2018年08月25日

Enjoy Honda ツインリンクもてぎ2018へ Plus天下一品ネタ



昨年に続き、今年も友人のツキの良さで招待券が当たり、それに便乗し「Enjoy Honda ツインリンクもてぎ2018」へ行ってきました。

mote001.jpg

◆Enjoy Honda 2017(エンジョイホンダ2017) ツインリンクもてぎへ行ってきた
◆Enjoy Honda 2017(エンジョイホンダ2017) 富士スピードウェイ

今回の目的も、S660 Owner’s Paradeへの参加で、昨年はステアリングを握ってサーキットを走りましたが、今回はナビ役に徹し、撮影隊カメラマンとしてw助手席に同乗しました。

Enjoy Hondaは全国各地のサーキットでおこなわれているホンダユーザーに向けた家族向けのイベントですが、その中の1コーナーで、抽選で当たったS660オーナーがサーキットコースをパレードして走ります。

直前までスーパーフォーミュラのモンスターマシンがギリギリまで攻めていたコースを、小さくて可愛らしい?S660が束になって走るのもなかなか見ものです。

昨年の同イベントに参加したときには、「どうも今年限りでS660パレードは終わりみたい」と言っていた常連さんがいましたが、今年は問題なく継続していました。来年はどうなるのでしょうかね?

さて、パレードは、10時50分からと言うことで、それまで時間があったので、前回は行きそびれたツインリンクもてぎの中にある、ホンダコレクションホールへ寄ってみました。

ここでは現在「ル・マン24時間レースに挑んだ日本車たち」という(小さな)企画展がおこなわれていて、ホンダNSX GT2、日産 スカイライン ニスモGT-R LMなどが展示されていました。

mote002.jpg

コレクションホールには、過去のホンダ車(4輪と2輪、耕運機、発電機まで)や、ホンダエンジンを積んだレーシングマシンなども展示されていて、ホンダファンなら一度は行きたいミュージアムです。

mote003.jpg

さて、全日本スーパーフォーミュラ選手権の合間の時間に、いよいよS660 Owner’s Paradeのスタートです。

150台のS660が先導車に導かれ、2列に並んで一斉に走ります。先頭が動き出しても、後方に控えていた私の乗ったS660が動き出すまでに結構時間がかかります。

確か昨年は100台×2日間(土・日曜日)だったのが、今年は150台×1日となった関係から、一度に走る台数が増えて列もずっと長くなります。

mote004.jpg

本格的な国際公認サーキットをS2000の先導車付きとは言え、そこそこのスピードで走れる楽しい企画です。来年もぜひ続けてもらいたいものです。

このエンジョイホンダのイベントは、「ツインリンクもてぎ2&4レース」と同じ日におこなわれてますので、バリバリのモンスターマシンが走った直後、タイヤカス(マーブル)や激しいブラックマークが残ったままのサーキットを一周できます。S660は車高が低いだけにスピード出さなくても迫力ありますよ〜

mote005.jpg

動画も撮ってみました↓


パレードの後は、Enjoy Hondaの各種出し物のほか、共催の2018年 全日本スーパーフォーミュラ選手権 第5戦、2018年 全日本フォーミュラ3選手権、2018 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ(JSB1000クラス)がおこなわれていて、パレードの時間以外は、こうしたレースをスタンドで観戦することができます。

mote07.jpg

いやー天気も良く、観戦時も、オープンのS660に乗っているときも日焼けしてたいへんでした。

 ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

レース観戦もほどほどにして、もてぎからの帰りには、宇都宮へ寄って、名物の餃・・・ではなく、天下一品のラーメン「味がさね大盛」を食べました。

えぇ、私、天一こってり食べ続けて40年のテンイチラーですから(キッパリ)

mote08.jpg

安定の味、美味かった〜

全国のテンイチを巡る旅ってのもいいかもですね。仕事引退したら考えてみよかなー

で、いくつぐらいあるのか調べてみると全国になんと242店舗もあるのですねぇ、、10代の頃、初めて天一に行ったときは京都の本店ひとつしかありませんでした。

それが現在は都道府県別で天下一品の店舗がないのは、青森、岩手、福島、山形、新潟、千葉、佐賀、宮崎。海外にはハワイに一店舗ありますね。それに毎年増えていっているようです。

さすがに多すぎて全店制覇は無理そうです(今までに行ったのはたぶん25店舗ぐらい)。天一関係者以外で全国制覇した人はいるのでしょうか?


Enjoy Honda 2017(エンジョイホンダ2017) ツインリンクもてぎへ行ってきた
Enjoy Honda 2017(エンジョイホンダ2017) 富士スピードウェイ

【オフ会】
MMF(MitsubishiMotorsFAN) OWNER'S MEETING(岡崎2008)へ その1
再びスバル車のお祭りへ2008
オフラインミーティングin軽井沢 2008/5/18
MMF(MitsubishiMotorsFAN)OWNER'S MEETING(岡崎2008)へ その1
関西遠征2009秋版 その1 丹波篠山へ〜全国オフ会
MMF(MitsubishiMotorsFan)2009&岡崎城 Vol.1
オフラインミーティング in 浜名湖&MMF2010京都 その1
ダイヤモンド富士とオフ会参加2011 その1
オフ会in清里 2012初夏
富士宮でオフ会+富士山2013
N-WGNの慣らしを兼ねて伊豆オフへ 2014/11/8



posted by makan at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行/ドライブ

2018年08月11日

食虫植物2



前回の「食虫植物」の記事が大絶賛、大好評をいただきました(大うそ)ので、リクエストに応え(うそ)、その第2弾をお送りします。

さて、この食虫植物ってのを調べていくと、調べるほど面白いです。仕事からリタイヤしたらさっそくいくつか買ってこようかなと思い始めています。

ただ熱帯地域や砂漠など暑いところに自生しているものが多く、うまく生育させるには品種にもよりますが温度・湿度管理などがこまめに必要みたいですね。

そして、夜中にひとりで捕まえた蚊やハエをピンセットでつまんで「ムフフフ・・・」と、、、言うのはともかく、普段から動物に踏みつけられ、食われたり、吸われたりとやられっぱなしの植物が、動物に対して牙をむくというのは、弱肉強食の世界ではなく、小兵力士が巨漢力士を投げ飛ばすような、弱い立場に同情を寄せる判官贔屓が大好きな日本人の精神的構造にとてもマッチしていると思います。

前回の1回目の食虫植物では、

フクロユキノシタ
サラセニア・プルプレア
サラセニア ムーレイ
サラセニア フラバ バー マキシマ
ネペンテス トランカータ
ネペンテス ダイエリアナ
ネペンテス アラタ
ハエトリソウ(ハエトリグサ)
アデニウム(食虫植物ではない)

の9種類を紹介しましたが、今回は、

サラセニア プシタシナ
サラセニア リュウコフィラ
ピンギキュラ(ムシトリスミレ)
ピンギギュラ シクロセクタ
ヨツマタ モウセンゴケ
ネペンテス コペランディ
ネペンテス ビカルカラタ
ネペンテス アルボマルギナータ

の8種類です。

いずれも近所の植物園で自ら撮影してきました。なにぶん古いスマホでの撮影と、撮影技術が素人なので、画質や構図はよくありません、あしからず。

サラセニア プシタシナ
和名はヒメヘイシソウ(姫瓶子草)。北米ジョージア州南部からフロリダ州、ミシシッピー州南部に分布するサラセニアの一種。クチバシのような捕虫葉をロゼット状に展開する。横に這うような独特の捕虫葉がユニーク。ちなみに瓶子(へいじ)とは、「上胴がふくらんだ細長い器で口元は細首の酒器」のこと。
s001.jpg


サラセニア リュウコフィラ
和名,はアミメヘイシソウ(網目瓶子草)。北米からフロリダ州の平野湿地に自生する大型高性種で、サラセニアの中ではフラバの次に大きくなる種類。 成長すると捕虫葉は1mほどになる。筒状の葉の中には逆さ毛が生えていて、筒に落ちた動物は、這い上がってこれない仕組み。
s002.jpg


ピンギキュラ
和名はムシトリスミレ(虫取菫)。メキシコ中部から南西部が原産で、花はスミレに似ているがスミレとは別の種類。粘り着け式の食虫植物で、虫はもがけばもがくほど、消化液があふれ出す仕組み。
s003.jpg


ピンギキュラ シクロセクタ
上記のピンギキュラと同様、メキシコ原産のタヌキモ科ムシトリスミレ属の一種で、粘着性のある葉で虫を捕獲する。1973年に登場したごきぶりホイホイはこれからの発想かも?
s004.jpg


ヨツマタ モウセンゴケ(四又毛氈苔、 ビナタ)
オーストラリアおよびニュージーランド原産、国内各地でも原生の存在が確認されている。形態によってそれぞれヨツマタ・サスマタ・ヤツマタモウセンゴケと呼ばれる。毛氈(もうせん)とは「獣の毛の繊維に加工して、織物のように仕上げたもの」
s005.jpg


ネペンテス コペランディ
和名はネペンテス科共通の靫蔓(うつぼかずら)。ほっそりした姿と斑点が入る。前回紹介したネペンテス アラタの近縁種。
s006.jpg


ネペンテス ビカルカラタ
本種はボルネオ島のいたるところで見られ、ツツジ科の低木林のある低地の砂地やピートの湿地に原生。2本の角のような突起が特徴。ウツボカズラの一番大きい品種。
s007.jpg


ネペンテス アルボマルギナータ
上と同じくボルネオ島、マレー半島〜スマトラ島の原産。アルボ・マルギナータとは「白い縁どりがある」という意味。袋の襟に白いラインが入りお洒落な印象。カクテルのマルガリータもグラスの縁に白い塩を付けるのでそうなのか!と新発見に興奮したが、どうもそれは違うようで、あれは単に恋人?の名前を付けたカクテルだそう。
s008.jpg

というわけで、2回にわたり食虫植物を紹介してきました。調べるとまだまだ種類はあります。でも3回目はありません。

一時期、ハーブが流行ったり、サボテンにはまる人なども多くいましたが、これからはこの食虫植物ブームが一気にやって来そうな予感です(個人的意見です)。

虫を溶かして吸収する技術を応用すれば、そのうち、人間も、、、ってことで、植物学者が殺人事件を起こした後、証拠隠滅のため、遺体の処理に植物の消化液を利用し、完全犯罪をもくろむ、なーんてミステリー小説がそのうち成立するかもしれませんね。ないか。

【通販でも売られています】
サラセニア リュウコフィラ
ピンギキュラ(ムシトリスミレ)
モウセンゴケ
ネペンテス


【ブラオヤジ・シリーズ】
ブラオヤジ
ブラオヤジ2(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ3(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ4(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ5(含む旧車シリーズ)
ブラオヤジ6
ブラオヤジ7(含む旧車シリーズ)



posted by makan at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月04日

食虫植物



猛暑が続いていますが、7月末まではなんとか1日平均6千歩のテクテク(別名ブラオヤジ)を続けています。

しかし8月に入ってからもジリジリと肌を焦がすような熱暑で、そのうち路上でクルマにひかれたカエルみたいに干からびるか、映画八甲田山の1場面のようにおかしくなって裸になって走り回るかしそうなので、8月はその目標に届かないかも〜って気がしてきます。

それはともかく、近所にある小さな植物園で食虫植物の展示がされていましたのでテクテクついでに寄ってみました。

NHKの情報番組の中でも先月「最近女子の中で食虫植物が人気」という話題をやっていました。今人気上昇中なんですね。

一般的な常識では、植物は、動物に食べられる一方で、せめての抵抗として動物に荒らされないよう葉っぱや茎にトゲを付けたり、花に毒をもったりという防御ぐらいかなと思ってしまいますが、植物が動物を捕らえてその栄養分を吸い取ってしまうと言う、よく考えると恐ろしいことが自然の営みの中でおこなわれています。

テレビで話しをしていた受け売りですが、食虫植物は別に虫を食べることで生育しているわけではなく、通常は普通の植物と同様に水分や養分を根から吸収して生育しますが、人間で言うサプリメント的に補助栄養分として虫を捕まえ、それを溶かして吸収しているとのこと。

SF小説風に考えれば、宇宙から人間よりも大きな葉をもつ植物の種が飛んできて、それが地球上に根を張り、それが発する甘い香りに人間が誘われて、近寄ってきたところを葉っぱで絡め取り、人間の養分を吸収して育っていくという食人植物現る!なーんて想像もできてしまいます。

そうしたアホな想像はともかく、食虫植物は観賞用としてもたいへん人気だそうで、多くの種類が育てられていて、マニアの中では新たな交配種を作ったり、色や大きさを競ったりしているようです。

フクロユキノシタ
一科一属一種の大変珍しい植物で、原産地は西オーストラリア。頭状の捕虫袋を地表面に横たえ,落し穴式に小動物を捕らえます。
DSC_01.png


サラセニア・プルプレア
北はカナダから南は北米フロリダ州までの非常に広範囲に分布し、筒状の葉の入り口付近はすべりやすく、その先の毛は下向き。虫が落ちたら外に出られません。
DSC_02.png


(左)サラセニア ムーレイ
フラバとレウコフィラの交配種です。

(右)サラセニア フラバ バー マキシマ
北米ノースカロライナ州からフロリダ州原産です。
DSC_03.png


ネペンテス トランカータ
フィリピンのミンダナオ島原産の大型種。袋は最大で長さ60cmにもなります。和名でウツボカズラ(ネペンテス)の一種で、葉の先がつる状に伸び、その先に袋をつけます。ふたから出る蜜に寄ってきた虫が袋に落ち、底にたまっている水(消化液)でおぼれる仕組みだとか。消化液で溶かして吸収します。
DSC_05.png


ネペンテス ダイエリアナ
ウツボカズラ属の交配品種の1つです。
DSC_06.png


ネペンテス アラタ
和名はヒョウタンウツボカズラというウツボカズラ属の交配品種で、東南アジア全域に自生し、乾燥に強く栽培が簡単なので、ホームセンターなどでも販売されています。
DSC_07.png


ハエトリソウ(ハエトリグサ)
北アメリカ原産で、貝のようにトゲトゲの葉が対になっていて、飛んできた虫を中に閉じ込め、数日かけて消化吸収します。
DSC_08.png


アデニウム
南アフリカ、南西アフリカ、ソコトラ島、アラビア半島原産で、砂漠のバラと呼ばれる塊根植物で、毒がありますがこちらは食虫植物ではありません。
DSC_09.png


深夜に、生きたまま捕獲したハエや蚊を、ピンセットでつまんで、食虫植物の中に落とし込み「ムフフフ・・・」と笑みを浮かべていたら、自宅でカーテンを引いて引きこもっている人はもちろんのこと、それが例え絶世の美女であったとしても、なにか不気味でお近づきにはなりたくないですね〜

◆食虫植物2へつづく

【通販※意外と安いのですね】
特大食虫植物 ハエとり草(ハエトリソウ 3号)
ネペンテス・アラタ/ヒョウタンカズラ
ネペンテス・マキシマ (ウツボカズラ) 7号吊り
サラセニア レウコフィラ
ラセニア フラバ var. マキシマ
アデニウム アラビカム


ばら苑(バラ園)へてくてく 2017/5/20
今年も恒例のバラ苑(2018年春)へ 2018/5/26
秋の生田緑地ばら苑公開2018/10/10



posted by makan at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記