター・リンカーン(Mister Lincoln アメリカ)
bara07.jpg

伊豆の踊子(Dancing Girl of Izu フランス)
bara08_1.jpg

bara08_2.jpg

加茂(Kamo 日本)
bara09.jpg

バラの品種はなんでも2万種類ぐらい(出典「NOIBARA」)あるそうで、現在も世界各地で続々と新種や新色が生まれているようです。

日本各地に多くのバラ園がありますが、ここ生田緑地ばら苑は、元々向ヶ丘遊園地の敷地内にあったバラ園を、遊園地が閉園する際に川崎市が譲り受け、その維持管理は地域のボランティアに支えられています。

大規模なバラ苑ながら無料(駐車場は有料)で見られることもあり、花好きにはうれしい施設です。

最近の禁止事項だらけのアミューズメント施設とは違い、芝生や木陰でお弁当を開いている人もいたりして、のんびりと過ごすのも悪くないかも。

但し土日曜日のお昼前後は駐車場に入れないぐらい混み合いますのでご注意を。休日にクルマで来るなら、開苑と同時、または夕方の閉苑1時間前とかでしょうか。

そして、時間があれば、苑内でゆっくりローズティでも味わい、むせかえるほどのバラの匂いが香り立つ雰囲気を堪能できることができます。

bara10.jpg

【花・植物過去記事】
あしかがフラワーパークへ行ってきた
食虫植物
秋の生田緑地ばら苑公開(2018年秋)
今年も恒例のバラ苑(2018年春)へ
笛吹桃源郷、ほったらかし温泉から清里へ
くりはま(久里浜)花の国へ
あじさい寺 妙楽寺
梅雨の時期はやっぱり紫陽花
小田原曽我の梅林
松田山で河津桜



posted by makan at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年10月06日

変わりつつある公園の遊具



リハビリを兼ねて、ここ1年半ほど家の半径2キロメートルぐらいを歩き倒したために、ウォーキング中にもう新しい発見はないかなと思っていましたが、ここにきて意外なものを発見。

通常、住宅地の中に作られた小ぶりな公園の中に設置されている遊具は、滑り台とかブランコ、シーソー、砂場、せいぜいジャングルジムのようなもので、基本幼児から小学生向けの遊具がほとんどでしょう。

kouen2018_1.jpg

ところが最近は、少子化&高齢化の影響もあるのか、新しい公園の遊具に今までにはなかった遊具が設置され驚きました。

単にここ10数年間公園に縁がなく、知らなかっただけかも知れませんが。

・ぶら下がり器(懸垂台)
・ツイストボード
・腹筋ベンチ
・背伸ばしベンチ

なんてものが設置されている児童?公園があるのです。

基本的にはそれらの遊具は児童向けではなく、大人向け遊具というか健康器具で、お金を払っていくスポーツジムなどでよく見かけるものです。

kouen2018_3.jpg

kouen2018_4.jpg

公園によっては雑草が伸び放題で、あまり使われている様子がない場所もあります。

そういうところは、虫除けを塗っていかないと蚊に襲撃されてひどい目に遭いますw

こうした健康遊具、どれぐらい普及しているのかな?と思って調べてみると、まだ極めて少なく特定の場所だけに設置されているようです。

川崎市内にある公園は1191カ所で、その中で健康遊具が設置されているのはわずか24カ所ですから、率にすると2%、もし見つけたらそれは極めてレアな公園ということになりそうです。

健康遊具のある主な公園・緑地(川崎市)

但し、上記データにはまだ記載がされていない新しい公園に健康遊具が設置されていたりしますので、今はもっと増えているのかも知れません。

そんなレアな遊具ですが、ウォーキングしている範囲内に2カ所ありました。

子供の頃に公園で遊ぶと言えば、三角ベース、キックベースボール、鬼ごっこ(泥警)、缶蹴り、ドッジボールなど、仲間と一緒に遊ぶ場所という印象が強かったのですが、今の公園は、ボール遊び禁止など、いろいろと制約も多く、基本的にはひとりか保護者とだけで遊ぶ遊具が多い気がします。

こうした健康遊具も基本ひとりで黙々とやるためのもので、おそらくですが、公園の周囲の住民の要望で、減少していく子供の遊具ではなく、暇を持て余しているまだ元気な高齢者を含む大人向けの遊具が設置される傾向にあると思われます。

確かにそうした器具設置の公園周辺では、子供の声はなく、散歩か庭いじり、洗車をしている高齢者ばかりという感じもします。

近くに大きな多目的グランドもあり、土日曜日は少年サッカーなど子供が中心に使っていますが、平日は高齢者が集まってなにかひっそりとやってます。

地域的に団塊世代以上が多く住んでいることもあってか、公園のような公的な施設は、その団塊世代とそのジュニア世代に向けたものが多くなってきているのでしょう。

最終的になにを作るか、設置するかは、全共闘時代や熾烈な競争社会を生き抜いてきた、声が大きな人達、そして多数決で決まるでしょうから、人数が少ないその他の世代にはまるで勝ち目はありません。

さて、健康遊具のひとつ、懸垂台ですが、懸垂をするのは、たぶん中学生の時以来で、当然のことながら上腕を鍛えるような運動は今までしてこなかったので、まったく身体は持ち上がりません。

って言うか、ぶら下がっているだけでも、すぐに手が痛くなり、持ちこたえられません、、、情けない、、、

新たにオリンピック競技となったスポーツクライミングでは、競技者が片腕や指の力だけで軽々と身体を持ち上げている姿を見ますが、あれを見るとまったく宇宙人としか見えません。

衰えは激しく、さらに大人になると余計な脂肪という余分な重りをため込んでいるわけで、中学生の頃のようにヒョイヒョイと懸垂することはできません。

せっかくこうした器具が近所にあるなら使わない手はなく、ちょっと最初のうちは、通行人など人の目もあって気恥ずかしいですが、少しずつ体を慣らして、懸垂ができるように頑張ってみたいと思います。

【ブラオヤジ・シリーズ】
ブラオヤジ
ブラオヤジ2(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ3(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ4(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ5(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ6
ブラオヤジ7(含む旧車シリーズ)



posted by makan at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康